ハイチ大地震復興支援のための国連平和維持活動(PKO)に参加した自衛隊の国際救援隊第1陣は日本時間の17日未明(現地時間16日午前)から、首都ポルトープランスの国連管理用地の整地作業に着手し、本格的な支援活動を開始した。統合幕僚監部によると、国際機関がコンテナなどの資材を置く場所を整地する。

【関連記事】
陸自の救援隊、活動候補地を視察 ハイチ大地震
ハイチ地震1カ月 世界をつなぐ日本の支援
救援活動進まぬハイチ 1カ月で犠牲者23万人
ハイチPKO派遣は350人規模 政府方針
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」

たまゆら火災ずさん管理「避難路灯油タンク」(読売新聞)
「税金を有効に」 武幸四郎騎手らが確定申告(産経新聞)
相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)
他人名義の口座売ると宣伝=ネットに書き込み容疑の男逮捕-警視庁(時事通信)
FXうたい出資金、十数億円か=元投資会社社長逮捕-滋賀県警(時事通信)