「国が権限を行使しなかったため、石綿粉塵(ふんじん)の抑制が進まず被害の拡大を招いた」。19日の大阪地裁判決は、国の不作為責任を明確に認め、無策ぶりを断罪した。

 認められた賠償額は従来の基準よりも高く、石綿による健康被害の大きさと国の責任の重さを示すものだ。国民の生命・健康を守る責任を国に再認識させたといえる。

 しかし、工場労働者とその家族や近隣住民とを“救済のふるい”にかけ、労働者以外の暴露を認めなかったことには不足感が否めない。泉南地域ではかつて、零細工場が密集した「石綿村」と呼ばれる地区があり、工場から石綿粉塵が大量に吐き出されていたことを考えると、近隣住民を「公害被害者」と言っても過言ではない。

 また、原告の大半は高齢で、提訴後に亡くなった人も3人いる。石綿の潜伏期間は15~50年と長期に及び、今後さらに被害が拡大することも予想される。

 こうした現状を考慮すると、国は司法判断を受け入れて率直に責任を認め、アスベスト救済新法の改正を行うなど幅広い救済策を急ぐべきだ。(梶原紀尚)

【関連記事】
国の責任を初認定 昭和35年以降の患者に賠償命令 大阪地裁
アスベスト被害で三井造船を提訴 元下請け従業員遺族
アスベスト禍 近隣住民の不条理、救済巡り不安と格闘
アスベスト禍 工場経営者の苦悶…怒りと自責の念交錯
アスベスト訴訟 石綿紡織業100年間の歴史 泉南地域
中国が優等生路線に?

狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)
<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)
<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発(産経新聞)