原口一博総務相は14日の閣議後会見で、2011年度の一般職国家公務員の新規採用を09年度(9112人)比でおおむね半減させるとした政府方針について、同日に目指していた閣議決定が来週にずれ込むことを明らかにした。一部の府省からの異論が強く、政府内で調整が付いていないためだ。
 同相は会見で「(各府省の)個別の事情を詰めている」と述べ、事務方でまとまらない場合は閣僚折衝を経て、18日の閣議決定を目指す考えを示した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「国家公務員の政治的行為の制限」
局部長にも専門スタッフ職=国家公務員の退職管理方針
政府統計、23業務を廃止=335を240に統合
首相を擁護「一朝一夕にいかぬ」=5月断念で閣僚発言
増額分、全額現金は見送り=子ども手当

<たちあがれ日本>消費税増税 園田幹事長「野党が提案を」(毎日新聞)
宮崎の口蹄疫、家畜の殺処分11万頭突破へ(読売新聞)
子ども手当減額も検討=参院選公約で民主企画委(時事通信)
鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求-横浜地裁(時事通信)
裏献金と認識「報告書に計上できず」=小林氏陣営の会計担当者―北教組事件で初公判(時事通信)