親族に成り済まして郵便局から融資金をだまし取ったとして、警視庁四谷署は11日、詐欺などの疑いで、相模原市南区相模大野、繊維卸業、岡田友徳被告(50)=別の詐欺罪などで起訴=を再逮捕した。同署によると、岡田容疑者は「(詐取した金は)会社の資金に使った」などと容疑を認めている。

 同署の調べによると、岡田容疑者は郵便局の簡易保険加入者が、積立金の枠内で融資を受けられる制度を悪用。昨年8月上旬、偽造健康保険証を使って実弟に成り済まし、不正に再発行させた実弟名義の簡易保険証書を世田谷区内の郵便局に提示し、融資金720万円を詐取した疑いが持たれている。

 岡田容疑者は同様の手口で4郵便局から融資金計約1740万円を詐取したとして、詐欺容疑などで逮捕されていた。親族とは疎遠だったという。

 岡田容疑者は過去に自分の簡易保険証書を紛失した経験があり、調べに対し、「簡単に再発行できることや、融資が受けられることに気付いた」と話しているという。

【関連記事】
出来レースだった「郵政見直し」 40万の郵政票狙い
“拳銃”強盗を傘で撃退 70代お手柄、愛知の郵便局
ファン仲間の貯金盗む 暗証番号「くりぃむしちゅー」誕生日
「土浦警察署のものですが…」茨城で不審電話相次ぐ
堀越高の球児ら“ファインプレー” 事後強盗未遂男を取り押さえ
少子化を止めろ!

霧島連山・新燃岳、噴火警戒レベル2に引き上げ(読売新聞)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
詰め寄られ「県内」「徳之島」沖縄でも迷走(読売新聞)