2005年07月28日

前の記事次の記事

◆マンガ嫌韓流を読んでいて落胆したこと

内容自体は、説明が終わっていない単語を当たり前のように使われたり、「初心者向け」としてはどうなのかなと思うところもありました。
例えば、いわゆる従軍慰安婦の問題について説明していないのに、「従軍慰安婦を見ればわかるだろ」等のような発言が出てきても、その場では理解しがたいわけで。


まあそんなことはどうでもいいんですが。
「マンガ嫌韓流」154P(第5話の最後)の欄外でとんでもない誤解が…。

*人権擁護法案・・・・・・その名の通り、人権を擁護するための法案とされる。独立行政委員会として新たに人権委員会を設置し、差別的行為や言動などの取り締まりを行う。何をもって「差別」とするかが曖昧であるため、被差別者を批判する正当な言論が「差別」として弾圧される恐れがあると懸念されている。また人権委員の選考基準も明確でなく、在日韓国人など外国人も人権委員に選ばれる可能性がある。メディア規制は凍結されたものの、なお言論の自由を脅かす危険性を秘めた法案であることには変わりがなく、「平成の治安維持法」と呼ぶ者もいる。
どうあがいても外国人は「当然の法理」で人権委員になれないよ…orz

これは酷すぎるので、訂正するよう出版社に言ってみます。



あと、今日の朝日の社説はそんなに酷くも無いと思います。この社説だけを見れば(民主案マンセーする準備段階にしか見えませんが)。
しかし、いつも自分達が言っている発言に、「短絡的」とか「心配のしすぎ」というのがそのまま当てはまるのは素晴らしいですよね。つくる会の教科書が危険だなんて「短絡的」ですよね。有事法制が戦争を引き起こすなんて「心配のしすぎ」ですよね。

……朝日新聞にだけは書いてほしくなかった書き方ですね…。これでまた反対派を諭すのが大変になったわけですが。謝罪と賠償を(ry


Posted by f_117 at 10:31│Comments(19)TrackBack(2)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
マンガ嫌韓流 出版社:晋遊舎 本体価格:952円 amazon「マンガ嫌韓流」の紹介記事 ネット上で数年前から巻き起こってる“嫌韓”というムーヴメント。 その嫌韓をテーマにし、日韓関係、韓国、韓国人についてマンガという形で正面から切り込んだのが、本書
日韓関係、韓国、韓国人について過激すぎると出版拒否された問題作「マンガ嫌韓流」7月26日発売【モーターショー・コンパニオンとレースクイーン画像情報】at 2005年07月30日 13:49
☆嫌韓流の感想を書いているBlog一覧です☆ (前に”美味しんぼの嘘を暴け”を紹介して下さったBlogさんや yahoo&google検索で見つけたページです アドレスのみの紹介でm(-_-)m スマヌ TBしても大丈夫そうなところだけかけました ウチも書いてるから紹介しろ(#゚Д゚)コ
嫌韓流感想リンク【ADON-K@戯れ言】at 2005年08月05日 22:26
この記事へのコメント
    朝日新聞の社説は朝いきなりコーヒーを噴いてしました。朝日新聞にはぜひ謝罪と賠(ry
    内容については、人権擁護法案の内容がどうとかそういう問題はともかくとして「マスコミ規制をあからさまに外してくれている民主党案をバックアップする」ことが目的だと思われます。
    アサヒの主張としては、政治スキャンダルを隠されないようにとか、そういうことを言いたいのでしょうが、本当はどんなもんか検証する必要はあるんでしょうね。
    現状でも「NHKと政治の距離」については明らかにしていただけないわけですし。などと言って見る。
  1. Posted by をかもっち at 2005年07月28日 12:56

  2. 当然の法理は法律に示されたものではないのが問題ではないでしょうか。
    確かにこの見解が守られて来ていましたが、朝日を筆頭にした輩は「半世紀前の見解を守るのは時代遅れ」だのと叫んでいます。
    内閣法制局の見解でしかない当然の法理が、この先ずっと守られるという保証はないと思いますし、国籍条項を明記しないという事は外国人が人権委員になれる可能性をほんの少しでも残してしまうという事が問題であるように思えます。
    穿った見方をすれば、賛成派はそういう可能性を残したいが為に、当然の法理を知りつつ、あえて国籍条項を盛り込まないのだと考えてしまいます。
  3. Posted by たしかに at 2005年07月28日 13:14

  4. スペースシャトルの方はなんだかなーって感じの内容でしたねぇ>社説
    結局アメリカにおんぶだっこかよ、それでいいのかよ、という感じが。

  5. Posted by 小熊善之 at 2005年07月28日 14:24

  6. 見つからなかった・・・orz←嫌韓流を探しに逝ったのに、書店から出たときには原書房の「スミソニアン 現代の航空戦」と「丸」が袋に入っていたいろんな意味で駄目な子

    とりあえずチラシ画像見た段階で気になったのは「嫌韓厨」と「プロ市民」の二つ、それネットスラング違うのかと(ry

    人権擁護法はああやっぱりな、と・・・。
    作者は極東の人間だから絶対反応するだろうな、と思ったら予想通りのようで。
  7. Posted by たれ at 2005年07月28日 17:25

  8. 朝日の社説の基本として、「だが」や「しかし」の後にある内容が本音であることが多い。
    またその場合、「だが」や「しかし」の直前部分は、朝日にとって一番目障りなことが書いてあることが多い。
    そう考えると、「だが」の後ろの部分はよく隠せてると思う。
    確かに現状の法案ではそう大きな問題はないと思うしね。
    将来的にやばいことになるのが嫌だから自分は反対派だけどさ。
    ・・・でも、だがの前の部分はあからさまだぞ(苦笑
    独立性はそんな必要かねえ。些細なことで問題になって公務に影響及ぼしそうで嫌なんだけど。
    てか、この法案の最大の争点って、被差別者を優遇するあまり、差別意識が助長される恐れがあることじゃないのん?現状の在日朝鮮人がもろにそういう傾向にあるんだけど(彼らの場合自業自得も多いけど)

    なお、スペースシャトルの方はおまけ社説(数合わせ)のため基本的に読む必要がない(笑
  9. Posted by 刹那 at 2005年07月28日 17:42

  10. >これでまた反対派を諭すのが大変になったわけですが。
    そうでもないでしょう。
    朝日によって「いつも自分が言ってることが、そのまま自身に当てはまる」という、テラミットモナスな実例が示されましたので、これからはただ一言
    「それじゃ朝日の社説と同じだよ」と言ってやれば良いのです。

    それでも分からない人は、もう何を言っても無駄かと。
  11. Posted by のぅ at 2005年07月28日 18:48

  12. じつは朝日は挑発しているのでは?
  13. Posted by あ at 2005年07月29日 00:34

  14. 誰か書くだろうと思ってみてたのですが誰も書かないようなので・・・。
    カレーさんの外国人は人権擁護委員になれないとの見解に異論があります。
    当然の法理は、公務員について述べたものですが
    人権擁護法案をみると、人権擁護委員が公務員であるという記述はなく
    第二十二条では、「人権擁護委員は、人権委員会が委嘱する。」
    となっていて人権擁護委員が外部の人間であるとわかります。
    人権擁護委員になるために公務員試験を受けるわけでもなく、給与も支給しないとなっているので、一般的に言われる公務員ではないと思われます。
    公共の仕事をしてはいるが公務員ではない。
    人権擁護委員とは立場的に特殊法人の職員のようなものなのではないでしょうか?
    であれば、外国人が採用されることもあるのではないかと思いますがいかがでしょうか?
  15. Posted by ama at 2005年07月29日 12:50

  16. >amaさん
    >カレーさんの外国人は人権擁護委員になれないとの見解
    これは違うと思います。
    カリーさんは「外国人は人権委員になれない」と言っているだけです。
    「外国人は人権擁護委員になれない」とは言ってないと思います。
    ちなみに、外国人は人権擁護委員になれます。確か。
  17. Posted by 風見敬吾 at 2005年07月29日 13:46

  18. >amaさん
    まず、「人権委員」と「人権擁護委員」の区別をつけてください。前者に外国人はなれません。第7条にもあるように、権力を行使する立場にあるため、「当然の法理」に触れるためです。
    なお、『マンガ嫌韓流』ではしっかり「人権委員」と書かれていました(スキャンしようと思ったのですが、本が分厚いので上手く撮れず諦めていたり…)。

    また、人権擁護委員には外国人が就任することが念頭に置かれて作られていますので、仰るとおり可能です。これは以前からの話し合いで決まったことです(これについてパブリックコメントで意見が募集されていたのは以前書きました)。
    そして人権擁護委員は非常勤の国家公務員ということになります。
  19. Posted by カリー at 2005年07月29日 18:57

  20. まぁ、なんといいますか
    最低限の礼儀として人の名前は正しく書けよと・・・
  21. Posted by 名も無きギネアアブラヤシ教徒@教団壊滅 at 2005年07月29日 22:18

  22. カリーさんお名前を間違えまして、大変失礼いたしました。

    カリーさん、風見敬吾さん、名も無きギネアアブラヤシ教徒@教団壊滅さん
    コメントありがとうございました。

    ご指摘、納得いたしました。
    私の早とちりでした。読みが浅かったですね。
    よくこれで失敗するんですが、またしても・・・ _| ̄|○

    お騒がせしました。
  23. Posted by ama at 2005年07月30日 12:15

  24. 現時点では「当然の法理」によりなれないでしょうが、
    某在日団体とズブズブのアホが党首の民主党が政権とった
    ら分かりませんよ。
    某在日団体は「当然の法理」を時代遅れとして批判し、
    各地で行動を起こしてますし・・・・・

    私としては "法案に明記されてないけど「当然の法理」で
    なれないよ" ではなく、ちゃんと外国人はなれないって明記
    して欲しかったですね。

  25. Posted by あの at 2005年08月11日 10:40

  26. っつーか「当然の法理」なんて地方じゃあって無いようなもん
    普通に在日の方が公権力を行使する役職に就いてなかったっけ?
  27. Posted by JOJO at 2005年10月15日 08:35

  28. >JOJOさん
    東京都の職員が最高裁まで争った事例は記憶に新しいですが、地方では無視されているんですか?
    いくらなんでもそれは無いと思いますが…(県の偉い人は官僚上がりとか多いですし)。
  29. Posted by カリー at 2005年10月15日 17:31

  30. http://mindan.org/shinbun/020124/topic/topic_h.htm
    上記の以外にも数件なら従事してるのを知ってますし(知り合いの在日も就いてますね)、まあ、よほど大きな問題起きないかぎり限り地方自治体(特に西側)じゃ無視され続けると思いますよ。
    日本人でも外国人参政権にさえ問題感じない人達が意外に多い中で、目の届きにくい地方で「当然の法理」なんてどれだけ働くのか期待なんてできません。

    後、人権擁護法案については・・・(法案の内容を色々議論なさってるカリーさんに失礼かもしれませんが)法案内容がどうであろうとロクな運用はされないだろうなぁと個人的には思ってます。わけわからんことが人権侵害認定されてることがよくある世の中ですから
  31. Posted by JOJO at 2005年10月17日 18:36

  32. > つくる会の教科書が危険だなんて「短絡的」ですよね。

    全然短絡してませんよ。「現時点では」考え過ぎ、というだけで。

    中には個人的理由による不安・不快感から「危険」という言葉を
    使う人もいます。私の周りでは年配の方が多いです。ただ、その
    内容を聞くに、その多くは正当かつ納得できるものです。
    私も、この教科書を許容することはできないと考えていますし、
    その理由からそれを「危険」と表現することに、躊躇はありません。

    あー。それとも、「危険」てのは書籍そのもののことですかな?
    そんなら危険ではありませんな、爆薬入ってるわけでもないし。
  33. Posted by 暇じじ at 2005年12月18日 23:04

  34. (www)はじめまして☆たしかにおっしゃる通りですね。個人的にはつくる会の教科書が危険だなんて「おかどちがい」ですよね。有事法制が戦争を引き起こすなんて「短絡的」ですよね。と入れたくなります。
  35. Posted by 平 at 2006年01月18日 19:06

  36. 韓国は“なぜ”反日か?
    http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

    とにかく一読する事をオススメする
  37. Posted by なぜ at 2006年09月12日 17:28

  38.