2017年06月23日

姨捨

純米 姨捨正宗純米 姨捨正宗2

関越道から,上越自動車道を走って長野自動車道。
黒部ダムを見に,筑北PAまで走った時,姨捨SAに立ち寄ったことがある。
信州の伝説を題材にした「楢山節考」を思い起こさせる。
自分の思い描くイメージから,強烈な印象を残した場所だった。

すっかり忘れていたけど,長野の清酒を見ていたら,「姨捨正宗」の文字を発見。
素通りするわけにもいかず,思わず手に取ってしまった日本酒。
好奇心が先行した「姨捨正宗」も,お米感のしっかりした日本酒だと云うこと。
米どころ長野の日本酒は,サスガに旨い

長野銘醸株式会社(www.obasute.co.jp)







  

Posted by f_29shima at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月22日

何度見ても

TOYOTA 2000GTTOYOTA 2000GT

先週末,遭遇したTOYOTA 2000GT
相方のスマホから,こんな写真が出てきた。
お互いの視点が違うから,映る2000GTの表情も変わる。
(相方が捉える視点が好きだ)

勝手な思い入れだけど,スポーツカーは走っている姿がイイ。
何度見てもカッコイイ!  

Posted by f_29shima at 23:31Comments(0)TrackBack(0)car and driver 

2017年06月18日

337分の1

TOYOTA 2000 GT

中央高速の上り線。
遠くに見えた後ろ姿は,現代のクルマにあって低い姿勢と小さなお尻。
最初は「JAGUAR E-type?」と思っていたけど「もしや?」

TOYOTA 2000GT
斜め後ろから見る流麗な姿。
高速道路を走る2000GT。
見とれてしまった。

展示車両を見られる機会も少ないなかで,走る姿を見られるのは稀。
1960年代に登録されたナンバープレートがこのクルマそのもの。
生産台数337台
いつまでも元気に走って欲しい。  

Posted by f_29shima at 23:46Comments(0)TrackBack(0)car and driver 

2017年06月07日

スペアリブ

イノシシ

猪肉のスペアリブを頂いた。
骨のまわりの肉は旨いが,猪肉のスペアリブとは贅沢。
なんでも,ニンジンを擦り下ろして醤油を加えただけのタレに,小一時間漬け込むだけでOKだって。
自分は,チョッとはしょって野菜ミックスジュースに醤油を加えて一昼夜。

グリルパンで焼いていると,落ちる脂が食欲をそそる。
「野菜ミックスジュースで大丈夫?」なんて心配をよそに,まさにBBQ。
市販されているBBQソースと同じ,抜群にイイ香りがただよってきた。

脂身のサクッとした歯ごたえに,甘みがあって 旨い。
身も柔らかくて最高のデキじゃないですか!
猪のスペアリブ。
癖になりそー。


イノシシ
  

Posted by f_29shima at 22:40Comments(0)TrackBack(0)It eats! 

2017年06月05日

気疲れ

 MIROKU MS2000

週末は,射撃場の主催する大会に参加した。
今回は,上手と下手にテンポが早い射手。

あれして,これして,次はこうして。
思っている事を口に出して念仏のように唱える。
そうでもしないと,二人のテンポの早さに呑み込まれてしまいそう。
100枚撃って猛烈に気疲れ(でも,イイ経験になった)。

  

Posted by f_29shima at 23:36Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年06月02日

cool down

truck

ヒートアップした一か月
だからと云って,一段落したわけでも無い。
これ以上続くと,オーバーヒートしてしまうから,熱くなった頭を少し冷やす。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうが,これで少しは cool down。  

Posted by f_29shima at 19:52Comments(0)TrackBack(0)Diary 

2017年05月25日

S800

S800

ハイブリッド車や電気自動車,果ては燃料電池などの多くのクルマが集まる駐車場。

その中に混じって,HONDA S800。
メッキのバンパーにフェンダーミラー。
「S800って,こんなに小さかったっけ?」
今どきのクルマが大きいのか,さらに小さく感じる。
もしかして,平成のS660より小さいかも。

抜群の存在感。
まじまじと,S800を見てしまった。


  

Posted by f_29shima at 23:08Comments(0)car and driver 

2017年05月23日

真夏日

SP-120

先週末,富士山麓での気温が11度。
ゴールデンウィーク明けに防寒対策(まさかとは思ったけどネ)
そして,今週は30度超える真夏日。
夏を感じ始めるも,まだまだ暑さに慣れない。
全然カラダがついてこない。

今年も真夏日が続くの?
焼けるような陽射しと照り返し。
梅雨が開ければ,湿度も加わる日本の夏がやってくる。
厳しい!
  

Posted by f_29shima at 22:12Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月22日

Triple

M3

隣の射面から「パン,パン,パンッ」と,発射音が三つ。
何だ?何だ?と気になっていると,トリプルトラップの大会が始まった。
(なるほど)

大会では,単身銃(自動銃)がズラリと並ぶ。
なかにはリピーターがあったり,レバーアクションもあったり。
もしかしたら,ボルトアクションもあったのかも。

自動銃(単身銃)が撃ちたい!
を,最大限叶えられるトリプルトラップ。
5mから右,真っ直ぐ,左と,一呼吸おいて飛び出すグレーを「バン,バン,バンッ」
スキートやトラップだけじゃない,忙しくも楽しそうな世界。  

Posted by f_29shima at 22:29Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月18日

blue rare

ほたるほたる

お店に入ると,カウンターを囲むように大きな鉄板が広がる。
明かりを抑えた店内は,落ち着いて会話を楽しめる空間。
席に着くと,磨き上げられた鉄板に,クロスハッチを入れるなんて遊び心も忘れていない。

今日は,相方の誕生日。
銀座の街で,楽しい時間を過ごしてみた。


ほたるほたる

フォアグラにブルーベリーのソース。
口を動かさなくても,舌の上で溶けていくフォアグラ。
焼き立ての,香ばしさが残る脂の甘みと,ブルーベリーの甘酸っぱさが印象的。

これはこれは!
焼酎をロックでやりながら(ムフフッ)。
口角が緩みっぱなしになってしまった。

お肉は,フィレとロース。
「願わくば,どちらも,そのまま薄めにスライスして raw で」なんて云ったら,
「私の仕事が無くなってしまいます」だって。
ユーモアいっぱいで,会話がはずむ!


ほたるほたる

焼いていただけるならと,自分は blue rare。
相方は,シェフにお任せの rare 。
肉への熱に入れ方の緊張感が伝わってきて,鉄板焼きならでは。

大きな違いと云えば,肉の美味しさの広がり方。
これはもう,好き嫌いの違いかもしれないけど,旨さの引き出し方は真似できない。
(あぁ,堪能)

ご馳走様でした。

ほたる(teppanyaki-hotaru.com/)  

Posted by f_29shima at 23:23Comments(0)TrackBack(0)It eats! 

2017年05月16日

PAPER

BORNAGHI PAPER

TRAP射台に落ちていた薬莢。
プラスチックのケースが一般的な中で,ちょっと異質な質感(素材感)の薬莢が転がっていた。
手にとって見たら,なんと紙薬莢。
話では聞いていた紙薬莢の装弾(はじめて見た)。

BORNAGHI社の代理店のHPを見たら,中身はかなり手の込んだ高級装弾。
クレーが割れる感じって,どんなものなんでしょ。
ちょっと興味あるナ。

BORNAGHI:bornaghi.it
ボウガン:bowgun.co.jp  

Posted by f_29shima at 15:42Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月14日

緊張した

20170513

土曜日は,銃砲店の射撃クラブの日。
雨の中,富士山麓までやってくると肌寒いったらありゃしない。
暦では夏だし,木々は芽吹いているけれど,ストーブが恋しい。

今日は練習会ということもあって,新人の皆さんと一緒にストレートを25枚撃たせてもらった。
ストレートされどストレート。
意識しながら,今の自分ができることで25枚。
銃砲店の練習会だからこそのストレートだけど,あぁー緊張した。
終わったあとにドッと疲れがやってきた。  

Posted by f_29shima at 06:05Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月07日

あと一つ

ゴールデンウィークの最後の日曜日。
射場へ向かいながら,「東京方面への上りが渋滞するかも?」なんて,考えながら走っていると,見覚えのあるクルマが「Iさん」だったり,あのナンバーは「Hさん」だったり。
朝早くから,射場に向かって走るみなさんの射撃熱に関心するばかり。

大会は,ゴールデンウィークの最終日にもかかわらず60名(10組)が集まった。
射場で話を聞けば,ゴールデンウィーク中に三回,四回と,射撃場に通う方ばかり(いやはや)。

日中は,さほど気温が上がらなかったけど湿度が高い。あれこれと,意識をしながら撃っていると,意外なくらい汗をかく。
風も穏やかでコンディションは最高だから,足りないのは腕だけということか。
それにしても,相方の勢いが止まらない。
あと一つの悔しさもあったけど,自分の事のように嬉しい。


20170507
  

Posted by f_29shima at 23:29Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月03日

夢の後

Shot shellShot shell

気を付けて,気を付けて,また気を付けて。。。
気を付ける意識が少なくなると,とたんにスコアに現れる。

何が良くて,なにが悪いのか。
あれ,これと気が付いた箇所の指摘を受ける。
練習していて,悔しさもあるけどとっても充実。

射場の一日が終わる。
兵どもが夢の後。  

Posted by f_29shima at 23:38Comments(0)TrackBack(0)shooting 

2017年05月02日

Side Plates

Perazzi SCO Side PlatesPerazzi SCO Side Plates

先輩が,「競技で撃つだけだったら飾りなんて要らない」と云っていた。
competition の世界で,飾りが点数になるわけでも無いし,確かにその通りだよ。

でもネ,職人が何か月(何十か月)もかけて描いた銃もある。
また「趣味の世界だったら,持つ喜びも点数に結びつく」とも先輩は云っていた。
思い入れができる道具とはいえ,雲の上の存在だな。  

Posted by f_29shima at 23:12Comments(0)TrackBack(0)shooting