2018年02月25日

木工

箱

工作を初めて,ずいぶん日が経つ
放っていた日も長いから,接着面も乾燥が進んだでカチカチ。
箱の四隅からコツコツと叩いていっても,接着面の浮いた場所も無さそうだったので一安心。
精度の高いキットから,このままでも十分な気持ちもあったけど,せっかくなので表面処理の真似事の経験を少しだけ。

(完成時はつや消しクリアのニス仕上げ)
そんな思いを描きながら,マウスサンダーで地肌を整えていく。
それにしても,接着面の微妙な段差が大変だった。
合板が堅くて,サンディングペーパーの番手を変えたりと色々試すも,しまいには振動で手の感覚がなくなっていく。
指先に感覚で,接着面の段差がなくなったことを確認(納得)できたら,サンディングシーラーを塗っては砥ぎ,塗っては砥ぎ,塗っては砥ぎと5回繰り返し。
最後は,水性ニスを3回塗ってスピーカーボックスは完成。
どのあたりまで納得できたのかは,時間が経ってから考えよう。

Posted by f_29shima at 08:31│Comments(0)Diary