2018年04月23日

7回目の車検

135722km

7回目の車検のGOLF4も,新車から15年間を一緒に過ごしている。
一年ほど前から,スターターモーターが時より回らなくなるという不具合が発生していたのだが,今年になってからはスターターが完全に回らなくなってしまった。バッテリーでもヒューズでもなく,スターター本体の不具合だから自走不能。「押しがけ」なんてのも考えてみたものの,1.5トンのクルマを押すってのは一人では無理だし,今ではガレージのオブジェになっていた。
オブジェも,このままでは粗大ゴミになりそうだったので,まさかのための自動車保険を使ってディーラーまで運んでもらい,不具合の修理とともに車検をとおしてもらっうことになった。

「不具合を起こした部品は小さな部品だけどスターターモーターの交換必要です」だって。
古くなっていくクルマを保持するということは,それなりに維持費がかかるという事のようだ。分かっていることだけど,いちいち出費がかさむのはボディブローのようで後から響く。
止まること,曲がること,そして走ることに関する本質的なことに関しては未だに不満はない。ボディのシッカリ感も未だに十分だし,3速で4500回転からは弾けるように飛んでいく。

次回の車検で本質的な箇所に不具合が出そうなのは,エンジン内のパイプ類になるだろう。
でも,ドアロックや電動ファンの不具合は治さず騙し騙しだし,内装のベタベタに関しては塗り直しが必要なほど醜い。本格的に手直しを進めていく必要がありそうだ。