CHAINSAW MAID/長尾武奈 TBSのアニメーションコンペ「第10回DigiCon6」で優秀賞の長尾武奈さん作「チェーンソー・メイド」。 Youtubeで配信されてるので貼ってみます。 クレイを使ったアニメーションなんだけど これがなんとベタベタの(スプラッタ系)ホラームービー。 なにしろタイトルに「チェーンソー」ですからね(汗) と言うか「ゾンビもの」(笑) 普通(?)クレイアニメと言うと、ほのぼのしたテイストの作品が 多いようにもイメージするけど、それが見事に覆されるという感じが 妙に爽快な感じすら受けます。 完成度も高くて、ホラーではあるけど そうしたクレイっぽさも含めてコメディ作品とも観ることも出来ます。 でも一応、配信してるYoutubeでは年齢制限もあるとか。なので、スプラッタ嫌いの人は観ない方がいいかも??好きな人は絶対笑えると思う(怖いけど)。 全部粘土でコツコツ作ってるんだと思ってみると それはとても、微笑ましくもある光景だと思ったりします。 また、登場する最初のゾンビ(友人の女性がゾンビ化した)が どことなく昔のホラー映画の元祖とも語られる(?)映画 「吸血鬼ノスフェラトゥ」の吸血鬼キャラの顔に似てる気もするんだけど これはきっと、ホラーマニアの制作者の遊びなのではないかとか思ったり。 長尾さんは「ていえぬシアター」と言うサイトをやっていてそこはYoutubeを使った配信サイト(2006年発足の個人サイト)なんだけど年1回くらいのライブの上映会(主に学祭とかかな?)なども 開いていたりと既にご存じの方も多い有名な作品でありクリエイターさんかも。 Youtube視聴も既に135万件を超えてるそうです。 でも、作者の長尾さんが国内で賞を獲ったのは初めてじゃないかなぁ… もしかしたら僕の勘違いかも知れません(汗)間違ってたらごめんなさい。(サイトで見ると、海外の賞はいろいろ獲っているようです)とは言え、個人的にはめちゃめちゃ新鮮で衝撃的作品だったのは確か。 で、長尾さんのサイトもしくはYoutubeの長尾さん配信のページに行くと 「チェーンソー・メイド」以外にも幾つかの作品が視聴できます。 Bloody Date(version2)/長尾武奈

個人的には「チェーンソー・メイド」よりこちらの方が怖いかも。
かなりサスペンスの技法などを知ってる演出です。
「チェーンソー…」もそうですが、完成度が高いと言いつつ小物とか
段ボールそのままだったりのチープな感じも残っていて
でもそれが逆に”長尾クオリティ”と言ってもいいくらい
全体的な作品世界を構築してる気がします。
他にもホラー系の作品もありますし、そうでないのもあります。
多分、基本はコメディ(系)志向のクリエイターさんなんだと思うけど。
(関西の人らしいので、根が”お笑い” ということもある???とか…汗)
あと、恒例の上映会「ていえぬシアター」の今年の上映は
11月21〜24日ということで、何と今日までだったらしい(汗)
今年(2008年)制作の最新作の上映もあったらしくて
「もっと早く知ってたら観に行きたかったぁ」と思ったけど
よく観たら関西での上映でした…。
これは知ってても行けなかった。
東京での上映会はないのかなぁ…とか思います。 マジで。

ていえぬシアター/長尾武奈
http://www.eonet.ne.jp/~y-nagao/
TBS>>DigiCon6 
http://www.tbs.co.jp/digicon/

[関連記事]
・TBSの映像コンテスト 「第10回DigiCon6」受賞作品発表
http://animeanime.jp/news/archives/2008/11/tbs_10digicon6.html
・Youtube>>
日本版ブログ(インタビュー付き)「YouTube 日本発!世界で100万人以上が見たホラー・クレイアニメ」
http://jp.youtube.com/blog?entry=0IuTjvBxzAI

[当ブログ内関連エントリ]
・「チェーンソー・メイド」アヌシー短編部門ノミネート
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1294376.html