ラレコさんの「くわがたツマミ」第66話「蝉の一分」です。
恒例で貼ってみます。
「一分」は「いっぷん」ではなく「いちぶん」ですね。
映画「武士の一分(いちぶん)」の「一分」だと思います。
「譲ることの出来ない一身の面目、名誉」。または「メンツ」「体面」ということですね。
「蝉のメンツ」のお話…と言うことですが
なんとなく社会派なんでしょうか。どうなんでしょう。

ちなみに蝉はよく”短い人生”などの比喩につかわれたりしますが
別の側面では、土の中にいることがメインの人生(?)なので
外に出ることは蝉の人生にとって「おまけ」のような感じという説もあります。

それにしてもツマミちゃんシリーズはキャラ多くて
なかなか把握するのが大変です(以前のエントリでも書いたけど…汗)
蝉は今回初登場ですか??初じゃない気もしますね。
また一度、1話から見直さないと駄目かも(汗)

■やわらか戦線異状なし/ラレコ
http://blog.livedoor.jp/yawaraka_sensha/
■くわがたツマミ公式サイト
http://anime.livedoor.com/tsumami/