先月(6月)の26日付けのエントリ
『「珍遊記』上映イベント開催』でも書きましたが
漫画家の漫☆画太郎さんの20周年記念として制作されてる
Flash制作によるアニメーションDVDシリーズですが
明日7月10日、春日森春木さん監督の1巻に続き「珍遊記」2巻がリリース。

で、なんと2巻の監督は、「ゴノレゴ」や「quino」で有名な
Flashクリエイターのポエ山さん。
なんと、市販ベースのDVD1巻まるまる監督されるのって
流石のポエ山さんも今回が初だったようで・・・
そのあたりのお話が、ポエ山さんのブログで読むことができます。

■poeblog/ポエ山
http://blog.livedoor.jp/poeyama/archives/51549728.html
■DVD「珍遊記」公式サイト
http://www.mangatarou-flash.com/chinyuki/index.html

何故かamazonのDVD、2巻なのに監督名が
春日森さんになってる??…(汗)
(2009/7.9現在)

珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~ 2 [DVD]
クチコミを見る

+++

まるっきり余談ですが・・・
実は何故か「ゴノレゴシリーズ」って
2006年「日本のメディア芸術100選」に選ばれてたりしますよね。
http://plaza.bunka.go.jp/hundred/hundred.html
このときは「やわらか戦車」の100選入り(というか1位でしたが)
の大騒ぎの陰に隠れて(?)ちょっと地味な感じでしたが
「やわ戦」同様、ネットユーザーのパワーの恐ろしさ(?)を実感した結果でした。
恐ろしさと言っても、なにやら不正めいたことではありませんが。
ちなみに「やわ戦」に関して、当時、まことしやかに言われてた
「電通の陰謀」みたいな話は、普通に考えて有り得ないと思います。
ちゃんと検証すればわかりますが
当時の「文化庁メディア芸術祭」のこの企画の窓口というか
PRの仕方が、すごく限られたネットでの告知のみだったために
一般(のネット)投票という割には、それほど一般の人たちに
この投票自体が浸透していなかった…というのが実情だったと思いますし
全体の総投票数の少なさからもそれは窺い知れます。
そういった意味でも、結果的に当時勢いのあった「やわ戦」が1位に輝いてしまいますが
(これは、やはり「輝いてしまった…汗」と捉えるべきかとは思います…一応)
すでに更新も無くなって久しかった「ゴノレゴシリーズ」が
投票数を伸ばしたのは、実は「やわ戦」以上に興味深い結果だったと
個人的には思ったりしたものでした。
ゴノレゴ恐るべし。



[参考]
■ゴノレゴシリーズ/ポエ山
http://www.poeyama.com/gonorego/
■POEYAMA/ポエ山
http://www.poeyama.com/

[当ブログ内関連エントリ]
・「珍遊記』上映イベント開催
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1389300.html