The PEN Story


度々話題に登場する「個人・少人数制作アニメーション現代記」の
最新エントリで知ったコマ撮りアニメーションです。

■個人・少人数制作アニメーション現代記>>作品の盗用と作者の詐称の問題
http://japan.cnet.com/blog/macalie/2009/07/17/entry_27023787/

真狩さんもエントリで書いてますが、この「The PEN Story」は
以下「オオカミとブタ。Stop motion with wolf and pig.」のパクリなわけですね。
それで、いろいろ問題になったらしいですが
「The PEN Story」(オリンパス)側も、竹内(毒牛乳)泰人さんの作品を
参考にしたことを認めて現在は和解(?)してるらしいす。

 オオカミとブタ。Stop motion with wolf and pig.


で、「盗作」とか「パクリ」とかの考え方についてというか
この2作品について、ちょっと個人的に思ったことがあったので書いてみようと思います。

■【Youtube】PENSstoryさんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/PENStory
■【Youtube】dokugyunyuさんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/dokugyunyu

と言っても、この問題について双方でどんな話し合いがあったかとか
そもそもこの件で、関係者や作品のファンの人がどう行動したのかとか
全然分からいわけで、あくまで記事を読んでの考察です。
でも、記事への批判と言うことでも
盗作に対する批判と言うことでもありません。

若干、この件と離れる考察にもなるかも知れないけど
連想した話…ということで。

アートなシーン。とくに芸術というよりは
広告やイラストレーションなどの世界に於いて
他者の作品を参考にする例というのは、昔からかなり頻繁にありますよね。
逆に、新しい最先端な情報はなるべく他者に教えないで
自分だけのものにして、陰で分からないようにマネしつつ
自分の作品に導入して発表するという流れは、実は当たり前のようにあって
日本におけるマンガの世界などは、こういうプロセスに
疑問を持たない感じで当たり前に行われてるイメージがありますし
また音楽やファッション、近年では創作料理の世界なども然り
というイメージもあります。
この場合の”最先端の情報”というのを
いかにして最先端と定義するかは、いろいろな考え方があるというか
ケースバイケースなわけですが、創作に関連する事柄に於いて
こういう、他者に影響を受ける、リスペクトする行為などは
えてして「盗作」や「ぱくり」と紙一重な気がします。

また、とくにネットが普及した社会になってから
こうした盗作疑惑への言及や告発めいたことが生まれるスピードや
規模がどんどん増幅してる気もします。
個人的には、そのことが一番気になります。
今回のこの作品(広告)の場合はどうだったのかよく分かりませんが
少なくとも、竹内さんからの影響を認めていることで
たんなる「盗作」ということとは違う気も個人的にします。

「The PEN Story」はコマ撮りアニメーションとして
広告を超えても「おもしろい作品」です。
竹内さんの技法(勿論コマ撮りアニメーション自体は昔からあります)を
そのまま使ってるとはいえ、表現されるドラマ性の中に
独自の新しい着眼点やアイデアなども
「なるほどねぇ」と思うくらい盛り込まれていて
(人の成長や人生というドラマ性自体はありふれたものであるとも言え
むしろ竹内さんの作品のドラマ性のほうが意外性があって面白いという
意見ももちろんあると思いますし、僕も竹内さんの方が好きですが)
そうした意味では、竹内さんの作品に見劣りすることなく
よりプロの作品らしいムービーとして完成されている印象を持ちました。
マネられた竹内さんの感想を知る術もありませんが
きっと逆に楽しんだのではないかなぁと思ったりもします。

たんなる「盗作」「パクリ」なのか、「リスペクト」された作品なのか
そこが問題の大きな分岐点のように思います。

[追記]
後日、竹内さんのサイトを知ることができたので
サイトに書かれた今回の件についての感想は拝見することができました。
やはり、真似されて怒ったりはしてないようですね。

■【ORIYMPUS】The PEN Story
http://olympus.eu/penstory/
■無重力とザクロドクロ/竹内泰人
http://dokugyunyu.boo.jp/

[追記:関連記事]
・関心空間>>The Pen Story
http://www.kanshin.com/keyword/1902313

[当ブログ内関連エントリ]
・オオカミとブタ。
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1336919.html