Le ruban


前エントリの流れで。
Youtubeの「GOBELINS(ゴブリン)」のチャンネルから
もう1本貼ってみます。
こちらもグループワークによる3DCGアニメーションムービーです。
投稿者コメを拝見したところ、本作の舞台は60年代初頭の中国。
怒った群集は金持ちの地主を迫害しています。
群衆の一部である若年労働者の女性はひそかに地主の男を愛し
また男も女性にひかれているようですが
お互いなす術もなく、どうしたらいいのか分からない…。
といったような、いわゆる真正面のラブストーリーを
歴史的な舞台の中で僅か5分35秒のショートムービーに収めている手腕は
かなり素晴らしいと思いました。

全編、まるで映画のような演出。
それでいて悲惨すぎる印象にならない
ショートアニメーションとしての出来も見事だと思います。
キャラクターデザイン的には
あまり日本の人には受けないかなぁ…という印象ですが
こちらの作品も学生さんとは思えないクオリティだと思います。
タイトルの「Le ruban(リボン)」が印象的です。

■【Youtube】GOBELINSさんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/gobelins
GOBELINS
http://www.gobelins.fr/index-flash.htm

[当ブログ内関連エントリ]
・アヌシー国際アニメーション映画祭OP
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1388957.html