8月1日付けのアニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」」さんの
記事を見てびっくり!
ウチヤマユウジさんの幻のWebアニメ「紙兎(かみうさぎ)」が
「紙兎-ロぺ-」としてリニューアルされて
映画館のスクリーンで復活してました(汗)
ということで、何はともあれ以下が公式サイト。
「予告編」配信中です。

■GIFT MOVIE プロジェクト「紙兎ロぺ」
http://giftmovie.jp/pc/

この「GIFT MOVIEプロジェクト」というものが一体どういったものなのか。
アニメ!アニメ!記事を読むと
『映画の本上映前に実写やアニメーションなどの短編を上映するプロジェクト』
ということと『新しい才能の発掘も兼ねている』との説明があります。
プロジェクトの第1作目として「紙兎」ということだとすると
今後も、例えば短編アニメ版の「動画革命東京」のように
個人作家、個人クリエイターさんの作品を支援するというか
プロデュース的なことをしていくということでしょうか。
また、ROBOT自体が才能の集団だと思うので
社内クリエイターさんたちの、知られざる面白い短編なども
今後このプロジェクトとして放映されることもあるんでしょうかね。

公式サイトを拝見すると「キャラクターデザイン・監督・脚本 内山勇士」と
漢字表記の名前に変わってますが、確かにウチヤマさんです。
それに、なんと「アニメーション制作 青池良輔」!!という表記も。
青池さんは言わずと知れた「CATMAN」の青池さん。
青池さんはクリエイター個人として、DVD化されるようなタイトル作品も作りますが
WebやTVCMなどのCG(主にFlash使用なのかな)パートなども手掛けて
名前は公表されないものの、普通に日常的によくTV観るCMの
アニメーションなども手掛けていらっしゃるスーパークリエイターさん。

aoike.ca/青池良輔
http://www.aoike.ca/

そういえば、以前「ペレストロイカ」のエントリでも触れましたが
青池さんの短編シリーズ作品「ペレストロイカ」(2008年DVD発売)の中の
「愛と調教の旅立ち」が昨年9月に期間限定でマナームービーとして
放映されてたんですよね。
これって、まさに「プレ ギフトムービープロジェクト」ということだったんですかね。
なかなか僕の立場では、この辺りの裏の事情まで知る術はありませんが
いろいろ興味深い感じです。

それから、大画面ということで思い出したけど「紙兎」というアニメ自体が
確か2006年にウチヤマさん自身がWeb公開してたときから
ハイビジョンというか、高画質の大画面に耐える動画として
ものすごーく大きい画面で配信されてたのを覚えています。
そうした高画質に拘った動画制作だったということも含めて今回
「紙兎」(「紙兎ロぺ」にタイトル変わってますが)の劇場大画面デビュー
なのかな??と考えると、ちょっと頷ける気もします。
「GIFT MOVIEプロジェクト」
TOHOシネマ系全国39劇場、368スクリーンでの放映ということで
今回だけではなく、今後も含めて超楽しみですね。

■ROBOT
http://www.robot.co.jp/
■TOHOシネマズ
http://www.tohotheater.jp/

以前、当ブログでウチヤマさんの「アルツハイム」について
エントリで書かせてもらったんだけど
その時にも確か「紙兎」には触れてたと思います。

[関連]
■アルツハイム公式サイト
http://www.alzheim.jp/
■【ブログ】アルツハイム/ウチヤマユウジ
http://alzblog.exblog.jp/
■【ExsiteCinema】アルツハイム
http://ent2.excite.co.jp/cinema/feature/alzheim/

[関連記事]
・ROBOT TOHOシネマズとコンテンツ開発プロジェクト開始
http://animeanime.jp/biz/archives/2008/10/robottoho.html
・TOHOシネマズ×ROBOT GIFT MOVIE第1弾「紙兎ロペ」上映
http://animeanime.jp/news/archives/2009/08/tohorobotgift_m.html

[当ブログ内関連エントリ]
・アルツハイム
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1031750.html
・ペレストロイカ
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1020059.html