DIX


アニメーションムービーではなく、CG(VFX)を使ったショートムービーですが
非常に刺激的で面白かったので貼ってみます。
ちょっとグロなので、血とか傷口とか嫌いな人は注意。
でも、グロではあるけど、最終的にはとても奇麗な作品にも感じられます。
まぁ…CGだって分かってるしね(汗)

物語は、歩行時に10数えないと進めないという強迫観念に捕らわれた男の
カウンセリングを通した心象風景をCGを使って具体化させた感じの内容。
既に市販されてるCGアニメーションを集めたDVD「STASH 51」にも
収録されてるようで、「STASH 51」によれば
制作は「THE MILL」。
(The Mill内の若手アニメーター育成プログラムの一環として制作)
監督は「BIF Production」
VFXは「The Mill」が担当とクレジットされているようです。

世界的CGの祭典と言われる「SIGGRAPH(シーグラフ)2009」で
「Jury Award Winner(審査員賞)」を受賞してるようです。
本編7分8秒。
■SIGGRAPH2009
http://www.siggraph.org/s2009/
■ACM SIGGRAPH NEWS
http://www.siggraph.org/

技術的には、3DCGアニメーションムービーとして
人物もCGで創作して同じシナリオ・絵コンテで作ることはできたと思うけど
若手アニメーター育成プログラムの一環で製作されてるということなので
あえて技術的なチャレンジとして実写ベースのVFX処理というムービーに
なったのかな…とか思いますが、実際はどうだか分かりません(汗)
逆にある種のアニメチックな絵でこれをやった方が、残酷に見えるかもしれないなぁ
とかもちょっと思いますね。

■The Mill
http://www.the-mill.com/

[参考]
・stash51
http://stash.nowonmedia.com/latest/stash51/
・white-screen.jp>>
SIGGRAPH2009、今年はニューオーリンズで開催。CG映画グランプリは誰の手に?
http://white-screen.jp/index.php