03va

自主制作アニメ「鋼鉄のヴァンデッタ」関連のDVDです。
ヴァンデッタ制作サークル「サムネイル」のブログ「制作日記」の
5月のエントリにて、「AUDIO PICTURE」の内容について
『動画の方でも触れていますが、現在私共サムネイルはピクチャードラマなる
制作物に勤しんでおります。
どういったものか軽く説明させてもらいますと
イラストとBGMに合わせて声優さんに台詞を読んでもらい
鋼鉄のヴァンデッタの世界観やキャラクターを知ってもらおう!といったものです。』との
告知がありましたが、ほぼその案内通り。
『イラストとBGM』のイラストは、設定画のような印象で、けっこうラフなタッチの
モノクロ映像ですが、プロ並みに(?)上手でびっくり。
かなりこうしたイラストを描き慣れてる感じがしますが
ここまで来ると、タッチ的に何がプロで何がアマチュアなのか
ちょっと考えさせられたり。
良く言えば、明日からでも商業アニメの現場で仕事ができそうな
クオリティの高さ!と言えるようにも思いますし
反面、これだけ商業アニメに近いクオリティであれば、インディーズのアニメを
作ることの意味が分からない(?)と言った感想も生まれそう。
まぁ、それだけ興味深い作品であることも確かかと(個人的には)思います。

では、何故インディーズ(自主制作)なのかと考えると
やはり「物語」や「設定」に於ける
「プロにはない斬新さ」や「プロにはない新鮮さ」また、それらを含めた
「商業作品では切り落とされるかも知れない何か」なのだろうと思います。
そうした期待を持った目で見た場合、それが何なのかは
残念ながら今回の「AUDIO PICTURE」では感じられないかも
と言うのが率直な、個人的な感想ですが…
それでも、初めてニコ動で「鋼鉄のヴァンデッタ」のPVを見たときから考えると
いろいろなことがだんだん具体的に見えてきていることで
そうした時間的な慣れみたいなものが、このプロジェクトの革新みたいなものを
見え難くさせているという風にも感じます。
これは、従来(というかネットや動画共有サイトなど無かった頃)の
自主制作アニメの環境と今の情報伝達のスピードの違いによる感覚なのかも。

作り手は、ニコ動などでファンになってくれる人のリアクションなどを見ながら
本編制作へのモチベーションを維持したり、ときには反応によって
方向性などを検討したりもするかも知れない、ある意味「利点」があるわけですし
ファンにしても、制作の局面局面をそうしたサイトで
刻々と(まぁスパンは長めかもしれないけど)観ることができるという楽しみや
期待を維持することも「利点」のひとつかと思うけど
反面、鮮度が薄まってしまうとか
そうした告知による期待感にどこまで応えることができるか
という(ジレンマとは言わないまでも)「難点」みたいなものもあるのかなと。

監督さんは多分、女性の方かと思うんだけど
戦場を一応舞台にして、ロボットと美少女という世界を
かなりハードめに作ろうとしてる姿勢はとても面白いと思いました。
この「ハードめ」という加減が、もしかしたら商業作品にはないアプローチに
なるのかな…という予感もありますし
ハードと表現したけど、女性ならではの感性でのロボットアニメ
という視点では(とか言って、女性監督じゃなかったらどうしよう…汗)
個人的には、ちょっと女性マンガ的なニュアンスも感じたり。
そうした点が面白いし、完成が楽しみな点かも知れません。

今後のスケジュールですが、やはり「制作日記」によると
『まず、ピクチャードラマの制作が終わり次第、今年中の完成を目処に
パイロットフィルム第二弾の制作に入ります。
そしてその後、ついに鋼鉄のヴァンデッタ第一話の制作スタートです!
こちらの方は来年完成を目処に制作していきます。
まぁ、全部予定ですけどね!』
と言うことらしいので、次はパイロット版の第2弾のようです。

【鋼鉄のヴァンデッタ〜AUDIO PICTURE〜】
DVD内容:AUDIO PICTUREドラマ
       ・特典映像付き
       (新規アニメーションPV・原撮)
キャスト:八島レイン・小清水亜美、フロル・釘宮理恵、女性教員・本田貴子
イメージソング:作詞、作曲、歌・橋本みゆき、編曲・鈴木マサキ
本編約12分
(公式サイトより加筆転載)

■鋼鉄のヴァンデッタ公式サイト/サムネイル
http://www.vandetta.jp/
■【ブログ】ヴァンデッタ制作日記/サムネイル
http://ironvendetta.blog.shinobi.jp/
■【ニコ動】miyamiyaさんの公開マイリスト「鋼鉄のヴァンデッタ」
http://www.nicovideo.jp/mylist/9542770

※DVDの通販・委託販売の告知などは今のところ(2009.8.18)ないようですが
続報などあれば、なるべく追記します。
または、僕が見つけられてない場合もあるので、気がついたら追記します。

[当ブログ内関連エントリ]
・【ヴァンデッタ】AUDIO PICTURE 
http://blog.livedoor.jp/f_2nd2005/archives/1429761.html