「センコロール」公式サイト、9月9日の告知によると
東京での上映館、池袋テアトルダイヤの上映期間が拡大されたとのことなので
調べてみたところ、モーニング、レイト共に各1回づつの上映だったのが
19日からレイトは2回上映。1日3回の上映になった模様。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【9/19(土)からのスケジュール】
・モーニング  10:00〜10:30 ☆この時間が若干遅くなった!
・レイト     20:40〜21:10 ☆この時間枠が増えた!
          21:30〜22:00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それと、注意した方がいいと思うのは
池袋テアトルダイヤでは「センコロール」チケットの当日券は販売しておらず
鑑賞するには直接同劇場にて、若しくはWebにて
事前にチケットを購入(全席指定)することが必要となっているのは変わらず。
同劇場サイトの告知によれば(当初から同様のシステムのようですが)
『窓口販売:御鑑賞日の5日前から劇場の窓口でお求め頂けます。
Web販売:御鑑賞日の3日前から前日の23:59までお求め頂けます。』
とのこと。

■「CENCOROLL」公式サイト
http://www.cencoroll.com/
■池袋テアトルダイヤ>>上映中の作品
http://www.cinemabox.com/schedule/dia/index.shtml

また、ちょっと話は違うけど
アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」によれば
9月5日、立命館大学映像学部にて
『キャリアビジョン形成セミナー「センコロール」に見る個人制作アニメから
メジャーデビューをする方法』と題し
「センコロール」の試写会ならびに関係者によるトークショーが行われたそうで
結構詳しめなレポート風の記事が前後編で掲載されてます。

登壇したのは、宇木敦哉監督、エグゼクティブプロデューサーで
株式会社シンク取締役竹内宏彰さん
アニプレックスのエグゼクティブプロデューサーの岩上敦宏さんの3人に加え
立命館大学客員教授で、『アルプスの少女ハイジ』
『母をたずねて三千里』の作画監督や『ポケットモンスター』シリーズの
監修などで知られる小田部羊一さんとのこと。
ということで…
以下、記事へのリンク張ってみますです。

■「センコロール」宇木敦哉監督、立命館大学で語る-前編
http://animeanime.jp/report/archives/2009/09/post_167.html
■「センコロール」宇木敦哉監督、立命館大学で語る-後編
http://animeanime.jp/report/archives/2009/09/post_168.html

ある程度、公的な(?)Webサイトで
「センコロール」の内容について、ある程度言及しているような内容の記事は
珍しいと言うか…個人的には初めて観たような気もします。
レポート風なので、記事自体が言及してるわけではないですが
とくに小田部教授の感想などが読めたのは嬉しいす。
センコロールファン、個人制作アニメーションファンだけでなく
個人制作のクリエイターさんにも興味深い記事かも知れません。
セミナーと言うことなので、有料だったんでしょうかね。
イベントのこと自体全然知りませんでした(汗)
知ってても多分行けなかった気もしますが。

なんか別の機会にでも、二コ生とか何処かで
同時Web中継とかやったら面白そうだったのに…とか思います。
若しくは、こうした映像をDVD特典とかで付けてくれても嬉しいなとか…(汗)
まぁ毎度勝手なこと言ってますが。スミマセン。

■アニプレックス 
http://www.aniplex.co.jp/
■動画革命東京 
http://www.anime-innovation.jp/index.html
■シンク 
http://www.think.ne.jp/
■立命館大学映像学部 
http://www.ritsumei.ac.jp/eizo/