『大山慶のアニメーション』予告編


Youtubeに大山慶さんの上映イベントの告知の
(予告篇)動画があがってるので貼ってみます。
以下、特設サイトより加筆転載。

・不気味で、不条理で、取り憑かれるようで、退屈で、そして美しい
(クリス・ロビンソン/オタワ国際アニメーション映画祭ディレクター)
・クローネンバーグですら夢見る事のなかったボディホラー
(トニーレインズ/バンクーバー国際映画祭ディレクター)

【大山慶のアニメーション kei oyama animation works】
日常の中に潜むグロテスクな「生(性)」と、
決して逃れる事のできない「死」を見つめ続け
オリジナリティの高い映像作品を発表してきた大山慶。
その作品は国内外の映画祭等での評価も高く、
現在、最も注目されている若手作家の一人です。
この上映会では、学生時代のグループ制作作品『NAMI』から、
最新作の『HAND SOAP』まで、全8作品を一挙上映、
加えて、豪華なゲストを招いてのトークイベントを予定しています。

開催日 : 2009.10.22(木)〜25(日) 
場所 : 渋谷「アップリンク・ファクトリー」
http://www.uplink.co.jp/top.php
料金 : ¥1500

※チケット予約も受け付けているようです。
詳細は特設サイトで。
■大山慶のアニメーション特設サイト
http://www.keioyama.com/event.html

時間 : 開催日によって開演時間が若干違うようです。
■10/22(木)18:30開場/19:00開演
ゲストトーク [大山慶×黒坂圭太]
■10/23(金)18:30開場/19:00開演
ゲストトーク [大山慶×山村浩二]
■10/24(土)14:30開場/15:00開演
ゲストトーク [大山慶×鈴木卓爾]
■10/25(日)14:30開場/15:00開演
ゲストトーク [大山慶×和田淳×土居伸彰×道川真人]

上映作品 :
『NAMI』(00, 3min20sec)/ 『いつもの日曜日』(03, 10min)/ 『ゆきどけ』(04, 7min)
『ANIZO』(06, 20sec)/ 『診察室』(05, 9min)/ 『ゆきちゃん』(06, 5min)
『放課後』(08, 2min30sec)/ 『HAND SOAP』 (08, 16min)

■Keioyama.com
http://www.keioyama.com/
■【ブログ】Kei oyama offial weblog
http://d.hatena.ne.jp/keioyama/

+++

行きたいですねえ。
是非行けるように調整したいです。
観てない作品の上映もあるみたいなので。

個人的には「ホラー」とか「アートアニメーション」と言うよりも
シニカルな「笑い」などもも含めた「シュール系」のアニメーションを作る作家さん
というイメージがある大山さんですが
僕の知ってる作品よりも、もっとドンドン濃い方向に行ってるんでしょうか…。
そう思うと、やっぱ観ておきたいなぁ。