明日10月29日(土)から11月29日(日)まで横浜「新港ピア」他にて
横浜国際映像祭2009が開催される模様。
開館時間11:00-19:00(土日祝/10:00-19:00)。
横浜国際映像祭とは
『多くの人々が映像を使って社会に参加していくために
多様な個人のあり方が反映される表現と記録について
考え体験するフェスティバル』ということで
様々なジャンル、国籍のアーティスト、クリエイターさんが参加
展示や上映会などを行うようです。
詳細は、公式サイトで。

■横浜国際映像祭2009
http://www.ifamy.jp/
■【Youtube】yeizo09 さんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/yeizo09

CREAMコンペティションでは、世界42カ国から992件の応募があり
映画、アニメーション、ドキュメンタリー、実験映画、映像パフォーマンス、
インスタレーション、オンライン作品、写真、など
多種多様な作品がエントリーされたそうで
プロアマ、年齢、性別問わず世界中から応募された作品の中から
”優秀賞”に(受賞作品の中では唯一のアニメーション作品)
大山慶さんの「HAND SOAP」が入選したそうです。

■CREAMコンペティション結果報告
http://www.ifamy.jp/competition/

受賞報告ページのコメントを拝見すると
大山さんのアニメーションのあの質感は、実際の皮膚や木目
コンクリートなどを撮影して、デジタル加工したものを素材として
一枚一枚の動画を書いているそうです。
あのリアルな質感は、そうした工程を踏んで作られたものだったんですね。
はじめて知りました(汗)すごいなぁ。

ということで、以前も貼りましたが
大山慶さんの個展「」の予告がYoutubeに上がってるので貼ってみます。

『大山慶のアニメーションkei oyama animation works』予告編

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。