ショートアニメ戯言

個人作家系オリジナルアニメーションについての私見的戯言。

イラスト

同人誌『マヴォ』の表紙

竹熊健太郎さんのブログで、氏が編集された同人雑誌の
表紙のイラストについて書かれています。
担当されたのは、たびたび当ブログでも話題にしています
イラストレータでFlash作家の丸山薫さん。

「マヴォ」は基本、コミケコミティアのみで販売され
今回がその創刊号とのこと。
何でこの本の話題を書いたかと言うと、その竹熊さんのブログで
とても綺麗なイラスト(表紙レイアウト済み)が公開されてて
それと一緒に、丸山さんによる「イラストの裏設定」というのが公開されていて
それが凄く面白かったので。

全文コピペして転載しても、竹熊さんからのクレームはなさそうな気もしますが…
一応リンクを張りますので興味のある方は「たけくまメモ」にて確認を。

たけくまメモ>>【2008年12月1日(月)】同人誌『マヴォ』の表紙が完成しました
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-defc.html

どうやら、ご本人の丸山さんは
裏設定が公開されるとは思っていなかったようですが(裏なので)
こうした一枚絵に、ここまでわくわくするような設定があるなんて
なかなか無いと思います(汗)
まるで、それこそ漫画かアニメーションの企画書の一環のような。
改めて丸山さんの才能の片りんを垣間見たような気がして…
ファンとしては至福です。
ちなみに丸山さん自身も冬コミにはブースを出される予定のようです。

冬コミ…行きたいけどなぁ。行けるかなぁ。

MARU PRODUCTION/丸山薫
http://maruproduction.com/

mavo01_3

ラレコさんのアトム

ラレコさんの公式ブログ「やわらか戦線異状なし」で
4月15日付けで書かれている内容…と言うかイラストがめちゃめちゃ可愛い。
てか、めちゃめちゃカッコイイ。てか、ちんちん引っ張ってるけど(汗)

読んでみると、ラレコさんが「やわらかアトム」を制作するに至る以前に描かれたもので
本人自身描いたことを忘れているくらいだそうだ。
ご本人も「やわらかアトム」制作を予知していたのではないかと書いてるけど
最近ブログに定着した感のある、チビラレちゃん(ラレコさんのお子様)の誕生さえ
予知していたのでは??と感じさせるような視点も
このアトム画には見受けられて興味深いです。
既に「やわらかアトム」は4話が完結して今月22日には新作の
「新シリーズ:第5話」が公開される模様でソチラも楽しみ。
でも、このイラストの出来と言うか
その一枚の絵に表現されてる世界観みたいなものにすっごい惹かれるモノを感じて
浦沢直樹作品のアトムともまた違った、魅力あるラレコ版アトムワールドを
是非観てみたいように思ってしまった(汗)

このタッチで全編描き上げるのは至難の技かもしれないけど
このタッチを残しつつ漫画というフィールドでの
ラレコ作品をなんとか観れないものか、なんて。
漫画がダメなら…絵本とか。イラストストーリー集みたいなものでもいいかもしれない。
是非関係者の皆さん、手塚プロに掛け合ってくれないかなぁ。

もちろん…このキャラと繊細なイラストのタッチが生かせるなら
動画(flashアニメ)でも構わないんだけど。
それはそれで大変そうだし…既に「やわらかアトム」という作品があるワケだからね。
(注:関係者様。イラスト使用が不味い場合はご連絡ください)

■やわらか戦線異状なし
http://blog.livedoor.jp/yawaraka_sensha/

hippari
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/31n1qlwjg4de
プロフィール

亜樹28号

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
CATMAN
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ