今回はキリンカップ日本対コロンビアの感想を。



日本対モンテネグロはまた今度…まだ見てません。ちゃんと見ますよ(´(・)`)






今回の試合…パスがうまく通ってました。
中盤からの組み立てが早く、相手のプレスを分散させていました。
オシムの目指すサッカーがまた表れた試合でした。
あとはゴールが決まればよかったですね。ゴールまでの流れがきれいだっただけに悔やまれます。




そして、ディフェンスもうまく出来ていたと思います。
阿部と中澤の連係もしっかり出来ていたので、ピンチになっても2人の対処でなんとか処理していました。
特に中澤。カバーリングがうまい。世界レベルの動きでした。




サプライズは、シュートの使い方。
ゴール前、遠藤の中村憲へのパスはうまい!
あそこでシュートを打たなかったのは、日本の決定力の向上を感じました。
あそこで決められたら良かったんですが。
そして俊輔は相変わらずシュートを使いこなしていました。



さらに感心したのは、高原のボールに対する貪欲さ。
日本人にはなかなかなかった動きができていて、これからに期待できる動きでした。
これにゴールも加われば言うことなし!



しかし、コロンビアはDFのコルドバがいなかったような。
彼がいるといないとではDFの質は大いに変わりますから。
彼のいるDF陣をどう対処するのか見てみたかったですね。






そして中央・サイドの使い方が効果的でよかったです。
今野・駒野は日本の新たなサイドの住人になれそうです。






今回のコロンビア戦…オシムサッカーの形が見えた気がしました。
得点が入らなかったのはいかんですが、ゴールまでの形がシンプルでよかったです。
個々の力に頼ったジーコサッカーと真逆のサッカーが展開されました。






後は得点力。
流れが良かったのはジーコサッカーも同じ。
そこからさらにゴールにつなげるプレイの充実に期待します。
得点が入らなければジーコサッカーと同じだと言われても仕方ないですからね。




がんばれニッポン!!!