かき消される音は雑音

1か月後のクリア率がユーザー全体の5%を切る
PSO20042
どれだけマロンを過小評価しているかが伺える木村Dのコメントですが、コイツの異常さをもう少し実感した方がいいと思います。タフさがウリのマロンにターゲットが向かう上、メインSuだろうがサブSuだろうがストライクを大体4回当てたら終わるっていう。必死こいて他職でクリアするのが馬鹿らしくなり、結局サブSuで全称号とって終了って人が相当数居ると思われます。

新職追加の度に、使い勝手と強さを併せ持ったPAなりペットなりを実装するのは別にいいんですが、それが毎度バランスをぶっ壊す勢いなのはどうなのか。ここまでデータ取りに躍起だと、一ユーザーながらその露骨さに引きます。

【悲報】著名登山家(ウーリー・ステック氏)がエベレストで死亡…高所順応中に滑落か…(登山ちゃんねる)

あのスイスマシーンが高所順応中に滑落して死去。信じられないニュース。やっていた事を考えるといつ死んでもおかしくなかったんだけれど、死が無縁に思えるくらいに人間離れした印象を持っていたせいか、今でも現実感が薄い。覚悟はしていただろうけれど、40歳とまだまだ若かっただけに惜しい……。

少し前の映像。プロのアルピニストがチームを組んで2日をかける死の壁アイガー北壁を、ソロかつ命綱無しで2時間ちょいで登頂する。その垂直スピードは750m/時に達する。

ちなみにこの記録は一度破られたものの、2時間22分50秒で再度記録を更新している。アイガー北壁に於ける現在の世界記録。

2時間22分50秒の時の映像


久々にサモナーを使うに当たって、ふと「そういえばどれくらい強化にメセタ使ったんだろう」と思ったので、まずはこれまでにかかった費用のうち、最もぶっ飛び度合いの高いパフェの圧縮費用をざっと計算してみた(シンセや強化補助素材は自前前提)。うちの完成ペット(Lv120かつキャンディが埋まっている物)はジンガ・エアロ×2・ポップル・ヴィオラ・シンクロウ・レドラン・メロン・マロン×3の計11匹。パフェ1つを最後まで圧縮するのに必要な合計メセタが1,272,600。各ペットに2つなので必要数は22個。つまり総額は27,997,200。約2800万メセタ。

ふむ。パフェだけなら3000万くらいって感じだったのね。実際はヴィオラ・メロンは殆ど使ってないし、エアロも1つで良いと考えたら結構無駄な事をしてるけれど。これから始めるという人で6枠を埋めるだけという事なら大体1500万あればいけますな。

ちなみに3段パンケーキ+3を1つ作るのに圧縮費合計が約80万、6匹なら500万くらい。これに2段パンケーキ+3が1つあれば属性が60に出来るので、これの圧縮費が13万。6匹分で約80万。ロール2個の圧縮が50万。6匹分で300万。この辺を考えたら1500+500+80+300で大体2400万くらい使えばペット6枠分は概ねなんとかなると考えていいのかも。ああ、でもパフェは圧縮+4の段階が強化成功率+30%を使っても完封出来ないので、その失敗を考慮したら計算通りには行かないか…。なんせ+4では1回失敗するだけで50万飛ぶ事になるし…。まぁひとまずの目安といういう事で。

さて同様の計算でいくと、うちのペットにかかっている金額の合計は大体4500万くらいという事になりそう。うーん、やっぱりサモナーって意外とお金かかるよなぁ。すんごい今更だけど(笑)

※その他参考データ。ペット1匹に対しシンセ必要数は3260個でキューブ換算163個。6匹分は978個。ラムダグラインダーはパフェ1個フル圧縮に12個、ペット1匹に24個。6匹分で144個。


清瀧寺徳源院の江戸彼岸桜鎌倉時代末期から南北朝時代の武将、佐々木京極道誉が愛した桜であることから道誉桜と言われています。以前は天候に恵まれなかったので今年こそはと行ってきました。
kiyotaki002kiyotaki005
左側の写真、左が2代目で右が3代目です。2代目は樹齢約300年。右は前回失敗したなと感じていた三重塔(江戸時代初期 寛文十二年)と3代目。構図はともかく逆光なのでちょっと厳しいかな。

kiyotaki004kiyotaki006
2代目。天候に恵まれたお陰で青空が映えます。左右でホワイトバランスの違いが判りやすい。

kiyotaki003kiyotaki001
咲いてからは、どんどん花の色が白くなっていくそうです。前日はもっと桃色が強かったそう。

清瀧寺徳源院への道中の桜
kiyotaki007kiyotaki015


ここからは梅花藻で有名な中山道醒井宿です。
kiyotaki010kiyotaki009
左は水面に限りなく近づけてやや煽り気味に。水面の反射で思っていた感じにならない……。右は綺麗に花びらが落ちていたので思い付きで。改めて見るともっと大胆に寄れたら良かったのに、と。

kiyotaki012kiyotaki011
とはいえ醒井宿はどこを切り取っても絵になる気がします。本当にいいところなのでぜひ一度お越しを。

kiyotaki014kiyotaki016
かなり思い切って構図切ってます。でもこの方が確かに判りやすい。

おまけ。道端に咲いていた花。
kiyotaki013kiyotaki008

過去の画像フォルダから表に出していない品を少数ですが出してみました。

SONYのRX100はコンデジながらもカメラとしての引き出しはかなり多いので、今年こそは特性を生かした写真を撮ってみたいなぁ、と思ってるんですがこれがなかなか難しい(;´・ω・)
CIMG2040
琵琶湖の東側から見た対岸に聳える比良山系。帯状の珍しい雲を見て思わず撮った記憶が。

CIMG2045
彦根城の内堀にかかる大手門橋付近。毎年撮っていると前年の方が上手く撮れていたなぁと思う事が多々あったりして、心情的な意味でもなかなか難しい……。

CIMG2049
彦根城の内堀を住処にしているコブハクチョウと桜。絞り過ぎな上バランスもイマイチなのでお蔵入り。

CIMG2079
清瀧寺徳源院。県重要文化財の三重塔と道誉桜の三代目。やや被せ過ぎ、かつ天気が残念。

CIMG2085
初夏の梅花藻で有名な
醒ヶ井宿ですが、実は桜の季節も相当美しいのです。PLフィルター欲しい。

CIMG2081
同じく醒ヶ井宿。桜の花びらと澄んだ水のコントラストがとても綺麗。やっぱりPLフィルター欲しいなぁ…。


DSC00554
ヤマノススメにも登場した八幡山城ロープウェーから旧城下町を見下ろして。白飛び気味?

DSC01263
京都奥嵯峨から、愛宕神社一の鳥居と創業400年になる鮎の宿つたやさん。

DSC01265
同じく京都奥嵯峨野、こちらも創業400年になる鮎茶屋平野屋さん。

DSC02192
近所の梅が咲いた時に何気なく撮った……ような気がする。

DSC02295
日牟禮八幡宮の境内のかたわらにある、日牟禮ヴィレッジたねや。看板と桜。これも絞り過ぎ?

DSC02301
八幡掘、桜、舟。桜がやや混み過ぎていたのでお蔵入りになってました。

DSC02828
雪野山中腹から竜王町川守方面の風景。何の変哲もないけれど、田園と雲の影のコントラストがもうちょっと濃くなれば面白いのにな、と思いつつ撮った記憶があります。

コンデジというカメラの特性上、スナップ写真を上手く撮りたいな、と思って持ち歩いてはいるものの、自分は思っていた以上に固定観念から抜け出せない事に気付きました。ついついフレーミングばかり意識してしまうというか。

スナップの目的としては日常の面白さを捉えたいのですが、ついつい構図に当てはめる方向に意識が向いてしまうが故に、写真がパターン化されてしまって、結果、どれも似た写真ばかり……というストレスから逃げられなくなってきている、という感じです。

ここから抜け出すコツは工夫しないことであり、あくまでフレーミング込みで観察して視る事、なのだそうですが……今の自分のレベルではそれがとても難しい(笑) はてさて……どうするか。

このページのトップヘ