これなんてカオス ;゚Д゚)

インターネット上の今日目を通しておいたほうがいい情報をとりあえず紹介

誰でも飲み会を盛り上げられる10のゲーム!!  はてなブックマーク - 誰でも飲み会を盛り上げられる10のゲーム!!

最近の飲み会はどう?マンネリな雰囲気になっていませんか?
大学生ならばサークルの飲み会やゼミの飲み会に合コン、社会人になってからは忘年会に社員旅行にと私達にとってお酒を飲む席というのはたくさんありますよね。

しかし、「なんか最近の飲み会しっぽりしてるなー」、「今日の合コンは絶対に盛り上げたい」、「幹事なんだから面白い事考えないと」などと思う方はたくさんいると思います。

でも盛り上げるにはどうしよう?そこで初対面の人ともいきなり仲良くなれることができ、盛り上がってしまう方法、それはゲームしかありません!
もちろん仲良しのみんなとだって盛り上がること間違いなしです!
しかもゲームならば会話と違って入れない人もいないので、みんなで一緒に盛り上がれます。


『ヨン様ゲーム』


ヨン様ゲーム?どっかで聞いたことがあるような名前だけど何それ?って感じですよね。

それもそのはず、ヨン様ゲームは王様ゲームの王様をヨン様に変えただけのゲームなのですから。

王様ゲームと聞くとなんだからいやらしいイメージを持ってやりずらい人もいるかもしれません。

しかしこれならばそんな人達にも、「ヨン様ゲームって知ってる?」→「ううん、知らない」→「知らんなら盛り上がるしやってみよー」っというような流れで自然にゲームを実現できてしまうのです。

やり方
王様ゲームと基本的に方法は同じ。

人数分の割り箸に1から数字を書く、例えば8人ならば1から8まで、ここが王様ゲームと違うのだが王はいらない。

まず全員に割り箸を引いてもらって、もちろん引いた割り箸の番号は皆には秘密。

そして「ヨン様だーれだ?ヨン様の言う事は絶対!(その後にヨン様ポーズである胸に手を当て目を細める仕草をやるとなおいい)」と言って4番の人を見つける。

4番の人が好きな番号を言って罰ゲームを指示する。

『タイタニックゲーム』


皆さんも黒ひげ危機一髪というゲームはご存知ですよね?これは飲み会の席でもできる黒ひげ危機一髪風ゲームです。

やり方
コップやジョッキなどに焼酎や梅酒、お酒ならば何でもいいので半分くらい入れる。

この時に氷は入れたら駄目です。

その上に焼酎のボトルのキャップや梅酒のキャップを裏にして浮かべます。

そのキャップの中に順番に、コップの中が焼酎ならば焼酎、梅酒ならば梅酒を入れていく。

キャップが下に沈んでしまった人が負けで中に入ってるものを飲み干す。

『タケノコニョッキゲーム』


これは人数が何人いても簡単に出来、かつ盛り上がれる定番ゲームです。

やり方
タケノコタケノコニョッキッキ!と親もしくは先程のゲームで負けた人が言って、その後に好きなタイミングで全員が1から順に番号を言っていく。

最後まで残ってしまった人や、同時に同じ数字を言ってしまったら負け。

『山手線ゲーム』


こちらも先程のタケノコニョッキと同じ大人数で手軽に盛り上がれるゲームです。

ただしこちらのゲーム奥が深い。

お題のチョイスによって盛り上がりが大きく左右され、お題に四国の県の名前!など数が限定されてるものを指定すれば誰かを狙
うことも出来る狙われたら恐ろしいゲームなのです。

やり方
親もしくはさっきのゲームで負けた人から右(左)周りに順番にお題に沿った内容の名前を言っていく。

間違った人や前に既に出てしまっている名前を言った人が負け。

掛け声は親が「○○から始まる「イェイ!(皆)」山手線ゲーム!」、皆が「イェイ!お題は?」親が「野菜の名前!」ってな感じです。

『芸能人ゲーム』


これは以外とマイナーな、だがやってみると以外と盛り上がるゲームです。

やり方
全員片手を出して親指を上にこぶしを作ります。

親の人が「芸能人、芸能人、〜行で始まる芸能人。」と掛け声をかけます。

このとき〜はアカサタナハマヤラワの中から選びます。

そして掛け声と共に全員が親指を上げたままでも、そのままでもいいのでどちらかを選んで行動します。

その残った親指の本数を見て、上がっている数が4本だった場合、ア行ならばエ、カ行ならばケから始まる芸能人を思いついた人から言っていき、最後まで残った人か同時に同じ芸能人を言ってしまった人が負けになります。

『真実のコインゲーム』


これはコインの表か裏でイエスかノーかを答えるアンケートゲームです。

これも、山手線ゲームのように盛り上がるかどうかは質問のセンスが問われるのですが、匿名性があるゲームなだけに本音続出なこと間違いなしなので盛り上がります。

やり方
輪になって人数分の百円玉をハンカチで隠して1人ずつ順番に全員に質問していく。

ハンカチの下でイエスかノーかを見えないように1人ずつコインをおいていって、誰がどこに置いたかわからないように混ぜた後、ハンカチをとって結果発表です!

『ものまねゲーム』


これはみんなが恥ずかしいものまねを披露する姿を見て楽しむゲームです。
ものまねは得意な人は得意ですが苦手な人にとっては大変ですよね、しかし普段絶対にそういうことをしないキャラの人ほど盛り上がりはすごいものなのです。
ぜひ、そんな人達のものまねを見て楽しみましょう。

やり方
順番にものまねを披露していくだけなのですが、ただし順番が回ってきたらそれまでに出たものまねを全て繰り返してから最後に新しいものまねを加えるというものです。

つまり、「リンゴ!」→「リンゴ!→ミカン!」→「リンゴ!→ミカン!→バナナ!」
このゲームのものまねバージョンとそのも思っていただければ分かりやすいです。

勝ち負けの基準は似てる似ていないではなく、きちんと今まで出たものまねを全て繰り返せるかどうかです。

『暴露ビンゴゲーム』


これは参加者に数字が答えになる質問をして、その答えをビンゴの当たり番号にするというビンゴで、ビンゴそのものと質問に答える参加者のリアクションの両方が楽しめるゲームです。

やり方
「兄弟の数は?」、「失恋の回数は?」などの質問を参加者に聞きます。
このときの質問内容は司会者が決めてもいいですが、参加者全員から募集して司会者がクジ引き形式で読み上げていく方法でもいいし、質問に答える人を決めてから参加者が挙手で質問していく形でもいいと思います。

そしてその答えをビンゴの当たりの番号にします。
もし、質問の答えが同じ数字になってしまった場合は他の人に質問を回すか、次の質問に移ってください。

1番にビンゴになった人が勝者になるのはもちろん、1番盛り上がる質問を考えた人を特別賞にするのもありです。

『秘密の主は誰?ゲーム』


これは司会者があらかじめ集めておいた秘密の紙を、ひとつ読み上げるごとに参加者が秘密の主を推測し秘密の主を当てることを競うゲームです。

やり方
参加者全員に「みんなが知らない自分の秘密」を事前アンケートして、1人何個かずつ書いて提出してもらう。

次に集めた紙を使って、司会者が「この人は誰でしょう?!」と言って、ある人の秘密を1つ読み上げ全員で秘密の主を推測する。

秘密の主を当てた人が勝ちで分かりにくい秘密を書いてしまった人は、秘密が次々に暴露されてしまうという結果になってしまいます。
しかし、秘密を打ち明けたくないからといってすぐに分かってしまうような秘密内容を書いた人には罰ゲームというようにルールを決めておくといいです。

『多数決ゲーム』


これは誰かが出したお題について全員がジェスチャーやポーズをとって、ひとりだけ、もしくは少数派の違う動きをしていた人達が負けというゲームです。

やり方
出題者が「野球と言えば?」などのお題を出して、「せーの!」でそれに合ったポーズをとる。
このときに「鍋の具と言えば?」などと言うようにポーズではなく言葉にしても面白いです。

より多くのポーズや言葉だった人達が正解でそれ以外の人はアウトです。

1回で終わりにしてもいいですし、勝ち抜き戦で残りの人数が2人になるまで続けて、残りを観客にしても楽しめます。


以上10個のゲームを紹介してきました。
どのゲームにしても盛り上がることは間違いありません。

しかし、サークルの飲み会や、合コン・コンパ、結婚式の二次会など時と場合に合わせてゲームを選べるとさらに盛り上がることは間違いないのでその場にあったゲームを選んで飲み会を楽しいものにしましょう。



 このエントリをはてなブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 Google Bookmarks に追加 2009年05月28日 15:04コメント(0)トラックバック(0)
企画 | ゲーム

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページ上部へ