また、耐震偽装が発覚しましたね。
同じ建築に携わるものとして、本当に困ったものです。建築家のイメージ低下は避けられないでしょう。

耐震偽装なんてあってはならぬものです。
わざわざ構造計算書を部分的に差し替えて改ざんを図るなんて、とんでもないことです。建築家の風上にもおけない奴です。

検査機関があろうとなかろうと、耐震基準を満たした建物を設計するのは建築家の大前提です。国土交通省に怒りをぶつけるのはスジ違いというものです。
(彼らお役所は建築のプロではありません)




建築士法が一部改正されます。より建築士の資質や責任、罰則が厳しくなるのですが、肝心の報酬が先送りされました。

私はこの全ての諸悪の根源が報酬の設定にあると思います。
責任にはそれに伴う金額が必要だと思うのです。
私としては建築設計における最低報酬の義務化が必要だと思います。

価値ある情報やサービスには報酬が発生するものです。適正な報酬を受けるからこそ責任も発生する。これが普通ではないでしょうか。

そして建築士のモラルの向上を育成すべきです。耐震偽装は絶対に行ってはなりません。