雨晴時曇

観たアニメについての感想をちらほら。コメント・TB・拍手ありがとうございます!

#8 凪黄金

1384970093780
桜のあまりのダメ人間っぷりに吹いた。

凪という妖夢の力が弱まる時期が来る。
それは妖夢退治を生業とする異界士にとっては、絶好の時期でしょう。
ただ人間と妖夢のハーフ、半妖である秋人には具体的な対策が取れないというか、人間と妖夢のそれぞれに疲弊してしまってるようで。
人間の部分は、本当に小七時間メガネのフレームで悩んでたのが原因ならアホ過ぎますが。

異界士協会、藤真 弥勒が秋人を狙う理由。
「半妖だから」ってのがあるのでしょうが、恐らくそれ以上に隠されているであろう理由ってのが気になりますね。
今までもレアケースなのでしょうが、半妖ってのがいなかったわけではないでしょうしね。

「境界の彼方」
妖夢の名前とは思いませんでしたが、ここにきてのタイトル回収。
人々の負の感情が具現化したもの、というベタな設定ですが、だからこそ性質が悪いというか。

秋人、未来、名瀬 泉、藤真 弥勒。
それぞれの思いが交錯しながらの次回。

1384970994152
「熟してると腐ってるの境界線はどこなんやろな」
名ツッコミ過ぎて感心してしまった。

しのぶタイム其ノ肆

1384623093754
「こよみん」にめっさ吹いた。

「くらやみ」の正体、それを簡潔に表現するのならネトゲやTRPGのGM(ゲームマスター)的ポジションでしょうか。
プレイヤーとは違う次元に存在し、この世界ではルールに反する怪異を滅するためだけの存在。
400年前は怪異であるのに神だと偽った(だますつもりはなかったとしても)ため忍は狙われ、今回は迷い牛なのに迷わせることを拒否してしまった真宵がターゲットに。
人を再び迷わせることを継続すれば、くらやみに狙われることはなくなるのでしょうが彼女はそれを拒否。
理由は簡単。
彼女自身が阿良々木に「迷うことの辛さ」から救われたため、他の人を迷わせることを拒否したのでしょう。

1384624666581
このシーンで泣いてしまった。
「ボーナスステージだったんですよ。」
反論ができない、すごく適した言葉ですよね。
だからこそ阿良々木君のやるせなさが痛々しい程伝わってきました。
真のヒロインと思ってもおかしくない、八九寺真宵の最期は立派なものでした。
しかしこのまま終わるとも思えません。

何故かと言うと、阿良々木君は「扇にだけ」真宵が成仏したと伝えました。
扇に対する思惑があったためなのでしょうが、ここで重要なのはなるべく知られたくないという隠蔽した事実でしょう。
怪異は都市伝説・信仰・噂などによって生まれる存在→成仏したと思われていない=存在できるのかもしれないと考えたからなんじゃないのかなと思ったりします。
…いや、本当にそうなのかは知りませんが。

とにもかくにも物語は続き「恋物語」へ。
そっか花物語はテレビでやんないんだっけか。

第7話 5月13日

1384625556016
弱くてニューゲーム?

というわけでお話は振り出しに。
…何が「というわけ」だ。
BADEND(?)のため、再び最初(恭介が帰ってきた)からやり直し。
ただ「鈴と恭介がぼろぼろ」「(恐らく)理樹と鈴には前回までの記憶がない」「理樹の行動が変わったため、結果も違うものになっている」が1期の1話との違いでしょうか。

恭介のあの状態は、鈴の状態と関係があるとすれば「記憶を引き継いでいる」と考えればいいのかな。
恭介の思惑通りにはならなかったし、鈴も精神的にボロボロになってしまったことがやはり堪えたのでしょうか。

ただ理樹は今までと違い、一人でもがんばっていくとを選択しました。
少なくともこれは吉報なのではないのかな。
理樹ががんばれば鈴が明るくなったので、もしかしたらいい方向に進む…といいのですが。

しかし真人と謙吾が協力しないってのは意外というか。
ただ、同じ「下りる」でも対照的な二人でしたね。
これが意味することも、いずれわかるのかな?

外堀が少しづつ埋まってきてる感がありますが、まだまだ真相がわかりませんねぇ。
まだまだ楽しめそうです。

#7 曇色

1384366478107
このオムライスにはきちんと意味があったわけで。

虚ろな影に乗り移られ未来が殺してしまった伊波 唯の、妹である伊波 桜。
桜は未来を殺すために目の前に現れました。
姉の「りっぱな異界士になる」という目標を受け継ぎ、敵討ちに来たわけですが、あっさり未来が勝っちゃいました。
最終的に和解して何よりでしょうか。
姉である唯もこれには満足かな?

1384367239203
さて、オムライスの話。
オムライスをまずいと言いながらも全部食べたのは、かつて同じ立場、料理を作り桜や未来に料理を出していたからだと思います。

異界士としての能力が低く、姉や未来との繋がりが欲しかった桜は、美味しい料理を作ることで彼女達との絆をより深めようとしました。
だからこそ料理人側の気持ちを汲み取り、完食したのではないでしょうか。
学校での生活を見る限り、根は悪い子じゃなさそうですしね。

戦闘シーンもよかったですが、何よりもお話がすっきりしていて非常に面白かったです。
冒頭から前の話がなかったことにされてるのがまたシュールでしたが。
そうそう、前回のあの曲ですけど、サントラに収録されるそうですね。
……1話まるまるCMだったわけですよっと。

しのぶタイム其ノ參

1384024333801
僕は斧乃木 余接ちゃんが好き!

結果から言うと、まだ「くらやみ」の正体は語られず。
ただ、怪異とは違うルールで動いていること、改めて縦の動きには弱いことがわかりました。

逃げたときに忍とのペアリングが切れたことにより吸血鬼性が薄れてしまった阿良々木君。
ペアリングが切れたことにより能力が反比例すればまだいいのですが、同時に忍も弱くなってしまったようで散々な結果。
このままでは埒があかないので、臥煙 伊豆湖にアドバイスを求めるところで次回に。

今までは相手の正体が何なのかがわかっていたからこそ対策を立てれていましたが、今回は結局忍でもわからずじまい。
「何でも知っている」という臥煙 伊豆湖に頼るわけですが、どういった結論になることやら。
今までと同じく「なにかしらの代償」を求められないとも限りませんしね。

次回で終わりかな?
見る際はハンカチの用意をして下さいね。

第6話 逃亡の果てに

1384028724905
サービスショット。

今回は今までとは違う傾向。
一番の違いはリトルバスターズ内での抗争でしょうか。
今まで仲良しだった仲間が、己の信ずるものを突き通すために争う形に。
しかも、その結果が謙吾が言うように茶番に過ぎない展開。
己の場所を失った理樹は鈴を連れて逃亡。

みんなの台詞が刺々しかったのと、真人のやりきれない思いが台詞からびんびんを伝わってきました。
何よりも恭介の本音が聞きたいところです。
ただ、恭介も決して鬼ではないというか。
週末までは我慢してくれと言ったり……何で恭介がそんなこと決めれるの?という疑問もまた解き明かされるのでしょうが。

逃亡と聞くといいイメージありませんが、現状を打破しようとする立派な成長だと思います。
これすら恭介の狙いだったりして……?

#6 ショッキングピンク

1383765060473
まぁ、「コメディ」としては面白かったけど、「境界の彼方」としては面白くはなかったよね。

最初にオチを見せて、そこから振り返っていく手法。
ラノベでも多用されていますので、決して珍しくはなかったでしょう。
秋人達が何回も妖夢に立ち向かう繰り返しのお話でしたが、いつもとキャラが違いすぎる。
今まで見せていなかったと考えるべきか、はたまた「嗅覚がおかしくなり過ぎて、思考も普通ではなかった」と考えるべきか。

歌の部分は恐らくCD発売、もしくはブルーレイなどに付属されるでしょうから、それのプロモーション回でしょうね。
ほんと、商売上手やでー。
それでも、一週間の回想が一枚絵+季節感無視なところが、すごく素敵でした。
この辺りにはセンスを感じます。

さすがに次回からはと思った矢先の予告のスク水
……ははは、たまたまだよね。
1383765681457
愛ちゃんはアニオリキャラなんだよなぁ……。

しのぶタイム其ノ貳

1383418263836
「嫉妬はせんようにな?→嫉妬しろよ」
こういうことですね、わかります。

紙芝居というよりは絵巻物といった感じで語られた忍の昔話。
いろいろ端折られた感がしますが、時間は有限、仕方が無いですね。

……レバー入れ大ジャンプでも語るかー。
格闘ゲームで、ジャンプの大きさを変えることによって相手への攻め方を変える方法ですが、一般的に小、普通、大がせいぜいの種類でしょう。
ゲームによって異なりますが、小は「上レバーに一瞬入力」、普通のジャンプは「上レバー入力」、大ジャンプは「下にレバー入れて上レバー入力」とかが基本的な入力だと思います。
しかし、KOFシリーズには更に中ジャンプが存在します。
やり方は「下にレバー入れて、上レバーに一瞬入力」です。

なので基本KOFは攻めゲーだった気がします。
ジャンプ攻撃に種類があると待つよりも攻めたほうが強いゲームバランスになりやすいからですね。
2002以降の作品をまともにやった記憶がありませんが、いつかやりたいな……。

まぁ今回だけでは正直語れることがないんですよね。
呼称するのなら「くらやみ」が何故発生したのか、それについては次回語られるでしょうし。
理由を聞けば、なるほどと思うぐらいすごくシンプルです。

しっかし、Cパートをそこまでして入れたい理由がわからん…。

第5話 最後の課題

1383421917907
答え合わせの時間かと思いきや……?

来ヶ谷だけでなくクドと美魚もさらっとお休みでしたが、恐らく葉留佳も"お休み"なんだろうなぁ、と思いながら最後の課題である「HR時に立候補しろ」の様子を見ておりました。
鈴が不器用ながらも一生懸命視察の方々をもてなす所は、鈴の成長した所が感じ取れました。

その「成長した所」が今回理樹君が引っかかった部分ですね。
確かに今までの課題をこなしてきた鈴は、人として成長しました。
手紙の主が恭介で、普通に考えれば「世界の秘密」をえさに今まで仕組んできたと考えてもおかしくはないと思いますが、恭介はこれを否定…でもないか、問題は「世界の秘密」の方にあったわけですね。

結局真実は語られること無く、しかも恭介は確かに目の前から消えました。
これが意味することとは?

物語が一気に進み始める感じがしますね。
世界の秘密に関しては、来ヶ谷ルートでおおよその推測はできましたが、実際のところのはわかりませんのでここからの展開が非常に楽しみです。

#5 萌黄の灯

1383155829556
眼鏡いらないと思います!

今回のお話は美月の心理を表現されたお話でしたが、山田尚子氏が光った回ではないかと思いました。

別作品になりますが、氷菓の第14話「ワイルド・ファイア」で摩耶花が漫画研究会の用事を終え、料理対決ワイルド・ファイアに大トリを務めるため階段を降り運動場に向かうシーンがあったのですが、そのコメンタリー時に監督の武本康弘氏が「さすが山田というか、女の子の自然な仕草が出ている」という発言がありました。
そこでの具体的な演出は「女の子らしいまどろっこしい走り方」「腕をまくる」などほんとささいな仕草です。

話は境界の彼方に戻り、今話を振り返ると
1383158341628
目で心情を表す。
1383159366779
浴衣に喜ぶ女の子。
1383160159731
普段ねだらない子がねだる表情。
この辺りがすごく印象的でした。
女性特有の雰囲気がかもし出されており、明らかに今までとは違うなという風に思えました。
短かったですが、もちろん戦闘シーンもね。

今回のような「比較的やわらかいお話」での絵コンテ・演出は、さすが「けいおん!」や「たまこま」で監督をした山田尚子氏だなと思いました。

1383155205491
ちなみに今回のタイトルである萌黄色は秋人のベストの色です。

第4話 理樹と鈴

1382811380474
そして二人はお付き合いを始める。

来ヶ谷との√、そしてざーさん杉並 睦実からの告白で自分の恋愛感を意識するようになった理樹。
自分は女の子に興味があるのか?(恭介が一番だろ!)一体誰が好きなのか?
よくよく考えると鈴に落ち着いたわけで。
一方の鈴も3年生から告白され自分の恋愛について考えるようになったのか、理樹と付き合うことで収めようとした鈴。
二人が付き合うことになり、過剰にも思えた周りからの祝福。
そして意味深な台詞と共に消え行く葉留佳、美魚、クド。
これは来ヶ谷が消えたことに関係するのでしょうか?
そして謎の手紙からの最後のミッション。
ついに世界の秘密が明らかに!

今回は各キャラの台詞と表情の意味深っぷりが半端ない形でした。
これもいずれわかるのでしょうが、含みが強すぎて「フラグです主張」がすごかったですね。

正直、理樹と鈴と付き合うことにすごく違和感。
あまりにも二人の距離感が近すぎるからそう感じちゃったのかな。
ただ、これも全て恭介の意思にしか思えないので、次回以降明らかになるのかなとか思っちゃってます。

しっかし女の子3人が消える(?)のは、一気に華やかさが無くなりますねー。
西園さんなんて声優さんが代わったばかり(元に戻った)なのに……。

しのぶタイム 其ノ壹

1382810262097
さて、昔話でも聞きましょうか。

相変わらずの仲良しっぷりを見せ付けてくれる阿良々木&八九寺の両名。
既に夫婦漫才の域に達していましたが、今回はそう悠長なことを言ってられない様子で。
突然「暗闇」に襲われました。
イメージ的にはブラックホールでしょうか?
そこに現れたのは斧乃木余接。
二人は斧乃木余接の力にによって難を逃れました。
この状況をいつものように忍に解決してもらい、羽川に解説を頼む予定でしたが、頼りっぱなしはよくないと釘を刺される阿良々木君。
そして忍から語られようとしている400年前のお話。

忍メインのはずが、今回はあくまで真宵中心でした。
可愛いから別に良かったけどね!

余接がやたら筋肉に興味を示していました。
ちょっとしつこいぐらいでないと、この作品では影が薄くなっちゃいますしね。
影と言えば、やたら阿良々木君のを踏んでいましたが、これはもちろん忍に対する嫌がらせというか反抗でした。
もちろんキスもね。
死んでても女の子なんだなと思い、ちょっと面白かったです。

さてさて次回から過去編。
阿良々木も知らない忍の話が聞けて、面白い話になるでしょう。
Twitter
記事更新時などにつぶやいています。
応援しています
おすすめ




ひだまりスケッチ×ハニカム ねんどろいど ゆの (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






AQUAPAZZA ねんどろいど 久寿川ささら ヴァルキリー Ver. & ねんどろいどぷち まーりゃん (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






ロボティクス・ノーツ ねんどろいど 神代フラウ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






ロボティクス・ノーツ ねんどろいど 瀬乃宮 あき穂 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)





>DOG DAYS ねんどろいど レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)





レーシングミク ねんどろいどぷち×ミニ四駆 レーシングミク 2012ver. drives アスチュート スペシャル (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






Fate/stay night ねんどろいどぷち×ミニ四駆 セイバー drives スーパーセイバー スペシャル (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)






figma すーぱーそに子 虎パーカーver. (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)






figma GUNSLINGER GIRL ヘンリエッタ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






ギルティクラウン 楪いのり (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)






魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's ねんどろいど 高町なのは エクセリオンモード・エディション (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)






魔法戦記リリカルなのは Force 高町なのは (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)






figma 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's フェイト・テスタロッサ ソニックフォームver. (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)






IA - ARIA ON THE PLANETES - (PVC塗装済み完成品)






アイドルマスター キューポッシュ 天海春香 (NONスケール 塗装済み可動フィギュア)






住吉千里 水着ver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
  • ライブドアブログ