172

「オペラ座の怪人」を観ました。
19世紀のパリ、オペラ座。そこに住み着いているというファントムの仕業で怪事件が続いている。しかしたった一人彼が心を許す相手がいる、それはクリスティーヌ。天涯孤独な彼女はファントムの声を「天使」と信じ、メキメキとスターダムにのし上がってゆく。しかしクリスティーヌがラウルと恋に落ちた時から事態は一変、嫉妬に狂うファントムによってクリスティーヌは地下へと連れ去られてしまう・・・
余りに有名なミュージカルの映画化。冒頭のモノクロのオークションシーンから一気に当時の絢爛豪華なオペラ座へと連れて行ってくれるあたりは、これこそ映像の醍醐味だなぁと嬉しくなってしまう瞬間。
舞台以上にスピーディな場面転換でそれぞれの登場人物の心情の変化がわかりやすいものになっている。クリスティーヌに対するストーカー的なファントムの愛、これが腹立たしいものではなくむしろ悲恋となって私達に見えてくるのがこのストーリーの醍醐味だと思うんだけど、私はファントム役のジェラルド・バトラーって凄く頑張ってるなぁと生意気ながら思いました(笑)。
で、皆様の大絶賛の嵐の中で言うのは恐ろしいけど敢えて言ってしまうと、エミリー・ロッサムは本当に歌が上手かったし可憐で聡明、文句の付けようがないクリスティーヌだったんだけど・・・ちょっと声も線も細すぎたようにも感じた(もちろん可愛かったけどね)。ラウルとファントムに挟まれて「あぁどうしよう」っていう気持ちがもう一つ伝わらなかったような。個人的にはファントムとクリスティーヌの絡みに艶っぽさがもうちょっと欲しいなぁと感じたなぁ、まぁファザコンのクリスティーヌとの恋愛?な訳で、あまり艶っぽくても気味が悪いのかもしれませんが(笑)。恋して顔が上気してるようにきっと見えなかったんだな、私には。でもクリステーヌは16,7歳くらいの設定なんだよね、それを考えるとこのぎこちなさ加減はまさにピッタリだったのだよね、はい。
主要な登場人物はみな自前の歌声を披露して根性見せていますが、多少歌唱力にバラつきがあった感は否めない。それでも仮面舞踏会のシーンなぞは、これぞ映画!という絢爛豪華さでウットリする美しさで見応えは十分にあり。
四季の舞台はもう随分昔に観た、でもその時はこの舞台の良さが完全にはわからなかった。そういう人やこのストーリーを全く知らない人にはお奨め、曲もたっぷり聴けるしね。