361

「ひとまず走れ!」を観ました。
ウソプは出張ホスト、アメリカ帰りで2つ年上のソンファンは元・ギャング、ジノンはHPを運営する極普通の子、そんな高校3年生の三人組。ある夜、3人が乗った車に男の死体が落ちてきた。動揺しつつも一緒に落ちてきた袋の中に大金が入っているのを知ると、それを奪ってしまおうと男を車に乗せて走り出す。結局男は忽然と姿を消し、手元には大金だけが残った。一方その頃、刑事・ジヒョンは高利貸しの家に押し入った強盗について捜査を始めていた・・・
えーっと、私は特に出演者のファンでもないですし、かと言って嫌いとかでもないんですが(嫌う以前に気にしたことがない)正直、クォン・サンウとソン・スンホンというスターのプロモーション映画のような仕上がりで、ストーリーが雑過ぎなんじゃないかと感じてしまいました。ある意味、韓国映画の特徴の一部分が非常に顕著に出ていると言うか。
誰が出ていても私は構わないのだけど、楽しめるかどうかは結局脚本の善し悪しにかかっているわけで、ストーリーに惹きつける力がなければどんな素敵な人が出ていてもダメ。全ての登場人物がごちゃ混ぜになってラストへと突っ込む後半も後半、最後の20分くらいは面白いのだけど、いかんせんこの「高校生」という設定が生かされていないんですよね。
あらゆる場面が唐突で説明不足になっているために、基本になる3人になかなか親近感が沸いてこないんですよね。だって高校生でしょう、じゃあ「うん、わかるわ」と、もう少し思わせてくれないとただ単にわがままのゴロツキが金欲しさにジタバタしてるだけに見えてしまうんだもの。第一、こんな奴らっているんかいな(映画だから現実味がなくたって構わないけど、もうこういうトレンディドラマ的リッチさは飽きたのよね)。ジノンは普通なんだけど、でも自分のHPで自らヘタレな歌を披露してしまうようなナルシストみたいだし(笑)多分私の感覚が古いのでしょう、笑いのツボも微妙に合わなかった・・・イ・ボムスは確かにいいんだけど、それだけではこの不完全燃焼は補えません。
それにしても私が見た劇場は超満員でした、密度的には「スキャンダル」に次ぐものでしょう。「この次笑うとこ!」っていう一歩手前でもうオバサマ達は笑い始めるんですよね、つまりリピーターなんだなぁ。恐るべし、世の韓流ブーム。

誰かに似てるなぁと思ったら、カジ君に似てるのね。

234

235 こちらがカジヒデキ


掲示板もどうぞ→265