697

「エグザイル/絆」を観ました。
ウーを殺しに来た男・2人、そしてウーを守りに来た男・2人、かつては仲間だった5人が一戦を交える事に。しかし勝負がつかないまま晩餐を楽しむ5人、かつての友情が戻ったように思えたが・・・
まーなんてくさい演出、なんて仰々しいカット、なんてこっ恥ずかしいセリフ。どれを取っても一級品にわざとらしくて、でもほんと絵になる。むせ返るダンディズムっす、なんてキザで格好いいんでしょう!カーテンの動き、風、衣装の裾がヒラリと揺れる銃さばき、全てが計算し尽くされた映像美でしびれるー。
ストーリーはとにかく痩せ我慢の男達の話だから、最後まで友情最優先でこれまた良し。
時折挟み込まれる「笑い」のシーンも、彼らがいかに「幼少からの親友だったのか」を如実に匂わせた微笑ましいシーンだし、だからこそその後訪れる壮絶な銃撃シーンとの落差が激しく泣かせる。
単なるドンパチ映画として見るも良し、ノワールものとして映像を楽しむも良し、男達の絆に涙するも良し、こういう作品はほんと香港映画は強いね。アジア映画の魅力がたっぷり!

TB・コメントのタイムラグに関してはトップページのエントリーに表記があります
掲示板もどうぞ→265
参加しています45