*412麺*
拉麺鮮鯛ガムシャラー+α






本日は幡ヶ谷にあります
【鯛だしとんこつ 我武者羅】

ラーナビの限定を頂きに来ました。


少し時間をロスしましたが
10食に間に合うでしょうか
なんだか不安になりながら
店に到着。



まったく問題無く限定チケット
を購入できました。



今回の限定の名前は
【拉麺鮮鯛ガムシャラー+α】
店の名前もそうだけど
すごいネーミング(^^;)


我無者羅さんは豚骨と
鯛ダシのラーメンが売りらしいですね。


今回の限定は鯛にスポットを
当てたモノになるそうです。




まず和紙に書かれた
おしながきを手渡されます。

この時点で凝ってるなぁ
と感心させられました。


1



先付けの様に鯛の切身
が運ばれる。

これは塩づけと塩抜き
アップルウッドチップで燻製されたモノ。
と言っても冷薫という手法
なので刺身状態で出されます。


これが赤シャラー、
まず塩抜きに柚胡椒と
三つ葉を合わせ味わってみる。

チップの効果で香りは
スモークサーモンの様ですが、
サーモンの脂の様な変なクドさ
は無く、舌に残る微かな
風味がよいです。


一方、塩づけは生ハムにも
似た風味のモノでした。
まったく異なる味わい
になるのには驚かせられます。


さて切り身を残しておき
ラーメンを待ちます。


2



出来上がったラーメンも
凝りに凝った内容でして

具には焼いた葱の(白シャラー)
あおさの(青シャラー)みつばの
(緑シャラー)バターでソテーした
茗荷の(桃シャラー)に、
鯛頭のみラードで揚げ、
香り野菜と炊きあげた
スープ(黄シャラー)となるそうです。


スープは潮汁的ではなく、
ただ淡麗と言うのとは
違い、深いコクのある
素晴らしい鯛スープです。


鯛の風味を楽しんだら
麺です。

細く、やや偏平な麺は
麺の主張はありませんが
スープを邪魔する事なく
支える感じ。
相性は良いですが、
ダレるのが早すぎます。
低加水麺の欠点か?


スープを混ぜずに麺をあおさ
に絡ませたり、茗荷と併せ
たり違いを楽しみ、残して
おいた鯛の切身をスープで
しゃぶしゃぶ…

ギュッと旨味が引き締まり
鯛とスープ、双方に奥行き
が出ますね。


しっかりラーメンとして成立
している今回の限定、
〆は残ったスープに焼き石
を入れてもらい再加熱、
鯛ダシで炊かれた焼きおに
ぎり入り小椀にスープと
切身を入れて鯛茶漬け風
を楽しめます。
3



添えられたワサビを入れても
良いのですが、柚胡椒でも
かなり美味しくいただけ
ました。



相当の手間が掛るのでしょ
う、席につき食べ終わる
までに30分掛りました。

時間が無いと厳しいですが
、終わるまでに何度でも
食べに来たい限定ラーメン。
いや、かなりお薦めです。



もう一軒回ろうかと思って
いましたが、満足度が
高すぎて今日は辞退しました。

それぐらい美味かったです。



ご馳走様〜☆彡




鯛だしとんこつ 我武者羅

東京都渋谷区幡ケ谷2-1-5
03-6772-7200

11:00~15:00
18:00~23:00

日休