こんばんは。ど素人料理人です。

およそ2ヶ月間のブランクからブログを再開しました。

さて、次なる目標は200レシピ。

現在、およそ100レシピ。

あと、100頑張ります。

この2ヶ月間はブログに縛られず自由に料理をしてました。

昔、料理を始めた頃のようにとても楽しかったです。

しかし、自分の趣味の延長で食べたいものばかりを作ってる料理は

偏りがちでなかなか腕も知識もレベルアップしていかないですね。

また、未来のためにこの場で修業させていただきます。

よろしくお願いします。

さて、ありがたいことに毎年妻の実家から美味しい和牛が送られて

来るのです。

関西風すき焼き01


いつもはしゃぶしゃぶにすることがが多いのですが、今回はレシピを

研究してすき焼きを作ることに。

子供の頃、出されるがままに美味しく食べていたすき焼き。

実家を出てからはなんだかいつも適当に作ってたんですが、

やっぱりそれなりの味にしかなりませんね。

そこで、今回はすき焼き レシピ(作り方)を参考に

させていただき、一部アレンジを加えさせていただきました。

「関西風すき焼き」

関西風すき焼き03

本来のすき焼きとは関西風のこの作り方をいうそうですね。

関東風のすき焼きは牛鍋が転じたもののようです。

さて、材料と作り方はつぎの通りです。

【材料4人分

具材

牛肉(すき焼き用)・・・・・400g~500g
しいたけ・・・・・4枚
春菊・・・・・1束
ネギ・・・・・2本
白菜・・・・・1/4~1/2個
絹ごし豆腐・・・・・1~2丁(通常は焼き豆腐です)
しらたき・・・・・1パック
卵・・・・・4個

調味料その他

醤油・・・・・大さじ4杯
砂糖・・・・・大さじ3~4杯
酒・・・・・大さじ4杯

※調味料は上記の配分で適宜追加してください。
※砂糖の量は好みで甘さを調整してください。

牛脂・・・・・適量
昆布のだし汁・・・・適量

※水分が少ないと感じるときは昆布のだし汁を足してください。

【作り方

ネギは斜め切り、春菊は硬い部分を切っておきます。
その他野菜は食べやすい大きさに切っておきます。

しらたきは1分~2分ほど下茹ですると臭みが消えます。

絹ごし豆腐は八等分にして下茹でをします
下茹ですることで崩れるのを防ぐことが出来ます。

関西風すき焼き04

牛肉を5cmくらいの長さに切ります。
また、切らないでそのまま使うとゴージャスな感じがしますよね(^^;)

鍋を火にかけたら牛脂を溶かして、牛肉を入れます。
色が変ったら弱火にして砂糖ふりかけ、酒、醤油を加えます。
関西風すき焼き05
関西風すき焼き06
関西風すき焼き02


調味料が絡まったら、肉を取り出してその他の具を入れて
蓋をして蒸し煮にします。
野菜から水分が出てある程度やわらかくなったら肉を食べる分だけ
入れてください。

※しらたきを肉を近くに入れると肉が硬くなります。
椎茸など、野菜で仕切って配置しましょう。

関西風すき焼き07

私は絹豆腐が好きなので今回は初めてすき焼きに使ってみました。

下茹でしたおかげで崩れることはなく、つるっとしておいしかったです。

また、生の肉を煮込む関東風に比べて常に肉がベストの味で楽しめますよ。

関西風は関東風より甘いですが、慣れればこの味はクセになります。

この甘さはなんとなく幸せ感を感じますね(^^;)

あと、すき焼きの美味さは肉の質で決まると再認識しました。

特に良い肉が手に入ったときは関西風で食べるのがおススメです

ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

いつもありがとう(^-^)