奇をてらわない、素朴で、小さくて、可愛らしい家。派手さはないけど、住まうほどに愛着の湧く、豊かな家。そんな住まいがいいと思います。住宅専門の建築家古市伸一郎です。

長く使ってきましたこのライブドアブログ。FAD建築事務所のwebサイトリニューアルに伴い、ブログの引っ越しをしました。新しいサイトとブログはこちらです。
FAD建築事務所webサイト http://fad-office.com/
新しいブログ         http://fad-office.com/blog/ 

このライブドアブログは削除せず、これまでのぼくのバックボーンとして残していきます。新しいサイトともに引き続きこちらもよろしくお願い致します。 


便利さだけを優先すると危険が一杯、それでもやっぱり使えるスマホ。

カテゴリ:
奇をてらわない、素朴で、小さくて、可愛らしい家。派手さはないけど、住まうほどに愛着の湧く、豊かな家。そんな住まいがいいと思います。住宅専門の建築家古市伸一郎です。

>>>ただ今住宅設計スタッフを募集中です。〜詳細はこちらより<<<

スマホの現場進出は進んでいます。現在進行中の住宅新築現場でもそれは変わりません。その取り組みはいろいろな企業が実践しているようで、特にフランチャイズ系の企業が先頭を走っているのではないでしょうか。

うちはそんなフランチャイズ系でもないし、小さな小さな事務所ですので多くの経費をかける訳にもいきません。なので、基本的に無料アプリを使わせて頂いています。今使っているのは、LINEとDropbox。
IMG_2672
dropboxは事務所で書いた図面をpdf保存し、そのままアップしています。そのアップ先であるフォルダを現場の関係者(大工さんが主)と共有しています。そこでスマホがあると、ぼくが現地に行くことなく写真のようにその図面を見ることが出来ます。拡大縮小も自由自在ですね。もちろん、基本はまだまだフェイスtoフェイス+紙なのですが、移動の時間が稼げます。

現場から、「この部分はどんな風に納めれば?」という質問にも、こんな共有手段があるとタイムリーに指示が出せます。うちみたいな小さな少人数(実質1人)の事務所にはものすごく助かりるツールです。とはいえ、基本は先に書いたフェイスtoフェイス、現場にも足しげく通っています。そんな中でこれらのツールはそんな現場管理をスムーズにし、より密度の濃い調整を可能とするサポートツールだと感じています。一方的な経費減だけを狙った使い方では、先々いろいろ支障が出てくるでしょう。

支障というと、先日書いた記事「うまく付き合えば、やっぱLINEはいい。」 で登場し、今の現場でもグループ機能で現場関係者とのコミュニケーションを計っているLINE。僕のところにもやってきました乗っ取りメッセージ。
IMG_2673
「iTunesカードをコンビニで買って。」 ニュースでみた通りの内容に、「そのまんまじゃん」と突っ込みを入れながらしばらく付き合ってみました。日本語もちょっと変です。こちらのボケにも突っ込んでくれません。手元にあった使用済みのカード写真もスルーされ、「ちゃんと見てよ!」と少しの寂しさを感じました(笑)。しばらくやり取りしたのですが、埒が明かないのでしばらく放置していたらIDが消えてました。これもニュース通り、これに引っかかることあるのかなぁと思いましたが、乗っ取られた相手次第なのかも知れません。ビジネスの取引が始まったばかりのクライアントだったら、電話でどうしたんですか?と聞くのも聞きづらいし、少しならいいかとやっちゃうかもしれませんね。

スマホの普及、便利アプリの氾濫、それを使う側の人間が着いて行っていないのが現状でしょう。現場では時折スマホのなんちゃって使い方講座みたいなものもやってます。ますますこれから利用の機会が増えるスマホやアプリ。ネット接続でまわりと繋がれる便利さや楽しさ、その裏っかわにある不正や危険も意識しながら、プライベートでもビジネスでもうまく付き合っていければと思います。

tochijyouho 土地探しで困ったら。県内土地情報発信してます。
 土地を探してもなかなか希望のものに出会えない、
 そんな時は、希望地域の土地相場を調べるのもいいかもです。


blog_plo 住まいブログの建築家ランキングに参加中です。
  クリック頂けると涙が出るほどうれしいです。 
  facebookのいいね!ボタンもよろしくお願い致します。
 


DIYってこういうことなんだ、家がイキイキしてるのを目撃。

カテゴリ:
奇をてらわない、素朴で、小さくて、可愛らしい家。派手さはないけど、住まうほどに愛着の湧く、豊かな家。そんな住まいがいいと思います。住宅専門の建築家古市伸一郎です。

>>>ただ今住宅設計スタッフを募集中です。〜詳細はこちらより<<<

ホームページのリニューアルを予定しています。開業してからこれまで14年あまり、ずっと自作できましたが、 追加追加で組み立ててきたサイト構成にも限界がきたようです。ここ数年は、FacebookやTwitterなどのSNSの利用で、ホームページの更新も遅れ気味に。内容を吟味し、FAD建築事務所らしさが伝わるシンプルなサイト構築をプロの手を借りて目指します。

で、本日はサイトに使う写真撮影の打ち合わせをしました。写真も自撮りしてきたのですが、プロが撮るものは全く別物、今回のサイトへ掲載する写真はプロのカメラマンに撮影してもらいます。内容の確認、予算、日時などの打ち合わせだけのつもりでしたが、現地もちょっと確認できればということで、一緒に廻ってみました。そんな突然の現場確認だったのですが、みなさまにご協力頂き場所の確認もスムーズにできました。 

そんな突撃訪問だった最後のお宅。古市さーん、ちょっと内部改造しちゃいましたぁと奥さま。見せてくださいとお邪魔すると・・・
IMG_2562
なんとリビングに卓球台が。しかも、この青い天板はこのお宅の壁に使っている青の壁にリンクしています。その上奥さまの手づくり。前から器用な奥さまでしたが、ここまでかとカメラマン、うちのスタッフ(家内です)もビックリ。全然違和感なくそこに鎮座していました。
よーくみると、至る所に蝶番がついています。折り畳めるそうです、丸い筒がテーブルの下にこちらを向いて伸びてきてます。一人ピンポンの際勝手に玉が戻ってきます。白いまゆのように美しいネットは、玉を一カ所に集めてくれます。全く似合ってますこの白の空間に。

すべてハンズマンで材料揃えて手ノコと、インパクトドライバでつくったそうです。窓際にクッションが並べてあります、設計からここには段差を設け座れるようにしていたのですが、このサイズのクッションはおけなかったはず。ここにも奥さまの手が入ってました。座面が25cmくらい広くなってました。

窓辺に腰掛けられるようにと想像してデザインしていたところですが、限られたスペースでさすがにここまで広くする勇気がなく、設計では確か30cm弱にしていたところです。そこを住まいながらこんな風に改造していただいた。愛を感じましたね、気持いい使い方を際立たせたDIYです。

突撃訪問だったのですが、こんなサプライズがまっていようとは。他にもやりたいことがいくつかあるそうです。こんな風にただ大事に使うというだけではなく、そこに住まわれる家族の一部として生き生きとしている住宅がみれて本当にうれしかった。次回訪問の際どうなっているかも楽しみです。

サイトリニューアルの準備だったのですが、想いもかけずの出来事、最高でした。リニューアルは9月くらいの予定です。そのときはまたご案内しますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、現在のサイトは編集に使っていたソフトがwindows版だったので、Macに切り替えてしまった今更新ができない状態です。現場進捗など更新部分はFacebookで公開していますのでそちらをご覧ください。

tochijyouho 土地探しで困ったら。県内土地情報発信してます。
 土地を探してもなかなか希望のものに出会えない、
 そんな時は、希望地域の土地相場を調べるのもいいかもです。


blog_plo 住まいブログの建築家ランキングに参加中です。
  クリック頂けると涙が出るほどうれしいです。 
  facebookのいいね!ボタンもよろしくお願い致します。


うまく付き合えば、やっぱLINEはいい。

カテゴリ:
奇をてらわない、素朴で、小さくて、可愛らしい家。派手さはないけど、住まうほどに愛着の湧く、豊かな家。そんな住まいがいいと思います。住宅専門の建築家古市伸一郎です。

>>>ただ今住宅設計スタッフを募集中です。〜詳細はこちらより<<<

何かと話題のLINEですが、利用している方も多いはず。ぼくも便利に利用させてもらってます。プライベートはもちろん、今では仕事でもグループ機能を駆使して現場のコミニケーションを計っています。職人さんたちもスマホ率が上がってきたので、今回の現場からLINEグループに参加頂きました。もちろん、建て主にも参加してもらって。
工事の進捗や、いろいろな問題点、確認したいことなどをざっくばらんに投稿。それに関係しそうな人がコメント返してくれます。あと、一斉に同じ内容をみんなで共有できることもいいですね。

プライベートの方では、LINEモールに参加してみました。眺めているだけでもいろんな商品が出品されていて、レイアウトもきれいなので見ていてあきません。ついつい衝動買いしそうになります、がそこは大人ですからこらえます。

それでも、シャツを一つだけ先日購入しました。赤系のマドラスチェックの長袖、ラルフローレンです。試着なしで服を買うのは初めてでしたが、出品者のわかり易い商品説明で購入を決めました。届いたシャツを着てみるとばっちり。ジャストフィットで満足です。出品者とも二三回メッセージのやり取りをしましたが、それもなんだか楽しかった。

ということで、今度は出品にチャレンジ。ちょうど、MacbookProのメモリを入れ替えたので、元々ついていたメモリを出品してみます。所定の手順で出品作業を進めるのですが、めちゃくちゃ簡単です。ほとんどプルダウンから該当するものを選んで、最後に詳細部分でその商品の説明を書き込む。大切なのは、この説明の部分でいかにわかり易く、購入欲をあおることができるか?それと、アップする写真をきれいに撮影するかです。もちろん価格設定も大事ですけど、売れる売れないは別にしてこの作業もおもしろいです。雑貨屋さんのオーナーになった気分です。現在出品中の画面はこんな感じです。
IMG_2550
ぼくのプロフィール画面。
IMG_2549
商品カテゴリはデジタル>パソコン>PCパーツ類
IMG_2548
詳細説明の画面。なんと3人の方がお気に入りボタンを押してくれています。このまま売れるのでしょうか?

ともかく、こんなに手軽に出品できるLINEモール。やってみるものいいものです。乗っ取りや、架空ID問題などいろいろ話題にはなっていますが、しっかりセキュリティやって楽しく付き合っていければと思います。

tochijyouho 土地探しで困ったら。県内土地情報発信してます。
 土地を探してもなかなか希望のものに出会えない、
 そんな時は、希望地域の土地相場を調べるのもいいかもです。


blog_plo 住まいブログの建築家ランキングに参加中です。
  クリック頂けると涙が出るほどうれしいです。 
  facebookのいいね!ボタンもよろしくお願い致します。
 


これはつかえる?電球型LED球を買ってみました。

カテゴリ:
奇をてらわない、素朴で、小さくて、可愛らしい家。派手さはないけど、住まうほどに愛着の湧く、豊かな家。そんな住まいがいいと思います。住宅専門の建築家古市伸一郎です。

>>>ただ今住宅設計スタッフを募集中です。〜詳細はこちらより<<<

白熱電球の入手が困難になってきた昨今ですが、根強い白熱電球好きがいるんでしょうね。先日Facebookで電球型LEDのいいねを見かけました。いいねされていたのは、W後さん。ここで情報ありがとうございますとお礼を。

早速注文してたのですが、本日手元に届きました。
P1000796
インテリア照明器具の専門店 BeauBelle(ボーベル)

結構大きめの、こんな箱にはいてきました。梱包をといて中身を出してみます。
P1000790
きれいなクリアボールです。中に見える花の花弁みたいなものが光源になるLEDです。何となくかわいいですね。
P1000792
光源が内側と外側を向いているので、光りが広がるんだろうと想像できます。
P1000791
大きさもあえて一般のボール球より大きくしたそうです。確かに可愛らしさが増してるように感じます。一般球が95φでこのLED球は126φ。

製品を見た感じはなかなかいいです。シンプルで主張しすぎず、可愛らしさがある。あとは、実際光らせてみてどうなのか。そこが大事ですよね。

P1000795
いつもの白熱球です。先の写真の通りこちらはクリアボールでなく、乳白のガラスボール。当然のように柔らかい光が広がっています。

P1000794
今回のLED球です。直接見つめると目が痛い。LEDらしい光り方ですね。光の広がり方は、電球の後ろ側にまできちんと明かりが広がっていて、壁も明るくしてくれています。

明るさは430ルーメンとありましたが、60W白熱球と同じくらいかなと思います。明るさ、広がり方は問題ないですね。十分使えると思います。

しかし、このままでは使いにくい。そうです、クリアボールが足引っ張ってます。これで乳白ボールだったら絶対使えると思いますよ。乳白にする事で、光の目に飛び込む痛さが和らげられ、光の拡散も自然に柔らかくなるはずです。クリアであるが故に光源部分の陰が壁に映ってます。

ここまで出来ているものだから、白熱電球にクリア球と乳白球があったように、ぜひこのLED球にも乳白を準備してもらいたいですね。

早速これからユーザーレビューに書かせて頂きます。更なる進化というか、よりシンプルな電球(照明器具かな?)になる事を期待します。

tochijyouho 土地探しで困ったら。県内土地情報発信してます。
 土地を探してもなかなか希望のものに出会えない、
 そんな時は、希望地域の土地相場を調べるのもいいかもです。


blog_plo 住まいブログの建築家ランキングに参加中です。
  クリック頂けると涙が出るほどうれしいです。 
  facebookのいいね!ボタンもよろしくお願い致します。


このページのトップヘ

見出し画像
×