肌荒れと化粧品

肌荒れの主な要因のひとつである化粧品との関係について紹介します。

女性の方は毎日使う化粧品ですが、化粧水、洗顔料、保湿クリーム、メイク用品などは肌荒れとどう関係しているのでしょうか。
ほとんどの化粧品には「合成界面活性剤」という石油が原料となっている水と脂を混ぜ合わせて乳状にしたり、脂汚れを分解し汚れを落とす効果がある物質が含まれています。
この物質は体や皮膚にあまり良い影響を与えません。
洗浄性は高いのでしょうが、当然事前な物ではないので皮膚に刺激を与えやすい成分となります。
皮膚にあるバリア機能をも破壊すると言われています。
当然、肌荒れの原因にもなり、しみ、しわ、乾燥肌の原因ともなるでしょう。

洗顔はホコリや雑菌、余分な皮脂や古い角質などを洗い、清潔な肌に戻すことを目的とし行いますが、洗顔料やメイク落としを使いすぎたりするのは、肌荒れの原因となってしまいます。
メイクが濃いと、メイク落としと洗顔料のダブル洗顔もしてしまいますが、下地クリームにファンデーションくらいなら洗顔料だけで十分落とせると思います。
使いすぎは、余分な皮脂だけでなく、必要な皮脂も落としてしまいますので、皮膚を傷め、肌荒れの原因となります。たっぷり使うと洗い残しもありアレルギーの原因ともなります。
どんな洗顔料やメイク落としを使ったとしても、使用する量は控えめにし、使ったらよくすすぎをすることが大切です。
メイクが必要なくなったら出来るだけ早めに落とす様に注意すると良いでしょう。


オルビス化粧品

アテニア化粧品

fair_skin at 22:59肌のお手入れ 

乾燥肌に良い食材

乾燥肌の改善方法には、保湿成分を含んだ化粧品でのケアや、しっかりした睡眠をとることなど、色々なことがありますが、食べ物にも気をつけてみましょう。

乾燥肌の人にとって、ビタミンはとても大切な栄養成分で、中でも、ビタミンA、B、Eは、なくてはならない栄養成分です。

ビタミンAは、お肌の潤いを保ち、新陳代謝を正常にする働きがあります。
ビタミンAを多く含む食材には、サバやいわしなどの青魚、緑黄色野菜やわかめなどがあります。

ビタミンBは新陳代謝の働きを活発にし、炎症を抑える働きがあります。
ビタミンBを多く含む食材には、豚肉やレバー、卵、大豆などがあります。
中でも大豆は、ビタミンEと良質なたんぱく質を多く含むのでおすすめの食材ですよ。
ビタミンBは水溶性ビタミンで加熱に弱いので、生のまま食べられる納豆がおすすめです。
納豆に含まれるポリグルタミン酸は、お肌を保湿する働きがあり、化粧品にも使用されています。まさに美肌のためには最適な食材であるといえますね。

ビタミンEは、血液の循環を良くして、お肌に潤いを与える働きがあります。
ビタミンEを多く含む食材には、ゴマやアーモンドなどのナッツ類があります。
美味しくて食べやすい食材ですが、カロリーが高いので食べすぎには注意しましょう。

こうしたビタミンを多く含む食材を選んで食べることが、乾燥肌の改善につながりますが、偏った食事も良くありません。
1つの食材にこだわることなく、バランスよく食べることを基本にして考えてみましょう。
インスタント食品や、タバコは要注意ですよ。
特にタバコは、せっかく体内に取り込んだビタミンを破壊してしまうので、美肌を目指すのなら、禁煙することをおすすめします。


fair_skin at 09:52美肌対策肌のお手入れ 

美肌のためのファンデーションの選び方

美肌は女性の憧れですよね。
美肌のためにはスキンケアでお肌の健康を保つことも大切ですが、お化粧の基礎である、ファンデーションも美肌のポイントとなりますね。
お肌の気になる箇所をファンデーションで上手にカバーすれば、お出かけも楽しくなります。上手なファンデーションの方法を知っておきましょう。

まずは、ファンデーション選びがポイントです。

ファンデーションは大きく分けると「リキッドファンデーション」と「パウダリーファンデーション」の2種類あります。
最近人気があるのはリキッドファンデーションですね。
液状なので量が調整しやすく、なめらかで化粧崩れがしにくい特徴があります。
パウダリーファンデーションは、つけ心地が軽く、コンパクトに入っているので持ち運びしやすく手軽に使える、といった特徴があります。

一般的に、リキッドタイプは乾燥肌の人に、パウダリータイプは脂性肌の人に向いていると言われていますが、それほどこだわる必要はないと思います。
自分の好みで、使いやすいものを選びましょう。

ファンデーションの色選びも難しいですよね。
首と顔の色に大きな違いが生じないように、耳の下からあごにかけてのフェイスラインに伸ばして色を確認してみましょう。
一般に、色白の人はピンク、色黒の人はオークル、中間色の人はナチュラルが良いと言われています。
ですが、オークルやナチュラルを使っている人は時間の経過とともに皮脂とファンデーションが混ざり合ってくすんだ感じになってきてしまいます。
お肌が明るい方が、元気で若々しい印象を受けますよね。
化粧直しにはピンクを使ってみるなどして1色だけにこだわらないようにしましょう。

シミやそばかすが気になる人は、少し暗めの色を選ぶと目立ちにくくなりますよ。
ですが暗すぎる色も禁物です。やはり、お肌の色は明るくすることが大切なので、仕上げには、ピンクやベージュを選んでみましょう。


fair_skin at 14:27美肌の方法美肌対策 

美肌とコラーゲン

美肌を目指すなら、お肌に必要な成分であるコラーゲンを補充してやることが大切です。
コラーゲンを摂取する方法はサプリメントが手軽ですが、普段の食事から摂取することができたら良いですよね。
コラーゲンを多く含む食材を考えてみましょう。

普段の食事に取り入れやすい、身近な食材に鶏肉がありますよ。
鶏肉の皮や手羽先、軟骨には、沢山のコラーゲンが含まれています。
また、沖縄で良く食べられている豚足にも、コラーゲンが多く含まれていますよ。
その他には、煮魚をした時にできる煮こごり、高級食材であるフカヒレ、うなぎ、なまこなどにも多く含まれています。

ですが美肌のためには、これらの食材に偏ることなく、これらの食材を中心にバランスの良い食事を心がけましょうね。
1日にたくさん食べることは避け、毎日少しずつ食べるようにしましょう。

また、コラーゲンを摂取する時に、同時にビタミンCも摂取するようにすると効果的ですよ。
コラーゲンは、食べてからそのまま体内に吸収されるのではなく、一度消化されてアミノ酸に分解され、再び合成されて体内に取り込まれます。
この再合成には、ビタミンCの手助けが必要となるのです。
コラーゲンだけを多く摂るのではなく、果物や野菜も食べてビタミンCも多く摂るようにしましょう。

また、紫外線を多く浴びたり、喫煙したりするとコラーゲンにダメージを与えてしまいます。さらに喫煙は体内のビタミンCも減少させてしまうので、美肌のためには禁煙した方が良いでしょう。


fair_skin at 10:23美肌の方法美肌対策 

正しい洗顔方法

美肌になるためには毎日のお手入れが大切ですね。
その中でも大切なことが洗顔で、正しい方法で洗顔することが、美肌への近道であるといえます。

夜は、お風呂に入る前にクレンジングをし、その後洗顔料を使ってしっかり洗顔している人は多いと思いますが、朝の洗顔はどうでしょう?
夜にきちんと洗顔しているし、朝は水洗いだけ、という人は意外に多いのではないでしょうか。
これは、大きな間違いです。
夜、寝ている間、お肌は呼吸をしています。
朝起きた時には、お肌には皮脂や老廃物がたっぷり付いた状態になっています。
この汚れ、水洗いだけではなかなか落ちません。
しっかり汚れが落ちていないままでお化粧をし、外に出て紫外線を浴びると、くすみやシミ、シワの原因になってしまいます。
夜だけでなく、朝の洗顔も洗顔料を使ってしっかり汚れを落としましょう。
お化粧ののりも、確かに違ってくると思いますよ。

洗顔する時は、冷たい水を使っていませんか?
これも大きな間違いです。
冷たい水で洗顔すると、お肌がきゅっと引き締まった感じがしますが、これは毛細血管が収縮してお肌が突っ張ってしまっているだけです。
洗顔に使う水は、冷たくもなく、熱めでもなく、ぬるま湯が一番です。
温度でいうと、30℃〜34℃程度が適温ですが、乾燥肌の人は少し冷たい25℃程度、脂性肌の人は35度程度が良いでしょう。
洗顔はお風呂でするので、体を洗うのと同じ温度のお湯を使っている、という人も多いと思いますが、面倒でも、洗顔する時は少し水を多めにして温度を下げたお湯を使いましょうね。


fair_skin at 10:46肌のお手入れ