森田晃平の日々。

ベーシスト森田晃平の日々を綴っていきます。

image


本厚木cabinにて

素晴らしいピアニスト扇谷研人さんとの初めてのDuo liveでした。

扇谷さんとは去年の熊木杏里さんツアーを始め、他のアーティストのサポート現場でご一緒させて頂くことが多かったのですが、その人柄と多様な音楽性と豊かな音色、どれもが大好きで、、
いつかDuoをやってみたいなぁと長年思っておりましたが、本日念願叶って実現することが出来ました。

image


今日はほぼ2人のオリジナルを持ち寄ってのLIVEだったのですが、
扇谷さんのオリジナル曲はやはりどの曲も扇谷さんらしさ全開で(当たり前ですが、、)
楽曲の世界に2人でゆったりと浸かりながら心地良い時間を過ごす事が出来ました。
今日のLIVEが決まってから書き下ろした2曲も素敵に演奏して頂けて嬉しかったです。

そして、扇谷さんの奥様であるシンガーソングライターの花れんさんも飛び入りで一曲歌って頂けて初共演が叶いました。
ダブルで嬉しかったです。

image


演奏した曲はこの日唯一のカバー曲
大好きなカーペンターズのclose to youを扇谷さんならではのスパイスの効いたアレンジでお届け致しました。

今日は何だかとっても沢山の収穫があった夜だった様に思います。
音楽を奏でる喜びに溢れた良い夜でした。またこんな感じで近い内にやれたら嬉しいです。

僕も今よりもっと自由に自分の歌を楽器を通して届けられるようになりたいと思いました。
センスも技術もどんどん磨きたい。

明日からまた頑張りますっ!

平日にも関わらず集まって頂いた皆様にも大感謝です。


大告知です。


来年1月の12.13.14日に京都の老舗Liveハウス

LiveSpot RAGさんにて恐れ多くも私森田晃平とRAGさんの共同企画で新春3days企画をやらせて頂きます。

その名も、、、

RAG新春スペシャルライブ
『森田晃平 THE DUO 3DAYS』
〜森田晃平と三人のピアニストたち〜


でございます。

昨年位から自分の音楽活動について色々と思う事があって、
自分でduo Liveを企画してみたり、曲を書いてみたりと自分なりの音楽の発信の仕方を探っていた所に
今回RAGさんからこのような企画に誘っていただき本当に嬉しく思います。


よく考えてみれば高校生の頃にベースを始めた頃からピアノメインのアンサンブルの中で演奏をする事が多かった気がします。
僕の音楽人生のターニングポイントになったり、いろいろ影響を受けた音楽家もピアニストが多いです。
しかも、ありがたい事に出会うピアニストの方々が本当に素晴らしい方々ばかりで。。
ピアニストを愛し愛され支えられて来たベーシスト人生でした。

ベース人生の中で出会って下さった沢山の素晴らしいピアニスト達の中から今回は3人の大先輩方をRAGさんと相談しつつ指名させて頂き三夜に渡るデュオでの演奏にて2018年を始めさせて頂きたいと思います。


先ずは初日!


1/12(金)


withハクエイ・キム

IMG_2802-300x300




ハクエイさんとは丁度この企画がぼんやり持ち上がって来た頃に初めてお会いしてセッションさせて頂いたのですが、演奏のタッチと音色とオリジナルの世界観に何だか妙にシンパシーを感じまして、
「一度デュオで演奏してみたい!!」思ったので恐れ多くもその場で今回のLiveについてお話しした所、
快諾してくださいました。まだ一度しか一緒に演奏した事がない僕らですが、どんな感じの世界観を作って行けるか楽しみです。
ハクエイさん、間も無くソロアルバムのリリースも控えていらっしゃるらしくその中からも二人で演奏出来たら嬉しく思います。



そして中日!

1/13(土)


with榊原大

IMG_2803-300x300




東京での僕の音楽生活の育ての親をも同然。
榊原大さんとついに自分仕切りでDuoをやらせて頂く時が来ました。
大塚グレコの美好さんの紹介で初めてお会いして初共演以来榊原大trioを初め、様々なステージに僕を引っ張り上げて下さった大恩人です。音楽家として、人として男として本当に沢山の事を教わっています。
大きく広げて下さった自分の音楽の世界と可能性を今回はフルパワーで大さんにお返ししたいと思います!
とは言いつつじんわり温かく、いつもの様に楽しくやれたら嬉しいです。



そして千秋楽!

1/14(日)


with松本圭司

IMG_2804-300x300



僕が鹿児島から上京してくる直接のきっかけ、トリガーを引いてくれたこのお方を最終日にお迎えする事になりました。
鹿児島のLiveハウス「明日の地図」に僕が生涯初めてJAZZと言われる音楽のLIVEをみに行った時に偶然にもそこでピアノを弾いていたのが圭司さんでした。確か僕が18歳位の時だと思いますが、、その時はこうして一緒に演奏できる日が来るとは思ってもいませんでした。何事も続けて見るものですね。
上京してからはあまり頻繁にはお会いできていませんが、、会う度に激励の言葉(愛の鞭!笑)やら何やらで沢山の事に気付かせて頂いたり新しい発見をくれたりするのが圭司さんです。今の自分が圭司さんに真っ向から全力で向き合った時にそこにどんな音楽が生まれるのか楽しみです。







と、いうわけで今回は上記の三人の大先輩方に挑ませて頂きたいと思います!
この企画が決まった時、、今でも緊張しっぱなしですが、、、
今の自分の音楽力でどんな世界が作れるか正直楽しみな部分も大きいです!


ご予約は11月4日よりRAGさんのホームページより開始いたします。

https://www.ragnet.co.jp/livespot/date/2018/1


1月の京都なんて最高に素敵な季節じゃないですか。

3日間沢山の方々に足をお運び頂けたら非常に嬉しいです。

久々のブログ更新をこんな形で終わらせるのもアレですが、、


精一杯頑張りますので、、






何卒よろしくお願い致します!!!






森田晃平
















お世話になっている関係者、先輩、後輩、友人、その他私に関わってくださっている多くの方々へ、

この度、森田晃平は入籍致しました。

お相手は家具屋さんです。

とても穏やかで優しく可愛らしい人です。

お会いした方、近しい方には可能な限り口頭でお伝えしているのですが、

こちらでの報告が先になってしまう方も多く申し訳なく思います。

九州男児たる物、結婚した以上はしっかりと奥さんを幸せにしなければいけません。

今まで以上に人と音に誠実に向き合って行きたいと思っておりますので

今後とも森田晃平を何卒宜しくお願い致します。



森田晃平







〜以下、少し長くなります。〜

奥さんと初めて出会ったのは約5年前、共通の友人であるDJ監督を通して知り合いました。

東日本大震災の翌日、友人達が当時暮らしていた僕の部屋に来た時彼女もその中にいて、

皆が寝静まった後に朝まで色々なことを二人で話したのを覚えています。

当時から彼女の選ぶ物、話し方、人との接し方を見ていて本当に素敵な人だなぁと思っていました。

「この人と一緒に暮らせたら幸せだろうなぁ〜」

と思った僕は彼女に交際を申し込みましたが当時22歳の森田晃平君は合格を貰えませんでした。

それから5年間僕も色々な出会いや縁に恵まれまして、おかげさまで音楽家として何とか暮らしていく事が出来るようになりました
(まだ決して楽では無いですが。。)

彼女もこの5年間の僕の活動を何と無く知ってくれていて、

時にはliveに足を運んでくれた事もありました。

それ以上はあまり多くを話す機会も無かったのですが、

去年の夏に彼女と二人で話す機会がありまして、その時に話した彼女は以前より洗練されていて僕が知っていたよりずっと魅力的になっていました。

その時も交際には至りませんでしたが、、、

やっぱり縁が有ると言う事なのでしょうか、

今年に入ってまた再会する事が出来ました。

その時、彼女も僕と同じ気持ちでいてくれていました。

当時、僕は未曾有のトラブルに見舞われていて色々と大変な時期を過ごしていたのですが
彼女はその時も僕を信じて側で話を聞いてくれていました。 それも本当に支えになりました。

彼女の実家に挨拶に行き、色々と話をして彼女の家族もありがたい事に僕を受け入れて下さって

僕の両親も彼女に会って彼女をとても気に入ってくれたので

想像より円滑に、潤滑に物事がスススと進んで行き

この度晴れて彼女と入籍する事が出来ました。

家族になりました。

新居に引っ越しましたがそのまま連休に入ってしまったのでまだあまり家にいれていません。

出会って5年。友人として接していた時間が長かったので色々とくすぐったい時もあります。

彼女は二人でいる時にまだ僕を名字で呼びます。

一緒に暮らすようになって自分が彼女からどれだけ影響を受けていたのかがわかります。

彼女のお腹には既に新しい命が宿って、、いる訳も無く、暫くは日々をゆっくりと二人で歩んでいきたいと思っています。

と、言う訳で重複になってしまいますが、

今後とも森田晃平を宜しくお願い致します。







image



ご無沙汰しております。

久々にブログでも書こうかなぁという感じです。

今朝方の地震はびっくりしましたね。

久々に家がきしむ嫌な音を聞いたなぁ。。

あの地震のちょっと前に自然に目が覚める現象も久々。

本能的に危機を察知してるのかな?


穏やかな日々が続けばいいなぁと思っています。


先日はPRIMITIVE ART ORCHESTRAで東京JAZZに出演させて頂きました。


image



photo by Kayo Sekiguchi


自分が高校生の頃からテレビで見ていたイベントに出演出来たことが非常に嬉しかったです。

JAZZフェスと言いながらウッドベースを思い切り歪ませてワウを踏んだり、
アコギ弾きながら歌ってみたり、
ステージを思い切り楽しみました。

12月9日にリリースするニューアルバム

「qualia」

もお楽しみに。

image



現在はそのアルバムのミックス中でして、
エンジニアの上原さんと色々やりとりしていますが、それがまた楽しいです。

今回、録りのエンジニアとミックスのエンジニアを違う人に頼みました。
個人的には初めての試みだったので最初はどうなるのかなぁと思っていたのですが、結果非常に良い質感で音が記録されています。

image


冬が待ち遠しいです。


後、最近色々と考えることがありまして
思い切って楽器を結構な数処分したり入れ替えたりしています。

出したい音のビジョンが固まって来た結果弾かない楽器が家にあるのは嫌だからなぁ。
僕の手元を離れた楽器達の幸せを願っています。



と、言う感じでしょうか。


また時間がある時にはこうしてBlogを書こうかと思います。




image


別に今から飛行機に乗るわけでは無いですが、空港ってわくわくしますよね。










image



久々に機材について書きます。

最近、ウッドベースのシステムを一新しました。

その中心となっているのが

GRACE design社のFELIXというプリアンプです。

写真右側の銀色の奴ですね。

GRACE designはスタジオ系のマイクプリやらラック系の機材を作っているメーカーでレコーディングスタジオでは同社製のマイクプリを良く見かけます。

その会社が今回初めてアコースティック楽器用にフットタイプのプリアンプを作ったと言う事で発売日に飛びついてしまいました。

何故ならこのプリアンプ、本当にインプットやアウトプットの機構が大満足に出来ていて

・マイクインプットがついている。
ファンタム電源も送れる。

・独立2ch回線でピエゾ、マイク其々にかなり細かくイコライザーをかけることができる。そしてそのミックス具合も選べる。

・其々のインプットのインピーダンスも調整できる。

・其々のインプットの位相を反転できる。

・2in3outになっているのでマイク、ピエゾピックアップを其々別系統で出力出来る。

・クリーンブースター搭載。

・チューナーアウト、エフェクトループ有り

・ミュートスイッチが付いている

簡単に思いついただけでもこんなに沢山。

僕がウッドベースを弾いてきた上で

思い描いていた理想を

「こんなのがあったらいいのにな〜」

をかなり忠実に再現してくれたモデルなのです。


これならステージで鳴らすアンプにはハウリングに強いピエゾの音だけ送って

PAさんには別回線でマイクの音を送って、、

しかもそれが自分の好きなタイミングでミュートが出来る。


とか言う事も可能だったりして
何とも便利なプリアンプなのです。


今現在は

インプット1にDPAの4099を

インプット2にwilson K4をプラグインしてミックスしています。

image


イコライザーも音楽的に効くので音作りをかなり詰められます。
個人的にはかなり理想のサウンドに近付いて来たので嬉しいです。



アコースティック楽器用のプリアンプなのでコントラバスだけでは無く
アコギやチェロヴァイオリン等々、
他のアコースティック楽器でも大いに役に立ちまくりそうですね。



と、言う事で久々にマニアックなBlogを書きました。







image



先日のRECでも大活躍。


このページのトップヘ