おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴13年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

夏のプランティングは、絵のお花畑!



イギリスの不安定な気候がやっと落ち着いてきました。

5月の中旬になるともう霜は降りないだろうと、安心して

耐寒性のないプランツもプランティング(植え付け)できます。

日中、17,18度でも晴れていると日射しが強く、じりじりと肌を

焼きます。帽子と日焼け止めが必要になってきました。



1年草中心のボーダーは、2日前はこんな感じでした。

咲いているのは、春に植えたエリシマム ’アイボリーホワイト’とジキタリスぐらい。

エリシマムは、4月から咲き始めたので、6月まで咲き続けてくれるでしょう。

1年草ばかりだと、かなりメンテナンスが大変なので、

去年からちょっとずるして宿根草を植えています。

マルバ モスカタ、ペンステモン ’ボドナント’ は去年からのままです。


それから、ポピーがこぼれ種でたくさん生えてきました。

今年のテーマに合うし、かわいいので残してあります。

ジキタリスは、サットンアプリコットとパープレア。

少し前にリムナンサス(ポーチドエッグ)を前の方に

そして、アルセア ’イエローホリホック’を後ろの方に植えました。


IMAG3077


そこへ種や挿し芽から育てたプランツを足していきます。

待っていたプランツがたくさん。


種から育てたコスモス ’キャンディーストライプ’

IMAG2779



種から育てたアミ ’ヴィセージグリーン’ とパトリニア(オミナエシ)

IMAG2949



こちらは挿し芽で育てたサポナリア。

和名は、シャボンソウというハーブです。

葉を水に入れてもむと泡が出てきます。

淡いピンクの花が可愛いので、宿根草ですが

1年草中心のボーダーに植えます。

IMAG2948


ディディスカス カエルエラ ピンク

(ピンクレースフラワー)

IMAG2953


そして、種から育てたブルーのサルビア ファリナシア ’ブルーベッダー’

と黄色いコスモスは写真撮り忘れました。


黄色、ピンク、青、アプリコットと今年のボーダーは、

実は、私の好きな絵のお花畑なんです。


それは、何の絵でしょう?

うまく実現できるでしょうか?



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


夏の寄せ植え2016



チェルシーフラワーショーが月曜日から始まり、

先週から毎日のようにテレビでチェルシーフラワーショーの番組が

あります。BBCでは、全部で15回のシリーズで放送するようです。

RHSのウェブサイト ( Awards で受賞ガーデン、Show Garden で大きなガーデン)

でも、ショーガーデンの詳細を見ることができるので、

今年は仕事が忙しいこともあり、断念しました。


5月24日火曜日にウィッチフォードのテラコッタポット約60個に

夏の寄せ植えをしました。

去年の寄せ植えは、こちら↓

夏の寄せ植え2015年


例年のようにプランツのほぼ半分は、昨年の9月から挿し芽で育て、

あとの半分は、ナーサリーから購入しました。

グラスハウスが小さいので限界があります。



挿し芽で育てたプランツ。ポリトンネルで待機中。

IMAG2946

上から班入りヘリクリサム、白のぺラルゴニウム、

ダークチェリーのぺラルゴニウム、ヘリクリサム マイクロフィラ、

黄緑のリシマキア、白の花で黄緑の葉のバコパ、

白のヘリオトロープ、トレイリングネペタ(グレコーマ)



ナーサリーから購入したプランツ

IMAG2945

上から、白のバーベナ、黒い葉のイポモエア、ダークチェリーのミリオンベル、

白のミリオンベル、チョコレートコスモス、ダークレッドのバーベナ。


前回、私のほしい色と違うものが準備されていたので、

今回は、写真つきでオーダーしたのですが、赤のバーベナの色合いと

黒のミリオンベルの色合いが思っていたのとは違い、ちょっと残念。

本当は、ちょっと紫がかったダークレッドがほしかったんです。


5月の13日にプランツを取りに行ったのですが、

その数日後に気温が4度まで下がり、危うくいくつかプランツを

ダメにするところでした。

去年より10日くらいプランティングが遅かったのですが、

この時期は、気温が不安定なので耐寒性のないプランツは

気温を見ながら管理に気をつけないといけません。


ポットの数が多いので、プランツの数と組み合わせ、

ポットを置く場所などの準備に時間がかかりました。


トップテラスで植え付けをします。

毎年、土を入れたポットとプランツを全てガーデナーの私たちが準備して、

レイディー・フィリモアとご友人がプランティングして下さいます。


今回はレイディー・フィリモアがお忙しいようなので、

ご友人と私でプランティングをしました。


今年のテーマカラーは、レッド、ブラック、ホワイト。

まだ咲いていない花もあるので、まだ見栄えのしないポットもあります。

IMAG3040

手前は、センターに白のオステオスペルマム、周りに

トレイリングネペタ、ダークレッドのペラルゴニウム、

白のミリオンベル。



こちらは、センターが白のヘリオトロープ、周りに

黒のイポモエア 'ブラックフォーム'、赤のペラルゴニウム、

ダークチェリーのミリオンベル。

IMAG3043

赤のぺラルゴニウムは、挿し芽で増やしたものが足りなかったので、

赤のバーベナの色に合わせてこの色に。


赤のバーベナの入ったポットの写真はなかったので、

また後ほど追加します。プランツの組み合わせは、3グループぐらいで、

そのほかちょっと違うものがあります。


まだ、花が咲いていませんが、センターがチョコレートコスモス。

周りが、班入りヘリクリサム、白のぺラルゴニウム、白のバーベナ。

IMAG3045



翌日、ヘッドガーデナーと2人で60個の重いポットを移動しました。

力持ちの男性ガーデナーがお休みだったので、大変でした。

私は、足腰に悪いので階段までは一輪車を使いました。

仕事の後は、ヒートパックとストレッチで坐骨神経痛が

戻ってこないように気をつけました。今のところ大丈夫そうです。


大きな仕事がひとつ終わりました。

1ヶ月後どんなポットになっているか楽しみです。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


白い藤、紫の藤そして黄色





昨日は、曇り空で最高気温も12度と低く、一昨日の汗ばむような陽気とは

打って変わったお天気でした。今日からまた18度前後の暖かさに戻ります。


コピッドホールのポンドの上にある南向きのブリックウォールでは、

白い藤と紫の藤がほぼ満開です。


IMAG3007


Wisteria venusta 'Alba' 


IMAG3006


白い藤の並びに紫の藤も咲いてます。


IMAG3005


白と紫の藤の競演です。


IMAG3009



IMAG3010



お屋敷の壁には、モッコウバラが花ざかり。

IMAG3049


高さ5mぐらいです。

これは、ウイリアムだったかな? キャサリンだったかな?

ロイヤルウエディングに使われる予定だったモッコウバラなので、

左右2つあるモッコウバラに名前をつけました。

IMAG3048_1


この後、キバナフジとも呼ばれるキングサリが続きます。

今年は、ちょっと遅く6月の初めから中頃にかけて、

ラバーナムウォークのあの眩い光景が見られる予定です。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


夜中のメロンパン



先日、娘がメロンパンを食べたいというので、

久しぶりに作ってみることにしました。

日本だったら、近所のお店でメロンパンを買えるのに、

イギリスでは、ロンドンまで出かけなければ、

メロンパンが手に入りません。(泣)

アンパンも、ときどき食べたくなります。(泣)


だから、ロンドンに出かけるとお決まりのように

メロンパンとアンパンと一緒に帰ってきます。


わざわざメロンパンためだけにロンドンに行くわけにもいかないので、

そんなにじょうずにできなかったけれど、前に2回ぐらい作ったことが

あるので、また挑戦することにしました。

時間がかかるので2,3日かけて作ることにしました。


レシピは、この本から

IMAG2807_1

私がガーデナーになるきっかけをくれたお友達からいただきました。


菓子パンのレシピはまとめてあり、上にのせる生地の作り方が

書かれてあります。メロン生地、クッキー生地など。

前に作った時、メロンパンは、パンの上にクッキー生地をのせると

覚えていたので、メロン生地のことをパン生地と勘違いしてしまいました。


1日目にメロン生地を作って冷蔵庫で冷やし固めました。

次の日にクッキー生地を作り、さあこれからくっつけて焼こうと

思ったら、実は、メロン生地がパン生地の上にのせるものだったんです。


仕方なく、作ったクッキー生地はクッキーとして焼きました。

ラングドシャみたいで美味しかったです。


パン生地用の材料が足りないことがわかり、

3日目に材料を買い足して、でもパンを作る時間がないので、

4日目の夜、今日こそは作ろうと意を決し、はじめたのは なんと

夜の9時過ぎ。 パンを作るのには、発酵時間があるのにです!


冷蔵庫で冷やしてあったメロン生地をまるめます。 

IMAG2806_1

メロンって描いてあるのわかります?


パン生地は、ベイキングマシーンにお願いしましたが、

2時間半程かかりました。できた生地をまるめます。

IMAG2808_1


30分ほど休ませてから、つぶしたメロン生地を上にのせます。
 
IMAG2809_1

模様をケッパーでつけて、


そしてまた発酵1時間。(その間寝ましたzzzzzzzzzz)


IMAG2814_1


焼くのは、ほんの10分だけ。


やっと出来たのは、夜中の2時過ぎでした。

根性で焼いた夜中のメロンパンです。

IMAG2865

ちょっとパンの膨らみが足りなかったけれど

(実は発酵時間を短縮してしまったのです)

いままで作った中で1番上手くできました!

娘も喜んでくれました。


食べる分だけ出して、のこりは冷凍しました。

実は、メロン生地を半分冷凍しておいたので、

この次はパン生地だけつければ、楽に作れます。


これでしばらくは、食べたいときにメロンパンが食べられます。

幸せ~♪



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


ポタジェの大きな問題!




そういえば、ポタジェに問題があったと言って終わったままでした。

ブロともさんたちからは、遺跡が発見されたのでは?

とか大判小判がザクザクとか

いろいろな想像をしていただきました。


実は、ビクトリアン時代(たぶん)のレンガで造られた貯水槽があったのです。

穴があったのは、知っていたのですが、まさかそんなに大きいとは!!!

直径1.5m、深さ3mぐらいの穴でした。


IMAG2358

レンガやコンクリートの枠と蓋がありましたが、

その上をトラクターで何度も通っていたと思ったら、怖くなりました。



泥水が溝に入っていて、そのまま埋めると後で沈む恐れがあるので、

土を掘り出し、水はバキュームで吸い取りに来てもらいました。


IMAG2430



穴をのぞき込むハニーの影が!

IMAG2433



穴には、ごろごろした石をローリーで2台分ぐらい入れました。

IMAG2443


やっと平らになりました。


IMAG2474



パスウェイになるところには、下に石をいれました。ラインが見えてきました。

IMAG2550



垣根と芝の部分は、1mくらい高いので、

土を支えるためにコンクリートブロックと

レンガの壁をつくっています。

IMAG2912


ここまでで、1ヶ月半かかりました。

6月に入ってから鉄のエッジ(枠)が入ります。

それから土を戻して植え付けができる予定です。


今年の野菜はどうなることでしょうか?

野菜たちは、ポットで育っています。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


ギャラリー
  • 夏のプランティングは、絵のお花畑!
  • 夏のプランティングは、絵のお花畑!
  • 夏のプランティングは、絵のお花畑!
  • 夏のプランティングは、絵のお花畑!
  • 夏のプランティングは、絵のお花畑!
  • 夏の寄せ植え2016
  • 夏の寄せ植え2016
  • 夏の寄せ植え2016
  • 夏の寄せ植え2016

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ