おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴13年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

薔薇はやっぱり6月がピーク



イギリスの例年6月に咲くバラたちは、

今年は異例の早さで

5月の終わりから咲き始めました。

ちょっとずつ咲き始め、その後気温が下がり、

6月中旬に高温(27度前後)になると

ワーッと一気に開花しました。


P1060579

6月18日撮影


ラベンダーも同時に

P1060580

ローズ `グルス アン アーヘン' は、

高温で天気が良かったせいか

いつものピンクより色が濃いようでした。


そして、だんだん色が白っぽくなります。

P1060582



トップテラスのリトルホワイトペットも

遅れてはいけないと慌てて咲き出しました。

P1060577


中央の高いシュラブが

'サリー ホルムズ'

ピンクのローズは

'グルス アン アーヘン'

小さな白い花がローズ

'リトルホワイトペット'

P1060576



ウィッチフォードのポットの寄せ植えも

こんなにもりもりしています。

P1060573

2つのポットが斜めに置かれています。

ペチュニアの勢いがすごすぎます。



ブリックウォールに誘引された

ローズ`ニュードーン' は、

6月中、ずっと咲き続けています。

P1060583



今年は、バラが早く咲き始めたので、

パラパラと少しずつ開花するのかと

思っていました。思いがけず花期が

長く、花数も多く得した気分です。


2番花もこんなふうに咲いてくれたら

うれしいです!



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング


6月のポタジェのハーベスト


6月になり、ポタジェの種から育てた

野菜の苗をほとんど植え終えて、

きれいなポタジェができてきました。

IMG-20170616-WA0002-20170621-23193981


去年からのカボロ デ ネロと

スプリングオニオン

IMG-20170616-WA0015-20170621-2245245


ロケットとサラダリーフ

IMG-20170616-WA0001-20170621-225444575


今年もカリフラワーが

こんなにきれいにできました。

IMG-20170616-WA0008-20170621-231322862


ターニップ(カブ)、コジェット(ズッキーニ)、

そして、カリフラワー。

IMG-20170616-WA0012-20170621-230554705

カリフラワーは、オーナーや

ハウスキーパーさんからお褒めの言葉を

いただきました。地元のフラワーショーに

出品するといいとも言われました。

次々できるように育てているので、

タイミングが合えば、出品してみようかと

思っています。


今度、ポタジェのベッドの写真を

一つずつアップします。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング


ポーセラーツの親子教室




イギリス南東部でも日本に負けず、

なんと20日、火曜日は29度、

21日、水曜日は31度と猛暑です。

ほとんどの家では、エアコンがないので、

ものすごい暑さだと思います。

家は、大きな松の木が南側に4本もあるので

夏は比較的ひんやりとしています。



イースターホリデーに親子で

ポーセラーツをしました。


私は、箸置きを作ってみました。

P1060552

ちょっとお正月っぽいです


そして、花柄の花瓶を作りました。

P1060553



娘は、アクセサリー入れと

小さな角皿を作りました。


1つで飽きるかなあと思ったら、

とても楽しんで2つ作りました。

P1060550


お友達親子も鉛筆たて、醤油さし、

小さなボール、小皿など作っていました。

写真をアップし忘れました。


その前のクラスでシリアルボールを

2つ作りました。


イメージはパリの朝食♪

P1060592

自転車


エッフェル塔と凱旋門

P1060593


コーヒーの豆引きとエッフェル塔の切手

P1060594



手作り作品が増えて、楽しみが増えました。


いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング


おとぎの国のスコットニーキャッスル♪



昨日の記事↓の続きです。

絵のように美しいスコットニーキャッスル


ブリッジをわたると14世紀のオールドキャッスルに

到着しました。なんだかキャッスルと言うより、

おとぎの国のお菓子の家のような感じです。




P1060236

手前のベッドには、ハーブが植えられていました。

オールドキャッスルの一部だった壁には、

白い藤が咲いていました。



アーチをくぐると、反対側にもウィステリア(藤)

P1060240



藤のカーテンになっています。

P1060241




みごとなウィステリアです。


P1060243



窓からの眺め

P1060242



屋根がなく、壁の一部が残っています。

P1060248


後で気づいたのですが、このキャッスルは、

水堀に囲まれていました。


カナディアンギースの親子がいました。

P1060255




とてものどかで美しいおとぎの国の

スコットニーキャッスルでした。



いつもありがとうございます。


応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング


絵のように美しいスコットニーキャッスル



ロンドンのグレンフェルタワーの大火災には

イギリス中が驚きを隠せません。

なぜこのような大惨事が起きたのか、

原因はまだはっきりわかっていません。


5月末にビジットした

シシングハーストキャッスルガーデンから車で

約20分のところにナショナルトラストの

スコットニーキャッスル Scotoney Castle があります。


10年以上前に行った事があり、

また行ってみたいと思っていました。

ロマンチックなガーデンだなあと

思った記憶があります。


ハウスの前を通って、ガーデンの入り口へ

P1060216

上の写真が表


下の写真が裏

P1060218

中は公開していなかったと思います。



赤い葉のモミジや新緑の木々を楽しみながら歩いていくと

遠くにオールドキャッスルが見えてきました。

P1060219



カラフルな木々の間に

オールドキャッスルが近づいてきます。

なんともにくい設定です。

P1060220



ゲラニウムのかわいいピンクの花が咲いていました。

P1060221



ピンクのロードデンドロン(セイヨウシャクナゲ)が花盛りでした。

P1060223



たぶん高さ3m以上はあったと思われる

ロードデンドロン


P1060224



濃いピンクのロードデンドロン

P1060225



薄いピンクのロードデンドロン

P1060226



古いお城がロイヤルファーンの間から見えます。

計算されたプランティングです。

P1060227



今度は、ハウスがフォーカルポイントで反対側に見えました。

芝の上でくつろぐカップルがいました。

P1060231



ブリッジをわたるとムーミンのおうちのような

オールドキャッスルが!

P1060229

手前のアイリスは、Iris pseudacorus


美しい光景が次々と広がります。


続きは、また次の記事で。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング


QRコード
QRコード















  • ライブドアブログ