おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴13年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

イギリスの桜満開!



日本より早く満開になったイギリス南東部の桜。

先週末の桜の様子をお伝えします。


先週の土曜日(3月25日)は、とてもいい天気でした。

P1040664

スイセンも満開。もう終わり始めたものも。


もっといい写真が撮れるかも、とのびのびになっていました。

携帯のカメラが壊れたので、デジカメで撮りましたが、

セッティングがよくなかったのかもしれません。



ポンドの反対側から

P1040639



斜面の上から

P1040637



やっぱり桜はいいですね。

日本人の私には、とても特別に感じます。

イギリス人にはきっとわからないと思います。

P1040661

土曜日は、桜と過ごしましたが、

日曜日は、出かける用事がありました。

満開の桜を残して出かけるのは心残りでした。



手前は、'タイハク’

P1040659



もっと桜の木を植えたいです。

P1040663

ポンドの斜面(左側)に後数本植えたら見事でしょう。


ブリッジの手前から

P1040665


今年も、コピッドホールの桜を満喫しました。


日本の桜の写真、楽しみにしています!



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


日向ぼっこ



昨日、3月27日のイギリス南東部、カントリーサイドの気温は、

最低気温7度、最高気温16度の快晴でした。

28日は、最低気温10度、最高気温15度で

東京より最低気温が高いです。


夏のように日差しが強く、仕事をしていたら汗ばんできました。


桜は、ほぼ満開!いい写真が撮れなかったので、

次回アップしたいと思います。


こういう天気のいい日は、ハニーさんは外で日向ぼっこ。

陽だまりを探して、どこにでも寝ます。

この日は、ポッティングシェッドの南向きの壁。

誘引されたバラの根元にゴロン。

P1040745

今、ここが一番日当たりがいいの!



それから、ポタジェの真中(まだ何も植えていない)

にフォーカルポイントとして寝ていたりもしました。



先日は、家の娘にバギーに乗せられましたが、

嫌がることもなく、座って日光浴。

IMAG7090

くつろぐハニー



お姉ちゃんの言うことはちゃんと聞きます。(たまに)

BlogPaint

リラックスしてます。


お姉ちゃんとは、よくトランポリンもします。

トランポリンの記事はこちら↓

犬のガーデナーは、トランポリンがお好き?



こちらは、先日街で見たダック(鴨)

日当たりのよいブリッジのビオラのプランターで日光浴。

もしかしたら、卵を温めていたのかもしれません。

IMAG7253

人通りの多いブリッジなんですが、気にしません。



暖かくて、天気がいいとみんな幸せそうです♪



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


わくわく野菜の種まき♪



イギリスは、明日(26日、日曜日)時計が

1時間進んで、夏時間になります。

日本との時差は9時間から8時間になります。


3月になってから、野菜の種まきを

たくさんしました。


相変わらず私の携帯(スマホ)には虫が

住み着いています。(カメラに雑音と振動)

おまけにコンピューターの画面まで、

時々、上下するようになりました。^^;


携帯もコンピューターもたまりにたまった

写真の整理が必要です。


ちょっと前の話ですが、

3月のはじめにグラスハウスや

プロパゲーターで種まきしたのは、


スクアッシュ ’ハリケーン’ と'ハリアー’

マーロー 'ハニーゴールド’、

ハロウィン用に大きなパンプキンの

パンプキン'ハンドレッドウエイト’

IMAG7057

スクアッシュ類は、発芽温度が20度

近くなのでプロパゲーターに入れました。

2,3日で次々と発芽しました。


オーナー婦人がケールが大好きなので、

4種類のケール。

ケール 'レッドボー’、

ケール 'カボロネロ'

ケール `ドワーフグリーンカールド'

ケール `ラギッドジャック'

IMAG7058

去年のケールはまだ収穫ができます。



キャベッジ `ロデロ' と 'アラスカ'

ロマネスコ 'セリオ'

IMAG7056


コジェット(ズッキーニ) 'レモナ'

'アルベロ ディ サルザナ'

IMAG7060


コールラビ 'アズールスター'

と'ルナ' は、1ヶ月に1回、

種まきしようと思います。

IMAG7059


その他、カリフラワー、リーク、サラダ、

セロリアック、ソラマメなどグラスハウスで

発芽させました。リーク、ソラマメは

発芽したら、コールドフレームに移して、

10日ぐらいで、ポタジェに移植します。


グラスハウスは、1年草の種まきや、

夏の寄せ植え用の苗でギュウギュウです。


ただいま私の頭の中は、発芽したものの

ポットへの植え替えやら、グラスハウスや

コールドフレームのスペースづくりで

頭がいっぱいです。今年はポリトンネルが

あるので助かっています。


直播きの野菜はまた次回書きます。


育った姿を想像しながらの種まきは

とてもエキサイティングです!


いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


春の小さな花たち



昨日(3月23日)、ロンドンのウエストミンスターで

起こったテロ事件、本当にびっくりしました。怖いですね。


観光客が多いブリッジの歩道を車が暴走し、人を次々と轢き、

その後、男が英議会下院へ侵入しようとして、警察官を刺殺しました。

犯人は、射殺されましたが、

4名の方が命を落とし、40名の方が重軽傷を負いました。


亡くなられた方々のご冥福と

怪我をされた方々が一日も早くよくなりますよう

お祈りいたします。




春のウッドランドの花は控えめな小さな花が多いです。

花が少なくて、競争する必要がないからでしょうか?


直系1cmくらいの小さな花なのに、

このブルーの花は、目を引きます。


ウッドランドで一番先に咲き始めるブルーの花は、

プルモナリア 'ブルーエンサイン’

IMAG7216

小さくても鮮やかなブルーが目を引きます



ドライシェイド(乾燥した日陰)でも、よく育つブルンネラ。

花は忘れな草にそっくりですが、存在感があるのは葉のほう。

これからどんどん大きくなって、グランドカバーにもってこいです。

IMAG7217


ブルンネラ マクロフィラ(上)は、プレーンな緑の葉ですが、

園芸品種の'ジャックフロスト' (下)は、班入りの葉で人気があります。


http://livedoor.blogimg.jp/fairylandgardener/imgs/b/2/b250ac9d.jpg

ブルンネラ マクロフィラ 'ジャックフロスト’



セイヨウセツブンソウが咲いていたところに

どこからやってきたのか白いビオラがたくさん咲いていました。

去年まで見かけなかったような・・・。


たくさんあるから、同じベッドに分散してあげようと思います。

IMAG7195

Viola odorata


ガーデンで、時々うれしい飛び入りを発見することがあります。

もちろん、うれしくない雑草の方が多いですが。



ごめんなさーい。虫入りスマホ

(カメラを使おうとすると虫のような音がする)

のカメラで撮ったら、

こんなことに!画面が揺れるんです~~~~~~


パキフラグマ マクロフィラ

IMAG7242


下の写真は以前撮ったものです。

23



スプリングスノーフレークは、2月の末から

咲き始めました。スノードロップが終わったら、

スノーフレークの出番です。

IMAG7005

Leucojum vernum



このスノーフレークは、よく見ると花びらの先端が黄色です。

IMAG6983

Leucojum vernum var. carpathicum



ウッドランドが美しい季節になりました。

これからガーデニングがますます楽しくなります♪



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


ポタジェのヘッジの植え替え


ここ数日、携帯のカメラを使おうとすると

まるで虫が入っているかのような

音と振動があります。画面は波打って、

写真が撮れません!!!


もうすぐ満開の桜は、デジカメで撮リます。

そろそろ、携帯電話を買い替えなくては

いけません。また慣れるまで大変です。^^;


先週、ポタジェのセイヨウブナ(Fagus sylvatica)

のヘッジ(垣根)を植え替えました。


以前のヘッジは、レンガの塀から近くて

ベッドの幅が狭いし、

昨年作ったレンガの塀のラインと

平行ではありませんでした。

IMAG4986(1)

植え替え前のヘッジ


このブナの葉は茶色くなっても、

冬の間葉を落としません。

春になって新しい葉が出てくると

古い葉を落とします。

イギリスではよく使われているヘッジです。


ディガーをレンタルして、穴を掘りました。

IMAG7170

男性陣が頑張っているのを横目に

私は野菜の種まき。





IMAG7180

写真に写っていない右側に

ヘッジがなかったので、

木と木の間隔を広げて

右側にもヘッジをつくりました。


植え替え後は、ベッドの幅が広くなりました。

IMAG7188

グリーンの葉は、ルバーブ。

手前には、今年はたまねぎを植えました。

(写真は植える前)


ポタジェの外郭はこれで全て終わりました。

後は、りんごのステップオーバーと

ブナの垣根が育つのを待つだけです。


垣根とりんごのステップオーバーの間は

野菜とハーブと花でにぎわいます♪


いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキングへ


QRコード
QRコード


















  • ライブドアブログ