おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴13年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

春が待ち遠しい球根たち



今年は、たくさん春の球根をうちの庭にも導入することにしました。

寒い冬の後にいち早く咲きはじめてくれる

春の球根は、ガーデンに欠かせません。


職場のコピッドホールであふれるほどのスイセンを満喫できますが、

うちの庭にも、春の息吹を吹き込もうと決心しました。


球根のカタログを見始めたら、これも、あれもと

植えるところあるのかわかりませんが、

たくさん頼んでしまいました。


まずはチューリップ♪


前にも植えましたが、わたしが一番好きなチューリップは、

オレンジの'バレリーナ’

IMAG5666_1

Tulipa 'Ballerina'

家のフロントガーデンに植えました。

それからウィッチフォードのスワローポットに植えました。



娘のプレイハウスの前は、フェアリーガーデンと名づけたので、

ピンクとグリーンで妖精っぽく'グリーンランド’


フロントガーデンのチューリップポットにも植えました。

IMAG5678_1

Tulipa 'Greenland'


 チューリップは、他に'ダーウィンミックス’といういろいろな色が

ミックスしたものがおまけでついてきました♪

 そちらは、家の前においてあるトロフ(飼い葉桶)に

植えて、切花にして楽しもうと思います。



まだ、時間がなくて植えていない私が一番好きなスイセン、

ナルキッサス バルボコディウム var. コンスピキュアス

IMAG5668_1

Narcissus bulbocodium var. conspicuus


春を告げる使者のようなかわいいスイセン。

ラッパのようにも見えるし、妖精が飛んでいるようにも見えます。

ペチコートダフォディルと呼ばれています。

こちらは、ティンカーベルの彫像の周りに植えようと思います。



人気のナルキッサス 'テート ア テート’

こちらは、注文したらおまけでいただきました。


前に開拓したアジサイのベッドをさらに広げたので、

そこに植えようと思います。

IMAG5669_1

Narcissus 'Tete a Tete'



大好きなアリウムもたくさん加えました。

イギリスでは、アリウムは5月から咲き始めます。

すでにいくつかありますが、買い足した

アリウム 'パープルセンセーション’

実際は、写真よりもっと明るい紫です。

IMAG5673_1

Allium 'Purple Sensation'


コピッドホールのラバーナムウォークの下のアリウムの写真はこちら↓

アリウム大好き!



アリウム マルティバルボサム 二グラムは、キッチンから見える

塀沿いのエリゲロンの間に植えました。

IMAG5676_1

Allium multibulbosom nigrum


こちらも、いくつかありますが、買い足しました。

アリウム 'クリストフィー’

直径20cm以上にもなるボール状の花が

ころころと咲く姿は、存在感が大きいです。

うちの庭では、クロに近いダークパープルのダイアンサス 'スティー’と

あわせて植えています。

IMAG5674_1

Allium christophii


アリウム   バイオレットビューティー’ は、

写真よりもっと薄い色合いです。

コピッドホールにも植えましたが、ちょっとインパクトが足りない感じです。

実は、アリウムは5種類まとめてセットで買ったので、

一つ一つ選んでいません。

IMAG5677_1

Allium 'Violet Beauty'


アリウム アフラチュネンス は、原種のアリウムで、

'パープルセンセーション’は、こちらの園芸品種です。

実物は見たことがありませんが、薄い紫のようです。

Screenshot_2016-11-29-20-19-17_1

Allium aflatunense


そして、アイリス シビリカ ’クレム チャンティリー’

Screenshot_2016-11-29-19-35-22_1

Iris dibirica 'Creme Chantilly'


色合いも名前も気にいった

アイリス 'ダンス バレリーナ ダンス’

Screenshot_2016-11-29-19-33-09_1

Iris sibirica 'Dance Ballerina Dance'


写真は、全てJ.Parker's のカタログの写真です。


まだ、全ての球根を植え終わっていませんが、

春が待ち遠しいこのごろです。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


チューリップ2017年は、ちょっと一味違います!



来年のチューリップは、今までとちょっと

雰囲気が違います。


まずは、'アイスクリーム'

一番高くて、稀な形のチューリップです。

花は大きく、10cmだそうです。(うわー)

IMAG5664_1

ラズベリーソースの上にソフトクリームという感じ。

おいしそう???

アイスクリームは、テラコッタのウィッチフォードポットに

植えようと思っています。



4月に咲く赤とピンクのコンビネーションの

`プリティープリンセス'

IMAG5657_1




4月から5月に咲くピンクのダブル

(カタログではラベンダーとあり、

実際は紫がかっているのかもしれません)

IMAG5660_1




実は、今回、オーナー婦人と小さなお嬢様に

選んでいただきました。だからピンクが多いんです。


ご自分で選んだ花が咲くのは、待っている間の楽しみもあり、

喜びが倍増すると思い選んでいただきました。



こちらも、4、5月に咲く

'ファンタジーレディー'

IMAG5658_1



4月の終わりに咲くピュアーホワイトの'ダイアナ'

IMAG5659_1



4月中旬に咲く’ピーチブロッサム’

IMAG5662_1_1



4、5月に咲くシングルの

ダークパープルと白のコンビの'ブルーベリーリップル'

IMAG5663_1



5月に咲くフリンジチューリップの'アリアコード’

IMAG5665_1

フリンジがとても繊細です。

写真は、J.Parker's のカタログを撮った写真です。


実際、どんなチューリップが見られるか春が楽しみです♪



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


ポットのサツマイモと人参の避難



東京で雪が降った先週、イギリス南東部は気温が10度くらいあり、

暖かかったです。でも、今晩(月曜日)から冷え込みます。


火曜日の朝、氷点下1度の予想です。

最高気温は4度、夜は氷点下4度まで下がるそうです。


たくさん着こんで、仕事をしようと思います。

そういう寒いときは、種まきやポッティング、

グラスハウスの片付けなどします。



今年は、初めてサツマイモを育てました。

イギリスでは無理だと思っていたら、

いつも買っている種やさんから、

イギリスでも育つサツマイモが今年から発売されました。

でも、外では期待できないのでポリトンネルで育てるという指示が。


ポリトンネルでポットで育てていましたが、

途中から、グラスハウスに移動しました。


結果は、こちらです。日本で育つようには育ちませんね。

細長いサツマイモが5,6本ずつできました。

IMAG5570

オレンジ色でやわらかめのサツマイモ



そして、今年の夏の寄せ植えには、ダークパープルのサツマイモの葉を

使っていました。10月にはいって、プランツを取り出してみたら・・・

IMAG5095

手前のダークパープルの葉がサツマイモ。



なんと、サツマイモがグラスハウスで育てていたのと

同じくらい大きさでできているではないですか!

IMAG5650

コンポストに入れるのも気がひけて、一輪車一台分の

サツマイモを残して置きました。


コレって、食べられるのかなあ?

調べてみたら、観賞用のサツマイモの芋も食べられるとのこと。

ただし、食用のものほどおいしくないとのこと。


オーナー婦人がサツマイモがお好きなので、

毒見してからと思い、ゆでて食べてみました。


そしたら、なんと寄せ植えのサツマイモの方がおいしいんです。

イギリスの人は、どう思うかわかりませんが、

(イギリスの夫はどちらもおいしいとのこと)

私は、こちらで売られているオレンジ色でビチャビチャしたのより、

ほくほくしたサツマイモの方が好きです。


これにはびっくりでした。オーナーにどちらが好みかお聞きして、

来年のサツマイモはどちらを育てるか決めます。


ポタジェのニンジンがまだまだたくさん土の中にあります。

IMAG5569

2週間前に採れたレインボーキャロット

白、黄色、オレンジ、赤、パープルがあります。


氷点下になって凍ってしまうものもあるかと思い、避難させることに。

IMAG5653


抜いて、コールドフレームの土の中に埋めておきます。

コールドフレームのガラスのふたを閉めるので、

外より少し暖かいです。


IMAG5654

こうしておけば、必要なときに収穫でき、

冬の間も新鮮なニンジンが食べられます。


土を入れた箱の中に保管しておくこともできます。



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


ハニーと友達、激しく遊ぶ



先日、犬を飼っているお友達のところに久しぶりに遊びに行きました。

ハニーをお友達の犬と遊ばせたかったので、連れて行きました。


ハニーは、いつも遊んでもらいたいのに、相手にしてもらえないことが多く、

どうなるかなあと心配でしたが、この通り。仲良くじゃれあっていました。


IMAG5602

ラーチャーのオースチン君(5歳)とじゃれあうハニー(2歳)


動きが早くて、いい写真が撮れません。

IMAG5588


ものすごい興奮状態でした。

IMAG5587



そして、時々降伏

IMAG5598


疲れて心臓バクバク、息がハーハーのハニー。

IMAG5600


オースチン君もつかれきっています。

IMAG5599_1



その後、一緒にお散歩に行きました。


家に帰ってきてから、ハニーはつかれきっていました。

IMAG5604


お友達と遊べてよかったね。


おやすみなさい。




いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


大きな庭の落ち葉の集め方



11月は、落ち葉の季節。

コピッドホールには、たくさんの落葉樹があり、

7.5エーカー(3ヘクタール)のガーデンの

落ち葉の量は、半端ではありません。


ここ数週間、毎週2回くらい落ち葉を集めています。


以前は、ブローアーで吹き集めて、大きなマットにのせて、

トラクターで運び、腐葉土の山に積んでいました。


乾燥しているときはいいですが、雨でぬれた後の

重たい落ち葉の山の移動は大変な労力でした。


大きなブローアーが2台やってきてからは、

ずいぶんと楽になりました。


デル(小さな谷)にたまった落ち葉も、ブローアーで

谷の上まで吹き上げることができるようになりました。


そして、プロフィーホッパーというライドオンモーアー、バキューマー

(のる芝刈り機、吸い取り)がきてからは、

さらに楽になりました。




この葉っぱは、ラバーナムウォークの半分と

反対側のダリアボーダーから集めたものです。


メイズ(迷路)の側には、まだまだ落ち葉があります。


IMAG5608

この状態から、10分後には、きれいになっていました。


この日は、大雨の後の日だったので、

芝の上でプロフィーホッパーを動かすと芝にタイヤのマークが

できたり、滑ったりするので、一輪車で移動することに。



次にラバーナムウォークの反対側の葉を集めます。

IMAG5611


こんなにきれいになりました。↓

IMAG5615


集めた葉は、トンバッグに5個分。

IMAG5610


この後、プロフィーホッパーで刻んで吸い取りました。


集めた粉砕した葉は、腐葉土になって、

ガーデンのあちこちで活躍します。


今日でブログをはじめて3周年になります。


いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


ギャラリー
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち
  • 春が待ち遠しい球根たち

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ