コピッドホールには、たくさんのブリックウォール

(レンガの壁)があり、

今、あちこちの壁が花盛りです。


ポッティングシェッドのウォールに誘引された

クレマチス モンタナ 'エリザベス’

霜にやられてだめになったりしながらも、

復活して、今年はこんなにたくさんの花を咲かせました。


4月20日に、もうこんなに花盛りで、

1ヶ月くらいたった今も咲き続けています。

P1050157

4月20日撮影



P1050155

4月20日撮影


レイディー・フィリモアは、クレマチス モンタナ 'エリザベス’を

屋根の上まで這わせたいと

おっしゃっているので、誘引できる方法を考えようと思います。

12mぐらい枝を伸ばすので、

誘引できたら見事だと思います。



クレマチス アルピナ、

原種のクレマチスは、西向きの壁に3株あり、

今年はいつもよりたくさんの花をつけました。

P1050001

4月12日撮影



お屋敷の高い壁に誘引されたモッコウバラは、

4月の初めから咲き始め、今でも咲いています。

P1050673

5月12日撮影



ポンドの上の土手のブリックウォールの

白い藤は、紫の藤より早く咲き始めます。



P1050483

4月27日撮影



コピッドホールの紫の藤

P1050674

5月12日撮影



うちの庭の藤

P1050662

5月12日撮影






P1050663

5月12日撮影


冬か春にマルチング、冬と夏に剪定するだけですが、

毎年きれいに咲いてくれます。



去年植えた ローズ 'マダム アルフレッド キャリエール’ が

5月中旬から咲き始めました。

P1050666

5月12日撮影



今年のイギリスのバラは、例年より

2週間ぐらい早く咲き始めています。


これから、あちこちのイギリスのブリックウォールが、

薔薇で彩られることでしょう。




いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


 
人気ブログランキング