11月の中旬の日曜日に

2回目のドッグショーに挑戦しました。


大きなホールで6つのリングがありました。

ハウンドグループは、リング3。


ダッチハウンドの次にウィペット。

パピークラスは一番最初です。

リングに行ってから、ゼッケンをもらいます。


前に言われたように一番最初にならないように

後ろに並びました。エントリーは3匹。


ペケでも3番。


トトジョージは、震えてラインナップ

してくれませんでした。

逆を向くので反対向きにスタンド。

(それもOK)

でも、じっとしてくれません。


写真は別のカテゴリー。

1匹だけ反対方向です。

ジャッジにきれいな側面を選んで

みせることもできます。

IMAG9558



練習のときはできるのに

本番ではできませんでした。



IMAG9554



ウォーキングはまあまあでしたが、


私はウィペットのナンバーホルダーを

持っていますが、

1回使っただけで、挟むところを間違えて、

ゼッケンを落とすミスを。。。


テーブルでも体をくねらせて、

リングクラフトの練習のときのように

うまくできません。


テーブルに載せてでジャッジに

1頭ずつ見てもらいます。

写真は別の犬

IMAG9556


トトジョージは、

本番に弱いタイプなのか、

練習不足か。。。

私のハンドリングが悪いから。。。


結果はまたペケの3番でした。


その後にもう一つ、いろいろな犬種が一緒の

パピークラスにもエントリーして

いたのですが、リングナンバーも

いつ始まるのかもわからず

気づいたときにはときすでに遅しでした。


またまた失敗続きのドッグショーでした。


トトジョージは、私にとって1番の犬なのに

ショーに出て順番をつけられると、

だめな犬だと言われているようで、

とても悲しくなりました。


前回のウィペットショーのとき、

入賞しなかった人が

泣きそうになっているのを見て、

ちょっとびっくりしました。

2回目のショーでその気持ちがわかりました。


うちに帰って、ドッグショーの本を

アマゾンでオーダーしました。

IMAG9647

著者のトリッシュ ヘイルさんは、

1度も勝ったことがないNovice という

ランクからCrafts (クラフツ イギリスの最大の

ドッグショー)の出場権を得るまでに

なったそうです。

いろいろ勉強してみます。


まだ始めて2、3ヶ月なので、

上手くできるわけがありません。

とりあえず、3回ショーに出て、

終わりにしようと思いました。


私がちゃんとハンドルできれば、

ペケから脱出できるかも。


つぎの目標は、ペケ脱出。



いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。






にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ