イギリスは、思ったとおり更に厳しい

ルールが月曜日に告知されました。


不要不急の外出は避けるようにという

政府の要請があったのにもかかわらず、

週末の天気が良く、日曜日は母の日で

パブやレストランが閉まっているならと

公園やビーチに人が溢れていたようです。


食料品、薬局、郵便局、ハードウェア

以外のショップはすべてクローズ。


必需品の買い出し、仕事、

1日1回のスポーツ外出以外は、

家から出ないように。


2人以上(一緒に住んでいる家族は例外)の

会合は禁止。

30ポンドの罰金という話も聞きました。


結婚式、洗礼はキャンセル。

お葬式は例外。


1ヶ月以上会っていない夫の友人が

多分感染したようで(1週間以上症状が

ひどく続かないと調べてくれない)、

1週間寝込んでいたと聞きました。

今度は奥様がうつったようです。

自己隔離しているので、

必要なものがないかと聞いたら、

解熱、鎮痛効果のある

パラセティモルという薬が必要だと

いうので、火曜日の朝、探しに行きました。

売れ切れだという噂を聞いたので、

何箇所も行く覚悟でした。

家もその薬を切らしていたので、

買う必要がありました。

喉、頭が耐えられないくらい痛くなり、

胸が熱くなって苦しくなったそうです。

近所のコンビニ2店と薬局が隣接している

ところに行くと、薬局は2m離れて列が

できていました。まずはコンビニ2店を

チェック。売り切れでした。

薬局は、5、6人待ちでした。

ラッキーなことにありました!

でも、1人1箱だと言うので、

友人が感染したようでと説明したら、

マネージャーが出てきて、

家族がコロナなの❓と

驚かれて(家族が感染していたら

外に出られない)しまいました。

友人だと否定すると、安心して、

2箱売ってくれました。


食料の蓄えはあると言っていましたが、

私が1ヶ月前に買いだめをしたとき、

1週間後に必要になるものが

わかリました。

フルーツやサラダ、パン、牛乳などと

一緒に薬を友人のドアの前に届けました。

ミッションコンプリート。

早く良くなりますように!


3月中旬から、サラダのハーベストを

始めました。メインは、ラムズレタス。

食べられるビオラの花と

パープルケールのベイビーリーフを

添えて。

20200313_093237


ここのところ、ずっと最低気温が

0から3度、最高気温は10度から14度と

いう日が続いています。

今日(3月25日)は、最低気温マイナス1度、

最高気温14度です。


サラダは、ほとんどグラスハウスで育てて

いますが、コールドフレームで

こぼれ種で育ったラムズレタスが

もりもり育って活躍しています。

20200313_102257


グラスハウスで育てている

イタリアンサラダミックスは、

マスタードなどピリッとしたテイスト。

20200313_091913


チャイブやスイスチャード、

ブライト&スパイシーミックスの

育ってきたのを加えています。

20200319_095934


最低気温が上がってきたら、

コールドフレームやサラダ用の

トロフ(飼い葉桶)に育てた苗を移植します。

他にも野菜や花の苗がグラスハウスに

所狭しと並んでいます。


去年植えたケールが新しい葉を

つけてきました。

オリーブオイルをかけて

オーブンでカリカリケール。

20200313_093230



セロリアックは、最後の小さいもの。

茹でてマッシュにするそうです。

20200313_093220



コールドフレームで、芽が出た

ブロードビーン(ソラマメ)は、

もうすでにポタジェに移植しました。

20200313_102230


レッドオニオンのセット(種玉ねぎ)は

半分土から出ているので、鳩やカラスに

引っこ抜かれてしまいます。

だから、ハヤブサくんとトトロのような

ツゲのフクロウくんに護衛を

お願いしました。今のところ、1つしか

抜かれていません!

ハヤブサくんのおかげです。

20200313_101540


コロナウィルスのため、食料品が不足する

事態があるかもしれません。買い物も

頻繁に行かなくてすむように

できるだけたくさんの野菜を育てて

お屋敷に供給しようと思っています。

私も、家の庭で今年は頑張って野菜を

育てようと思います。


目指せ、自給自足!


いつも見てくださって、
ありがとうございます。

応援クリックお願いします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ