昨年はお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

今年は、コロナからはやく

解放され、皆様が健康で安心して

暮らせますように!


長いお休みが終わって、

昨日(1月5日)から仕事始め。


イギリスのクリスマスはどうなるのかと

思ったら、なんの規制もありませんでした。


クリスマスディナーは、

家族3人でたべました。


カラント入りのソーダーブレッドと

ビートルート、ココナッツ、

ライムのスープ🎵

このスープはとってもおいしかったです。

20211225_133914



ダックレッグのワインソース

たべた後に写真をみたら、

なんだか色がたりないなあ。。。

あ、フレンチビーンズがゆでてあった❗

20211225_135552


上から、スイートポテト、。

紫キャベツとレーズン、

ポテト、キャロットとパースニップ、

カクテルソーセージ*

*(体に悪そうですが、娘が好きなので

年に1回くらいはいいかなと)

20211225_133943


家族だけなので、

かわいいナットクラッカー

ナプキンで簡単に

20211225_134615


クリスマスケーキは、

娘と夫が作ってくれました。

20211225_143015



私たちは、クリスマスのあと

友人家族を招待していました。


クリスマス後に規制があって、

キャンセルになるかもと思っていたら、

なんの規制もなく予定どおり

会うことができました。

お互いコロナテストをしてから会いました。


そして、

夫の親戚の家に大勢で集まりましたが、

その時も

全員テストしてから集合しました。


ラテラルフローテストは、

政府のWebサイトで注文すると

ただで郵送か、近所の薬局に

とりに行くことができます。

(テストキットが不足してきたようです)


ウェールズ、スコットランド、

北アイルランドは、12月26日から、

少しだけ規制がありますが、

イギリスは、無法地帯。

ただし、ブースター(3回目のワクチン)

をするように、人に会う前は、

テストをしてから会うように

呼びかけています。


私は、12月はじめに、

夫はクリスマス前にブースターを

受けました。


年末に、イギリスの感染者は、

370万人。

およそ15人に1人になりました。


娘の学校は、学校が始まる前に

一斉にコロナテストをしてから

数日はオンライン授業です。

中高生は、

教室でもやっとマスク着用になります。

最近になって、マスクをした方が

感染率が低いとやっと気づいたようです。

マスクが嫌いなイギリス人。

學校で生徒がマスクをするのは

授業の妨げになると言っていますが、

コロナで学校にこれなくなるのと

どちらが妨げでしょうか?

娘は、4人の友達が感染して

濃厚接触者に何回もなりましたが、

マスクをしていたお陰で

感染しませんでした。

学校でマスクをしていたのは、

数人だけだそうです。


1日の感染者が20万人を超えても、

政府はできるだけ家で仕事をするように

呼びかけるだけで、

ショップやレストランは普通に

開いています。

これから3週間、1月の終わりまでは、

このまま特に規制がないままと

言っていますが、

次々と病院の入院患者が増えてきて

逼迫しているようです。


オミクロンは、重症患者が少ないので、

感染者を増やして、抗体のある人を

増やそうという計画かもしれません。


休み明けで、学校が始まり、

小学生はテストもマスクもないので、

ますます感染者が増えると思います。

知り合いで感染した人も増えてきて、

(皆、ワクチン済みで風邪のような

症状だったようです)

そのうち、番がまわってきそうです。


年末に日本に帰国した知り合いが、

成田空港からどこのホテルに行くのかと

思っていたら、なんと❗

府中の警察学校の寮に宿泊した

そうです。古い建物で、掃除もされて

いなかったようです。

その頃、オミクロンの人が同じ飛行機で

1人でもいたら全員14日間政府指定の

宿泊所隔離だったらしく、

成田や羽田から福岡、仙台、青森などの

宿泊所に送られた人たちもいたそうです。

12月28日から、オミクロン感染者の

前後2列の人だけ14日隔離に

なったそうです。

日本政府の対応と

イギリス政府の対応の違いに

大きなギャップを感じます。




いつも見てくださって、

ありがとうございます。

応援クリックお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ