おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴15年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

2019年11月

久しぶりの王立園芸協会のウィズリーガーデン




10日ほど前にたまたま王立園芸協会RHSの

ウィズリーガーデン(日本ではウィズレーといっているようです)

の近くを通ったのでランチを食べがてら、

ちょっと立ち寄ってみました。




ウィズリーガーデンに

最後に行ったのは、たぶん、2、3年前。

その頃、植えたてだったウォールガーデンの

エバーグリーン(常緑)の

フォーマルパルテールがいい感じに育っていました。


ボックスブライトやモス(蛾)などで心配な

ボックス(ツゲ)に代わる垣根用の低木ディスプレイ。


外枠は、イチイ。

イチイは、大きくなりますが、剪定して

小さく育てることもできます。

ピトスポラム、バーベリス(メギ)、ロニセラ、

ポドカーパス(マキの仲間)などをラティス状に

植栽したパルテール。

IMAG9564




スクロールダウンするとパルテールの写真。

2016年に植栽されたそうです。



こんもりとまたは山のように高さを変えて剪定したり、

細長く薄く切ったかまぼこのような剪定もありました。

おもしろいし、1年中楽しめるガーデンです。

IMAG9565



この写真を撮った数日後に

RHS The Garden マガジンが届き、このフォーマルパルテールの

写真がちょうど紹介されていました。(2019年12月号、P12)




グラス(草)を使った宿根草のナチュラルな植栽で

有名なオランダ人デザイナーの

ピエット オウドルフのボーダーが 

どんな感じかなあとわくわくしていってみると、


サインには、グラスハウスボーダーと書いてありました。

働いているガーデナーの方に聞いてみると、

以前は、ピエット オウドルフ ボーダーと呼ばれていたけれど、

そう呼んでほしくないとピエット オウドルフ氏に言われたとか。

おそらく、2001年にデザインしてから年数が経ち、

こぼれ種で植物が育ち、ボーダーが元のデザインとは

かなり違うものになってしまったからでしょう。


グラスハウスボーダーの写真(ウィズリーガーデンのサイトへ。

たぶん、Rivers of Plants と書かれた写真は、

ピエット オウドルフ ボーダーと呼んでいい頃の写真)



また、ピエット オウドルフ氏がデザインしなおすと言う話も

あるといっていました。

IMAG9572



このボーダーは入り口のところにチェーンがかかっていて、

近づいてみることができませんでした。

以前は、ボーダーがもっと長かったような気がしましたが、

ここがもとピエット オウドルフのボーダーでした。

9月ごろにくればよかったー。

みんな茶色でした。

IMAG9571



反対側は、グラスハウス

IMAG9573




ロックガーデンにニョロニョロした

食虫植物、サラセニアがありましたよ。

Sarracenia

IMAG9575



びっくりしたのは、11月半ばですでにスノードロップが咲いていたこと!

原産地をチェックするとシシリーやバルカン地方でした。

暖かい国では、イギリスの秋はすでに冬の気温。

早く咲き始めるわけです。


IMAG9576

Galanthus reginae-olgae



エントランスに植物や果物で作った

フィリップ ハース氏 Phillip Haas のアートが飾られていました。

IMAG9578

左は2010-11年冬、右が2010-11年春




左が201-11年夏、右が2010-11年秋

IMAG9579

4点ともアーティストから借りているようです。



急ぎ足で1時間くらいしかいなかったので、

じっくり見られませんでした。

また今度違う季節にゆっくりいきたいと思います。


新しいエントランスは、ソメイヨシノの桜並木になっていました。

まだ若い木ですが、これから

春が楽しみなRHSウィズリーガーデンです。




いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

ブログ6周年で思うこと



気づけば、今日でブログを始めて

6周年となりました。

書き始めて、半年後から毎日投稿という

今から考えたら信じられないことを

6ヶ月続けました。人間やる気になれば、

何でもできるのかもしれません。

寝不足で体を壊すかもと

その後は、1日おきに。そして今では週に

2回くらいのペースになりました。


そろそろ、新たな挑戦をするべき時が

やってきたのかなあと思っています。

これから何ができるのかじっくり考えて

みようと思います。



新しいことといえば、7月頃から、

週1でヨガに通い始めました。

以前数回行ったヨガは、決まった流れが

なかったようでした。

今回始めたヨガは、アシュタンガヨガと言って

本格的で、決められた一連の動きがあり、

続けてすると1時間15分位かかります。


アシュタンガヨガのポーズの一覧を

見つけました。

興味のある方は下をクリックして

ご覧ください。

アシュタンガヨガ


ビギナークラスで一つ一つのポーズの

説明を受けながらやっていたのを

先週から上のクラスに移動しました。


鼻から息を吸って、鼻から息を出す。

呼吸に集中しながら、

体のはしからはしまでストレッチするヨガは、

精神的にも肉体的にも私を

浄化してしてくれているような気がします。

昨日のクラスでは汗をかきました。


チャンティーという始まりと終わりの

歌があり、目を閉じて手を合わせ聞く

ヨガの先生の歌声は、

行ったことがない未知の国インドへ

私を連れて行ってくれます。

ガンジス川で洗濯をする人々、

ゆっくりと歩く牛が目に浮かんできます。


ブリッジなんてもう何十年もしていなかった

のに、だんだんと楽にできるように

なってきました。(手首は痛くなるけれど)


Screenshot_20191126-041106~3

この絵は、アシュタンガヨガの

ポーズの一覧(上記)からお借りしました。


ヘッドスタンドや腕立て伏せの状態から

脚を腕の間に通して脚を伸ばして座ることや、

あぐらをかいて体を腕で支えるのは、

いつになったらできるのかわかりませんが、

このヨガは、ずっと続けたいと思います。


ヘッドスタンドから脚を下げてくの字型で

静止するポーズができる生徒さんは、

5年も通っているそうです。


私も、何年か後に 'できました!'

と、報告できるといいなと思います。


心と身体をヨガで浄化して、

7年目は、新たなことに挑戦します!



いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。




にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

イラン料理美味しかったです!



先日、ドイツに引っ越した日本人の友達が

イギリスに来たので、久々に女子会しました。


どこで食事をしようかと相談していたら、

ペルシャハウスという

イラン料理レストランが美味しいと

聞いて、試してみることにしました。



イラン料理って、どんなだろうと興味津々でした。

ミックスグリルセット2人前(すごい量)。

4人前があったのですが、ほかにも頼んだので、

6人で2人前で十分でした。


左からグリルしたラムのミンチ、ラムチョップ、チキン、焼きトマト。

お肉が柔らかくておいしかったです。

IMAG9508




お肉とあわせて、サフロンライスとサラダがついてきます。

IMAG9507



写真がピンぼけのディルとソラマメ入りライスと煮込んだラム。

食べかけですみません。

ラムを煮込んだトマトソースがおいしかったです。

IMAG9509




ノンアルコールビール。

トロピカルフルーツ味?!

友達が頼んだのを少し味見したら、

ビールと言う感じではなく、

爽やかなソフトドリンクでした。

おいしかったです。


IMAG9506



デザートは、ハチミツがかかったクルミのパイ。

このデザートは、トルコ、ギリシャでもよく見ます。

IMAG9510




ローズティー

IMAG9511




チャイを頼んだら、ミルクなしのティーでした。

ティーポットやその下の台、お盆にも

ひげの王様のような人の絵がありました。

いろいろ調べましたが、誰なのか不明。。。

IMAG9514



イラン料理は、トルコ料理と同じようでした。

このレストランは、おいしくて、とても流行っていました。

また行きたいレストランです。



いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。




にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

2020年チューリップオーダー



コピッドホールのガーデンの

チューリップを

オーナー夫人に選んでいただいて、

先週オーダーしました。

週末に届いて、今週植える予定です。


今年は、種類を多くして、

1品種ごとの数を減らしてみました。

毎年、多くはポットで植えていましたが、

今年は直に植えるつもりです。


以前私も選んだ

チューリップ 'マリリン'

IMAG9549


そして

チューリップ 'ラスティングラブ'

IMAG9550


遅咲きのピュアホワイトの

チューリップ 'モーリン'

Tulip Maueen'

IMAG9551




チューリップ 'シャーベット'

Tulip 'Sorbet'

IMAG9545



チューリップ 'ドルドグン'

Tulip 'Dordogne'

IMAG9548



チューリップ 'マドンナ'

Tulip 'Madonna'

IMAG9546



チューリップ 'アルビオンスター'

Tulip 'Albion Star'

IMAG9540



チューリップ 'グランドパーフェクション'

Tulip 'Grand Perfection'

IMAG9542



チューリップ  'カラベル'

Tulip 'Caravelle'

IMAG9547

ダブルの早咲き

チューリップ 'べリシア'

Tulip 'Belicia'

IMAG9588


チューリップ 'ホワイトエンペラー'

Tulip 'White Emperor'

IMAG9552


お嬢様が選んだ

チューリップ 'ピノキオ'

Tulip 'Pinocchio'

IMAG9539



春が来るのが待ち遠しいです。



いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

トトジョージはやっぱりハニーの生まれ変わり



実は今日(2019/11/16)は

去年天国に行った

ジャックラッセルテリアのハニーの

5歳のバースデーです。

ウィペットのトトジョージに生まれ変わって

来週で8ヶ月になります。

ハニーの倍の重さと長さになりました。

おすわりするトトジョージ

IMAG9505


おすわりするハニー

IMAG6221-20190210-214537687-20190210-214637748


うたた寝するトトジョージ。

IMAG9501


あくびするハニー

IMAG0036-20190210-215001107-20190210-215022685



トトジョージは、

ハニーの生まれ変わりだと思う瞬間が

多々あります。


チューリップセットの写真の

厚紙がテーブルにおいてあったら、

こんなことに。。。

IMAG9525



オレンジの引っ張りチュー(噛むおもちゃ)は

すぐに崩壊。

ブルーのチキンの香りの恐竜も

いつの間にか頭がなくなってボロボロでした。

IMAG9255



バースデーケーキのパンダのキャンドル、

キッチンの台の上においてあったら

こんなことに。。。

IMAG9332



頑丈なキリンのチュー。

友達のジャックラッセルテリアは

見向きもしないといただきました。

これは丈夫と思っていたら、

ガリッと音がして、角が欠けてました。

IMAG9385

この顔、まさにハニーです。


ウィペットはあまり穴を掘らないと

聞いたのですが、トトジョージ、

私の真似をするのか、ハニーだからか、

穴掘り好きです。



ハニーのお古の娘が作った木のベッド、

もうすぐはみ出しそうです。

IMAG9463


ハニーのお古のテントハウスの

ファスナーを噛みちぎりました。

ハニーもしなかったのに。。。

家では閉めないので使えますが、

車で移動のときなど入り口を閉めたいので、

新しいドッグソフトケージを

オーダーしました。

メタルケージは丈夫なのは

わかっていますが、重いし、

私は見た目が苦手です。

今度のは、入り口が高いから

噛み切らないかなと期待してます。

写真はAmazonから


Screenshot_20191116-120535~2


トトジョージ、ハニーの分も

長生きしてほしいです。




いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。





にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ