おとぎの国のガーデナー

イギリス在住の日本人ガーデナー。ガーデナー歴15年。 カナダでガーデンデザインコース修了後、イギリスでガーデニングを学ぶ。 クイーンのガーデン、ウインザー グレート パークでの2年間は、まるでおとぎの国に いるようでした。現在は、オックスフォードシャーの7.5エーカーの貴族のガーデンで ヘッドガーデナーのイギリス人の夫とともに働く。イングリッシュガーデニングライフをみなさんにシェアーしたいと思っています。

スノードロップ

スノードロップのカーペット2020



イギリスは先先週、先週末と2週連続

で暴風雨に見舞われました。

先週末のストーム'デニス'は、

雨がすごく、1か月分の雨が

1日で降った所もあり、

各地に洪水をもたらしました。

これも温暖化のせいなのか、

毎年どこかで洪水が起きています。

天災なのか、人災なのか、

これから地球はどうなるのでしょう?

私達は何ができるのか?

イギリスは、2035年までに

ガソリンやハイブリッドカーを

禁止すると言っています。


今年のスノードロップのカーペット、

先週末がピークでした。

早いかと思いましたが、

スノードロップは例年と

同じくらいの時期にピークでした。


20200216_225001


見る高さや角度によって

密集度が違います。

20200216_225211



20200219_235901



反対側から

20200214_103614


もうすでに終わりかけたのや

虫に食べられたものも。

20200214_103856


今年は、もうクロッカスも咲いて

20200216_225237


スイセンも咲いて、よーく見ると

真っ白じゃないカーペット!

20200214_103655


前代未聞のスノードロップの

カーペットです。



いつも見てくださって、

ありがとうございます。


応援クリックお願いします。






にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

スノードロップのカーペット2019




今週は、最高気温が10度以上に上がり、

ミツバチも活動を開始しました。


暖かい日差しを受けて、

コピッドホールの

スノードロップのカーペットが、

こんなに真っ白になっていました。


これがピークかなあ?

IMAG6885


1、2球のスノードロップの球根が、

こんなに増えました。


IMAG6887




IMAG6883



スノードロップの中にスイセンが一つ咲いていました。

IMAG6889




そして、クロッカスも一株だけ発見!

IMAG6888




ハニーの眠る桜の木の下のスノードロップは、

ハニーが天国に昇った日(49日)に

いっせいに開花しました。


IMAG6878



ハニーが天国で笑っているのかしらと思いました。

IMAG6879



娘は、天国で生まれ変わる順番待ちの

犬たちの列が長かったら、

抜かして、早く生まれ変わってきてねと

お願いしていました。



去年は、ハニーをつれて Colesbourne Parkに

スノードロップを見に行きました。

IMAG3087




BlogPaint


来年は生まれ変わったハニーと一緒に

スノードロップを見に行きたいです。




いつも見てくださって、

ありがとうございます。

応援クリックお願いします。






にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

1球、2万5千円のスノードロップ!



先日訪れたコッツウォルズの

コールズボーンパーク Colesbourne Park は、

スノードロップ(学名はガランサス、

ミルクフラワーという意味)、

ガランサス エルウェシー

 Galanthus Elwesiiという原種を

トルコで発見したヘンリー ジョン 

エルウェス氏

Henry John Elwes (1846-1922) の

 
ガーデンです。ガランサス エルウェシー

は、エルウェス氏の名前から

名付けられました。


一面のスノードロップの記事は↓

コッツウォルズのスノードロップ


現在はひ孫のヘンリー エルウェスが 

奥様のキャロリンさんと

それまであったスノードロップを

株分けして増やし、更に新しい品種を

コレクションしています。


イギリスで一番一般的なスノードロップは、

ガランサス 二ヴァリス 

Galanthus nivalis ですが、

日本では、二ヴァリスより大きな種の

ガランサス エルウェシーが

一般的なようです。


オーナーさんらしき紳士を見かけました。

私達にも挨拶してくれて、

熱心にヘッドガーデナーさんらしき人と

話していました。


スノードロップの原種は20種類くらいあり、

園芸品種は、1000ぐらいあると言われています。

その内、350品種をコレクションしている

コールズボーンパーク。


ガランソマニア(スノードロップマニア)

と呼ばれる

スノードロップのコレクターは、

大金を払っても珍しい品種を買い求めます。


2015年に'グリーンスリーブ'という

スノードロップが1球、1350ポンド

(約19万5千円。1ポンド146円で)

で売れたという記録があります。


今回、コールズボーンパークで売られていた

園芸品種の中で一番驚いたのが、

1球が175ポンドの

(約25000円。現在、1ポンド146円)

ガランサス 'グリーンティー' です。

IMAG3130

Galanthus `Green Tea'

1球が、175ポンド

(約25000円。1ポンド146円で) 


こんなに内花被が全体的に

グリーンなスノードロップは初めて見ました。

外花被には、ストライプの模様があります。


珍しい品種はお屋敷の周りに

植えられていました。


グリーンティーによく似ていたのが、

’グリーン ティアー’

P1080037

Galanthus ’Green Tear'

内花被のグリーンにうっすらラインが見られるのが、

グリーンティーとの違いでしょうか?


コールズボーンパークには、

こんなに美しい

グリーンのレイクがありました。

P1070957



こちらも、はじめて見ました!

外花被の外側に緑の太いラインが1本入っています。

’サウス ヘイズ’

IMAG3134

’South Hayes'



一般的なスノードロップの姿と

かなり違う

ダブルのスノードロップ、

ガランサス ’ブルーベリータルト’ と

勘違いしていた

'ブリューベリータルト'

P1070999

Galanthus ’Blewbury Tart'

外花被の内側が濃い緑です。

イギリスの村の名前のブリューベリーと

花を正面から見たとき、

タルトのような模様だから

そう名づけられたそうです。



こちらは、かわいいダブルの

’エスター メルトン’ の前顔

P1070977

’Esther Merton’


’エスター メルトン’の横顔

P1070978

’Esther Merton'



ガランサス プリカタス

 ’ジェラルド パーカー’

黄色の模様。

P1070982

黄色、ゴールドの模様が、

最近、注目されています。



外花被が独特の形をした

ガランサス プリカタス ’ディゴリー’

P1080004

Galanthus plicatus 'Diggory'



コロンとした

'ヒッポリャータ'

P1080006

’Hippolyta'



’ワスプ’ 

ワスプは、スズメバチのこと。

P1070988

Galanthus 'Wasp'

緑の頭に白い羽。スズメバチに見えますね。



’レイディーベアトリクス スタンレー’

P1070969

Galanthus 'Lady Beatrix Stanley'

内花被の下部にラインが2つ。

外花被に薄い点があるようです。



ほかにもたくさんの種類がありましたが、

目についたものの写真を撮りました。


この次行く時は、じっくり時間をかけて

もっと観察したいと思います。


コールズボーンパーク Colesbourn Park は、

ますますコレクションが増え続ける

注目のスノードロップガーデンです!



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。




いよいよスノードロップ♪



年が変わって、コピッドホールで

一番先に花盛りになるのが、

ウェルハウス(井戸小屋) の脇のベッド。


太めの葉っぱのスノードロップ

(Galanthus woronowii) が

最初に咲き始めます。

IMAG2749

数年前に株分けして、だんだん増えてきました。


遠くから見るとまばらに見えますが、

近づくと、にぎやかです。

IMAG2750




黄色いセイヨウセツブンソウ、スノードロップ、

ヘレボラス、ピンクのシクラメンが咲き始め、

わいわいがやがや井戸端会議です。

IMAG2751





IMAG2752



スイセンも後から咲き始めます。

IMAG2753


通りかかるたびに、花数が増えています。

これから、スノードロップが本番です!



いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。




スイセン開花とスノードロップのカーペット



2月21日にコピッドホールで咲いている

スイセンを発見しました。


早咲きのスイセンなら2月開花もありますが、

普通は3月に入らないと咲かないスイセンが

すでにちらほらと咲いています。


IMAG6943




そして、セイヨウシャクナゲも、いつの間にか咲いていました。

こちらも例年より早いです。

IMAG6945



スノードロップは、ますますきれいに咲いています。


ウェルフォードパークのスノードロップにはかないませんが、

コピッドホールのスノードロップのカーペットも

見栄えがしてきました。

IMAG6968

3年ぐらい毎年移植して作ったスノードロップのカーペット。

年々増え続けています。



桜並木の下で、左側に小川が流れています。

IMAG6966



ウェルフォードパークのスノードロップの記事は

スノードロップが増える秘密

↑をクリック


そして、

ウェルフォードパークのスノードロップを一緒に行った

フォトグラファーの友達が撮影するとこんな感じです。

↓ クリックすると見られます。

スノードロップ@Welford Park



あまり香りはしませんが、野生のダフネ(ジンチョウゲの仲間)が

爽やかなグリーンの花を咲かせています。

IMAG6962

Daphne laureola



園芸品種のダフネ 'ジャクリーン ポステル’ も花盛り♪

IMAG6995

こちらはとってもいい香り♪



ガーデンに花が少しずつ増えてきて、

わくわくする季節がやってきます!


いつも見てくださって、ありがとうございます。

応援クリックお願いします。



人気ブログランキングへ


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ