2006年07月

2006年07月27日

ストレイリトルデビル、IGN書評



ストレイリトルデビル (3)

ひさしぶりにIGNの漫画書評を訳してみました。特に好きな作品でもないのでちょっと省略しつついってみます。

If only the real apocalypse could be this cute.
(本当の黙示録がこんなふうに可愛ければ・・・)
私たちは子供のときに学んだことを歳をとるにつれ忘れてゆく。ときにはそれらを思い出すことが必要だ。この本が私に思い出させたのは、本を見た目で判断するなということだ。可愛い悪魔系少女が表紙を飾っているのをみたとき、私はこの本の中身を悲観的に判断した。可愛い悪魔少女が地球にやってきて主人公とあれこれしながらロマンスを語る毎度おなじみのパターンを連想したのだ(それ、なんてりりむキッス?>訳者)。このパターンを腐るほど経験しており、もはや別の話を期待してさえいなかった。この作品は違った。
この本の主人公、阿久町(あくまち)ぱむはうっかり召喚中の事故で異世界に飛ばされてしまい、元の世界に戻るためいろんな人物と知り合ってあれこれする。この世界には天使や悪魔、その他の精霊みたいなものがいるが、天使と悪魔は互いの世界を許可なく行き来できず、お互いを好いていないらしい。この世界観もお決まりのパターンとはちょっと違う。恒例のパターンでは、醜い悪魔と両性具有みたいな美形の天使が聖戦を繰り広げているはずだ(それ、なんてバスタード?>訳者)。しかもこの作品にはお決まりの哲学的セリフはなく、代わりに誰もがふと考えてしまうような言葉を投げかける。絵も実に見事なシーンがいくつかあり、可愛い魔法使い、軽いファンサービス、アクションシーンなどちゃんと揃えている。異世界の生物や建築物もなかなかこっている。残酷な描写は少なめだ。
さて、この本を見て感じたことはこうだ。期待してない映画を見に行ったらとんでもなく面白かった。ただし、表紙にある可愛い美少女がどうしてもだめという人はどうしようもないだろう。いっておくが、私もそういうのが趣味なわけではない。にもかかわらず、この作品は面白かったのだ。「予想外」それはこの、似たような話ばかりのタイトルが並ぶ漫画市場では良いことなのかもしれない。
評価 Must Read

というわけで好評みたいです。指摘されてる通り、漫画には似たような世界観や設定が腐るほどあり、ファンタジーでは特に顕著です。「美少女悪魔が地球に来る」みたいな「異世界キャラ→現実世界」は古くは「うる星やつら」から最近の「Toloveる」までよくみられる設定です。未来から来たドラえもんや死神界から来たデスノート(とリューク)もこの系統に入るでしょうか。このパターンでは、異世界の設定をあまり考えないでよいというメリットがあります。別世界の文明や社会を構築するのは本当に難しく、大抵は中世ヨーロッパか江戸時代を丸写ししたみたいな世界観にしかなりません(それくらいしか「世界」の情報がないので当然なんですけど)。異世界キャラを現実世界へ持ってくれば、そのキャラの言葉や回想でしか異世界が語られないのでそこそこ誤魔化しが効きます。その方式が一般的な中、この漫画が好評価なのは異世界の設定に充分な練りこみをしたからではないかと思います。
まあ、世界観で面白さが決まるわけじゃないのですが・・・。

fairypot at 21:05|PermalinkComments(0)

2006年07月22日

ハウル見た

テレビのカクカクした動きに慣れる中、こういう贅沢な絵は心が安らぎます。細かな描写も本当に綺麗で、部屋の小物とかに見入っちゃいます。食べる描写が特に好き。本当に美味そうに描くし美味そうに食べます。小説なんかでも食事のシーンはじっくり読むんですが、その割には実際の食事にはあまり興味なし。どうも食べるという行為が面倒なようです。本なら見るだけなので。
肝心のストーリーに関しては・・・正直よくわからん。戦争そんな簡単にやめていいの?だったらもっと早くやめようよ、みたいな。ハッピーエンドは好きなんですが、ちょっと・・・。魔法も控えめだったのが残念。魔法大戦が見たかったなあ。

fairypot at 14:34|PermalinkComments(0)

2006年07月18日

アメリカ版ディスガイア2

744babc1.jpg「今日の一言」遠くの親戚より近くの他人。ネット上では関係なし。

Gamespotでパッケージを公開してました。なんかかっこいいぞ!これは書き下ろしでしょうか?こちらの「全員集合」より良い気がします(賛否はあるでしょうけど)。日米でパッケージが違うというのはよくあること。FFもスタオーもテイルズもけっこう違いがあります。やはり文化の違いでしょうか。これを統計的に比較したら面白いかも。考えておこう。
ちなみにNISは日本一ソフトウェアのこと。Tはティーン(13歳以上)奨励の意味だったはず。むこうはESRBというレイティングがありまして、これは強制ではないんですがここで審査されてないゲームは店舗が拒否することが多いので事実上強制です。最近はネットで販売できるから事情が変わってきてるのかな?
日本もCEROが新しい審査を作りました。こういう規制に危機感を抱く人もいるでしょうが、どこかで区分けした方が作る側も買う側も都合がいいと思います。一定年齢に届かない人は歯痒い思いをするでしょうが。

fairypot at 21:14|PermalinkComments(0)

ミツバチも大変

ヤフーニュースで知りましたが、蜂が蜜を集めてくる花の一種ニセアカシアが外来種として伐採の対象になりそうで、「日本養蜂はちみつ協会」(そんなのあったんかい)や養蜂家の人たちが反対してるみたいです。外来種とはその土地に本来いなかった生物が定着し地元の生物を食べたり、その餌を奪って絶滅に追い込むことです。わかりやすくいうと地球に来たエイリアンが人類を皆殺しにして自分達の住処にしてしまう感じです(その例えでいいのか?)。地元の種と交配して「遺伝子」を汚染するのも問題になってます。面白いことに、外来種のほとんどは農作物や家畜を荒らす害虫。というのも、国々を移送されるのは食物や家畜なので、それに付着していた害虫が一緒になって移動するわけです。
双方の意見を並べてみると、賛成派は「外来種が日本本来の植物を駆逐してしまう」、反対派は「地球温暖化対策に逆行」「景観や沿道の大気浄化に役立ってきた」「ハチの蜜が減る。ハチが減って他の作物の受粉ができなくなる」とのこと。
賛成派
「外来種が日本本来の植物を駆逐してしまう」
ごもっとも。これは蜂にもいえます。ほとんどの養蜂はセイヨウミツバチで日本のミツバチとは違う種です。アメリカシロヒトリという蛾やセイタカアワダチソウ(あの背の高い黄色い花が咲くやつね)なども問題になってます。実は日本から海外に広まった生物もいます。コガネムシの一種マメコガネはアメリカで大繁殖して農家を困らせ「ジャパニーズビートル」という名を冠してます。ちなみに、私はセイタカアワダチソウを見るたびに引っこ抜くことにしてます。外来種ですから。
反対派
「地球温暖化対策に逆行」
これはちょっと苦しい言い訳です。ニセアカシアなる植物を引っこ抜いても他の(日本古来の)植物が育つはずなので植物の量は変わりません。というか、二酸化炭素を減らすには石油をやめるか二酸化炭素そのものを何かの形で封じ込めるしかないかと。二酸化炭素を液化して地中に埋めるなんて方法も政府は本気で検討しています。
「景観や沿道の大気浄化に役立ってきた」
大気浄化は他の草花もやってくれてます。景観のためというなら草原や山を掘り起こして「綺麗」な高層ビルや建築物を建てるのもアリになってしまいます。外来種に占領された土地を不快に思う人、植物自体が嫌いな人、景観など興味のない人などもいます。ちなみに、作家の森博嗣氏は花より葉っぱが好きだとか。
「ハチの蜜が減る。ハチが減って他の作物の受粉ができなくなる」
たしかに。これが唯一の問題だと思います。蜂蜜は私も食べますし、多くの植物は蜂に受粉を頼ってます(そもそも花は虫に花粉を運ばせるために存在しますから)。ただ、実際にニセアカシアが消えてどのくらい影響するかはわかりません。ミツバチは頑張って他の花を探すのであまり蜜の量は減らないかもしれません。ニセアカシアがないぶん、作物の受粉が活発化する可能性もあります。しかし、ここはあえて悲観的に「花が減るんだからハチだって減るさ」という仮定でいきましょうか。

というわけで、蜂蜜と農作物をとるか、日本の植物を守るか。これは難しい問題です。繰り返しますが、私は蜂蜜が好きですしナスやキュウリも食べます。単純な解決法としてこのニセアカシアなる植物が増えすぎないようにする、つまり「適度」に伐採するしかありません。養蜂場から遠い場所(数km以上?)なら伐採していいはず。養蜂場の周りに別の(できれば日本在来の)花を植えてもいいでしょう。
「養蜂場の周囲ならいくらかは残そう」こういう結論に至るのではないでしょうか。植物外来種の駆除は実はそんなに苦労しません。なにしろ「見つけやすい」し「動かない」ですから。これが昆虫や小動物、魚だと駆除するのは至難の業です。見つけにくい、隠れる、逃げる、繁殖は早い。昆虫は特に最悪です。沖縄のマングースでさえ駆除するのに四苦八苦してます。
ブラックバスやブルーギルも外来種。私もルアー釣りを楽しんだ時期がありますが、あの魚達のせいで日本の魚が食われています。釣りをやめろとはいいませんが、私達が生態系を破壊してることを自覚しましょう。あ、ゴミを持ち帰らない人は火星かどこかに移住してください(笑)。

fairypot at 17:02|PermalinkComments(0)

2006年07月13日

ヴァンパイアハンターD

今日の一言「お茶妖精、心療内科で薬をもらう」

ヴァンパイアハンターD。高校の図書室でハマりました。吸血鬼、怪物、死霊、魔術や近代兵器を一緒に煮込んだような作品です。ときどき使われる幻想的な表現や高級な文体が好きで、いつかこんな作品を作りたいなと思っています。アメリカでもダークホースから出版されてるんですが、HPの紹介コーナーで最初の数ページが閲覧できるのに最近気付きました(リンクはこちら)。絵の下のPreviewを押すと見れます。
驚いたことに原作を忠実に翻訳しています。いや、当たり前かもしれませんが、辞書を引っ張りながら訳するたびに本文と同じでつい喜んじゃうんですよ。まあ、ふざけた翻訳などしたら作者の菊地先生がなにをするかわかったものではないんですが(笑)、けっこう感動ものです。サイボーグ馬はCyborg Horseか。英語だとかっこいいと思うあたり自分は典型的日本人なんだなあ・・・。
しかしダークホースなんていかにもDにふさわしい出版社ですね。ここはベルセルクとかゾンビ屋れい子とか、ホラーやダーク系の作品を出版してます。Dシリーズは今のところ10万部以上売れてるらしく、じわじわとファンを増やしてるみたいです。早く100万部に届くと良いですね。

fairypot at 20:26|PermalinkComments(0)

2006年07月07日

ロザリンド、やっぱり改名?

どうもディスガイア2の英語版公式HPを見るとロザリンドがRosalinになってます。こちらのスペルではRoselindなんですが、本当に改名したのでしょうか?
ちょっとウィキペディアで調べたところ、Rosalindという名前が地名や人名でひっかかりました。

ロザリンド・チャオ。中国系アメリカ人の女優。
ロアリンド・フランクリン。物理化学と結晶学の専門家。
ロザリンド・ハーストハウス。哲学者。
ロザリンド。ウラヌスの衛星。
ロザリンド。シェイクスピアの作品、As You Like Itのキャラクター。
ロザリンド。ケンタッキーのレースで1936年に勝った馬。
ロザリンド。カナダの田舎町。

えーと、つまり、ROSELINDではアメリカ的に変な名前だけど、ROSALINDではどこかの俳優か何かとカブるから権利関係でイチャモンをつけられると思ったのでしょうか?アニメの「名探偵コナン」がコナン・ドイル関係の著作権上ヤバいからCase Closedに変わったという例もありますが、この場合もそうなんでしょうか。一番最初のロザリンド・チャオが怪しいですが、そんなに有名な人かな?(やや失礼)ならばシェイクスピアのキャラかとも思いましたが、書かれたのが1599年。著作権の期間はとっくに過ぎています。フランクリンとかハーストハウス(なんかかっこいい名前だ)は全然関係なさそうですが、かといってカナダの田舎町が訴えてくるとは思えません。うーん、なんなんだろう。
まだ改名と決まったわけではないので、もうちょっと調べてみます。

ちなみに、ここでいくつかのシーンを見れます。アデルとロザリンド、日本の声とはちょっと違いますが、ネイティブにはどう聞こえるんでしょう?どうもアメリカの声優って日本とは「気の入れ方」が違うような・・・。

fairypot at 18:38|PermalinkComments(0)

2006年07月05日

アメリカ版ディスガイア2

今日の一言「ヘルプ機能で問題が解決した試しがない」

濃い戦略RPGディスガイアはアメリカでも発売されてます。おまけにゲームサイトではなかなか高評価。売れ行きの程は分かりませんが、続編も出すのだからそこそこ売れたのでしょう。
というわけで、GamaSpotのプレヴューを一部意訳。

この世で確かなのは税金と死ぬことだというが、NIS(日本一ソフトウェア)が送るシミュレーションRPGも付け加えたい。この会社はいつも同じ形態の作品を出すユニークなところなのだが、戦略性ややりこみの深さで多くのファンがいる。この会社の作品はそれぞれが絵柄も要素も似ているのに、常に別作品として売っていた。そのNISが続編を出すのだから2003年のDisgaea:Hour of Darknessはよほど人気が出たのだろう。このゲームにおける奇妙でユニークな感覚、愛らしいキャラクターは言うまでもない(プリニーという敵キャラはこの作品のマクコットである)。
さて、続編がどう違うのか。単純に言えば、「特に変わってない」である。良いところはそのままだと言うことも出来る。戦略要素は完全にそのままである。これはファンが期待したことかもしれないが。大きく異なるのはストーリー。主役のアデルといきなり召喚された魔王の一人娘ロザリンである。彼女は魔王を倒そうとするアデルにこっそりと悪巧みを考えるが、その考えが徐々に変わってゆくのに対して時間はかからない。ダークで滑稽な要素は今回も健在である。
さて、今回NISは翻訳も吹き替えも十分がんばったといえる。今のところ、問題は見当たらない。こういうジャンルの初心者にはいい練習になるだろう。Disgaea2:Cursed memoriesは8月発売の予定。フルレヴューを待たれよ。

というわけです。ロザリンドがロザリン(Roselin)とDが抜けてるんですが、改名したのかどうかは不明。日本人の付ける人名や技名は馬鹿っぽく聴こえることが多いので改名はよくあるんですが、ロザリンドは実際にある名前ですし大丈夫でしょう。タローとハナコもそのままです。
前回になかったOPアニメですが、どうやら主題歌「罪な薔薇」はそのまま残すようです。これはオリジナルのファンとして嬉しいですね。ナムコのテイルズシリーズは毎回別に作ったBGMに変えられるんですが、これは現地の人が日本語を理解できないのと日本と違って外国語をクールと考える文化がないのが原因だと思います(あと、レコード会社がうるさいとか)。NISはそのままで勝負する様子。これは応援せずにはいられません。

ちなみにこの記事、一回書いたあとにエラーが出て消滅しました。凹むよ!

fairypot at 19:25|PermalinkComments(0)
with Ajax Amazon