2007年07月

2007年07月31日

海外アニメファンが語る「何歳からアニメ見てる?」

・私は8歳の始めに兄貴からブリーチを勧められたのが最初。OPが自分の知らない言語だったのが印象的だった。みんなは何歳くらいから?
・私も8歳くらいだ。少し日本語がわかるくらいの知識はあった。
・まったく覚えてないけど6歳くらいかな。
・小1くらいにセーラームーンを見てた。
・5,6歳にトトロを見た。
・4、5歳にセーラームーンを見た。その翌年にポケモンバスに飛び乗った。
・5、6歳にThe Twins of Destinyか鉄腕アトムのどちらかを見てた。前者は厳密にはアニメじゃないけど。
・ずっと若い頃、朝に学校へ行く前にポケモンとドラゴンボールを見てた。なつかしいな。
・↑私も早起きして見てたよ。どっちも学校に行って話してた。
・ていうか、みんな若すぎ。
・セイントセイヤを見てたけど、4歳くらいか?
・10〜12歳。ポルトガルではアニメの放送を中止しちゃったんだよ。
・6歳くらいにドラゴンボールZを。
・6歳くらい。
・5、6歳にセイトセイヤかドラゴンボールを見たような。
・13歳の時にチャンネルを回してたらカウボーイビバップでスパイクが「バン!」とやってた瞬間だった。ここから中毒になったね。
・7歳。今は17だ・・・。
・ドラゴンボールZとポケモンを含めば若いけど、個人的にはエヴァを見た中3の時と答えたい。
・小4のときにセーラームーンを見つけた。
・14の時にDBZ。いろいろ見始めたのは17かな。
・7歳の時。Akiraを見た。
・まったく覚えてない。
・おそらく8歳。何を見てたか覚えてないけどたぶんDBZ。
・10歳。ポケモンを見た。
・ポケモンもカウントするの?10歳の時にナルトを見てたけど。
・ポケモンなしなら15歳。
・14くらいに犬夜叉を見た。


ポケモン嫌われてるなー。5,6歳から見てるなら日本とあまり変わりませんね。こういうアニメ世代はこれからもどんどん増えてくるでしょう。
ポケモンの成功法則 キャラクタービジネスの舞台裏を徹底分析

ポケモンの成功法則 キャラクタービジネスの舞台裏を徹底分析



fairypot at 23:39|PermalinkComments(44)

2007年07月24日

テイルズシリーズ続々発表に海外の人は?

テイルズシリーズをやったことない人には何のことかよくわからないレポートです。私もかつてGC版のシンフォニアを本体と一緒に買ったらすぐにPS2に移植されてしまい、「人間なんて汚い!」「だから劣悪種など信用できんのだ!」などと思ったクチなので興味本位で訳してみます。英語が堪能な日本人が混ざってるかもしれませんがそこはご愛嬌。

・グラフィックが改善するなら購入を考える。
・私はグラフィックよりストーリーを気にしてる。
・イノセンスはこっちでも発売してほしい。もっとRPGを!
・シンフォニアの続編?Wiiは持ってないよ!
・Wiiのテイルズがアメリカに来なかったら怒るよ。
・しいなは出るのか?
・またあの小さな黒い影たちを引き連れて走り回らなきゃいけないのか。
・シンフォニアの最後が未だに理解できない。
・↑ファンタジアをやれ。
・PSPのリバースがアメリカに来るといいな。(リバースとデスティニー2とテンペストは米国未発売)
・シンフォニアは全キャラ登場というけどクラトスはたぶん出ないよね。
・シンフォニアは大好きだった。こっちでも続編が出るなら心待ちにするけど。
・画像を見る限りそんなに面白そうじゃない。戦闘が面白くなるか不安だ。シンフォニアはそこに深みがなかったから。
・シンフォニアとイノセンスは買う。ナムコってリメイク作品をリメイクするのをやめない気だろうね。
・シンフォニアの続編はそんなに期待しない。あれは完結しちゃってるし。
・OMG!興奮してきたよ!
・女性ファンは大喜びだろうね。シンフォニアに続編は必要かな?あ、ナムコバンダイにとってドル箱(cash cow)だったのを忘れてた。
・シンフォニアに続編?人生で最高の知らせだよ。
・シンフォニアが一番心配だ。
・なんかPS2より絵が汚いんだけど。
・まだ開発初期だけどWiiのシンフォニアはグラフィックが不足気味か。それとクリックシステムが不安だ。テイルズに合わないと思う。
・シンフォニアは主役が違う。これで全ての興味を失った。
・TOSはただのスピンオフ作品で終わりそう。
・ラタトスクってなんだかポケモンのRatatta(コラッタ)を思い出す。

あれ、だれもデスティニーのことを言ってないぞ?
テイルズオブファンタジア ジアニメーションアートグラフィ

テイルズオブファンタジア ジアニメーションアートグラフィ



fairypot at 23:26|PermalinkComments(44)

米国版ペルソナ3は発売延期

大手ゲームサイトIGNによると発売がちょい延期になったそうです。なんでも特典につけるはずだったArt Book(画集?)の製造に問題が起きたらしく、それ抜きで発売するか延期するかの2択を迫られた結果だとか。私見ですが、ゲームにしろDVDにしろアメリカってやけに特典を重視してる気がします。総合評価でも特典の質をはっきり考慮してるし。
そうそう、だいぶ前に「推奨年齢がT(13歳以上)になるかM(17歳以上)になるか気になってる」といいましたが、正式にM指定になったようです。まあ、仕方ないですかね。アメリカだと本当に自分に銃を撃ってペルソナ召喚を試みる子供が出てきそうですし・・・。
アメリカ版の公式サイトもありますが(最初に年齢確認あり)、どうやらアペンド版の物語は追加されないっぽい?コアなゲーマーは日本から輸入するでしょうけどなんか可哀相です。あっちの国はESRBがお子様に良くない描写を警告してるんですが(これってある意味ネタバレですよね)、ペルソナ3はどうかというと、Blood(流血あり)、Language(乱暴なセリフあり)、Violence(暴力あり)、Partial Nudity(部分的な裸あり)。部分的な裸・・・?ああ、アレのことか。アペンド版のベス様コミュが追加されていたらいったいどんな警告が追加されたのか気になる私です(あれは描写してないからセーフか?)。
ペルソナ3ノベルアンソロジー

ペルソナ3ノベルアンソロジー



fairypot at 21:26|PermalinkComments(23)

2007年07月20日

海外アニメファンが語る「姉妹や従兄妹との恋愛って・・・」

・漫画やアニメでよくsibling(男女の区別なく兄弟姉妹を指す)の間で恋愛関係が生まれたりするけど、日本人は家族に強迫観念でもあるの?アメリカ人にすると変な感じなんだけど。気になってるの私だけ?
・兄弟や姉妹はあまり見ないと思うけど、従兄妹はよく見かけるね。
・言いたいことはわかるよ。私は妹と仲良くしてみようと試みたことはあるが、最後は「この薄のろ!」と妹に叫んで終わった。二度と試してない。従兄妹同士の関係は見たことないな。
・例外もたくさんあるよ。エルハザードみたいに。私の姉妹もああいう火と水みたいな関係だ。
・私もそういうアニメ見るけど、あれは変だし気持ちが悪いね。私は姉妹といつも喧嘩してる。すでにあっちは20歳と18歳なのに。これでも昔よりはマシになったが。
・私はああいうの好きだよ。でも、私の従兄妹はどれも半分知恵遅れみたいな連中だ。
・かなり変だと思う。
・特に気にしない。
・なるべくそっち系のアニメは見ないようにしてる。自分にも妹や弟がいるから、変な感情を持つのが恐ろしい。別に家族愛とかは良いけど、近親相姦になると気持ち悪いね。
・状況による。
・私は一人っ子だからどうしようもない。
・文化が違うんだから多少の違和感を感じることはあるさ。実際に仲の良い兄妹を見たことはあるけど、さすがに恋愛関係はね。
・漫画でそういうのを読んだことある。血縁があるパターンとそうでないパターンのを。要するに彼らが気にするのは結婚するかどうかって所じゃない?といってもやはり例外なんだろうけど。
・私は両親が忙しかったから兄と一緒にいる時間が長くて仲良しだった。だから兄は保護者であり父親であり親友であり、あえていうならボーイフレンドだった。とはいえ、さすがにそういう関係じゃなかったし、今ではごく普通の兄妹関係だけどね。別にアニメや漫画のをアブノーマルとは思わないよ。やや大げさな事もあるけど。
・別に悪いことじゃないよ。もしウルトラキュートな妹や従兄妹がいたら皆も追い回すだろう?1800年代には問題なかったし、今もウェストバージニアやケンタッキーでは問題ない。
・確かに気持ち悪いけど、なかには良い作品もあるよ。
・変だけど、「僕は妹に恋をする」は大好きだ。
・見る分には面白いけど、ちょっと怖いね。
・私は駄目だ。あれは病気としか思えない。

英語圏では兄や姉を「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」ではなくそのまま名前で呼ぶんですよね。つまり『鋼の錬金術師』のエドも弟から「兄さん」と呼ばれるはずが「おい、エド」になり、『らきすた』のこなたも従兄妹から「こなたおねーちゃん」と呼ばれるはずが「Hey, こなた!」になるわけです。
(追加報告)
そういえば、ハガレンの英語吹き替え版を見た海外の人が「アルがエドをniisanと呼ぶのに慣れてしまって、名前で呼ぶのに違和感を感じた」と言ってた事があります。面白い逆転現象だなー。
ドラマCD「キミキス」 Vol.2 ふたりのラブラブうどん〜里仲なるみ+菜々〜/ドラマCD (水橋かおり、野川さくら、他)

ドラマCD「キミキス」 Vol.2 ふたりのラブラブうどん〜里仲なるみ+菜々〜/ドラマCD (水橋かおり、野川さくら、他)


fairypot at 22:11|PermalinkComments(129)

2007年07月15日

ロシアのアニメ漫画事情

前回、ロシアのアニメファンが全然いないのが気になったので探してみましたが、検索にはいくらかヒットするもののロシア語という言葉の壁に阻まれました。それでもR.An.Maというロシアのファンサイトに英語で表記されてる部分(2006年に記述された模様)があったので訳してみます。話の内容がころころ変わるのはあちらの人も英語に慣れてないから?


「USSR(ソ連)とロシアにおける漫画」
ソ連が名前だけでなく国家としてあった頃、コミックは「ソビエト人にふさわしくないもの」と広く吹聴される軽蔑された媒体だった。ロック音楽やチューインガムその他の西洋文化と同じく、コミックも海外に滞在した人々が購入した品のコピー品として国内に入ってきた。しかし、ロック音楽とは違い、コミックは市民の手には渡らなかった。おそらくは絵の正確な複製、少なくとも写真複製機が必要だったからだろう。あの厳重な国家統制中の時代に。一般市民は録音装置を利用できたので彼らも磁気テープの流通を止めることは出来なかったが、コミックを止める事は出来た。事実、止められた。
漫画やその他はその頃になかったと思っていいだろう。状況が変わったのは2,3年前、ディズニーやその他(Duck Tales, Teenage Mutant Ninja Turtles, ElfQuest)のコミックが子供の娯楽中のニッチ(市場のすき間)を埋め始めた時だ。これはコミックが子供のものという見識をますます強固にした。さて、以前は誰も漫画のことなど知らなかったが、彼らは今でも知らない。ロシアの読者は漫画を拒絶さえしていない。知らないのだから。
しかし、私達のクラブは古本屋やそれに類似した曖昧な方法で日本の漫画(子供、少年、少女、青年、ヘンタイ、などに分類)を所有しているし、明らかに日本式で書かれた顔がどういうわけか見知らぬあちこちに書籍やステッカーやバッジとなって姿を現す。ただ、これらはあくまでも例外であって、漫画のどんな情報も欠如しているのが現状だろう。
最近、ネット上で漫画のスキャンを見かけることがあるが、こういうものは著作権者が素早く閉鎖させるのでやはり例外だろう。
「ソ連時代のアニメ」
公式には、ソ連の映画館でディズニーのアニメーション映画が上映されたことはない。この(アニメーションの)ニッチを占めているのはヨーロッパとアメリカと日本の制作会社である。日本の多くは東映アニメーションだがジブリスタジオの「火垂るの墓」などもある。もちろんこれらはG指定であり、ロシアの大衆はアニメーションを子供のもの、まったくの子供のもの、子供以外の何者のものでもないと思っている。
「ロシアのアニメ」
ペレストロイカが始まり、ビデオデッキとビデオテープが現れた。劇場は予算の不足から観客を呼び込める作品を提供できなかったので衰退し、家具店やその他の施設に変わってきている。いくつかのアニメは海賊版として国内に入ってきた。合法的なビデオ業者はアニメも日本映画の知識もないらしく、合法的な市場はアメリカ映画でほとんど埋まっている。ライセンスされたアニメのビデオは現在まで一つもない。海賊業者はいつも映画を録画したテープにアニメを挿入するが、これは180分のテープを埋める為だ。これらはManga Entertainment(アメリカのアニメ卸業者)が英語に吹き替えしたOVAがほとんどだが、U.S.MangaやStreamlineのものも見られる。それら吹き替えは(英語からロシア語へ)翻訳されるが、日本語がそのまま翻訳されたものも存在する。特にヘンタイものに。例外もあるが通常は品質が悪い。
アニメがテレビ放送されることはある。これらは日本語からの吹き替えで、日本語の声に吹き替え者の声を直接かぶせるという従来の方法である。これは海賊業者も使うことがあり、唯一の違いは、プロの声優は複数の声を使えることだ。放送されたアニメはどんな場面であれカットされた記録がないのは指摘しておくべきだろう。子供から見て疑わしい場面は翻訳を変えて対処される。幸いなことに、ロシアではポリティカルコレクトネス(差別偏見があると思われる表現を削除する事。作品を損なう悪い意味もある)の概念は人気がなく、セーラームーンの吹き替えは英語版より本来の姿を保っている。97年以降、ビデオ市場はどんどん厳しくなっている。新しい法律が作られ、海賊業者は禁固5年の刑に脅えている。彼らはちゃんとライセンスを手に入れ、合法の道に向かい始めている。
この先、数年の間に我々が見られそうな唯一のアニメはディズニーが配給権を買ったあの作品(ハウル?>訳者)くらいで、おそらくは「新しいディズニーのアニメーション」として売られるだろう。TVを通じて供給されるアニメはすぐに消え去ってしまう。モスクワの地元テレビではセーラームーンをやっている。北米では昨年の夏、放送局がセーラームーンRのライセンスを失って中止になり、局は市議会に放送設備とチャンネルを任せた。
アニメ情報が完全に不足してるため、ファンはよく痛い目を見るのも指摘しておくべきだろう。例えば、Phantom 2040 - The Ghost Who Walk(アメリカのSFアニメ)は海賊業者によって「日本の新しいアニメーション」と宣伝されていたが、これは日本のアニメとも漫画とも関係なかった。そう、我々はそれを買ったのだ。
アニメの関連商品(サントラ、プラモデル、フィギュア、トレカ、Tシャツ)などは全く存在しない。我々のクラブ会員の誰も上記の商品を今まで見たことがない。サントラを入手する手段といえば海外から輸入するかネットでダウンロードするくらいだろう。
「今の傾向」
仮にその存在を知っているとしてだが、大人にとってアニメは外国製の悪い何かとみなされている。理論は単純だ。アニメーションは子供のものであり、愉快で子供っぽくあるべきだ。それ以外なら理解できず悪いものだ。よくある不満である「どのキャラも同じだ」(そうではない)「日本人に見えない」(そもそもそのつもりがない)「暴力的でエロチックだ」(うん、その通り)「ディズニーより動かないし質が悪い」(もう言葉がない)などは無知から生じている。大衆はアニメーションを芸術とは認めたくないように思える。
子供っぽい媒体に成人向けの内容という対立は、アニメを子供には不適切で大人には幼稚なものにしてる。アニメに関する情報、宣伝、広告の欠如がそれを二流の芸術という立場に置いている。我々は任天堂とセガのゲームで育った若い世代がアニメを広げてくれることを期待している。テレビもアニメの知名度をいくらか(そこまでではないが)上げてくれている。


事実かどうかはともかく、こんな感じです。アニメは幼稚ではないという考えは他の国のアニメファンとも共通するんですが、どうもこれを読む限りアメリカや欧州よりアニメや漫画の流通が乏しいようです。
ロシアは世界一の国土を持つだけあって(日本の46倍、アメリカの2倍)、森林や鉱物資源や化石燃料も豊富なんですが、経済は不安定で人口も減少中らしいです。政治と経済が原因として絡み合ってるんでしょうか。あと、国土が広いゆえに物資の流通が難しいとか。
浅学な私にとってロシアといえば「イクラ」「バラライカ姉さん」「プーチンは眼力で人を殺せそう」しか思い付きません。もうちょっと本を読んで勉強しよ。
ロシア連邦がよ〜くわかる本 歴史、政治、経済、社会の実態が見える!

ロシア連邦がよ〜くわかる本 歴史、政治、経済、社会の実態が見える!



fairypot at 21:54|PermalinkComments(54)

台風のせい

一つ海外ネタを訳すつもりだったんですが、台風のせいで家に帰れなくなってました(詳細は伏せる)。天災ばかりは仕方ないんですが、これには知人の長話を(聞きたくもないのに)2時間ほど聞かされてたせいもあり、これさえなければタイミング良く家に帰れた可能性が高いので、微妙に腹が立ってきます。
「自然の力によって酷い目にあっても別に自然を憎んだりしないけど、人間が原因だとかなり憎しみが湧いてくるのは何故か」
だいぶ前、森博嗣さんという小説家の方(すごく賢い人で尊敬してます)がファンから質問を募集したので、上の疑問をぶつけてみたところ以下の回答。
「憎む事が可能だからです」
あー、この頭脳の半分でいいから欲しいなあ。
すべてがFになる―The perfect insider

すべてがFになる―The perfect insider



fairypot at 08:52|PermalinkComments(1)

2007年07月08日

海外漫画ファンが語る「私が最初に買った漫画」(完全版)

「アメリカ」
・ああ、女神様(2人)
・藍より青し(3人)。「日本語だったけどだいたい理解できた。手元の漢字辞典のおかげ」
・あずまんが大王(2人)
・アップルシード(1988)(2人)
・妖しのセレス
・アリス19th(2人)「親に内緒で買った。承諾済みで買ってもらったのはフルバ。おじは教育的じゃないから買うなと言ってくる」
・いちご100%
・一騎当千とバトルロワイヤル。「いつも友達や従兄妹のを見てたけどBorders Bookstoreで初めて買った」
・イニシャルD
・犬夜叉。「自分の金で最初に買ったのは妖しのセレスだけど」
・エヴァ。
・FLCL
・王ドロボウJing
・桜蘭高校ホスト部
・カードキャプターさくら(5人)。「アニメの絵が使われてるやつね。15ドルくらいした。でも大抵は図書館か本屋で見る」
・ガールズブラボー。「すごい物語だった。少なくともユニークな作品」
・怪盗セイントテール。「正確には一巻を母が買ってくれて二巻は自分で買った」
・カウボーイビバップ
・彼氏彼女の事情。「アニメを見なかったらここまでハマらなかった」
・ガンダムSEED
・銃夢。「これはすごいよ」
・強殖装甲ガイバー。「不幸にもリリース中止になった。復活を祈る」
・グラビテーション
・クレセントムーン(2人)
・最終兵器彼女。「漫画は高いけどこれは買う価値あった」
・こどものおもちゃ(2人)
・セーラームーン(7人)。「日本から輸入した」「日本版のフルカラー」「アメリカ式に左から右に読む形態だった。これのせいで台無しだよ」
・サムライガール
・サムライディーパーKYO。「今は320ドルほどかけて32冊集めた」
・GTO(2人)
・シャーマンキング(3人)。「アニメを見てたけど漫画の方が良いって皆が言うから買った。事実だった」
・少女革命ウテナ
・少年ジャンプ(3人)。「これを除けば犬夜叉」
・スレイヤーズ。「もっと買いたかったけど、店に一冊しかなかった」
・セーラームーン(6人)「スペイン語だけどね。英語版で最初はカードキャプターさくら」「本屋をめぐって全巻集めるのは苦労した!」
・タキシード銀
・ちょびっつ(6人)「表紙が可愛いけど買ってから後悔した」「友達が漫画の話をしてたから本屋に行ってみた。数が少なくて唯一気に入ったのがこれとブリーチだった。最良の選択だったと思う」
・つばさクロニクル
・ディーヴァ
・鉄拳チンミ
・天使禁猟区
・天地無用。「ササミが料理大会でどうとかいう話だった気がする。今は全部そろえたよ」
・DNエンジェル。(2人)「友達のを読んでから買った」
・DNエンジェル、こどちゃ
・天地無用(2人)
・東京バビロン
・トゥハート「なんか面白くてロマンチックだ」
・.hack(3人)
・トライガン(3人)
・ドラえもん(2人)。「親に買ってもらった」「いつもはハガレンと言ってるけど」
・ドラゴンボール
・ナルト(3人)。「私自身は買わないけど友達に買ってあげた」
・爆れつハンター
・バトルロワイヤル。「映画を見たあとに漫画版のことを聞いて買った」
・POWER!(英語名、Girl Got Game)
・ピースメーカーくろがね。(2人)
・ピーチガール
・ふしぎ遊戯(2人)。「最初は15.95ドルだったけど値下げした。神様、ありがとう」
・ブリーチ(2人)
・フルーツバスケット(4人)
・フルメタルパニック
・ヘルシング(2人)
・Boy2。「誰か知ってる?」
・XXXホリック
・マーズ
・マクロス2
・マジンガーZスペシャル
・魔法騎士レイアース(2人)
・ママレードボーイ(4人)。「友達の誕生日に買ってあげた」「ああ、女神様だったかも。あるいはカレカノだっけ?」
・無限の住人
・よつばと!
・ラグナロク
・ラブひな。(8人)
・らんま1/2(3人)。「小5のときに買って最高だと思ったが、今は他の漫画が好きだ」
・リアルバウトハイスクール(3人)
・リードオアダイ
・両親が買わせてくれないから借りてる。
・るろうに剣心(2人)
・ロ−ンウルフ
プエルトリコ自治州」(アメリカの州だが米国自治連邦区という特別な立場、なんだって)
・つばさクロニクル。「いつもは友達から借りたりするけど、最初に買ったのがこれ。ちょっと恥ずかしかった」
・らぶひな。「残りは従兄妹からもらった」
グアム」(アメリカの準州だが、大統領選挙にも参加できず面積の3分の1は米軍用地。日本が占領してた時期もある!)〔追加報告。日本は『占領』ではなく合意の上で『併合』してたと指摘を頂いた。2つの国際法上の定義を私はよく理解できてないので、気になる人は独自に調査と判断をして頂きたい〕
・セーラームーン
「メキシコ」
・ああ、女神様
・エヴァとラブひな
・スパイダーマン漫画版
・セイントセイヤ
・セーラームーン(2人)。「10歳の時ね。まだ漫画もアニメも知らなかった。翌年にこの"Books"は武内さんの作品だと知った。セーラームーン最高!」
・XとClover。どっちもクランプのね。
・スペイン語はX。英語は最遊記。
・電影少女
・ナルト
「エルサルバドル」
・ドラゴンボール
「グアテマラ」
・カードキャプターさくら
「カナダ」
・AiLoveYou
・犬夜叉
・エヴァ
・エクセルサーガ。「友達にアニメを見せてもらってから本屋で見つけた。でも5巻までしかない。この辺の本屋は漫画が少ない」
・カードキャプターさくら(2人)
・ガンスリンガーガール
・ガンダムSEEDアストレイ
・キミはペット(海外名、tramps like us)
・攻殻機動隊
・こどものおもちゃ
・シャーマンキング
・セーラームーン。「フランス語のね」
・ちょびっつ
・ツインシグナル
・DNエンジェル(2人)
・DNエンジェルと王ドロボウJingと爆れつハンター。
・天使禁猟区
・東京ミュウミュウ
・ドラゴンボール
・ヒカルの碁
・ブリーチ。「普段はアニメだけ見てるだけど、試しに買ってみた。今はアニメと漫画で話がどう違うのか気になって買ってる」
・フルメタルパニック
・ラブひな、ギャラクシーエンジェル、ネギま
・らんま1/2。「買ったら広東語だった。失敗した」

「キューバ」
・ドラゴンボールとエヴァとガンダムWとガンダム0080
「コロンビア」
・X
「ベネズエラ」
・ラグナロク。「夏に買った」
「アルゼンチン」
・犬夜叉
・セーラームーン。「スペイン語のやつだけど」
・遊戯王
・らんま1/2
「チリ」
・カードキャプターさくら。「まだ持ってるよ」
・セーラームーン
「ブラジル」
・エヴァ。「当然でしょ!」
・カードキャプターさくら(2人)。
・電影少女
・フルーツバスケット(2人)。「シグレ様セクシー!」「大好き!超カワイイ!」

「オーストラリア」
・ああ、女神様。「実はまだ買ってないけど、これが最初になる予定」
・Ai Love You
・イニシャルDとフェイク。「本当は同人誌が最初だけど。シドニーで買ったよ。TacoBellの近く」
・イニシャルD。「TOKYOPOPの発行が遅いから今も集めてる」
・犬夜叉。「今思えばセーラームーンにすれば良かったかも。クランプの絵も好きだ」
・エスカフローネ。「アメリカから輸入しないといけなかった」
・エヴァ(2人)。「とプラネテス」「最初に見たアニメもこれ」
・銃夢
・ちょびっつ。「それかWish。両方だったかな」
・ちょびっつとラブひなを同時に買った。
・デスノート。「兄貴が誕生日に買って50人くらいで回し読みした。ほんとに目が離せなかったから自分で続きを買った」
・鉄拳チンミ。「Kung Fu Boyって名前だった」
・.Hack
・ナルト(2人)
・ネギま。「それまで漫画を売ってる店が見つからなかったよ。シドニーには!」
・ビーナスは片思い(Love for Venus)
・ブリーチ
・フルーツバスケット(2人)
・フルムーンを探して
・ポケモンアドベンチャー。

「中国」
・I's
・セイントセイヤ。「強く影響をうけて自分が変わった。少なくとも漫画を読むのが好きになった」
・ドラえもん
・ドラゴンボール。
「香港」
・ラブひな
「台湾」
・ドラゴンボール
「韓国」
・ローゼンメイデン

「ドイツ」
・ああ、女神様。「銃夢だったかも」
・アキラ。「あの頃は漫画もアニメもほとんどなくて高かった。ドイツ語で最初に読む漫画といえばこれだろう」
・カードキャプターさくら。「あとBanzaiというドイツ版少年ジャンプを買いました」
・銃夢
・セーラームーン(2人)
・DNエンジェル
・ナルト
・ふしぎ遊戯(2人)
・プラスチックリトル
「ノルウェー」
・遊戯王
「ポーランド」
・ドラグーン
・ドラゴンボール「Akiraにしようか迷ったよ。戦闘を描かせるならこの作者だ」
「チェコ」
・風の谷のナウシカ
「ルーマニア」
・るろうに剣心
「ポルトガル」
・エヴァ
・ちょびっつ
・トライガン
「イタリア」
・エヴァ
・セイトンセイヤ
・ドラゴンボール
・フルーツバスケット
・北斗の拳。
・遊戯王。「アニメの先が気になって買った。アニメより暴力的で怖いね」
「フランス」
・セーラームーン
・ラブひな。「今もお気に入り」
・セイントセイヤ。
・エヴァ(2人)。「でも本当に買って読み始めたのはワンピース」
・ガンスミスキャッツ
・ドラゴンボール
「フランス領ポリネシア」(ポリネシアは太平洋に浮かぶ諸島の総称。アメリカ、イギリス、チリなどの属領もあり、トンガやニュージーランドなど国として独立してるものもある、だってさ)
・セーラームーン。「でも中国語でわからなかった」
「イギリス」
・一騎当千
・Wish
・カードキャプターさくら
・つばさクロニクル。「8巻を買って今は9巻を待っている」
・らぶひな
「デンマーク」
・ドラゴンボール。「漫画は好き。値段が死ぬほど高いという点以外は。だからこれとワンピースしか買ってない」
・らんま1/2
「スイス」
・トライガン
・るろうに剣心
「アイルランド」
・ちょびっつ
・トライガン
「フィンランド」
・ラブひな
・らんま1/2
「オランダ」
・GTO
・ドラゴンナイツ
・ドラゴンボール(2人)
・ぴたテン
・無し「どこにも売ってない」
「オーストリア」
・セーラームーン
・ドラゴンボール
・ホットギミック
「スウェーデン」
・ガンスミスキャッツ。「今もお気に入り」
・無限の住人
・ラブひな
「バングラディッシュ」
・るろうに剣心
「エストニア」
・ちょびっつ
「ハンガリー」
ああ、女神様。
「スペイン」
・ベルセルク。「無限の住人かバガボンドだったかも」
「ベルギー」
・エヴァ、ストリートファイター、竜騎兵:ステンレススチールアルマジロ。
・ガンダムW
「ギリシャ」
・カードキャプターさくら
・ロードス島戦記。「一巻を友達から借りて、続きが気になって本屋に直行した」

「サウジアラビア」
・新白雪姫伝説プリーティア。「表紙が可愛くてなぜか私の妹を連想した。アニメも漫画も見てない頃だった」
「アラブ首長国連邦」
・フルーツバスケットとX

南アフリカ
・アキラ
マリ
・フルーツバスケット!

ブルネイ」(ブルネイ・ダルサラーム)
・ドラえもん。「昔は漫画を見つける事自体が難しかったよ。今は姉に頼んでアメリカに注文してもらう」
「ベトナム」
・QED
・ドラえもん「あれは7歳の時だった」
「マレーシア」
・学園アリス
・ガンダムW
・ガンダムSEED
・ドラえもん(3人)。「まだ幼稚園の頃だったな」「たんぽぽのティアラだったかも」
・ドラゴンボール(3人)。「両親が漫画を買ったり借りるのを許さなかったから従兄妹の家で読んでた」
「シンガポール」
・いちご100%。「アニメを見て興味をもった」
・スラムダンク(2人)。「変に思うだろうけどバスケが大好きなんだ」「その後にフルバを買った」
・セーラームーン
・ドラエもん。「もう卒業したけどね」
・ドラゴンボール(2人)。「10歳のときかな。名探偵コナンと一緒に買った」「もはや古典だね」
・ふしぎ遊戯
・フルーツバスケット(3人)
・遊戯王。「中国語版であまり良くなかった。4.8ドルで安かったけど」
・ラブひな。「友達が見てたのがほしくなって全巻買った」
・ワンピース。「200ドルは使わされたけど良い漫画だ」
「タイ」
・ドラえもん。
・ドラゴンボール。「始めて読んだのはドラえもんだけど」
・GTO
「インドネシア」
・キャンディキャンディ。「古いなあ!でも最高の選択だった」
・セーラームーン
・ドラえもん
・ドラゴンンボール
・ラブひな(3人)
・龍狼伝
・烈火の炎
「フィリピン」
・イニシャルD
・エヴァのスペシャルエディション。
・ドラゴンボール
・ネギま。「1〜9巻を一緒に。赤松健のファンです」
・ふしぎ遊戯。「中2のときだった」
・XXXホリック。
・らんま1/2
・るろうに剣心

投稿者が嘘をついてない限り以上のようになります(何が悲しくて出身国と買った漫画を偽る?)。
セーラームーンとドラゴンボールはやはり偉大です。アジア圏ではドラえもんもがんばってます(西洋ではやっぱり受けない?)。エヴァ、ラブひな、クランプ作品もがんばってます。
しかし世界は広いですねー。CZECH REP(チェコ)やNETHER LANDS(オランダ)などパッと見ただけではわかりにくい国もあるし、ブルネイとか南アフリカとか全然イメージがわかない国もあるし(南アフリカって国名だったのか・・・)。アフリカや中東の人が少ないですが、あっちは漫画やアニメ以前に衣食住が危ないのかも。ロシアもいません。世界一の面積を持ちながらいろいろ謎の多い国です。
ところで、フランス領ポリネシアの人は原文の出身国欄に「France,Polynesia」と書いてるんですが、プエルトリコやグアム出身の人は出身国欄に「USA」をつけてません。他の州の人は「USA, Kentucky」などと書いてあるのに(同じく、香港や台湾もChinaがない)。これには深い意味があったりして・・・。
最後にひとつ。このスレ長すぎ!出身国を確かめるのも面倒すぎ!二度とするか、こんなもん!!!
魔法陣グルグル (1)
魔法陣グルグル (1)


fairypot at 21:22|PermalinkComments(95)

2007年07月05日

パニック映画における無能な市長の教訓

主人公の学者「早くパレードを中止しないと大変な事になるぞ!」
市長「いまさら中止になんてできるか!」
この後、殺人蜂や巨大タコが群集を襲う。
市長が生き残る確率はおよそ60%

とまあ、「ジョーズ」を見ながら書いてます(笑)。むさい男三人が船でジョーズ狩りに出かけたところです。他の映画なら男2人に美女1人のパーティになる所ですが、スピルバーグ監督はそんな姑息な手は使いませんね。おっさん街道まっしぐらです。
こういう映画で必ずいるのが主人公の警告を無視する市長や上司ですが、彼らさえ普通に仕事してれば被害は最小限に止まっていた、大惨事は常に前兆がある、という教訓は現実にもいえること。
さらなる教訓は、こういう市長は決して悪人ではなく、それが事態を余計にややこしくしてることでしょうか。「ジョーズ」の市長も遊泳禁止にしたら市の収入が減るからと皆のためを思って(私欲もあるだろうけど)ああいう行動をとってるわけで、これが何かの悪事を目論んでるなら殺すなり逮捕するなりできますが(実際、そういうキャラは後編で死ぬ)、悪意のない行動だとそういうわけにもいきません。悪党よりも善人の方が始末に終えないというのは現実にもいえること。
あの町は来年もサメに食われる人がでるんだろうなー。
市長遠山京香 4

市長遠山京香 4



fairypot at 23:00|PermalinkComments(18)

2007年07月04日

海外アニメファンが語る「日本語と英語以外でアニメ見てる?」

・私は英語だけなんだけど、ポルトガル語やフランス語や中国語なんかで見てる人はいるの?
・パナマにはスペイン語のアニメチャンネルがあるよ。テニプリとかトライガンとか。驚くことに吹き替えがなかなか良くて、声優の演技にちゃんと感情がこもってる。もちろん日本語ほどじゃないけど。
・若い頃にドラゴンボールとかドラえもんをマンダリン(中国語の標準語)で見てたよ。その後にポケモンを英語で見てた。最初に日本語で見たのはナルトだった。
・2000年にフィリピンでタガログ語のドラゴンボールを見た。今はオーストラリアにいるけど、むこうの吹き替えの方が良かった気がする。
・私はフィリピンに住んでるよ。だからアニメの多くはタガログ語だ。
・スペイン語でDBZを見てるよ。面白い。
・私もスペイン語でたくさん見てる。いくつかは英語より吹き替えが良いよ。
・スペイン語の吹き替えがあったけど、スペインじゃなくて中南米から送られたものだった。
・スペイン語だよ。メキシコにいるから。
・ドイツ語で見たことがある。たしかヘンゼルとグレーテルの話だったかな。
・CCS(カードキャプターさくら)を中国語で見てる。
・違う言葉で見てると変な感じがするよね。
・中国語と英語と、あとマレーシアにいたときマレー語で見たことがある。英語とマレー語の吹き替えはあまり良くなかった。
・シャーマンキングをポーランド語で見てた。
・↑私はスペイン語で見てた。
・フランス語か韓国語。
・日本語と英語以外では見たことない。どうしても変な感じがするから。
・Animax-SAでヒンディー語のアニメを見た。
・小さい時に韓国語のを見たけど、あの頃はキャラの名前を全部韓国風に変えてたなあ。
・広東語でおばけのQ太郎を見てた。ドラえもんとナルトをマレー語でみたことあるけど、あれは最悪だった。


インターナショナルな会話ですねー。メキシコってアメリカの傍だけどスペイン語が公用語なんですね。他にもやたらスペイン語が多いですが、現在世界でも3億人以上が使っており中国語と英語に続くメジャーな言語らしいです(知らなかった・・・)。そりゃあワンピやブリーチも使うわけです。グリムジョーも「パンテラ(豹王)!」とか叫ぶわけです。
日本語を使う人はせいぜい1億ちょっと。私達がいくら大勢と話したつもりになっていても、それは日本語に限られるのを思い出した方がいいかもしれません(たまには真面目にしめるぜ!)。
行かせちまったよ、インターナショナルプリスクール

行かせちまったよ、インターナショナルプリスクール


fairypot at 19:06|PermalinkComments(54)

2007年07月01日

海外アニメファンが語る「変な名前のキャラ」

・へんてこな名前を持つキャラっているよね。例えば、ブリーチのグリムジョー・ジャガージャック。誰がこんな変な名前を考えるんだろう。
・今まで聞いた中で一番変な名前はエクセルサーガの「あの人」だよ。
・ドラゴンボールのランチもかなり変な名前だ。
・ドラゴンボールの人物はほとんど。あと、爆れつハンターのキャラも食べ物の名前だよね。うーん・・・マロン(栗)。
・ブレイブフェンサー武蔵伝(PS用ソフト)にもいたよ。アルカネート王国(日本版ではヤクイニック王国)の人々はみんな食べ物の名前だって作中のキャラに言われて始めて気がついた。自分が馬鹿に思えた。
(ゲーム中にはテキーラ総統、ウォッカ大佐、ジャンとレノのコンビなどもいたが、海外版では改名されている。酒類を表示することで推奨年齢が上がったり、著名人の名前を使うことで訴訟になるのを防ぐためと思われる>訳者)
・↑ああ、私も気付くのにしばらくかかった。
・イデオンのファード。ジオン軍のMSの名前。ガンダムWのキャラたち。
・エウレカ7のムーンドギー。この名前が出ると笑ってしまう。
・変じゃないけどDグレイマンのアレン・ウォーカー。なんか質素な名前だ。
・銀牙伝説WEEDのウィード。雑草が見えたから名前が雑草って・・・。
・アニメじゃないけど、FF8は最強でしょ。スコール・レオンハート(これはまだいい)、リノア・ハーティリー(ずっと変だ)、セルフィ・ティルミット(かなり変だ)。でも第一位はキスティス・トゥリープ先生だ。なぜかTripe(牛の胃)を思い出す。
・ベルセルクのガッツ。
・ボボボーボ・ボーボボはどうよ。
・変かどうかわからないけど、ラストエグザイルのラヴィ・ヘッドは笑っちゃう。
・びんちょうたん。可愛いけど。
・リードオアダイのミスタージェントルマンとザ・ペーパー。名前は普通なんだけど、日本語の発音が面白い。
・デスノートのライト。
・なぜ誰もモンキー・D・ルフィを言わない。
・ハンター×ハンターのポックルやシャルナークやパクノダ。


ちょっと前に「なぜ海外版で名前が変更されるのか」を扱いましたが、やっぱり変なものは変なんでしょうね。特にカタカナは日本人と外国人とで抱くイメージがまるで違うので、これを普通に楽しめない海外のアニメファンはちょっと損をしてるかも。
ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション

ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション

↑今回は候補が山ほどあったから迷ったぜ

fairypot at 23:20|PermalinkComments(74)
with Ajax Amazon