2009年04月

2009年04月29日

海外アニメファンの疑問「戦う時に叫ぶのは効果ある?」

・アクション系のアニメや漫画で(完璧な例としてドラゴンボールZ)戦ってる最中に敵が大声で叫ぶとパワーアップするじゃん。叫ぶたびに強くなる感じ。叫ぶって何か効果あるの?
・あれはアニメだけ。
・心理的な興奮作用ならあるかも。
・アドレナリンとか分泌されて一時的に強くなるのかも?
・実際にやったら知恵遅れ扱いされるのは確実だけどね。
・私はないと思う。あれは効果音みたいなもんでは?
・自分に自信をつける効果はありそう。
・敵を怖がらせる役目ならある。
・戦いのストレスを吐き出すのに役立ってるとか?まあ、本当に強くなってるわけじゃないだろう。
・格闘技でも攻撃する時に叫ぶって多くない?相手への威嚇が目的だけど。
・剣道は叫ぶのがルールで決まってるよね。あれって最初は恥ずかしい。気合い(kiai)とか何とか言う。
・ぎゃあぎゃあ叫ぶより黙って痛みに耐える方が私は強そうに見えるけどなー。
・小さい女の子じゃないんだから別に叫ばなくても良いよね。
・相手が耳をふさいでる間に攻撃できる(笑)
・KAMEEEE...HAMEEE...HA!!!!!!!!これが答えになったはず。
・心理的なリミッターを外すと骨が3倍くらい固くなって、格闘技はそういうリミッター外しの技術があると聞く。でも叫ぶのは外見的にかっこいいのが理由じゃない?ベルセルクのガッツみたく。
・自分に効果はないけど仲間の士気を高める効果はありそう。
・元々はアニメじゃなくて現実にwar cry(ときの声)と呼ばれて、敵に突撃する時に怒りを増して恐怖を振り払う効果があったんだよ。
・あれは体の限界を超えたせいで叫ぶのであって、叫ぶから強くなるわけではないのでは?体が痛いから叫んでるんだよ。


「技名を叫ぶ」と違ってこちらは現実にもあるし、少しは効果もありそうですね。自分よりも敵に与える効果の方が大きそうな…。いや、ウヴォーギンの事じゃないですよ?
新・萌えるヘッドホン読本
新・萌えるヘッドホン読本

fairypot at 20:56|PermalinkComments(121)

2009年04月28日

海外アニメファンが語る「脳噛ネウロに出てくるアメリカ人、デイビッドについて」

知らない人にはネタバレになるので詳しく言えませんが、いろんな意味で「アメリカ人らしい」キャラだったのです(察して!)。
david
・なぜ彼はネイティブの設定なのにthank youがsank youって変な発音になるの?
・発音はカリフォルニア出身っぽいね。
・↑声優のPatrick Harlanはコロラド出身だよ。93年から日本に住んでるらしいから本来のアクセントはないかもね。
・なぜかあの発音にイライラする(笑)
・外国人設定のキャラっていつも変なしゃべり方をするよね。
・もうネウロに交換留学生を出さないで。名探偵コナンの外国人の方がまだ上手かった。
・私たちが日本に行ったらあんな風に聞こえてるの?
・日本の大学へ進むことを考えてたけど、これを見て少し躊躇してる。
・この話はちょっと不快。私たちって本当にこんな風に思われてるの?
・↑冗談のダシにされてるだけ(笑)銃と肉が好きで偉そうってステレオタイプを持たれてるのはわかる。たとえ銃が嫌いな人や菜食主義者や平和主義者が実際にいたとしても。
・私はアメリカ人にもその他にも攻撃的じゃなかったと思う。
・アメリカ人とは直接言ってないけどアメリカ人なのかな?
・↑みんな銃を持ってる国=高確率でアメリカ。
・「星条旗」を歌っちゃってるし。
・誰も股間に銃を隠したりしないよ!普通はポケットやカバンやジャケットの中だろう。
・↑さすがにあれは無理があるよね。
・ホットドッグ=アメリカ。確かに。
・あのホットドッグは大爆笑。
・アニメの前にこれの漫画版を読んでたんだけどアメリカ人としてちょっとだけ悲しかった。お気に入りの漫画なんだけど作者はアメリカをこういう風に考えてるのかな?最初のうちはイギリス人である事を願ってたけどバーベキューと銃が出てきたらもうね…。
・このシリーズは好きなんだけどこの回だけは嫌い。
・私はどれもアメリカ人がやってる事だと思うけどね。まあ、とにかく落ち着けお前ら。これは単なるアニメだ。
・みんな深く勘ぐりすぎ。
・もちろんあれで笑いを取ってるのはわかるけど、鼻が大きくて国歌を口ずさむのがアメリカ人のステレオタイプなのかなーとも思える。
・私もアメリカ人だから良い人役のアメリカ人が実は殺人犯というのは少しがっかりしたと認めよう。でもそれと無関係にこの番組は面白いよ。
・不快ではなかったけど作者はアメリカがあまり好きじゃないのかな(笑)
・アメリカは日本のほとんどに嫌われてる。世界のほとんどにも。
・鼻が伸びるのはピノキオ由来だね。
・アメリカ人は鼻が大きい=嘘つき。部分的には事実だ(笑)不快には思わないよ。とにかく笑わせてもらった。
・どこの国にもステレオタイプがあるし、そこが面白いんだよね。


ついに漫画も最終回を迎えたので本当ならネウロ関係で3件くらい記事を作ろうとネタを探し回ったのですが、残念ながら他に面白そうなネタが見つかりませんでした。
さらば、ネウロ!さらば、ドーピングコンソメスープ!
魔人探偵脳噛ネウロ (1) (ジャンプ・コミックス)
魔人探偵脳噛ネウロ (1) (ジャンプ・コミックス)

fairypot at 03:24|PermalinkComments(162)

2009年04月19日

海外アニメファンの疑問「るろうに剣心には結核患者が多いけど日本はそんなに多かったの?」

・**や**や**は結核で死んでるけど(キャラ名は伏せる。作中で病名ははっきり出ていない>訳者)、なんでこの病気にばかり罹るの?他の病気じゃなくて?日本にやたらこの菌がいたのか、結核という病気があるって話が広まったのか。
・結核は当時世界中に広がってたからそんなに驚く事じゃない。
・そんなに結核がいたっけ。3人ならそんなに多くないのでは?
・結核は40年代の後期になってやっと減り始めた病気だ。
・新撰組の沖田も結核だったよね。血吐いてたマイナーキャラ。
・病気で弱っていくあのキャラを見るのは耐えられなかった。
・ある意味、平和の中で死ねたんだから幸せじゃない?
・倒せる敵がいないくらい強いキャラは仕方ないから病気で殺す。
・あれって本当に結核だったのかな?咳はしてたけど喀血してない。そもそも本物の結核は血を吐いたりするの?
・↑本当に喀血するよ。
(別サイト)
・いくつかのアニメに結核を患った凄腕の美少年サムライがいるよね。調子が良い時は神がかりな強さだけど、いきなり血が混じった咳が出て弱くなる人。これは美少年の法則とか文化的なものがあるの?彼らはいつも「平和を愛する禅の戦士で敵を細切れにするけど花を活けるのが好き。ただ唯一の弱点は結核だった」という設定だ。
・19世紀の西洋の書き物もそんな感じだったはず。
・「ドラゴンランス」のレイストリンもそういうキャラだった。ただし、彼は魔術師だ。Incurable Cough Of Death(死に至る咳)というものを紹介しておこう。
Incurable Cough Of Death.
君が咳をしたら番組が終わる前に死ぬことになる。もっともらしい理由がなくても口から血を吐いて倒れる事もある。なぜかこういうキャラは倒れるまで健康なふりをし(それは明らかに酷い状態でも上手くいく)、病院にもいかないというのもドラマの法則だ。似た法則には雨や雪の中へ出かける人は必ず死ぬというものがある。西洋文学では咳の理由は肺炎である事が多く、結核もしばしば使われる。アニメでも使われるが、これは新撰組の隊長だった沖田総司のイメージから創られたもので、彼は池田屋事件の際に結核から血を吐いて倒れたと言われている。事件の起きた日と命日は近いが、4年も間があることは忘れられがちである。
・↑よくわかった。サンクス。
・結核は日本の幕末や明治にかなり広がったんだよ。沖田総司や高杉晋作を含めて多くの人がなくなった。沖田総司は25歳の若さで死んでしまった。彼はハンサムで剣術の天才と言われてるけど、彼や新撰組のモデルは司馬遼太郎というフィクションライターが書いた物語の影響らしい。彼は現代のメディアでBishonenとして扱われる。


昔は日本以外の国も結核で苦労したでしょうけど、ペストやスペイン風邪みたくもっと有名な病気があるせいかな?
ちなみに、今の日本は他の先進国と比べると結核が異常に多かったりします。
cough
もやしもん わるい菌たちぬいぐるみ 全5種セット
もやしもん わるい菌たちぬいぐるみ 全5種セット

fairypot at 12:58|PermalinkComments(126)

2009年04月04日

海外アニメファンが語る「君の国で再放送され続けてるカートゥーンって何?」

最初に言いますと、アメリカ等のテレビ業界は視聴率がそこそこ取れる限り何度でも(週一どころか毎日でも)再放送されるのです。

・私はタイに住んでるんだけど、ドラゴンボールは私が5歳の時から放送が繰り返されててもう20年になる。今も一番好きなカートゥーンだけど、この放送は永遠に終わらない気がする。
・アメリカだとファミリーガイを何度も見かける。
ファミリー・ガイ・スペシャルプレビュー [DVD]
(現実の話題をちょくちょく扱うギャグアニメーション)
・マレーシアでは「ドラえもん」。世界中で皆に愛されてるよね。特に子供には。2番目にドラゴンボールと言いたいけど、これは過去の話で今は見かけない。
・マレーシアだとスポンジボブもかなり放送されてると思う。
・(イギリス在住者)もちろんシンプソンズだろう!20回は再放送されたはず。でも、新しいエピソードもかなり制作されてるはずなのに、こんなに再放送されてるのも変な話だ。
・(フィリピン在住者)ドラえもんだね。私は可愛くて好きだから気にしない。ドラゴンボールも流れてるけどさすがに飽きた。「他に放送するアニメないのか?」と思わずにはいられない。
・フィリピンはドラゴンボールZとGT、ドラえもん。日本のアニメが本当に人気。最近はナルトやブリーチもやってる。
・(アメリカ在住者)ケーブル持ってないから他は知らないけど、シンプソンズが一番長くリピートされてると思う。2つのチャンネルでやってて、片方は再放送ばかり。もう片方は新しい話を流すけど、それがない時に再放送をやってる。
・トルコは「トムとジェリー」
・↑ブラジルもそれだ。あとはワッキーレースやウッドペッカーやドラゴンボール。トムとジェリーやウッディが好きだから私に不満はない。
・ドイツではシンプソンズとシンプソンズとシンプソンズ(笑)ドイツ人の多くは全シーズンをそらで言えるはずだ(笑)
・私の国(内緒)だともう何度ドラゴンボールを繰り返したか。おまけに吹き替えが酷いから病気になりそうだ。吹き替えが成功したアニメをまだ見たことない。
・ドラゴンボールは話の展開的な意味でも終わらないよね。他に再放送されやすいものといえばボルテスVとGhost fighter(幽遊白書)とセーラームーンとスラムダンクとzenki(鬼神童子ZENKI)だ。
・ベトナムでもトムとジェリーだろう。日本のアニメはあまり放送されない。
・(アメリカ在住者)ドラゴンボールは本当に再放送が長いけど、私は今も飽きてないよ。ZやGTより悟空が子供だった初期が好き。


日本とは再放送の意味がちょっと違いますね。
自分の国を内緒にしてる人がいますけど、人によってはかなりプライベートな質問なのでいくらか親密になるまでは「出身はどこ?」と訊かない方がいいです。
風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ [DVD]


fairypot at 23:35|PermalinkComments(90)

2009年04月03日

スターオーシャン2、北米ではPS版とPSP版で修正のされ方が違う

局地的に知られてる事ですが、懐かしのPSソフト「スターオーシャン2」は北米版だとアルコール系アイテムがお茶や湧水に変更されたり、ガブリエルやミカエルというキャラ名が全然違う名前に変えられたりしてます。
んで、そのソフトがリメイクされたバージョン(キャラデザがえらく変わった…)も北米版が発売されてるのですが、アルコール系アイテムは相変わらず変更されてるもののミカエルやガブリエル等はそのままだと判明。
そこで気になったのは敵が使ってくる「神曲」という技のグラフィックがどうなったのか↓。これはPS版の画像ですがPSP版もほとんど同じなので省略。
(未プレイの人にこの技の恐ろしさが伝わらないのは残念)

北米のPS版↓

見難くて申し訳ないんですが、十字架が羽に修正されてます。(とはいえキリストっぽく見えるのは変わらないらしく、とある海外ファンが「スーパーイエスアタック」と呼んでて吹いた)
そして北米のPSP版↓

(・∀・)羽が増えたよー
リメイク前より修正が強化されたようです。
しかし!ここで不思議なのは「キュアオール」という回復技。
日本版

北米のPS版

変わってません。(大きさが変わるのはゲームの仕様)
しかし北米のPSP版

修正されてます。
つまり北米のPSP版は「ミカエルやガブリエルという名前はOKだけど宗教系の画像はダメ!」という姿勢のようです。ではなぜPS版はキュアオールの画像がOKだったのか。うーん、うっかり見落とした?
ちなみに某シーンは北米版のPS版ではそのままなのにPSP版ではまるごと削除されたようです(セリフでは説明されたけど)↓

ひょっとするとPS時代はまだ北米の規制もいい加減だったのかもしれません(あるいは企業側にとって当時のスタオー2が大して売れなさそうだから修正もいい加減になって、PSP版は売れそうだから厳しくしたとか?)
とにかく、北米のPSP版はドラキュラも安心して遊べる仕様になってます!
オーディオドラマCD BOX 吸血鬼ハンターD (Vampire Hunter D)(5枚)[CD]
オーディオドラマCD BOX 吸血鬼ハンターD (Vampire Hunter D)(5枚)[CD]


fairypot at 22:31|PermalinkComments(55)
with Ajax Amazon