2016年04月

2016年04月18日

海外アニメファン「カドカワが北米のマンガ翻訳出版社に出資したけど、つまりどういうことだってばよ?」

(もちろん原文に「だってばよ」なんて書いてないよ)
KADOKAWAが北米の日本マンガ翻訳出版社の大手Yen Pressに出資し、合弁会社を設立したニュースへの反応なんですけど、ニュースの詳細はこちらを読んでください。


・これを機にもっと多くのラノベが翻訳されるとうれしいんだけど。

・↑そうなるはず。ここ2,3年でカドカワもかなり海外を意識して行動するようになったからね。Baka-Tsuki(ファンによるラノベ翻訳サイト)を著作権違反で警告して作品公開をやめさせた事と関係あるのかもしれない。日本の企業が海外のファンサイトを閉鎖させるなんて今までは珍しかった。

・↑そのとおり。海外市場にまったく挑戦しない日本の会社を見ると私はいつも不思議に思ってる。

・もちろん私は合法的に翻訳された作品を買うのが好きだけど、ファンの翻訳を潰すなら代替品を用意してほしい。カドカワが一掃したファンの活動が全て公式出版に代わるなら素晴らしいと思うよ。でも、それは起きないだろう。こちらのラノベ出版事情は数年前よりずっと良くなってるとはいえね。このニュースがどんな意味を持つのかはまだわからない。YenPressは今まで本当に良くやってくれた会社だから悪い意味で変化しないことを祈るよ。

・こっちにカドカワ産クソラノベとクソ漫画が大量にやってくるってことか。

・作品をどんどん出版してくれるなら私は嬉しいよ。

・ラノベの値段に影響があったりするのかな?

・出版を加速してほしい。でも、質は落とさないで。

・「東京レイヴンズ」のラノベが買えるようになるといいな。あと、電子書籍もっと普及させてくれない?あれで「狼と香辛料」のラノベが買えないことが今も不満なんだ。

・「ダンタリアンの書架」と「ゴシック」を翻訳してくれますように。

・北米での出版計画を自分達で主導したくなったんだろうね。YenPressはそのインフラと人脈を持ってるから彼らと手を組もうと決めたんだと思う。

・YenPressが出版してるカドカワ以外の作品はこれからどうなるんだろう?

・カドカワがYenPressから他の出版社を締め出さないか不安だ。他の北米出版社がカドカワの作品を出版できなくなる可能性もある。

・YenPressはスクエニの漫画も出版してるけど、スクエニ作品はなくなっちゃうの?ここくらいしか出版してくれないんだが。

・他の出版社も扱うだろうけど、カドカワ産は今までより増えると思う。

・他の会社がライセンスだけ持ってぜんぜん出版してない作品を救出してやってくれ。

・短期的には何も起きないと思う。長期的にはYenPressが今よりずっと退屈な会社になるんじゃないかと不安がある。

・とにかく面白いことを始めてほしいもんだ。


以上。
日本の読者にはほとんど関係ないかもしれませんが、ホント面白いことを始めてくれるといいですね。座して待て!

関係ないけど、祝「ハンター×ハンター」連載再開!

with Ajax Amazon