2017年02月

2017年02月26日

海外アニメファン「幼女戦記の主人公はサイコパスとみなしていいの?」

・他人に共感がなく、命を奪うときも陽気で、冷酷な殺人者といっていいだろう。神を信じないが自分の戦闘能力を高めるためなら存在Xを讃えもする。だが、サラリーマンだったころに感情がゼロだったわけではなく、他人をクビにすることを楽しんでる風もない。転生後の環境が彼を変えたんだろうか?

・サラリーマン君ちゃん(Salaryman-kun-chan)は人の命にほとんど価値を見出してないし、社会的に異常行動をとってるように思えるが、他人を殺傷してはいなかった。実力主義者なんだろうね。転生後の舞台は戦場で他人を殺傷することこそ兵士に求められることで、異常とはいえない。
彼が異常な殺人マシンに見えるのは能力が高すぎて敵を大量殺戮できてしまうせいだろう。

・仕事の効率化に誇りと喜びを見出してるね。安全なデスクワークをさせていれば嬉々としてそれをやってたはず。

・戦場となればサイコパス的な行動をとるまでのハードルは格段に低いだろう。あと、彼女が神を讃えるのは単なる生存戦略だ。ラノベを読んでないから知らないが、あの祈りは自動的なもので、彼女が毎日教会で真剣に祈ってるわけじゃないだろう?

・1話目が衝撃的に見えただけで、話が進むごとに普通の人間っぽく思えてきた。

・彼女には共感がなく、エゴイストでもあるが、サイコパスとは違うかな。

・サイコパスではなくソシオパス(社会病質者)だと思う。

・彼女が彼だった頃の人生がほとんど不明だから判断できない。転生後も環境が特殊すぎて分析が難しい。

・サイコパスってわけじゃない。「戦争に勝たなきゃ。ワたしハ真面目に言っテルんダヨ」って感じで少し狂ってるだけ。

・自分が精神的にアレなのは本人も認めてるだろ。出世するために大量殺戮が必要になっただけ。

・サイコパスではないがまともでもない。


以上。
サイコパスとソシオパスの違いを英語サイトで読んでみましたが、サイコパスは他者への共感や善悪の観念がないけど目的のために常人を演じて周囲を騙せる(ほとんどの者は暴力に訴えないがそれは計算であって良心の呵責はない)
ソシオパスは共感が僅かにあるけど自己を優先し、相手の欠点や失敗を平気で責めるらしいです。
この定義に従えば、幼女は転生前はソシオパス、転生後は(結果はともかく)他人を騙しているからサイコパスかなーと。
環境のせいでそうなったかはクローンで何度も実験すればわかるかも。

fairypot at 13:17|PermalinkComments(34)

2017年02月25日

海外ゲーマーが語る「なあ、喋る動物ってゲームから消えたよな?」

sabaru01

・定期的に投下されるソニック作品は別として、言葉を話す動物マスコットキャラってもはやゲーム業界では絶滅しちゃったんじゃないか?バンジョーとカズーイを一度復活させようとしてたが、失敗してから誰も挑戦しない。スターフォックスも新作出ないし。

・マスコットは一時的な流行だったからねー。勇気があり、それでいて苦悩するリアルな男が求められる。

・どうぶつの森……は喋らないな。確かにいない。

・それはディズニーに道を譲った。

・考えたことなかったけど、ズボン穿いたテディベアよりリアルな英雄が受ける時代なんだろうな。スターフォックスはマジで復活してほしい。俺は喋る動物が好きだよ。

・技術の進歩で精巧な人間が作れるようになっちゃったし、声当ても当たり前になったからね。開発がむこうへ移ってしまった。

・面白い質問だ!私もカートゥンやアニメのマスコットが主人公のゲームをもっと出てほしいよ。不思議のダンジョンをテイルズ的戦闘システムでやってみたいもんだ。

・ラチェット&クランクとスライ・クーパーしか思い出せない。


・ラチェット&クランクはたまに復活するよ。駄作だけど。

・スターフォックス64は声優の演技が素晴らしかった。ああいうゲームが出ないのは残念だ。

・安いオンラインゲームでは生きてる。でも、金と時間がかかるゲームではもう作りようがないのかもね。

・Call of Dutyに責任がある。

・いや、元々は人間のグラフィックや動きがしょぼいとゲーマーが楽しめないという理由から動物を使ってたはずだよ。

・反社会的で挑発的なことができない。筋書きにどんでん返しも作れないし、勇敢でもダークでもリアルでもない。もはや滅ぶしかないね!

・ドンキーコングって喋らなかったっけ?

・あっ、キングダムハーツのミッキーやドナルドがいたじゃん。

・言われるまで気づかなかった。喋る動物が見られるのは任天堂とディズニーとソニックだけだろう。「Ty the Tasmanian Tiger」ってゲームをかろうじて覚えてるけど、これも古いしXboxからの移植だった。

・ラストオブアスとNaughty Dogの脚本家Neil Druckmanが以前にピクサーみたいな物語を書きたいといってたけど、動物のゲームは作ってないようで残念。ラチェットやソニックが懐かしいなあ……。

・このスレのせいでお気に入りのスターフォックス64思い出しちゃったよ。あの頃が懐かしい。

・「Fur Fighters」が復活するなら歓迎する。


・プレイヤーが歳をとったこともあるが、今は子供まで「Call of Duty」をやりたがるんだよなあ。



以上。
日本も昔に比べればずっと少ないですが、ジバニャンやシレンのコッパも含めれば消えてはいないかな?
特に関係ないですが、アニメの1話Aパートで切ったくせに有名になった途端手の平を返して戻ったニワカ鮭野郎は私です。ごめんなさいごめんなさい。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)

fairypot at 22:12|PermalinkComments(9)

2017年02月01日

海外アニメファンが語る「西洋の若者向け小説とラノベの比較」

・もちろんアニメっぽい絵があるか否かみたいな違いもあるんだけど、自己投影できる主人公とか共通点もあると思う。みんなはどう思う?

・西洋は暗くSFチックになるし、そこが好き。キリトが何人の女性と付き合おうが知ったことではないのさ。

・↑暗いかはともかく、西洋ヤングアダルト小説にも並みのハーレムラノベに負けないゴミクズが一杯あるぞ。

・ラノベをあまり読まないんだけど、西洋ノベルはラノベより女主人公が多い気がする。図書館でも女主人公の作品をよく見かけるし、作者が女性であることも多い。

・正直言うと二つの共通点は人口の大半が読まないってことくらいだと思う。西洋の小説を読むときは主人公の顔がわからないのが厄介かな。どんな顔なんだろうって想像するけど映画化して「平凡な顔だな……」と思ったり。

・恋愛物語としてはソードアートオンラインよりTwilightに軍配を上げたい。

・ラノベって話が長期化する傾向があるよね。有名どころは必ず10巻以上になるし、一巻が「境界線上のホライゾン」くらいになると何処がライトなんだよって思う。

・1500ページくらいを長いとは言わん。

・↑いや、長いだろ。普通は500ページ程度でハイファンタジーなら千から千五百ページくらいじゃない?しかも3部作で終わることが多い西洋に対して(A wheel of timeやMalazanみたく例外もあるが)ラノベは10〜20巻以上続くんだぞ。

・ラノベは有名になると1巻か2巻分の過去編を出したり、延々と話を引き伸ばすところが困るな。

・↑それはあくまで例外だろう?98%のラノベは話を引き伸ばす以前に売れなくて終わる。完結する前に打ち切られるほうが多いんじゃない?

・そもそもこのサイトでラノベ読んでる人自体が少ないだろ?アニメを見て気に入ったら「ラノベ読んでみるか」って感じ。

・↑アニメがないと存在に気づかないからねえ……。そもそも翻訳されてる本が少ない。

・西洋小説と違ってラノベは完結まで翻訳してくれないことがある。

・どちらも少ししか読んでないから確かなことは言えないが、西洋の作品は知識層ぶってるというか、社会問題や政治問題を一つ以上扱う傾向がある。それに対してラノベはとにかく読者を喜ばせる。ファンサービスやpandering(媚を売る?)がそれだね。ラノベを批判してるわけじゃないよ。間違った思慮よりは良いかもしれない。
共通点は自己投影できる主人公、ロマンス、奇抜な世界、そして話に矛盾や穴があること。

・↑プロットホールを特徴と言ってやるな!(笑)どんな話にも著者の限界があるものさ……。


以上。
>ラノベって話が長期化する傾向があるよね

トワイライトやパーシージャクソンみたく映画化されたものでも確かに3〜5部作で完結してるものが多いんですよね。しかし、日本語圏と英語圏は市場の大きさや異国への波及効果が全く違いますから、1つのヒットを大事にしようという傾向は当然日本の方が大きいでしょう。
海外もTVドラマとかは製作費や利益配分が違うから長期シリーズ化しやすいと思う。

fairypot at 15:51|PermalinkComments(10)アニメ 
with Ajax Amazon