2008年02月17日

なぜ魔術師は必ずローブを着てるのか(海外スレより)

・魔法使いのシンボルであるあのローブは衣服を保護してるわけでもなく、快適そうにも見えない。彼らは魔法使いだから面倒な仕事が必要ないのかもしれないが、それならすきま風の入るローブよりもっと軽量の甲冑や便利な服を作ればいいはずだ。
・彼らの崇める神はズボン(pants)を認めてないんだろう。
・最近のファンタジーはLOTR(ロードオブザリング)の真似をしすぎ。
・学問好きで力仕事をする必要がなくて未知の力を扱ってるという服のイメージが私達の中にあるんだよね。甲冑は魔術師らしさがない。ローブの起源はトールキンよりさかのぼると思う。ウル(古代シュメール人の都市)の時代からユーラシアでは宗教家が好んでいたし。
・D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)で馬鹿げてるのはウィザードが接近戦に参加するにはバトルメイジとかいうふざけた職業を作らなきゃいけないことだ。つまり魔術師が剣を使うには回り道をしなきゃいけないわけ。No weapons but magic for wizards(魔術師には武器でなく魔法を)の思想がまだ残ってるんだよね。
・ 実際的な理由はないんだろうね。でも、彼らは聖職者の集団に認知されてたわけだし、大昔の学生はローブを着てた(あの卒業式の変な服の起源だ)。中世様式に描写される理由もある。
・あいつらのローブの下は裸だ。彼らは変態なんだよ。
・トールキンのガンダルフはオーディンを参考にしてるんだよね。
・研究室が死ぬほど寒いんでは?
・確かに魔法使いのステレオタイプだよね。
・魔術師ってのは実用的じゃない連中だから。肌触りが好きなんでは?
・手から火を出す連中に「他の服、着れば?」なんて言えるか?
・高等魔術師は日常生活も魔法を使うから服を着るのも面倒なのかもね。
・どこかの作品だと複雑な外套は魔よけや防御呪文だと説明されてた。
・何かの本で読んだ話だけど、魔法を使うためには複雑な動作が必要だから鎧だと邪魔になるし、ローブだとポケットをたくさん作って魔術の道具を入れられるからだと。
・↑それD&Dの説明だ。
・特殊金属は例外として、金属より有機物の生地の方が魔法をかけやすい。
・何十年も本を読み続けたり洞窟を探検してたら体が醜くなって、隠したくもなるだろう。
・帽子はともかく、学士の着てるローブならパンフレットで読んだ事がある。中世の学者が着てた服が起源で、巨大な石の城ではあの服が暖かかったそうだ。魔術師は中世の設定が多いから理屈に合ってる。


メケメケのローブは守備力5!(わかる人にだけわかる会話)
見飽きた感は確かにありますが、かといって他に候補がありませんからね。魔術師らしさが出ていつつ斬新な服装、か。いろんな漫画家さんに描かせてみたいです。一つの手段としては「いろいろ浮かしとく」ってのがありますが。
まじかる☆タルるートくん コンプリートDVD VOL.1【初回生産限定】
まじかる☆タルるートくん コンプリートDVD VOL.1【初回生産限定】

fairypot at 20:59│Comments(132)

この記事へのコメント

1. Posted by     2008年02月17日 21:06
魔法を使うために着る服がない
2. Posted by む   2008年02月17日 21:06
>・最近のファンタジーはLOTR(ロードオブザリング)の真似をしすぎ。
LOTR = 指輪物語 の方が良さげでは。
3. Posted by (∋_∈)   2008年02月17日 21:07
元々は薬品から身を守るためだったと聞いたことがある
4. Posted by     2008年02月17日 21:12
変身する時に楽だからって設定もどこかで使ってそう。
5. Posted by     2008年02月17日 21:26
これは日本人じゃなくて、D&D考えたアメリカ人に言えよw
魔法使いにいい鎧を与えないのもゲームバランスだしな。
6. Posted by     2008年02月17日 21:28
ラゼルはローブ着てないYO!
7. Posted by     2008年02月17日 21:29
ウルティマオンラインでは鉄などの鎧を着ると
MPの回復が遅くなった。
金属は魔法力を通さないために
集中できなくなるとか理由付けがあった。
他のファンタジーでも何かしら設定があるんだろう
8. Posted by     2008年02月17日 21:32
メイジが戦士と同じ物を装備できるとゲームバランス狂うだろ。
9. Posted by     2008年02月17日 21:39
一応例外には魔術士オーフェンのオーフェンがいるな
10. Posted by クリーオゥ   2008年02月17日 21:41
オーフェンに出てくる魔術師は、バトルもこなすからなぁ。
11. Posted by    2008年02月17日 21:45
メケメケのローブ意外とすごいんだよねw
地味なのに
12. Posted by     2008年02月17日 21:48
スレイヤーズのリナも肩あてとかしてたよなたし
13. Posted by     2008年02月17日 21:51
まぁスレイヤーズとか和製ファンタジーで非ゲーム系の作品の方が、この手の伝統には無頓着かもしれないな。
ゲームバランスとか気にしなくていいし。
14. Posted by     2008年02月17日 21:55
ほしくずの剣
15. Posted by     2008年02月17日 21:58
>D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)で馬鹿げてるのはウィザードが接近戦に参加するにはバトルメイジとかいうふざけた職業を作らなきゃいけないことだ。

管理者の翻訳の問題(まあ昔からの問題ではあるが)だけど、character classを職業と訳すのはどうだろう。職業じゃないと思うんだが。
バトルメイジとかウィザードだとかソーサラーだのの職業(お仕事)があるわけじゃないぜ。あくまでそういう能力を持ったクラスだ。
16. Posted by ><   2008年02月17日 22:04
>米2
LOTRはあっちでは昔(60年代)からある略称だから別にいいのでは?

コナン、指輪、エルリックのファンタジー三大古典では
エルリックが超一流魔術師のうえに鎧着て魔剣振り回してたなぁ
使ってたのは主に召喚魔術だけど
そのせいかゲーム(TRPG)版は魔術師強すぎてバランスブレイカー

あと古典名作TRPGルーンクエストではそこらへんの農民でも簡単な魔術は使えて
いわゆる英雄クラスの連中は剣も魔術も超一流で一人で軍隊とガチで戦えたりして、
あんまりステレオタイプな魔術師像がなかったり(いないわけではない)
17. Posted by     2008年02月17日 22:08
>>16
RQの魔道士は一神教徒だからな。いわゆる神様信じないで魔法使います的なファンタジーの一般魔術師像とはやっぱり違うと思う。
18. Posted by     2008年02月17日 22:15
やっぱ水着だよね
19. Posted by     2008年02月17日 22:23
>最近のファンタジーはLOTR(ロードオブザリング)の真似をしすぎ。

そおか? 昔のファンタジーの方がむしろ・・・
こういう発言するやつは「最近のファンタジーしか知らない」&「指輪は最近読んだ」なんだろうな。外人にもこういうのはいっぱいいそう
20. Posted by ´_J`   2008年02月17日 22:25
メケメケのローブは2000R
1R=50円らしい(ぐるぐるらんど2)

子供心に高いと思った、
21. Posted by あ   2008年02月17日 22:39
でも魔法は尻から出ます。

>・あいつらのローブの下は裸だ。彼らは変態なんだよ。

これをみて真っ先に某吸血鬼アニメのEDを思い出す・・・
22. Posted by          2008年02月17日 23:03
※19
そこから進歩しないのから飽きてきてるんじゃね
23. Posted by トンカス   2008年02月17日 23:11
昔、メイジすらみんな最強鎧のGodly Plate of Whaleとか着てるのが当たり前の状態のネトゲをやりこんでたんですけど、やっぱゲームバランス悪いんですよね。戦士や弓兵に較べるとメイジだけが突出して強すぎて。


classの本来の訳は「階級」じゃないですかね。社会に「戦士」「司祭」階級があった古代ゲルマンやケルト社会の名残。それがファンタジーにも反映されている。
そう考えると、「戦士」階級のみが甲冑を身に着けられるのは肉体的能力というより社会的特権と考えられるんじゃないかと。
24. Posted by     2008年02月17日 23:16
>15
>バトルメイジとかウィザードだとかソーサラーだのの職業(お仕事)があるわけじゃないぜ

ソーサラーの能力でお仕事(冒険)して稼いでるじゃないw

ローブの理由の一つとして、呪文が完成するまでの間、ローブの中で印を組む手を隠せるというのがあるかな。合気道が袴を履くのと同じ。

鎧を着たって、本職の戦士の攻撃を耐えれると思えない。だったら身軽にして逃げ回った方が良いって発想じゃないかと。

まあ、ネクタイのように無意味でも残っている慣習というのは沢山あるけど。ローブなんて着るのは魔法使いだけだという記号みたいな意味もあるからなあ。魔法使いだからローブを着る→ローブを着ているから魔法使いだ、みたいな。
25. Posted by     2008年02月17日 23:24
>>24
だったら職業は冒険者、だろう?
別に宮廷魔術師やったって、酒場の用心棒やったって、学校の先生やったっていいんだから、職業じゃないだろうが。
26. Posted by トンカス   2008年02月17日 23:38
元祖のD&Dでは「エルフ」や「ドワーフ」というひとつの種族そのものを統合したclassがあったそうなので(間違ってたらすいません)、やっぱclass=社会的階級 なんじゃないかと思います。
27. Posted by 蚕   2008年02月17日 23:46
メケメケのローブはジミナ村では普段着だが、都では高価な品である。

ローブってすきま風入るのか。初めて知った。
28. Posted by     2008年02月17日 23:53
1d4は辛いよ〜

ローブもいいけどエルリック系魔術師が好きだなぁ
ストームブリンガーに混沌の楯
鎧には精霊が付与されてそうだ
29. Posted by     2008年02月17日 23:59
そいやRQの魔法はアバロン・ヒル版から追加されたんだっけ? いわゆる魔術師みたいな

バトルマジックやルーンマジックとか
どこか指輪より原初的な雰囲気だったな
30. Posted by    2008年02月18日 00:07
ゴールデンアックスではマッチョなアマゾネスが魔法を使います
31. Posted by     2008年02月18日 00:18
映画のガンダルフは格闘家だった
32. Posted by     2008年02月18日 00:21
以前「ベルセルクはアンチ・キリスト思想の糞漫画だ!」って怒ってたアメリコ人がいた気がする…。
その根拠として「キリスト教っぽい司祭が魔女を迫害している設定」を挙げてたような…

アメリカのファンタジー感では魔法使いと聖職者はイコールなのか、そうじゃないのか。
33. Posted by     2008年02月18日 00:24
日本で袈裟着て丸坊主だったら大抵は仏教系の僧侶。同じ感覚?
34. Posted by     2008年02月18日 00:30
魔法は悪魔の法だが、悪魔を使役して基督や神の名の下に従わせるのはまあアリなんじゃなかったかw
つうか、たぶんRPG的な魔法使いや僧侶のイメージはアメリカ人も日本人もあんまり変わらん。
みんなが中世に詳しいわけじゃないからな。
35. Posted by saba   2008年02月18日 00:32
冒険者の魔術師はもっと逞しいはずだと常々思う。
36. Posted by    2008年02月18日 00:34
ポップってローブ着てた?
37. Posted by     2008年02月18日 00:38
>>ポップってローブ着てた?

下が軽快な感じだから違ったような。
ドラクエのクリフト的な扱いだよね、確か?
38. Posted by     2008年02月18日 00:39
>25
>別に宮廷魔術師やったって、酒場の用心棒やったって、学校の先生やったっていいんだから、職業じゃないだろうが。

職業会社員だからって、全員営業マンってわけではないでしょ?事務もいれば、技術職もいる。宮廷魔術師は、魔法使いとしての能力を求められているんだから、職業:ソーサラーでも職業:マジックユーザーでもおかしくないでしょ。
大体にして、ゲームとしての職業は冒険者前提での話しなんだから、仕事=冒険で問題ないだろ?
まあ、種族が入っているのも確かに問題だけど、エルフ階級ってのもおかしな話だしね。人間基準なのは仕方がないっしょ。
39. Posted by     2008年02月18日 00:44
>>38
だから仕事=冒険なら、仕事=ウィザードじゃないじゃん。
ウィザードってのはあくまでもクラス。階級と訳すのも職業と訳すのも微妙にずれるので的確ではないということさね。
なにより元の書き込みがD&Dの話なんであって、公式日本語訳では「クラス」が正しい。
40. Posted by       2008年02月18日 01:08
>36
ポップはローブは着ていない。
一時期マトリフからもらったマントや、パプニカ謹製魔法のジャケット着てたけど、どちらかというとそれはアクセサリで、基本の鎧はロモス王を助けて以来、一貫して「旅人の服」

>37
ポップをクリフトと並べるのは違和感が…
クリフトはいわゆる「僧侶」だし、ポップは「魔法使い」→「賢者(大魔導師)」。どっちかっていうと、まだマーニャのほうが性質的には近い…
それとも服装のこといっていたのかな。
41. Posted by     2008年02月18日 01:14
>ポップをクリフトと並べるのは違和感が…
>それとも服装のこといっていたのかな。
そですそです。緑色はそういうポジションなのかなと…
42. Posted by     2008年02月18日 01:28
魔法使いと言えば、とんがり帽子もステレオタイプだよな
43. Posted by     2008年02月18日 01:35
なんとなく、古代ギリシャの賢人のイメージ化と思ってた。
44. Posted by     2008年02月18日 01:43
>・最近のファンタジーはLOTR(ロードオブザリング)の真似をしすぎ。

最近じゃなくて、ファンタジーは最初から徹頭徹尾指輪物語の真似だよ。

後、魔法使いがローブ姿なのは基本的にみんなジジイだからだろ。
45. Posted by    2008年02月18日 01:54
科学者系が白衣を着るのとおなじことじゃぁないのかぃ?
46. Posted by    2008年02月18日 02:30
里見八犬伝や封神演義もファンタジーに入れてあげて下さい。
47. Posted by    2008年02月18日 02:42
典型的なアキバファッションというものがあるだろう?
彼らは強制されたり指南書があるわけでもないのにあの格好をしている。
これがヒントだ。
48. Posted by     2008年02月18日 03:28
世界三大ファンタジー

・旧約聖書
・新約聖書
・コーラン
49. Posted by    2008年02月18日 03:41
30越えの童貞、もとい日本の魔法使い達は基本的にファッションには気を使いません
50. Posted by     2008年02月18日 04:09
ダーク・シュナイダーみたいに魔術師としてありえない格好になっちゃうと後での説明が大変だよw
魔術師として特徴つけるならローブはもってこいの素材だと思う。
つけてるだけで魔術師っぽく見えるから便利だしね。
51. Posted by    2008年02月18日 04:27
まあ、最近の日本だと系統の種類に関わらず肌の露出が多くなるわけだが。
老人以外。
52. Posted by あ   2008年02月18日 04:45
精神活動の影響で魔法力が左右されるという設定なんだろうし、「束縛されていない」というイメージが大切なんでしょう。魔法使い自身にとっても。「心の解放」には「体もできるだけ自由に」ってことでしょう。逆に想像してみよう。悟りを開いた!とのたまう人がギチギチラバーのボンデージ着てるとこ。違和感ありまくる。
手から気が出易いみたいな設定を納得できるのも、手に「神経が行き届いていて色々できるイメージ」が強いからだろうし、イメージが魔法力の解放にも大事だから、イメージしやすいようにみたいなことでしょうね。
53. Posted by     2008年02月18日 04:53
昔は、
魔法使い=賢者=爺さん
だったから年寄りらしいローブを着てたんだろ。
精神力なんて後付設定だよ。
54. Posted by     2008年02月18日 05:39
魔法少女の衣装はRPG的にはどの程度のものなのだろう
55. Posted by    2008年02月18日 07:13
実在の魔術結社とかだと、
ローブのフードを深くかぶることで視界を狭くして集中すると同時に、個性をなくして役に没頭するために着るらしい。
派閥によっては全裸もある。だから鎧なんてもってのほかなんじゃないか?
56. Posted by M   2008年02月18日 07:18
管理人がグルグル好きなのはよく分かったからw

当時管理人は小学低学年では?もしくは小学生以下
57. Posted by     2008年02月18日 08:47
黒い魔術使えて癒しの術も使えて妖精の魔法も使えて、それでもってフルプレートとか着るのも当たり前のRPGを長年してきた俺からいわせてもらえば、お前らなんでそんな太古のゲームしかしてないの?ってとこだ。
58. Posted by     2008年02月18日 09:10
ルーンクエストは重量分、魔法の発動成功率が落ちるので魔法を主にしてるキャラは軽装の鎧の人が多い。重量計算が面倒だけれど秀逸なルールだと思う。

CRPGだとFF2がそんな感じだったりします。
両手武器持ってると魔法の成功率(デスとかトードとかが特に)が落ちます。
でも判りにくくて不評だったみたいね(^^;;
59. Posted by 名無し   2008年02月18日 09:20
米15
ネトゲをやらない人からすると、クラスより職業といったほうがわかりやすい
クラスだとグループ(学校のクラスなど)とかランク(Aクラスなど)を想像しちゃう
60. Posted by ネクタイ   2008年02月18日 10:21
サラリーマンだって、必要もないのにネクタイしめてんじゃん。それと同じだろ。
61. Posted by     2008年02月18日 10:37
昔RPGに出てくるジェラバってのがあって、何だろう?と思ってググったらもろに魔術師のローブめいた代物だった。
62. Posted by    2008年02月18日 11:26
ローブ=魔術師だけじゃなくね?
ローブ=聖職者、ヒーラもある
現代でいうとなぜ医者や研究者は白衣着ているだ?って事じゃね?
63. Posted by     2008年02月18日 12:37
アマゾンは
魔法先生ネギまか、ゼロの使い魔
だろう…常識的に考えなくても
64. Posted by       2008年02月18日 13:18
クラスを職業と訳したり言ったりするのは多分ドラクエの影響じゃない?
TRPGやってれば実際クラスと言おうが職業と言おうが理解できるから気にならないぞ。
65. Posted by     2008年02月18日 13:49
米32
実際その通りだったわけだが。魔女と決め付け拷問。認めなければ、拷問の末虐殺。認めれば魔女として虐殺。それを当時の支配層が面白半分、暇つぶし、信仰顕示などでさんざんやってたんだけどね。

アメ人に特に多いと思う(さすがに欧州の奴は知ってる)が、全く知らない、知ろうとしない、認めない奴結構いるよね。そのくせなぜかいつも上から目線w→でも底が浅くて笑いもの→逆ギレのループ。(俺と知り合いのアメ人、他外国人達との会話でのいつものパターンw)
66. Posted by     2008年02月18日 14:45
そんなのと知り合いのお前が哀しくて
67. Posted by     2008年02月18日 15:41
>>65
文脈を読み違えてたら申し訳ないんだが
アメリカ人が魔女狩り知らないっていうのは無いと思うんだが…
知ってる上で、あれは宗教のせいではなく集団ヒステリーだったとか、そんな解釈に持っていってるんじゃないの?
68. Posted by     2008年02月18日 16:25
スーツにマスクで武器が金槌なドロヘドロは…
69. Posted by    2008年02月18日 16:30
※65
それは過去の魔女狩り観だよ。
現在では魔女狩りは民間主導、被害者3万〜4万程度だと分かっている。
70. Posted by     2008年02月18日 17:07
>>65
魔女狩りを一番最後までやっていたのはアメリカ(ボストン)のはずだし、今では観光名所にもなってるんだから、まともなアメリカ人なら知らないわけ無いと思うぞ。
71. Posted by D   2008年02月18日 19:11
魔女狩りで思い出したけど、
あちらでもD&Dが宗教団体に攻撃されまくった
時期にそれをちゃかした漫画がありましたが
あれは腹をかかえて笑った覚えがあります。

まあ、少なくともD&Dを遊んでいるようなアメリカ人は魔女狩りも知っているし、現実の宗教を絡めたりはしないでしょうね。
72. Posted by なにかというと(ry   2008年02月18日 19:49
えーとタネを隠すのに便利なのでは(殴
73. Posted by     2008年02月18日 20:08
ここだけTRPGの話題でわらったw
ついでになんだかうれしくなったw
74. Posted by トンカス   2008年02月18日 20:57
TRPGってやってみたかったけど結局機会が無かったなあ。
75. Posted by 名無し   2008年02月18日 21:13
西洋人と宗教議論すると
キリスト教批判で魔女狩りを例に挙げると怒るヤツが
神道批判で踏み絵を例に挙げるのは納得がいかない
76. Posted by    2008年02月18日 21:35
それ以前に教会は魔女狩りには殆ど関与してないんだからその例自体がおかしい
77. Posted by     2008年02月18日 21:39
ローブの話に戻ると、あれは動きにくいところに意味があるんじゃないの?つまりそれが「他の職業と違って知的労働者だ。粗野な肉体労働者のように機能を追及しなくて良いのだ。」とアピールして彼らの自尊心を満たすという。
78. Posted by 名無し   2008年02月18日 22:26
米76
説明が不十分だった


どちらも宗教は関わっていないのに、踏み絵は神道が関わってた=神道は野蛮で排他的な宗教、と決めつける西洋人が多いってことだ
これも戦時中に「神道は邪教。天照は邪神」と教えてたことの名残なのか?
79. Posted by 名無し   2008年02月18日 22:33
米75を詳細を書きつつ修正

神道が踏み絵に関わっていたと言う西洋人に
「それはキリスト教が魔女狩りに関わっていたと言うくらい間違った話だ」と言ったら
「キリスト教と魔女狩りは関係ない!神道の踏み絵と一緒にするな!いい加減神道は踏み絵をやったと認めろ!」って怒り出した
80. Posted by トンカス   2008年02月18日 22:53
踏み絵に関わってたのは長崎奉行所や島原藩であり、あんまり宗教関係無いのにな。
神社関係が関わっていたという史実は、聞いたことが無い。
遠藤周作の「沈黙」(この小説の歴史認識そのものには問題があるが)にも、キリシタン弾圧に関わっていた仏寺は登場するが、神社関係はまるっきり出てこないのに。
どこからソースを得たんだろう。


戦中のアメリカや中国のクリスチャン関係者の神道バッシングは凄まじかったそうだから(宋美齢とか)、そこから出た流れかも知れんね。
81. Posted by        2008年02月19日 01:31
Wikipediaの「強制改宗」の英語記事を読む限りでは、アメリカでも「仏教徒(の日本人)によるキリスト教迫害」というとらえ方のようだぞ。

なんか違和感あるけどな。
82. Posted by っんん   2008年02月19日 06:18
ちょっと不快になるコメントが雑ざってると剥きになって罵倒反論する人がいるけど、やめましょうね。
そもそも彼等は思い付き半分で深く考えずに書き込んでるだけですからね半信半疑ながらも
例えば2ちゃんの糞レスにマジレスするのは馬鹿らしいでしょ、同じことですから
83. Posted by     2008年02月19日 08:25
米69
支配層の容認が無い状態で実行できたとでも? しかも中世に。

米70
だから言ってるんだよ。知らないはずないのに、知らない、認めないのね。上にある神道の話なんか典型だろ。自分で調べるって事を基本しない。白人の書いたもの、言った事が基本正しい。他は無視。日本人よりむしろヨーロッパの人間にかなり馬鹿にされてるよ。




84. Posted by    2008年02月19日 08:38
魔女狩りが起きた地域は支配者の権力が弱い地域だよ。
故に下からの突き上げを食らったらそう簡単には止められなかった。
逆に権力が強かった場所ではあまり発生していないし、権力者が自ら行ったという話はない。
まあ詳しくはノーマン・コーンの「魔女狩りの社会史」でも読むと良い(高いけど)
85. Posted by     2008年02月19日 08:45
そもそも「アンチ・キリスト」なんて言葉をことさらに使う奴がまっとうなキリスト教徒なわけないだろ。いつの時代の人間なんだよw
86. Posted by あ   2008年02月19日 09:21
話がズレてね?
87. Posted by     2008年02月19日 10:00
米84
その方が都合がいいんだろね。中国共産党みたいだ。一部の不穏分子ってやつねw

88. Posted by     2008年02月19日 17:39
※84
それはまだ読んでないけど『千年王国の追求』なら買った。ノーマン・コーンのなら読む価値があるな。
89. Posted by トンカス   2008年02月19日 19:18
>>81
江戸幕府の檀家制度だって確かに「強制改宗」ではあるw


しかしキリシタン迫害に関する英語記事、見事なまでに日本人奴隷貿易の史実が排除してあるなー。
遠藤周作史観と同じだ。
スコセッシが映画作るって言うけど、どうなるやら。

個人的にはキリスト教のもたらした惨禍は、狭義の民間信仰の女性薬師に対する弾圧に過ぎない「魔女狩り」なんかよりも、新旧教間の宗教戦争(特にドイツ三〇年戦争)と、ロシア東欧のポグロムと、南米のインディオ迫害に代表されると思う。
ちょっと信じ難いほどの数の人間が殺されてる。

スレ違いだな。スマソ。
話を戻すと、西洋風ファンタジーだと神官系と魔法使い系で女性の衣装が別れているけど、日本だと区別が無くて巫女服だねw
90. Posted by あ   2008年02月19日 19:25
陰陽師を忘れてもらっては困る
91. Posted by riko   2008年02月19日 19:41
そもそも、魔術師がいると言うのならば、いつもローブを着ているのでしょうか
実は魔法を使うときだけで、後は着替えている?なんて事はないのかな

だから、ローブを着ている時は、自分はもう魔法使いですよと、皆さんに知らせるために着ている
(なぜローブになったのかは、さっぱりわかりませんが)
92. Posted by     2008年02月19日 19:55
むしろ炎やら雷やら飛ばす魔術師と戦うのに
金属製の鎧を着ていたからといって防げるものなんだろうか
93. Posted by (・±・)   2008年02月19日 21:24
米89
西洋だと魔女と神官は対立関係にあり、魔女は民衆からも嫌われていたのに対し
日本では2つとも超人的な力を持つとして、民衆から尊敬または畏怖されていたので、分別されなかったのでは?
94. Posted by トンカス   2008年02月19日 22:40
>>93
欧州はドルイド教みたいな伝統的な民族宗教と、外来の世界宗教であるキリスト教が対立し、後者が前者を征服(殲滅or吸収)しちゃったからね。
日本に来た世界宗教は、仏教という緩やかな教えだったのが幸いしたというか。


そういや仏教系の装束の萌え美少女っていないなw
不思議だw
95. Posted by    2008年02月20日 00:42

最近の日本のアニメ・マンガ・ゲームだと
「最近の魔術師は格闘技も嗜まないと生きていけない」ってイメージがw

厳密には魔術師じゃなかったり、現代劇だったりするからってのもあるけど、
「魔術師=虚弱・頭でっかち」ってイメージは日本じゃ古臭いっていうか、お約束としてネタでいじられる段階までいってると思う
96. Posted by     2008年02月20日 01:11
>>89
>しかしキリシタン迫害に関する英語記事、見事なまでに日本人奴隷貿易の史実が排除してあるなー。

どうせ編集で加えても感情的な外人に差し戻されるしね。割と向こうの人間の方がWikiの編集合戦で「妥協しない」んだよね。
97. Posted by     2008年02月20日 02:09
>最近の日本のアニメ・マンガ・ゲームだと
>「最近の魔術師は格闘技も嗜まないと生きていけない」ってイメージがw

バトルメイジはオタが好む要素とご都合主義の塊だからね。
ロードスリプレイのときもあったし。
伝統と歴史があり特徴的なネタは、特にオタの間で中二病といわれるくらい氾濫してるしね。
吸血鬼とかさ。
私に言わせれば、過去の名作や歴史を知らない流行主義なだけなんだけど。
98. Posted by     2008年02月20日 02:21
今度のD&DではSwordmageっていう魔法戦士クラスが普通のクラスとして導入されるみたいだしね。
99. Posted by    2008年02月20日 10:58
魔術ってのは学問なんだろ?ジジイになるまで研究したから
魔法使いになれたわけだ。
大学教授のようなものだな。

筋骨隆々で金属製の鎧を着て暴れ回れる大学教授。
しかも十代とか二十代。

若さ、知性、筋肉。欲張りにもほどがある。
しかもオシャレにも気を使えだと!?
100. Posted by     2008年02月20日 13:02
米96
真性のキチだからね。そのくせ自分の事を、理性的で分別があり、客観的で博識だと本気で思ってるから。甘やかされ放題で育ったアダルトチルドレン。

101. Posted by     2008年02月20日 15:35
戦える魔法使いやりたいならシャドウランかアースドーンでもやりゃあ良いのにw
102. Posted by     2008年02月20日 18:49
魔法使いはまあインドアだよな
103. Posted by riko   2008年02月20日 20:20
定番といえば、魔女には猫
魔法使いもネコ派なのか?
個人的には犬のほうにがんばって欲しいのですが・・
でも、魔法使いに犬ってなんか似合いませんね

フクロウ?ドラゴン

ああ、フクロウにローブってなかなか良いかな
104. Posted by トンカス   2008年02月20日 20:30
>>96
ほんと妥協しませんよね。
なぜ世界中で緩い自然崇拝や多神教が、一神教に駆逐されてしまったのかよくわかるw
105. Posted by (゚ε゜;)   2008年02月20日 22:52
魔女とネコ、そしてキリスト教
これら全てが結びつくのは中世ヨーロッパのキリスト教徒による猫狩りだな
106. Posted by     2008年02月20日 23:25
スーツと同じで意味を着ているってのもあるんだろうね
なんか見た目的に権威がありそうだからとか
107. Posted by くま   2008年02月21日 00:54




お茶妖精さんネタに困ったら、これどうぞ。




http://jp.youtube.com/watch?v=54Z92Qur1fM
108. Posted by     2008年02月21日 01:35
その方が判りやすいからだろ
109. Posted by あ   2008年02月21日 01:42
米107
× ネタに困ったら、これどうぞ
○ 是非これをネタに記事を書いてください
110. Posted by    2008年02月21日 12:58
オーフェンは魔術師より、獣や平民や執事が最強だったりするしなw
111. Posted by     2008年02月21日 13:07
しかしギリシャ神話はよく生き残れたな
112. Posted by     2008年02月21日 16:21
トールキンも実は着ていた?
113. Posted by     2008年02月21日 17:31
バランスなんだよ
114. Posted by 2ちょんねらはおまえらが大好きなチョンと変わらんよ   2008年02月21日 17:52
>107帰れ
2ちょんから出てくんなよカス
115. Posted by     2008年02月21日 18:15
北欧神話(ゲルマン神話系)もおもしろいよ
116. Posted by つω-`。   2008年02月21日 18:56
*114何でファビョってんの?
117. Posted by     2008年02月21日 22:20
キモイな
118. Posted by     2008年02月22日 10:30
キモイというのは
「ククリちゃんのような天然ロリを手篭めにしたいよ」
のような奴のことだ
119. Posted by    2008年02月22日 10:41
ゲームの設定持ち出してくる奴多くてワロタw
120. Posted by        2008年02月23日 03:57
指輪物語でローブの色で魔法使いの属性を表現した。
D&Dがそこから装備制限としてマジックユーザーの鎧を不可にした。(といってローブというアイテムが明示的にあったわけではない。)
WizではローブはACを1下げる。
結局はゲームバランスの問題。ゲームの設定を持ち出すのは当然、
121. Posted by    2008年02月23日 08:45
※99
世界観にもよるだろ。
科学文明における機械と同じ扱いのものも多い。
作り出すのは専門家以外無理だが、既存の物を使うのは赤子でも出来るってやつな。
学問ではなく、その世界では呼吸するのと同じ事な感じのもある。

魔法が使えない人間が迫害される世界だってあるし。
122. Posted by     2008年02月24日 11:44
ドルイドなどの魔法使いとか魔女ってのは、キリスト教から見たら忌み嫌われる邪教だから、ローブとかで姿を隠すし、みすぼらしいイメージもある
123. Posted by 。   2008年02月25日 10:44
どうして魔術師の服装の話題から
西洋人の横暴が云々という話に繋がるのか、
理解に苦しむ。
ここの米欄は民度が低すぎるんじゃないか?
124. Posted by HHH   2008年02月28日 14:28
初期のころのWizardryの解説本には、メイジがローブしか装備できない理由として、身体能力が低いので軽いものしか身につけられないということと、暗いダンジョンの中で身体の線をぼやかして、実際の身体がどこにあるかわかりにくくするため(致命的な攻撃から逃れる確率を上げる)、という説明がなされていたな。
125. Posted by     2008年02月29日 16:14
米100
アダルトチルドレン意味勘違いしてる?
126. Posted by    2008年03月05日 13:28
ここまでマジレスなし…?

古代ローマの聖職者の服装がローブだったからだよ。
魔術師の原型は異教の祭司だから。

キリスト教=神官
異教=魔術師

という図式。このへんは新約聖書を見てると感覚として分かる。異教徒を罵倒するときに「この魔術師め!」という。
例えば、「キリスト教最大の異端」グノーシス派の創始者とされているシモンは、「魔術師シモン」と呼ばれる。誉めてるんじゃなくて、「キモヲタ○○」みたいな侮蔑のニュアンス。

「醜い姿を隠す」とか言ってる人は明らかな誤りで、ちとマズい。というのは、ローブそのものは古典古代の貴族の服装に由来しているから。
127. Posted by a   2009年05月21日 15:13
制作・デザインの観点から言わせてもらうと、画面構成というか「魔力」の表現として、ローブなどの裾を翻らせることで「見えない力が働いている」イメージを持たせる意味があると考えます。
128. Posted by redeionoizu   2011年03月06日 23:14
魔法使いは魔法の修行ばかりで肉体の鍛錬をしていないため、軽装の鎧類なども着れない、肉体を鍛えればいいじゃないかと言われれば魔法剣士やパラディンになるんじゃないのか。
129. Posted by A.R   2011年03月29日 05:22
魔法使いや超能力者には不思議な服をきてファンタジーっぽさを出してもらいたい。
赤ずきんチャチャみたいなやつね。
130. Posted by link   2012年04月04日 10:28
5 This can't have effect in actual fact, that's exactly what I believe. です。
131. Posted by 名無し   2014年02月17日 13:00
魔法使いって科学者のことだろ?
ローブは白衣みたいなもんだと思ってた。
白衣ってローブっぽいし。
132. Posted by すまいる名無しさん   2016年10月12日 21:25
ローブは錬金術師=科学者=学者=宗教家=祭祀の服だよ。
キリスト教徒のボスも着てるじゃんね。


中世以前は、学者・研究者・錬金術師=とにかく知識を探求する人は全部、知恵の神の恵みを受けるひと=下位の宗教家って扱い。高等教育機関の制服が祭祀服なのはそのため。


多神教の時代からだから、知恵の神の名前はバラバラだけど、だいたいは医学および魔術の神って感じ。有名どころだとイシス・スリス・ミネルヴァ・トート・エンキ。
水がある=神の恵み=宗教施設建立=人が集まり学校ができる、ってパタンが多いからか、水属性が多い。

学者がローブ着始めたのはたしか古代ローマより前だよ。いつからかは知らない。
シュメール以前なんて誰にもわかんないけど、すでに源流の土着宗教はあったみたいだしその頃からじゃね紀元前9千年とか。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon