2008年02月24日

海外漫画ファンの疑問『セリフ中の「・・・」ってどういう意味?』

・フキダシの中がピリオドで埋まってるものがあるけど、どういう意味?
・話がちょっと中断してる状態。恐怖や悲しい感情の意味もある。句読点のコンマにかなり似てるけど、あれより長くなる。
・びっくりしているんだよ。
・私もあの点々の意味を考えた事がある。
・end so onやso forthみたいな意味。
・キャラクターが考え事をしてたり、ぼうっとしてる状態だよ。
・驚いたり考え事をしてたり、あるいは不安にかられてる。
・キャラクターが相手の言葉にリアクションやコメントをとれないでいる。あるいは不快感やただの沈黙の意味もある。
・本の中で"..."が休止に使われるでしょ。あれに近いけど、日本語は上から下に書くからね。


えっ、英語にも「...」があるじゃん、と思いましたが、そうか、日本語のは縦書きだから違う風に見えるんでしょうね。やたら長いし。
これで思い出したのは「デスノートの・・・の部分をwwwに変えると」のスレです(笑)
モエ・アートコレクション デスノート/弥 海砂
モエ・アートコレクション デスノート/弥 海砂



fairypot at 21:40│Comments(145)

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2008年02月24日 21:44
……
2. Posted by 切な・F・精鋭   2008年02月24日 22:11
「・・・・・・」って「・・・」を2度重ねて使うのが正しい使い方。
3. Posted by 刀   2008年02月24日 22:20
その位察しろよ……
4. Posted by \(^O^)/   2008年02月24日 22:23
5. Posted by    2008年02月24日 22:28
ゴルゴ読ませたらどうなるんだ
6. Posted by     2008年02月24日 22:32
全く・・・
7. Posted by (∋_∈)   2008年02月24日 22:40
そのくらい普通にわかるだろ…常考
8. Posted by    2008年02月24日 22:42
最近きちんとした出版物でも「……」(三点リーダー)を
二つ重ねて使ってないものがあって違和感を
覚えないか?
雑誌ならまだしも小説でやられた日には……
9. Posted by    2008年02月24日 22:44
……………………………………
10. Posted by 名無し   2008年02月24日 22:44
文法や比喩表現がめちゃくちゃな携帯小説が書籍化する時代ですから
11. Posted by     2008年02月24日 22:48
こういう質問スレで
「……という意味だよ」ってすぐ返す奴の回答がことごとく微妙に間違ってるのは面白い
12. Posted by ん   2008年02月24日 22:51
今回はほとんどあってると思うけど?
13. Posted by 名無し   2008年02月24日 22:51
ほとんどあってる=微妙に間違ってる
じゃね?
14. Posted by    2008年02月24日 23:14
……たいした奴だ……
15. Posted by 「   2008年02月24日 23:15
「――ということで」
「……ということで」

「えっと――」
「えっと……」

この二つでもちょっと印象違うよね。
アメコミとかではこういう表現はどうなってるの?
16. Posted by 切な・F・精鋭   2008年02月24日 23:18
>>8
普通の人は気にしないんじゃいかな?
自作小説とか書き始めてから三点リーダの使い方とか知ったけど、それまでは全く気にも留めてなかった。周りの人に聞いてみても2度重ねることを知っている人は少なかったしね。
17. Posted by    2008年02月24日 23:34
海外には『間』ってないの?

アメリカなんかはお笑いの間っていうのは存在しないみたいだけど
18. Posted by     2008年02月24日 23:36
お笑いに例えれば、間とか空気があるけど言葉がない・・・って場合だよ。
19. Posted by 18   2008年02月24日 23:39
間の話題がかぶった。なんたる偶然……
20. Posted by    2008年02月24日 23:48
こういう記事を見てすぐ「海外には間ってのがないの?」
って言っちゃうのはどーよ。

なんか不当に貶めたいだけじゃないの?って気がする。
21. Posted by 切な・F・精鋭   2008年02月24日 23:58
アメリカのお笑いには「間」がなくとも、日本のお笑いには無い「ウィット」や「ユーモア」がある。
どっちが優れているというわけでなく、ただの文化の違いだな。
>>20もそう熱くなりなさんなって。
22. Posted by      2008年02月25日 00:09
※20
言いたいことは凄くよくわかるが……
でもまぁ、みんなそうだよ。
自分の尺度をまず一番にもってきて、そこで終わっちゃう……みたいな?
目くじら立ててもキリがないぜ。
23. Posted by     2008年02月25日 00:14
・・・が気になってストーリーが頭に入らないマンtガといえばコナン
24. Posted by    2008年02月25日 00:24
なん…だと…
25. Posted by あ   2008年02月25日 00:25
アメリカのスタンドアップコメディって、
片一方の眉をクイッとあげて
「ヘイ?この話どうだい、面白いだろ?」的な
笑い待ちの独特の間がある気が。
26. Posted by     2008年02月25日 00:32
横のものが縦になっただけでわからなくなるって
どんだけバカなんだよ…
27. Posted by     2008年02月25日 00:45
自作アドベンチャーゲームのシナリオ書いてるとものによっては

―― ←が綺麗につながらないときがある……
28. Posted by    2008年02月25日 00:51
……は、昔印刷技術の関係上
…を単体で印刷できなかっただけで
別に文法上の決まりで……を二つ重ねなきゃいけないわけじゃない
29. Posted by      2008年02月25日 00:53
※20
たしかにそーだね
それと翻訳サイトで日本マンセーコメントをよくみかけるけどあれもなんだかなぁって思うよ・・・
30. Posted by    2008年02月25日 01:01
小学生の頃、点は3の倍数で書けと教わったような…
31. Posted by 名無し   2008年02月25日 01:17
※20
「海外には間ってないの?」
これは明らかに他の人への問いかけ
自分ではわからないことを他人に聞いてるわけだ

それを「他国を貶めるつもり」だの「日本マンセーコメント」だのと受け止めることは
双方の気分を悪くするだけだと思うんだが
32. Posted by       2008年02月25日 01:28
※20
卑屈になりすぎ
外人がセリフ中の「・・・」という日本ではおなじみの手法について疑問を持ってるから
「もしかして海外に間という概念がないのかな」
と逆にこっちが疑問に思うのは普通だと思うが

多くの人が面白がってるのは文化の異差でしょ
このフォーラムの外人然り
33. Posted by    2008年02月25日 01:29
バキ―――、……………、――――――、…………………………
飢狼伝……、‥‥

結論、どっちにしろ日本語を越えた
34. Posted by     2008年02月25日 01:47
よく海外の小説サイト読みに行くけど、
結構「……」とか「...」使ってるけどな。
35. Posted by     2008年02月25日 02:06
フフフ…このグランゾンには造作も無いことです…
36. Posted by 8   2008年02月25日 02:34
>>16
一般のひと(書かないひと)が知らないのは
別にいいんだけど、文書いて生活してるひとが
知らないのはどうなんだろう、
と作者に不信感をもってしまうんだ。

>>28
そうだったのか!
じゃあもう個人の感覚の問題なんだな
37. Posted by    2008年02月25日 03:14
米25
>アメリカのスタンドアップコメディって、
>片一方の眉をクイッとあげて
>「ヘイ?この話どうだい、面白いだろ?」的な
>笑い待ちの独特の間がある気が。

私の場合、この「どや顔」にイラッとして素直に笑えないw


「……」の意味を読み取れないってのは、
漫画のファン層が若いせいもあるかもよ。
行間を読むのに慣れてないというか。
活字慣れしてないというか。
38. Posted by あ   2008年02月25日 03:41
何故理解できないのかと小一時間
39. Posted by トンカス   2008年02月25日 04:09
海外のNarutardとかは、英語の活字に触れる前にアニメや漫画に触れてるみたいな感じだしなー
年長のアニメオタクからそんな感じの批判があった。アニメや漫画も素晴らしいが、もっと活字も読むべきだと。
40. Posted by     2008年02月25日 04:34
「デスノートの・・・の部分をwwwに変えると」見て腹筋壊れそうになったw

「…」で”間”が表現されてるんで、それが結構重要なんですな。
漫画において読み進めるのをワンテンポ遅らせる手法って「…」使う他になかったりするし。
41. Posted by    2008年02月25日 04:44
フランスのセリーヌという作家の小説には、異常なほど大量の「……」が出てくるから、別に日本特有の表現ではないはずだが。
42. Posted by     2008年02月25日 04:48
三点リーダを六つ並べただけのセリフが多発しているスパロボ
43. Posted by あ   2008年02月25日 08:10
じゃあ鰤の代名詞
「何・・・だと・・・」の意味よくわかってなかったのか
44. Posted by     2008年02月25日 08:15
まあそもそも、よくわかってる連中は特に発言しなかったりしますしね。
45. Posted by     2008年02月25日 08:40
・・・・・・・
46. Posted by     2008年02月25日 10:26
音や声が自然にもしくは故意に途切れた状態と捉えている。
呆れて声が出てこないとか、いいたいことはあるけどあえて無言で見つめることで「目で語る」状態を生み出しているとか、あるいは……
47. Posted by    2008年02月25日 11:19
>日本のお笑いには無い「ウィット」や「ユーモア」

んなわけねーだろ
48. Posted by 切な・F・精鋭   2008年02月25日 11:39
>>47
すまない、こちらが言葉足らずだったね。
日本のお笑いが「間」を重視し、米のお笑いが「ウィット」と「ユーモア」を重視しているってこと。
どちらの国のお笑いにも当然、「間」も「ウィット」も「ユーモア」もある。
49. Posted by     2008年02月25日 12:20
いや、でも漫画だよ? 絵も前後のストーリーもあって、「・・・」ってなってりゃわかるだろ。それでもわからなきゃ、外国には間という概念が無いのかって話になるわな。


50. Posted by     2008年02月25日 13:50
投稿者の大半は精神年齢が低かったり活字離れがすすんで文章の理解力が低い青年だったりすることを忘れて「外国」の人々全体を一括りに扱ってはいけないだろうけどな。
映像作品ばかり見ていては能力が育たない。
51. Posted by     2008年02月25日 14:27
ところで「・・・」が漫画や小説で使われだしたのっていつぐらいからなんだろ
もしこれが昔からの手法じゃなく漫画で初めて使われだしたものなら、海外で漫画に触れてこなかった人が疑問に持つのは不自然なことじゃないと思うし
52. Posted by     2008年02月25日 15:27
明治時代からあるのは知っている。
53. Posted by    2008年02月25日 15:30
ざわ…
   ざわ…
54. Posted by     2008年02月25日 16:20
※52
正確な時期までは分からないけど、意外と古いみたいだね
そもそも「・・・」だから、ただの記号に見えるけど、
元々は筆でちょんちょんて書いてたもので、それだったら
古い書物とかに普通に使われてたの俺も見た覚えあるしね
55. Posted by    2008年02月25日 17:13
マンガだと
セリフの文章量そのものが
「そのコマに留まって見る時間」として機能するので
考えて描いてる作家はそれを演出に使うわけです
沈黙する時間の長さを・・・で表すことで
そこに時間が生じているんだよね
「沈黙してる」というアイコンだけではなく、
演出上の技法でもあるわけ
56. Posted by      2008年02月25日 17:41
こんなことじゃあ、松本零士の「どぱぴぷぺ」なんて擬音は正確に伝えるのは難しいな
57. Posted by ななしさん   2008年02月25日 18:27
静かさをあらわすシーンという擬音にみられるような、静寂をよく使うのは日本独自なのかもね

アメリカなんてラピュタで竜の巣発見時の音がない部分に、勝手にBGM付け足して流したとか言うもんね
58. Posted by パヤパヤ   2008年02月25日 18:44
アメリカ版ナウシカこと風の戦士達と比べればどうってことはない
59. Posted by     2008年02月25日 19:11
自分も小学校低学年の頃、「・・・」の意味がわからなかった。周囲の大人に聞きまくってた。
誰かに教わったか、辞書を見たかで「本当はせりふを言ってるがそこは読者の想像に任せる」的な説明をされて、その部分は自分で勝手に想像してアテレコしてた時があった。
「・・・」が多用されるマンガをよく読むようになってやっとそのニュアンスを掴んだ。
だからこの疑問に思う気持ちはよくわかるなあ。
60. Posted by      2008年02月25日 19:12
福本漫画よめねえなこれじゃ
読まないか

最近…じゃなくて・・・と書く奴が多いような気がする
61. Posted by ごるごた   2008年02月25日 19:35
ゴルゴ13の「・・・・・・」には万感の意をこめてるってさいとう氏は言っているから・・・・・を理解できない外国人ではゴルゴ13を100パーセントは楽しめないな
62. Posted by トンカス   2008年02月25日 20:12
>>51
個人的に……や――を多用してるので知ってるのは、芥川龍之介の「神神の微笑」。1922年らしい。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/68_15177.html

「――しかしこの国の風景は美しい。気候もまず温和である。……」
「御気をつけなさい。御気をつけなさい。………」


多分もっと古いのはある。誰か探してw
この時代は句読点の後に……を置いたんだね。

>>54
古い書物だと、反復記号(「く」を長くしたような)がかなり多用されてるのが特徴だね。
「……」や「――」も見た覚えがある。
63. Posted by     2008年02月25日 20:24
中学の頃国語の先生に
原稿用紙の1マスに「…」を入れて
それが2つセットになった「……」が正しい使い方だと教わったんだけど
実際どうなのよ
64. Posted by あ   2008年02月25日 20:29
逆に「――」の意味が気になってきた。
いや、だいたい感覚はわかるんだけど
いざ言葉にして誰かに説明しようとすると、どういう表現にすればいいんだろう。
65. Posted by トンカス   2008年02月25日 20:29
>>63
小説や記事などの原稿を書くときには、三点リーダーふたつが作法だよね。がいしゅつだけど。
66. Posted by     2008年02月25日 20:45
外国人じゃなく日本人で、生まれつき耳が聞こえなかった人の話だけど
漫画で「シーン」と描かれているのを見て、
そういう音がしているんだ、とずっと思ってたそうだよ。
沈黙を表現しているのだと知ってからも、
そもそも騒々しい状態と静かな状態の違いが分からないわけだから、
知識をもってそう解釈するしかなかった。

こういう文化比較的な記事をよく読んでると
思いもかけなかったところで自分の当たり前と思ってたことを
ひっくり返されるから、このエントリからも
「外国ではこういう感覚はないのか?」って反問が出るのは
見下してるわけでもなんでもないと思う。
67. Posted by あ   2008年02月25日 21:07
ちょっと主題からそれるが、
静寂を音で表したのが手塚治虫が最初だと思い込んでいる奴を
たまーに見かける。
68. Posted by     2008年02月25日 21:24
「……」の使い方が分からなかったぐらいでそこまで言う必要はないだろ
69. Posted by い   2008年02月25日 21:35
だってこんな簡単なこと分からないんだから貶されてもしょうがないだろ
っていうか、普通に日常生活送ってりゃわかるだろw
70. Posted by     2008年02月25日 21:36
37>>私の場合、この「どや顔」にイラッとして素直に笑えないw

欧米人は眉毛の動かし方で発話意図を表すんだよ。真面目な話ですよとか、皮肉ですよとか、笑い話ですよとか。
これをやらない日本人は、向こうの人から見て、何を考えているのか分からないってのは、この意味では正しい。
71. Posted by 砂きのこ   2008年02月25日 21:52
…や―を2重に書くのは直筆原稿の場合、…と―を編集者?とかが見間違えるから2重に書くことになったと聞いたけど…ガセかもしれん
72. Posted by      2008年02月26日 00:44
>>67
>静寂を音で表したのが手塚治虫が最初だと思い込んでいる奴を
>たまーに見かける。まさに

ちがうの?
テレビで「シーン」を初めて使ったのは手塚って言ってて、
普通にそうなんだーと思ってたけど。


>>77
>欧米人は眉毛の動かし方で発話意図を表すんだよ。

へー、そうなんだ!
日本人の場合は、そんなに眉毛動かせない人が多いから、
眉毛で表現はできないよね。
それとも、やらないからできないのかな…?
73. Posted by あ   2008年02月26日 00:54
日本人の場合は表情全体や声色を変えて意図を表すことが多いと思う
74. Posted by      2008年02月26日 01:11
>>66
本当に静かな時耳がシーンってならない?
昔からずっと不思議だった
75. Posted by     2008年02月26日 03:21
※29
↑ちょっとでも日本を褒めるとすぐこう言う人が一人は出るよね。
自虐的な人より全然いいと思うけどなぁ、他国を貶してまで褒めんでもえーけど。

海外では縦書きの書籍とかないのかなー
中国は縦書きだよね多分
日本だとケータイ小説が横書きだが…
あ、純粋な疑問なんだけどダメなのかねw


76. Posted by    2008年02月26日 03:35
いや、マンセーって「盲目的に礼賛してる」ってことを言ってるわけでしょ。
日本を正当に評価してる分には問題ないわけで。
私は、29の意見には共感するよ。
マンセーの対象が日本だろうが、それ以外のものだろうが同じ。
マンセーする人は痛い。
ジャニヲタとかと変わらないよ。

自虐的な人も確かにどうかと思うけど、
批判的な見方ができるという意味では、
マンセーする人よりは賢いと思う。
77. Posted by トンカス   2008年02月26日 03:50
「批判的な見方ができる」方が「賢い」と思うのは、典型的な厨二病の症状だと思いますですよw

賛美であろうが批判であろうが、「賢い」か賢くないかは純粋にその内容によります。
だいたい意見が「賢い」かどうかなんてのは、さほど重要なファクターじゃないでしょうに。
自分の考えるところを言えば良いだけです。
78. Posted by 名前   2008年02月26日 04:08
抜く・・・・・・か・・・
それとも、居合い・・・・・・か・・・
79. Posted by b   2008年02月26日 04:32
ジャニヲタをひとくくりにして盲目的に礼賛してる例として出すのも盲目的な批判の気がするけどね。
盲目的な礼賛と盲目的な批判を閲覧者視点で比べたら
頭が良い悪いは別としても、気分が良い悪いでは後者が悪くなることは確かだね。

まあ、過剰なのはどちらにしても控えましょうということで。
80. Posted by     2008年02月26日 05:22
あまり多用しすぎると……
凡庸な無口キャラになりさがる罠……
81. Posted by まめ   2008年02月26日 06:47
ところで65の
>がいしゅつだけど。
に突っ込んでは駄目なのであろうか…いや……
82. Posted by     2008年02月26日 08:20
※59
> 本当はせりふを言ってるがそこは読者の想像に任せる
なんだかとても合点がいった。すっきりした。
聞き取れないつぶやきとか、口に出さない言葉、
という解釈もよさそうな気がする。

ゴルゴの「…」は、なにか考えているのだろうと想像できるけど、
なんとなく釈然としなかったんだ。

ところで、「…」をすべて「カニ食いてえ」に替えた
ゴルゴのコラ画像が面白かった。
もともと考えているフリだかなんだかわからないんだものw
83. Posted by     2008年02月26日 08:41
>>50
ソースプリーズ。

>>70
で?



84. Posted by     2008年02月26日 09:59
そのうち草(w)にも正しい使い方、意味なんかが
出てくるかも知れんね。

w  微笑み
ww  含み笑い
www  通常の笑い
wwww  爆笑
wwwww〜  vipper(笑)  とか。

俺のwのイメージはあくまでも声を出さない含み笑い的なものだけども。
85. Posted by 名無し   2008年02月26日 10:12
米76
米29は米20に同意してるわけだから
「海外には間ってないの?」という疑問を「外国を貶め日本を盲目的に賛美する発言」と捉えたわけだ
そしてそれを『日本マンセーコメント』認定した

マンセーコメントが不愉快なのは同意だが
「海外には間ってないの?」←これはどう考えても純粋な疑問だろ
米20と米29は『盲目的な批判』と呼べるんじゃないか?
86. Posted by     2008年02月26日 11:25
米84
俺のイメージは、何でも日本人のまねをするチョン。


87. Posted by     2008年02月26日 11:30
*70
くそ面白くも無い、先の読める笑い話とやらをされた後、眉毛を動かされた私はどうしたらいい? ちなみにおもしろくもないので無視したら、それこそ日本人はユーモアのセンスがねーなーみたいな、肩すくめたリアクションされたよ。


88. Posted by (℃   2008年02月26日 12:31
※87
ジョークか皮肉で返せば?
89. Posted by     2008年02月26日 13:56
*88
なんでてめーら毛唐は、くそつまらない話を得意気にしゃべるんだ? 脳みそ腐ってんのか? 地上から消えろ。

という内容がうまく伝わるジョーク、皮肉とやらを教えてください。日本語で問題なし。


90. Posted by コピペ   2008年02月26日 14:22
HAHAHA!ナイスジョーク!ナイスジョーク!
君はセンスがいいな。僕にもジョークを一つ教えてくれないか?
つまらないジョークに返す面白いジョークが今すぐ必要なんだ
91. Posted by 早速使ってみる   2008年02月26日 14:36
※90
HAHAHA!ナイスジョーク!ナイスジョーク!
君はセンスがいいな。僕にもジョークを一つ教えてくれないか?
つまらないジョークに返す面白いジョークが今すぐ必要なんだ
92. Posted by g.a   2008年02月26日 19:08
ゴルゴは「無駄口を叩くのは馬鹿」と思ってるだろうし、長門は何も考えてない。
93. Posted by h   2008年02月26日 19:45
5 マンガをイタリア語に翻訳しているイタリア人女性のインタビューで、「シーン…」などの静寂を表現する言語は世界でも日本にしか存在しないと言ってたな。
94. Posted by     2008年02月26日 20:50
和訳された洋書によくある「そのまま街角の酒場 ―くたびれきった看板と切れたネオンに躊躇したが― に向かう事にした」っていう「――」の使い方のほうが気になるw

95. Posted by riko   2008年02月26日 21:01
知りませんでした 三点リーダー
勉強になりました

でも、これって無意識使用なので改めて意味を考えると何だろう?
状況により内容も変わると思うし
なかなか難しいですね
96. Posted by あ   2008年02月26日 21:51
正確には「静寂」そのものを便宜上ただ記号として「シーン」に置き換えて表現しているだけというんじゃなくて、耳の中の血流だのなんだのの音「シーン」を書くことで、「そんな小さな音しか聞こえないくらいの静寂」ということをあらわしてるんだよね。

前にもセミの声がうるさいとかいう記事でこんなこと言った気がするけど、
「セミの声だけが聞こえるという状況をあらわすことで、他に何も聞こえないという寂しい哀愁の情景、という表現を助けている」ということですね。

こういうのも背景や成り立ちやその文化で育った人の心理を知ってないと、表面だけではわかりづらいだろうし、「…」も同じことじゃないかな。
日本人は「はっきり言わずに濁らせる文化」が色濃いし、「白黒はっきり言う」の文化の人には「…」の多用は理解しづらいのかもね。
97. Posted by      2008年02月26日 22:52
>「本当はせりふを言ってるがそこは読者の想像に任せる」的な説明をされて

これはヒドイw
何が「本当は」だw
任せるなw
98. Posted by トンカス   2008年02月27日 00:52
>>94
あー、ありますね。そういう翻訳文体。
なんだろ。関係代名詞部分を翻訳する過程で、無理にねじこんだのかな。
99. Posted by     2008年02月27日 05:47
>>98
>関係代名詞部分を翻訳する過程で、無理にねじこんだのかな。

多分そうでしょうねぇ。
非限定用法の関係代名詞節だと、ちょっと無理な文体だけど、途中にねじ込んじゃった方が意味が通りやすいんじゃないでしょうか。
もちろんその文の内容によるでしょうけど。



前に、宮部みゆきの『火車』を読んだときに
こんな様な文体が結構出てきて、「何だ…?」
と思いましたが、彼女は他の小説でもそうなんでしょうか。
日本語のネイティブスピーカーですよね、彼女は?
100. Posted by     2008年02月27日 08:57
*90
怖いくらいつまらんな。内容も表現できてないし。君も消えるか?

101. Posted by 名無し妖精   2008年02月27日 11:45
社交性がない上に気が短いヤツは何やっても無駄
102. Posted by あ   2008年02月27日 14:56
>君も消えるか?
ワロタwwww
103. Posted by トンカス   2008年02月28日 00:05
>>99
ハードボイルド小説とかは、そんな文体の人は結構いますね。
英米翻訳小説っぽい雰囲気造りなのかなあ。
読むときちょっとひっかかる。


まあ、最近児童虐待自慢ブログで話題になった日本国籍じゃない某芥川賞女流作家だって、ネイティブの日本語スピーカーではあるらしいですしw
あの人の小説、文体そのものはまともですが、あちこちで滲み出る異質な価値観に違和感を強く感じて、精神的にひっかかるところがやたら多くて読めないんですよね。
エイリアンが人間のふりをして書いてるような感じ。
104. Posted by     2008年02月28日 00:54
沈黙の表現がない言語なんて、0の概念がない数学みたいなもんだと思う
105. Posted by     2008年02月28日 18:04
管理人って2ちゃんねらーだったんだな。ちょっとショック。
106. Posted by      2008年02月28日 20:03
>>103 トンカスさん
へぇ、ハードボイルドはそうなんですか。
村上春樹なんかも翻訳みたいな文章書きますよね。
私もちょっと引っかかります…。
美しい日本語で書いてほしいものですね。

>児童虐待自慢ブログ

あれは相当ひどかったですね。
もし本当に虐待してなかったとしても、
彼女の人格がひんまがっていることは
間違いないでしょうw
そういえば以前にも小説で知人のプライバシーを侵害して訴えられてましたっけ。
107. Posted by     2008年02月28日 20:36
>児童虐待自慢ブログ

あれが彼女のスタイルだとかいう意見をネットで見かけた時には正直呆れた。
108. Posted by あ   2008年02月28日 22:50
米105
まとめブログを見てるだけかもしれん
109. Posted by トンカス   2008年02月29日 00:11
>>106
ハードボイルドの有名どころだと、矢作俊彦なんかもずいぶん翻訳調かも。
さすがに関係代名詞節をそのままねじこんだような文章は書いてなかったと思いますが。


>>小説で知人のプライバシー
あの人らは、同じ民族で延々と泥仕合をはじめますからねえw

>>107
変な擁護者が涌いてきますよね。
110. Posted by MTWTM   2008年03月02日 16:26
>>106

・そのまま街角の酒場 ―くたびれきった看板と切れたネオンに躊躇したが― に向かう事にした。
・くたびれきった看板と切れたネオンに躊躇したが、そのまま街角の酒場に向かう事にした。
・そのまま街角の酒場に向かう事にした。くたびれきった看板と切れたネオンに躊躇したが。

勿論次に言う事は理解して言っているのだろうが、上に示したように、同じ意味の文でも、入ってくる言葉の順序によっては時間感覚、主人公の思考の癖等の微妙な情感の部分が異なってくる、ある意味では技巧的な部分。

もし、理解していなかったのなら、美しい文章を読みたいのなら論文を片っ端から読んでいく事をお勧めする。少なくとも小説なんぞよりは正規の文体で構成されているはずだから。
111. Posted by     2008年03月02日 17:59
こうして別の言語の人から疑問などを投げかけられることによって、日ごろ意識せずに使っているようなさり気ない表現について深く考える。
言語について深く考えるのって、民族性や歴史も垣間見えて楽しいですね。
112. Posted by アブラヒモビッチ   2008年03月02日 19:41
白人に馬鹿にされると韓国人を持ち出してたたく日本人哀れ
113. Posted by     2008年03月02日 20:26
米112
監視任務ご苦労。日曜なのに大変だね。頑張って。


114. Posted by 112   2008年03月02日 22:23
>>113
俺はたまにしかこのサイト来ないんだけど。
それと俺韓国人じゃないからね。
韓国の工作員は実際居るかもしれないけど俺は違う。
ここのコメントの流れ見てそう思ったから書き込んだだけだ。
それから監視してるのはどっちだよ。
俺が書き込んだとたんコメントつけてきたそっちの方がよっぽど怖い。
最後に、内容についての反論は無いの?
115. Posted by 友達からのお付き合い   2008年03月03日 23:31
2時間半しか間もないのに、たまに、とはこれ如何に。一回目の書き込みだったら、たまたま40分後でも二日後でもありうる事だろうが、二回目は作為的すぎるのではないのかな。
それと、白人、韓国人、日本人などと一括りにして物事を語ることは賢い者のすることではないね。そのどれに対しても失礼であって迷惑だ。確かに、白人にコンプレックスのあるアジア人や極東を軽視、蔑視する白人もあるだろうが、それらは余程の事がなければ唾棄すべき野蛮な人種なのであって、君のような高潔な人種とは共にあるべきではないだろう。憎むべき物にそれと同じ手法でもって争うことは傍から見ていて馬鹿らしいし、醜悪で気分の良いものではないのだからね。
ついで、ここはコメント欄であるからただコメントをすればよいのであって議論を展開する必要はない。君のつけたような只そう思ったから書いたというだけの物に対しては特に。
116. Posted by     2008年03月04日 22:04
エロゲは場面転換に「……」使いすぎ

「……………………」
 ▽
「……………」
 ▽
「……」

みたいなw
これがないとスムーズに場面転換できないという
強迫観念があるんだろうが、そんなの作者の思い込み。
読み手にとってはウザイだけ。
117. Posted by     2008年03月05日 12:02
>>110
>時間感覚、主人公の思考の癖等の微妙な情感の部分

なるほど、主人公の思考の癖を表すのは気付いてませんでした。でも、主人公も大抵の場合日本語で思考しているので、やはり訳文調だと不自然に感じます。
やはり、無理にねじ込まず、自然な文体にして欲しいと個人的には思います。文を二つに分けることもできる訳ですから。
まぁこの辺は個人の好みの問題ですかね。美しい日本語で、というのは言いすぎたかもしれません。

>美しい文章を読みたいのなら論文を片っ端から読んでいく事をお勧めする。少なくとも小説なんぞよりは正規の文体で構成されているはずだから。

論文を美しい文章だと感じたことはあまりないですねぇ。正規の文体ではあるでしょうけど、それ以上でも以下でもないです。しかも、悪文にあたる確率は、おそらく小説よりかなり高いでしょう。論文の場合、内容が良ければ文章の良し悪しは二の次ですから。
118. Posted by    2008年03月05日 15:47
論文は正規の分云々よりも前提と過程と考えをいかに書くかに集約されるから別に美しくもなんともないと思うなぁ。
話変わるけど、なんでマガジンだけ2点リーダが多いんだろうか。
正直どうでもいいと言われればそれまでなんだけどね。
119. Posted by     2008年03月24日 02:01
・私もあの点々の意味を考えた事がある。

これってものすごく大切なことだよね。
120. Posted by     2009年01月12日 17:10
深々と、の略だと認識してた。<シーン
死ぬほど遅レスだがw
121. Posted by biolabs game   2012年01月03日 04:28
シアーズCA旅行
122. Posted by al ahram cars   2012年01月04日 11:03
キガリルワンダへの旅
123. Posted by laptop skin lenovo   2012年01月11日 11:58
旅行現金前貸し
124. Posted by laptop battery download   2012年01月12日 14:23
トラベルケースシーゲイト
125. Posted by create notebook dell   2012年01月14日 04:35
トラベルインブリュッセル
126. Posted by scwcd logo download   2012年02月13日 15:47
旅行代理店jepang
127. Posted by san diego car rentals   2012年04月02日 11:19
サウスオール旅行0208
128. Posted by Millionaire Game   2012年05月23日 07:26
旅行エージェントジャクソンハイツ
129. Posted by vm31bstidll download   2012年05月25日 01:44
キガリルワンダへの旅
130. Posted by オークリーサングラス   2013年05月20日 09:17
g/n/ac)、赤外線通信、Bluetoot
131. Posted by レイバン 店舗   2013年05月22日 10:42
794レイバン 店舗曲が収録決定チケッ
132. Posted by レイバン 店舗   2013年05月26日 00:50
披露された、彼女た
133. Posted by レイバン ティアドロップ   2013年05月30日 18:22
3750レイバン ティアドロップ月13日(月
134. Posted by オークリー モンスタードッグ   2013年05月31日 02:16
以南が主な自
135. Posted by 楽天 トリーバーチ   2013年06月03日 18:33
ト「うまいもん便」、またはさいか屋の「フリーチョイス直行便」のいずれかが
136. Posted by モンクレール ベスト ダウン   2013年06月09日 10:26
い」と語った。 同美術館では新作の公開を記念し、
137. Posted by モンクレールコート   2013年06月14日 00:07
績だった。ブルージェイズは6─10で敗れた。マリナー
138. Posted by モンクレールダウンコート   2013年06月14日 14:09
んでいた。その他、車の人気投票や、チャリテ
139. Posted by モンクレー アウトレット   2013年06月15日 10:21
ートも開く。チケットは当日券4500円。 問い合
140. Posted by バーバリー アウトレット   2013年08月01日 16:35
ブランド横断で、バーバリー アウトレット
141. Posted by モンクレール ダウン 激安   2013年10月17日 15:28
円の黒字)、経常利益は6億73
142. Posted by モンクレール アウトレット   2013年11月05日 23:18
のネットワークは、物語は、娼婦と幅広くたんす豊かな復古刺繍と優雅な削減,モンクレール アウトレット.という、一時期の輪郭と修飾提供より具時代感の外観のLehengas、Kalidars、のKediyaジャケットのDupatias意味完全に覆われVEIセクシーな様子,モンクレール 2014 秋冬 レディース.
143. Posted by モンクレール ダウン メンズ   2013年11月13日 23:06
. 加工の細い点と赤のパイプライン、赤紫/ジャケットファスナーポケットと灰色遮断双乳腺ショートジャケット </p>仕事桑杰色調中性のベージュ、目をグレー、栗色、企業も注目のピンクシーズンの到来に創造革新の男装を見て
144. Posted by 水着 フィットネス   2013年12月09日 15:31
ジクーを予定し
145. Posted by 【マ行】コスプレ衣装   2013年12月20日 17:00
年配俊前P1日俊配1年配

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon