2008年03月13日

海外の漫画ファンの疑問「漫画家が死んだら途中の作品はどうなるの?」

・あらかじめ最終章を渡してあるの?それとも単にやめちゃうの?
・たぶん死の状況によるだろう。病気や老化なら漫画家(manga-ka)は早めに作品を終わらせようとするだろうし、自然死でないなら彼らにもどうしようもない。
・そういう例があるのか知らないけど、やっぱり死に方によるだろうね。事故とかなら作者と一緒にそのシリーズも終わるしかない。彼らの創作だから出版社も他の人に描かせたりしないだろう。推測だけどね。
・突然の死なら終わるだろう。ただし、同人作家(doujin-ka)が終わりを描くと思う。作者が死期を悟ってるなら終わらせるだろう。最終章をあらかじめ用意できるとは思えない。毎週や毎月の仕事で精一杯なんだから。そもそも最終章のためにはそこまでに至る章が必要で、作者が全部を用意しているなんて事はありえない。
・手塚は死の床でも描いていたらしいね。
・アメリカンコミックのHagar the HorribleやBlondieは会社が作者を変えたよね。確かあれは作者が亡くなる前だったと思う。もし漫画家が死後も作品を続けたいならそれを伝えておくだろう。でも、漫画ってすごく個人主義的(individualistic)なものだからそれはないと思う。
・作者の家族が管理しながら他の漫画家が続ける場合もある。トリニティブラッドに関してそんな話を聞いたけど。ベルセルクが終わる前に三浦が死んだら街中で暴動が起きるだろうね。
・作者が死んで未完といえばサイボーグ009があるね。本人がファンにすまないと思ってるかはわからないけど、彼らの無念さを思うと悲しくなる。
・Battle Angel Alita(銃夢)はそういう問題が起きたよね?木城ゆきとが病気になって漫画を9巻で終わらせたけど、復活してLast Orderを描いたとか。ベルセルクに関しては私も考えた事がある。三浦さんが亡くなる事よりも作品の続きが気になりそうだ。幸い、日本は世界一の長寿だけど。
・ドラえもんも良い例だ。70年代から藤子・A・不二雄が描き始めたけど、98年に亡くなっちゃったんだよね(たぶん勘違いしてる>訳者)。続編が出るって話は聞いたことがない。
・あるシリーズを日本で5巻まで読んだけど、3年経ってもまだ6巻が出ない。作者が死んでるかどうかもわからない。あと、尾田(ワンピースの作者)の身に何も起きない事を祈るよ。アレのせいで暴動が起きるはず。
・なんだかプリンセスチュチュの物語を思い出すね。
・Peanutsの作者チャールズ・シュルツの死後、彼なしで映画を作った話を思い出した。プレヴューだけでもゴミのようだったね。作者が死んだ後はどんな作品もうまくいかないだろう。
・イタズラなKISSの多田かおるも亡くなっちゃった。アシスタントは未完のままにしてる。(アニメで完結させる事が最近決まったようです>訳者)
・↑そのままにするのが作者への敬意だと私は思うよ。


上記にあるHagar the HorribleやBlondieというコミックはウィキペディアによるとどちらも作者の息子さんが仕事を継いだようです。ただし、Blondieの場合、息子さん(Dean Youngという人)と一緒にJim Raymond, Mike Gersher, Stan Drake, Denis Lebrun, John Marshallなど色んなアーティストが協力してるとあります(私にも何がなにやら・・・)。
こんな風にアメコミは分業制なので作家が交代するのもありですが、漫画はそういうわけにいきませんからね。無事に完結するのを祈るしかないです。ねえ、冨樫先生?
「ピーナッツ」(スヌーピーの出てくる新聞漫画)の作者チャールズ・M・シュルツ氏はガンを宣告されて仕事を引退し、最後に描き上げた最終回が新聞に掲載されるその前日に亡くなりました。彼の素性をくわしく知りたい人は↓の本で。
スヌーピーと生きる―チャールズ・M・シュルツ伝
スヌーピーと生きる―チャールズ・M・シュルツ伝
電車の中で読んでたら小学生に「スヌーピー!スヌーピー!」と言われて焦った。

fairypot at 20:34│Comments(117)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2008年03月13日 20:39
ソースはこちら。
http://www.animenewsnetwork.com/bbs/phpBB2/viewtopic.php?t=22401&postdays=0&postorder=asc&start=0
2. Posted by     2008年03月13日 20:41
石川賢のゲッターロボは・・・
3. Posted by     2008年03月13日 20:55
インディヴィジュアリスティックとな
4. Posted by     2008年03月13日 20:59
009は何回も最終回があるみたいな漫画なのであまり気にならないかな。ドラえもんのような漫画も未完というのはしっくりこない。人気作が作者急逝で突然終了というのは多田かおるの例ぐらいしか私は思いつかないですね。手塚漫画なんかでも未完はあるけど、作者急逝で突然、ってわけじゃないし。

そういえばエロ漫画かなにかでおびで作者急逝を謳ってたものがあったような。変な売り方するなよと思いましたw
5. Posted by     2008年03月13日 21:00
自殺したり、病気でいきなり亡くなったり
ってのを聞くとショックなんだよな・・。
がんばって生きてくれぇ〜
6. Posted by     2008年03月13日 21:03
どんなにがんばって生きようが
死ねば終わり なにもかも
7. Posted by    2008年03月13日 21:04
サイボーグ009は確か小説で完結させる予定では。
8. Posted by           2008年03月13日 21:08
ローゼンメイデンをひたすら待っている俺は…
9. Posted by    2008年03月13日 21:18
「ガラスの仮面」は、作者はまだ生きてるけど絶望的だね。
10. Posted by     2008年03月13日 21:22
で、ガイバーはいつ完結するのかね?
11. Posted by    2008年03月13日 21:23
吉田直を思い出してしまったジャマイカ。
12. Posted by     2008年03月13日 21:23
トリニティブラッド…
13. Posted by     2008年03月13日 21:24
みず谷なおき(:д;)
14. Posted by    2008年03月13日 21:28
作者が亡くなって続きがないのもきついけど作者が生きてるのに続きがないのはつらすぎ
エルドとか…
15. Posted by 刀   2008年03月13日 21:30
大丈夫、ベルセルクはしっかり完結するよ…絶対
16. Posted by     2008年03月13日 21:38
米国アニメ会社 日本アニメ違法配信サイトのVC資金調達に声明
ttp://animeanime.jp/biz/archives/2008/03/vc.html
17. Posted by     2008年03月13日 21:49
チンプイ…
あと二話でどうやって完結させるおつもりだったんですか、藤本先生!
18. Posted by    2008年03月13日 21:53
ドラえもんは同人で仮の最終回描いた人が訴えられてたな。あれストーリー素晴らしかったけど

スヌーピーはたしか夢オチだったっけ?
19. Posted by     2008年03月13日 21:56
最終的には脳内保管か・・・
チャールズ・M・シュルツの最期はカッコいいな
20. Posted by     2008年03月13日 22:02
王家の紋章・・・
21. Posted by TOL   2008年03月13日 22:04
>・あるシリーズを日本で5巻まで読んだけど、3年経ってもまだ6巻が出ない。作者が死んでるかどうかもわからない。

ながいけんの「神聖モテモテ王国」を思い出したけど、あれは6巻まで出て後が未刊だった。
というか最後まで描いてほしかったな(死んでないけど)
22. Posted by トンカス   2008年03月13日 22:14
>>18
今のドラえもん劇場映画を見ると、テレビ朝日と東映を訴えたくなるw
あんなのドラえもんじゃねえ。
23. Posted by     2008年03月13日 22:20
FSSとか絶対に永野が死ぬほうが早いだろうな
っていうか本人それ認めてたし
未完になると分かっていて読み続けるのは結構苦痛だ
24. Posted by     2008年03月13日 22:21
横山先生の一声があれば今川ジャイアントロボ全編も今より近かったはずだ・・・
25. Posted by    2008年03月13日 22:23
宮崎駿が亡くなったらジブ(ry
26. Posted by     2008年03月13日 22:30
>>22
試しに東映を訴えてごらんよ(・∀・)ニヤニヤ
27. Posted by     2008年03月13日 22:41
ベルセルクはなー
終わるんのかよなー
28. Posted by ghost_moon   2008年03月13日 23:13
手塚治虫は、死の直前まで週刊連載を2本抱えていたっけ。倒れる時は前のめり。
29. Posted by    2008年03月13日 23:14
声優も逝った後にその人の声聞くとやるせなくなるね…
30. Posted by    2008年03月13日 23:17
ガラかめ、王家、クリドラ…終わらせてくれ。
あと、漫画じゃないけどぶりぶりざえもん…。
31. Posted by    2008年03月13日 23:18
そうそう、ねこぢるとねこぢるyも。
32. Posted by     2008年03月13日 23:20
※16
モラルは個々人の問題だけど、秩序すらなくなってきてるんだな
こりゃ、コンテンツ産業死滅の時は近いかもな
33. Posted by パヴァーヌ   2008年03月13日 23:36
宮崎駿が亡くなったら吾郎くんにナウシカ2を作ってもらおうw
34. Posted by ぬ   2008年03月13日 23:37
とりあえず冨樫冨樫言いすぎ
35. Posted by パヴァーヌ   2008年03月13日 23:38
> 手塚治虫は、死の直前まで週刊連載を2本抱えていたっけ。倒れる時は前のめり。

以前、「BSマンガ夜話」の手塚SPでそういう話題になってたんだが、その席に江口寿司がいたんだよ。
「おめぇは手塚の事を語るんじゃない!」と何度テレビに向かって突っ込んだことかw

36. Posted by    2008年03月13日 23:56
>>26
何だコイツw
37. Posted by M   2008年03月13日 23:57
死んでないけどしまぶーが逮捕された時の事を思い出せば・・・
38. Posted by    2008年03月14日 00:09
死んで未完になるより打ち切りで未完になる確率のほうが圧倒的に高い
39. Posted by      2008年03月14日 00:18
ちばあきお・・・プレイボールの続編が読みたかった俺はおっさん
40. Posted by     2008年03月14日 00:45
読み切り中心で寡作だったけど
あとり硅子さんも突然だったなあ。
最後のコミックスの最後の後書きが
手書き文字じゃなくて写植になってて
これ病床で書いたのかと思ったら泣けてきた。
41. Posted by     2008年03月14日 01:00
火の鳥は完結させてほしかったなあ。
それこそ数百年残る作品になったんじゃない?
42. Posted by 奥田育也   2008年03月14日 01:12
5 それは確かに感じます

僕もアニメマニアとして、冨樫先生を応援しています

奥田育也
43. Posted by    2008年03月14日 01:14
>>22
知ってるか?今のあんたみたいなのって狂信者って言うんだぜ?
44. Posted by     2008年03月14日 01:23
作者存命ながら未完とはいえ、描かないと描けないでは、全然違うんだよなぁ。
体調とかもあるけど、何とか続きを読みたいマンガって実はけっこうある…少年・少女・青年などジャンルによらずイッパイ。
45. Posted by    2008年03月14日 01:35
バスタードも果たして作者が生きてるうちに終わるのか・・・
10年で5巻くらいしか進んでないし
46. Posted by  おおおおおおおおおお   2008年03月14日 01:42
そうやってかけない作家にプレッシャーを与え続ける人々の列……だめだ、もう俺はかけねえ……
47. Posted by とおりすがり   2008年03月14日 01:55
>>45
バスタードはどう考えても終わるタイミングを間違えたとしか思えん、
アンスラの正体がアレで、てあたりで、上手い事、シュナイダーを復活させて終わらせれば神作品だったと思うが、その後のグダグダな展開に絶望した
48. Posted by       2008年03月14日 01:57
富樫さんですか?
さっさと描けこの野郎
49. Posted by トンカス   2008年03月14日 02:12
>>26
最高裁まで頑張りたいw

>>33
>>ナウシカ2
パヤオ死後のジブリ延命のためには、そうなりかねんw
漫画版という形で絵コンテとシナリオはふんだんにあるんだから、むしろナウシカ完全版ってところかな。
映画5本分くらいのシナリオはすでにある。この資源でジブリは10年は戦える。

うーん。見ちゃうだろうな。漏れ。
50. Posted by トンカス   2008年03月14日 02:21
>>43
「作者が死んだ後も続きそうな漫画アニメシリーズ」について考えると、鬱になりますw
51. Posted by A   2008年03月14日 02:37
米でみず谷なおき思い出した。寡作だったけど独特な雰囲気がある漫画でしたね。
52. Posted by     2008年03月14日 02:50
バスタードは早く箱舟編の続き描いてくれ
いきなり4年後でびっくりしたよ
53. Posted by     2008年03月14日 03:02
日本が長寿世界一って言っても、漫画家はイメージ的には短命だからなぁ
健康的な生活してるとも思えないし、三浦健太郎急死は作者コメント読んでると本気でありそうで怖すぎる
54. Posted by ron   2008年03月14日 03:07
ゴルゴ13のさいとうたかおは既に最終回描いてて
きちんと封をして金庫にしまってあるらしいね

自分が死んだり漫画を描けなくなったときのために

中身は作者本人しか知らないとか
当然だが
55. Posted by     2008年03月14日 03:14
そういえば作者が逮捕で連載中止とかあるな
56. Posted by     2008年03月14日 03:25
実際に別の漫画家に引き継がれた例として、たかもちげんが亡くなってやぶうちゆうきに引き継がれた「警察署長」というマンガがあるな
57. Posted by     2008年03月14日 03:46
作家だけどファウンデーション・シリーズのアイザック・アジモフ(血液感染によるエイズ)とかデューンのフランク・ハーバート(膵癌)とか
未完で死なないでくれー!
58. Posted by    2008年03月14日 05:14
バスタードは23巻くらいから限界を感じるな。
することがなくて、ひたすら戦闘シーンをくどくど引き伸ばしてるようにみえる。
59. Posted by     2008年03月14日 07:19
作者の死で作品が未完になるのは辛いものだが、シロマサのように無期限休筆(林檎)や完結(攻殻)を公式に発表されるのも、ずっと続きを待ってた身としてはかなり…
以下蛇足。
>・アメリカンコミックの…
原文だと
>In American comic strips
これ厳密にはアメコミじゃないです。「アメリカのコミックストリップ」、もしくは「アメリカの連載物の漫画」ですね。ピーナツも同じ範疇に入るので一応。ウィキ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97
ちなみにブロンディは、朝日新聞に連載されてたこともありました。
60. Posted by     2008年03月14日 07:59
ベルセルクはちょこちょこ進んでるしウラケンまだ40代だし終わるだろ
61. Posted by    2008年03月14日 09:14
米49

仮にナウシカの続編やるならば、庵野に監督やらせて欲しい。
逆にゴローになったら最悪。

62. Posted by    2008年03月14日 09:33
永野護のFSSは年表があるので、おおよそ話の流れが分かるのが救い。

ただし、長い年月の間に作品の内容が微妙に変化してきて、細かい部分で年表との食い違いが出て来てるのが気がかりだけど。     
再販板の二巻だかの扉絵でサイレンのデザインが全然別物(野武士の様な)になってたりするのも気になる。
今更、一から設定焼直しする暇なんか無いだろうと。

手塚治虫が過去作をしょっちゅう書き直ししていたのは有名だけどFSSでそれやってたらキリがないだろ。

作者にはとりあえず終わらせる事を考えて欲しい・・・頼むから諦めたとか言わないでくれ。
 
63. Posted by     2008年03月14日 09:41
漫画家もだがラノベもどうにかしてくれ…
64. Posted by     2008年03月14日 10:00
FSSの最終回なんてあの年表出された時点で諦めてるわなw
65. Posted by     2008年03月14日 10:01
高齢になっても漫画描いてたのって、手塚治ぐらいじゃないかな。大抵の漫画家
は一山でかいのを当てたらニートになって遊んで暮らす。
66. Posted by 名無し   2008年03月14日 10:06
ジブリはパヤオと高畑が完全に引退したらジブリアニメも終了する予定だろ
そもそもジブリはその2人のためだけに作られた会社だし
67. Posted by    2008年03月14日 10:09
トリニティブラッドは吉田先生が一応最後の
あらすじだけ残したのをまとめたライノベあるな本当に名作だったよ。ヘルシングのぱくりだと
言うアンチもいたけどヘルシング見てない
から何とも言えんわ
68. Posted by    2008年03月14日 10:10
富樫先生も萩原先生もまだマシ
松下先生闇の末裔の続き頼むから書いてください
6年放置しかもシナリオほぼ2つ同時展開中
最後のシーンが触手なんて...
折角アニメ化も一度はしたんですからお願いしますよ
69. Posted by A   2008年03月14日 10:10
FSSはラストシーンは第一話でやってるじゃんといってみる。
単行本派としては、超盛り上がってる魔導大戦の話は突然年表にでてきた感がw
70. Posted by    2008年03月14日 10:24
最近コメ欄に変なのが湧いてるな・・・
71. Posted by パヴァーヌ   2008年03月14日 10:43
じぶりはパヤヲが死んだら、ディズニー路線でしょう。
もちろん代表取締役は吾郎。鈴木が会長でね。
じぶりらんどとか、トトロ2とか作るにちまいない。
72. Posted by あ   2008年03月14日 10:54
今の取締役が確かディズニー出身だったとおも
73. Posted by     2008年03月14日 11:07
>>43
今のドラえもんは完全に、ドラえもんブランドで食ってるだけだろ。別物。

74. Posted by (*_*)   2008年03月14日 11:16
そう考えるとアメコミみたいな完全分業制は便利だな
75. Posted by @   2008年03月14日 11:46
そういやビィトの人大丈夫なんだろうか・・・
あとラノベだとスティグマの人・・・
76. Posted by p   2008年03月14日 12:03
>>65
わたなべまさこ先生は現役
確か昭和3,4年生まれのはず…
77. Posted by n   2008年03月14日 12:14
※16
米国での日本アニメの窓口をディズニーに一本化しようよ。

ミッキーマウス狩りの執拗さで米国市場を教育してもらうほうが混沌とした現状よりよっぽどいいと思うんだ。
78. Posted by     2008年03月14日 12:21
*77
どんだけ中間搾取されると思ってんだ?


79. Posted by     2008年03月14日 13:12
*65
高齢で現役の漫画家はいっぱいいる
人気稼業は一発屋が多いし、高齢で現役=人気が長く続いてるとは考えられんのかね
80. Posted by    2008年03月14日 13:29
そういや今年のドラえもん映画は酷いらしいな

ところで今のドラえもんて東映なのか?知らんかった
81. Posted by *   2008年03月14日 13:38
水島新司先生はマンガ家生活50周年を迎えました。
さらに恐ろしいのが、連載しながら今でも週に数回草野球の試合をしていること。
おそらく、高齢マンガ家の中でも一番元気な方でしょうな。
82. Posted by     2008年03月14日 14:10
カムイ伝は〜?
あれ作者が3部って宣言してたけど、まだ2部の途中だよね?
連載開始から、ん十年経ってね?
83. Posted by     2008年03月14日 14:31

不謹慎ではあるが、作者死亡による作品の未完って最高の同人ネタのひとつだな

例のドラえもんの最終話みたいに画風も作風も似せて誰もが納得できる作品作れりゃ大絶賛だし
84. Posted by     2008年03月14日 14:44
>そういや今年のドラえもん映画は酷いらしいな

昨日見てきた。久しぶりに劇場版見たが酷かったよ。
子供は多分理解出来てないんじゃないかと思った。
85. Posted by     2008年03月14日 16:19
キングオブザハスラーの続き、まだですか・・
86. Posted by     2008年03月14日 18:08
ねこじる
87. Posted by     2008年03月14日 20:42
読者としてもワンピとコナンとガラスの仮面と十二国記を完結してからじゃないと死ねない
88. Posted by Posted by   2008年03月14日 21:18
>87
小野主上の御心次第かな>12
今ゴーストハント?かなにかをりらいとしてるって聴いたことがあるから当分でないと思う。残念ながら
89. Posted by トンカス   2008年03月14日 22:17
>>61
庵野もいいなー
押井も作りたがってたんだっけ。クシャナ主人公で。
個人的には「武装錬金」みたいに、原作に忠実な作品として製作するのもいいと思う。
ゴローだけはどうにかしてくれ。改悪の代名詞w


漫画版ナウシカってどんどん電波女化していくよなー
個人的にはケチャが可愛いと思う。
90. Posted by    2008年03月14日 22:41
ながいけん が 作品をかくことは
もうないのかなぁ?
91. Posted by k   2008年03月14日 22:44
かがみあきら なんてまだ26歳だった。
あれから20年、その名を忘れる事も出来ないまま
自分だけがすっかりいい年になってしまった…

作家さんは、ファンを置いてけぼりにしないよう、
出来ればみんな、自身の健康にも気をつけて欲しい
と思う。
92. Posted by    2008年03月15日 00:02
米89

パヤオは海外ではアニメの神様みたいに思われているけど、本当の最高傑作は漫画板ナウシカなんだよなあ。  
海外の宮崎ファンは漫画板ナウシカの事を知らないのだろうか?
それとも、絵が動かない時点で、アニメ板>漫画板なのだろうか?

話しは変わるが、ジブリの新しいトップが創価信者なんだっけ。
なにやら凄く不安なんだが。
近年のジブリって、分かれ道で常にダメな方を選択している感が・・・。  
 
93. Posted by    2008年03月15日 00:21
昔、コンプティークでロマンシアを書いた円谷なんとか(下の名前忘れた)という漫画家がいた。
コミックコンプでエルデガインという漫画を書き上げた後、新作漫画を数話連載したところで病気により休載、それ以降復帰した様子がない。

確か、ナムコから発売されたドラゴンスレイヤー検淵疋薀好譽侫.潺蝓次砲離僖奪院璽顕茲鯢舛い燭里眸爐世辰燭呂此
すごく画力のある漫画家だったので未だに気になる。
94. Posted by     2008年03月15日 01:11
ああ、みず谷なおき先生…
あなたが亡くなるのは早すぎた
あまりにも早すぎた
95. Posted by あ   2008年03月15日 01:46
※92
このブログで「マンガとアニメどちらが上か」みたいな記事があったとおも
確かアニメ派が圧倒的多数だった
96. Posted by     2008年03月15日 01:49
>近年のジブリって、分かれ道で常にダメな方を選択している感が・・・。


ジブリ美術館が定員制限なんかしてやがるくせにしょぼかったときはふざけんなって思った。

そんでよくよく考えてみたら、ジブリ美術館もなんかの博覧会で展示されてたトトロの家も、
わざわざ自然環境ぶっこわして作られたんだよね?たしか。


なんか商業的すぎるよ、今のジブリは。
97. Posted by トンカス   2008年03月15日 07:32
>>92
海外では、どうもトトロ以降の方が人気あるみたいです。
何せ「風の戦士たち(ウィンドウォリアーズ)」ですからw


個人的には最高傑作=漫画版ナウシカは全力で同意。
死ぬまでにアニメ化を見たいものです。ゴロー以外で。
せっかく萌えキャラも増やしたんだし。ケチャにセライネにテパに。
98. Posted by riko   2008年03月15日 10:46
十二国記は、小野先生 新作書いていますよ!

丕緒(ひしょ)の鳥
yom yom(ヨムヨム)という(ピンクでパンダの表紙)雑誌で書いていまーす

でも、年4回の雑誌ですから先は長いというか、今回読みきりだし 内容は うーん

いつか本になるのかなー?
99. Posted by     2008年03月15日 13:24
>何せ「風の戦士たち(ウィンドウォリアーズ)」ですからw

アメリカ人に期待したってダメ。



100. Posted by トンカス   2008年03月15日 17:02
>>99
昔はアニメをズタズタにしてツギハギにして変な翻訳つけるのがデフォだったみたいですからねえ。
101. Posted by     2008年03月15日 22:15
ナウシカのちゃんとしたものは、今はアメリカでも見れるのかな?
102. Posted by     2008年03月16日 19:35
いや確か漫画ナウシカは英語版も発売されてたはずですよ。一般的(といっても漫画ファンの中でね)人気がどうかはよく知りませんが、漫画ナウシカについて熱く語り合ってる海外のスレッドを見た覚えがあります。確か向こうで3巻が発売されたころかなあ?漫画版では最高のキャラなのにアニメ版では描ききれてなかったクシャナが活躍しだす巻で、宮崎氏の戦記ものを描くセンスが爆発してる巻ですね。そりゃもう賞賛の嵐でした。
103. Posted by トンカス   2008年03月16日 23:53
そうかー漫画版ファンいるんですかー

ゼロの使い魔のタバサの過去話の時に、「クシャナのパクリ」という批判が全く無くて、割と素直に感動してた人が多かったから、出版されてないのかと思ってました。
104. Posted by     2008年03月17日 04:22
サザエさんは無限ループ?
105. Posted by g.a   2008年03月17日 10:55
作者急死で別人が引き継ぐってのは、昔は普通だったような気がするが、最近は知らないなー。(小説で完結と言えば「すさの王」があったな。死んでないけど)
小説では、古典的作品の続編を良く見るけど、ほとんどは読まない方が良いね。(サムライレンズマンは面白かった)
106. Posted by    2008年03月18日 18:19
>103

言われて初めて気づきましたよw
作品のジャンルとキャラクターが違いすぎてあんまり結びつかないんじゃないかなあ。アニメ漫画は全部見てるという人ならともかくファン層もかぶってなさそう。日本じゃそう言われてるんですか?
107. Posted by トンカス   2008年03月19日 02:33
>>106
2ch界隈じゃ言われてたような。
108. Posted by トンカス   2008年03月21日 21:46
ところでさっき「ドラえもん のび太の新魔界大冒険」見終わったんだけど、あまりにも酷すぎるなこれ。
改悪リメイク。
今の劇場版って、みんなこんな感じか。
109. Posted by     2008年04月23日 14:00
>>93
円 英智 (つぶら ひでとも)。
その後もエルハザードの漫画とかぽつぽつ描いてます。現役なのかなあ?

>>101
海外でちゃんとしたジブリ評価が高まったのを受けて2005年にちゃんとしたやつが出ました。
http://www.starleaf.net/~airami/nausicaa.htm
クシャナがユマ・サーマン、ユパがピカード船長、他にもアカデミー賞候補経験者が複数いる豪華吹き替え陣で。
ラピュタのムスカ役はスターウォーズのルーク役マーク・ハミルですw ナウシカでもチョイ役で出演。
110. Posted by     2008年04月23日 14:06
>木城ゆきとが病気になって漫画を9巻で終わらせたけど、

なにかの誤解かと……銃夢の連載を終えてすぐ元気いっぱいに「水中騎士」の新連載をはじめましたし。
結局ヒットしなくてまた銃夢描き始めたけど……銃夢終了時には「もう銃夢みたいのは描かない」って言ってたのに。

>70年代から藤子・A・不二雄が描き始めたけど、98年に亡くなっちゃったんだよね

勝手に殺すなw
日本人為は説明するまでもないけどドラえもんを描いてたのも亡くなったのもF先生ですな。
111. Posted by アダルトビデオが見れるサイト   2012年05月27日 17:49
4 国内で許容されてるだけなのを勘違いしてハリポタのBL作品とか、国外作品にまで手を付けるのはヤメロ馬鹿って思う。
112. Posted by エッチ   2012年05月27日 18:59
3 文化はアメリカとは違って助け合いですからね。
113. Posted by 最高のエッチ   2012年05月27日 19:00
5 文化はアメリカとは違っからね。
114. Posted by エロがみれる   2012年05月27日 19:00
3 文化はアメリカとは違ってけ合いですからね。
115. Posted by 最高のエッチ   2012年05月30日 06:16
文化はアメリカといですか
116. Posted by アダルトビデオが見れるサイト   2012年05月30日 06:17
文化はアメリカといですか
117. Posted by 最高アダルト動画です   2012年05月30日 06:17
文化はアメリカといですか

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon