2008年03月30日

海外アニメファンの疑問「なぜ最後にあまり後日談が語られない?」

・アニメの90%はエンディングを迎えた後にほとんどキャラの後日談が語られないんだけど、いつも「その後どうなったの?」と気になってる。オリジナル展開を作る暇があったらそっちを作ってほしいと思うんだが、続きは映画版にするつもりでもあるんだろうか。
・漫画が原作だから続きは漫画で読めって場合もあるし、アメリカ人は話の終結を求める理由もある。続編や映画版を作る場合もあるだろうけど。
・制作者としては結末を視聴者に委ねたいんだよ。だから同人小説などができるわけだし。何もかもめでたしで終わったらつまらないでしょ?
・話の最高潮は最終回のラスト5分に集中するから後日談を話す暇がないんだよ。
・明らかに続編がありそうなのに不人気で実現しなかったら腹が立つよね。
・曖昧に終わるからおかしな同人誌が作れるわけでしょ?
・アニメのハガレンは各キャラの後日談を垣間見れた。映画版の後だけど。
・続編や映画があるかも言わずにただ終わっちゃうタイプのアニメは嫌い。何もかもが急展開を迎えていきなり終わったり、続きを漫画で読まないといけない時の失望感はわかる。
・私も曖昧な終わり方は好きじゃない。漫画が原作だとしてもある種の結末は作ってほしい。


確かにああいう終わり方はすっきりしませんが、逆に「それから10年後」みたくキャラがみんな歳をとって平和に暮らしてるのを見てもなんか味気ない気がして、ジレンマですね。
今日は「ガンダムOO」第1部完結記念に私もトランザムシステムで通常の3倍くらい更新してみましたが、装備(溜めといたネタ)もエネルギーも使い切りました。あー、しばらく動けないぞ。あれ?なんかグラハムの声が・・・。
機動戦士ガンダム00 4
機動戦士ガンダム00 4

fairypot at 16:46│Comments(134)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2008年03月30日 16:48
ソースはまさしくこちらだ!
http://www.animenation.net/forums/showthread.php?t=202515
2. Posted by あ   2008年03月30日 16:49
DVD特典やファンブックで語られることも多いよね
3. Posted by あ   2008年03月30日 16:51
スラムダンクの黒板絵なんかありましたね。そういえば。

私は逆に、
外人(特にアメリカ?)特有の「キスしろ!」「キスがあればよかったのに」「最後はやっぱキスだろ!」
っていう、あの感覚がよくわからない…
4. Posted by あ   2008年03月30日 16:56
アニメは別にキャラの人生を徹底して描く必要ないから
5. Posted by ほち   2008年03月30日 17:01
5 下手に後日談やっちゃうと
人気出て続編を作るようになった時に困っちゃうかな

ガンダム00最終回を観ての感想が知りたいな
手段がアレだけど
6. Posted by     2008年03月30日 17:04
スカイガールズは一話丸ごと後日談だった
7. Posted by え   2008年03月30日 17:06
お茶妖精さん乙です!怒涛の更新速度だったのはガンダム00一部完結記念だったんですね。新記事が次から次に出てきて、追いかけて読みながら「一体お茶さんに何が?」とドキドキしていました。

意外と日本人にとって「あー、すっきり終わった!」と思う結末でも、海外では「なんだか消化不良・・・説明が足りないよ」と思われるのかも。その消化不良な感覚が別の作品を生み出す創作意欲に繋がる可能性もあるけど。
個人的には後日談はあれば嬉しいけど、なくても想像する楽しみ方もできる。
8. Posted by     2008年03月30日 17:07
番外編とかそういうのがたまにあるけど
、ああいうのは後日談を描いたりするよね……大抵面白かったりする。
9. Posted by     2008年03月30日 17:10
エンディングでさらりと描くのは珍しくないけどね。
10. Posted by     2008年03月30日 17:12
まぁ、後日談どころか結末も描かれずにいきなり打ち切られるアメリカのドラマの方に俺は文句言いたいね
11. Posted by      2008年03月30日 17:12
お茶さん 今日の更新すごいなぁ。
楽しく読ませていただいています。
12. Posted by トンカス   2008年03月30日 17:19
ベルセルクアニメ版のラストは、いまだに「なんだこりゃ?」という反応が出てくるみたいだな。
13. Posted by     2008年03月30日 17:19
>>3
以前、俺たちの戦いはまだ続く系の最終回だった作品に対して、最後に敵ぶっ殺してキスして終わりゃ最高だったのになって感想書いてた外国人があまりに多くて、なんだこりゃって思ったんだけど、ああいうのってネタじゃなくて本気で言ってるのかな?
14. Posted by    2008年03月30日 17:24
>>3
向こうの映画やドラマ観て
「またキスしてるよ」
「別にキスする必要なくね?」
「お前等キスシーン出せば良いと思ってるだろう」
と思うことがあるが、あながち間違ってなかったんか。

この違いは面白いな。
15. Posted by    2008年03月30日 17:40
今日はすごい更新スピードだな、どうしたんだと思ってたら
そうだったのか…!
16. Posted by     2008年03月30日 17:43
大風呂敷畳みきれずに後日談でなんとか収集してるパターンと、
後日談まで折込済みで物語を完結させてるのじゃ大きく違うしなあ

キャラや謎解きを深く掘り下げるタイプの後日談は好きだが、伏線回収や矛盾カバーのためだけの後日談は勘弁願いたい

17. Posted by    2008年03月30日 17:51
ドラマ性ってのは基本的に尻切れトンボなものなんだと思うがな
めでたしめでたしにされるくらいなら
デッドエンドのほうがマシだと思うのは私だけなんだろうか
18. Posted by .   2008年03月30日 18:09
トゥルーコーリングの続編をさっさと製作しろよ米国FOX
19. Posted by ぽんかん   2008年03月30日 18:10
後日談なんて無粋ってもんだろ。
オチもなく終わったら「で?」と言いたくなるが、アニメじゃ少ないな。
20. Posted by      2008年03月30日 18:17
>めでたしめでたしにされるくらいなら
デッドエンドのほうがマシだと思うのは私だけなんだろうか

ゲームですがペルソナ3FESの本編と後日談のプレイをおすすめします。今までゲームをしていてコントローラーを床に叩き付けたくなったのはこのゲームだけでした
21. Posted by     2008年03月30日 18:23
アメリカは人気が無くなるまでいくらでも続けるからな
22. Posted by    2008年03月30日 18:47
作り手によって作られた作品をただ享受する側にいる人間に、作品をどう終わらせるかなんて注文する権利は全くないと自分は思ってるんだが。
いくら作品にお金を払ったからといって、作品をどうこうできる権利までは買ってないわけだし。
23. Posted by    2008年03月30日 19:02
男と女が知り合って10分でセックスな超展開がデフォルトのお国柄だ。
キスなんざこっちの感覚で言えば握手レベルの行為なんだろう。
逆に言えば向こうからは最終回になっても握手も出来ない奥手同士に見えるって事だ。
24. Posted by     2008年03月30日 19:20
米22
その考えには賛成できないな
作り手にとってどれだけ大切な作品だろうが金で切り売りしてる時点で対価に見合う仕事を求められるのは当然だろう
それが嫌なら趣味の範囲で非公開で身内で楽しめばいい
25. Posted by    2008年03月30日 19:24
>>22 24
「良い噺家は良い客が作る」って感じの言葉があったと思うが、アニメや漫画にもそういうところはあるんじゃないか?
26. Posted by トンカス   2008年03月30日 19:44
一昨日タイタニックのエンディングをよく見たら、ヒロインのローズの後日談が白黒写真で延々と描写されてるのな。
アメリカに戻って、飛行機とか操縦してる。

冒頭部分とラストが、本編の後日談そのものだという構造もあるし。
これくらいやらないとスッキリしないわけか。
27. Posted by 22   2008年03月30日 19:56
>>米24
もちろん払った金に見合う物を作るのは当たり前だけど、ストーリーとか、終わり方に値段は付けられない訳だし、最後の5分のシーンが気に入らないから金返せなんてこともできない訳で。
1時間の映画で、最初の1分だけ絵があって、後は真っ黒みたいな極端な話なら別だけど。
例えば、エヴァの劇場版とか、あの終わり方に納得しない人はいっぱいいたけど、払った金の分の対価は得てるわけだから、その人たちにそれ以上文句を言う権利はないと思うな。
作り手の方か客の意見を求めるってのは勿論ありだけど。
28. Posted by    2008年03月30日 19:56
スラムダンクの非公式後日談の漫画が台湾で出版されたとか、古いところだと、キャンディ・キャンディの公式後日談の漫画がイタリアだけで出版されたとか、外国人は後日談が好きなのかね。日本だと、漫画が原作なら作家が望まない限り続編は作られないという感じで、ある意味どうしようもないね。
29. Posted by 22   2008年03月30日 19:59

すまん、客に文句を言う権利は勿論あるね。ただ作品をどうこうする権利はないと思っている。
30. Posted by     2008年03月30日 20:00
後日談なんていらないだろ。
ドラゴンボール、FF10-2、ペルソナ3などの失敗例もある。
31. Posted by     2008年03月30日 20:01
マンガやアニメに後日なんて無いんだよ。
32. Posted by     2008年03月30日 20:08
アメリカに「客」がいるのか?
「泥棒」は多そうだが。
33. Posted by     2008年03月30日 20:10
>あれ?なんかグラハムの声が・・・。

あれは正に蛇足だったと思う。
ジム倒す前に来いよ!と orz
34. Posted by こーひー   2008年03月30日 20:15
>>27
映画館に行って、結末が気に入らなかったからお金を払わなかった、とか、金払ったんだから俺好みの結末に作り直させてやった、なんて話は現実に存在しないわけで…。
その時点で、最低限の「作家の尊重」はできていると思います。
そのことと、作られたものに対して不満を言ってはならないということは、まったく別のことと思いますよ。プロとして「みんな来てよ、楽しませるからさー」といってお客を集めているわけですから。プロスポーツみたいなものですかね。
35. Posted by こーひー   2008年03月30日 20:18
ありゃ。書いている間に訂正がはいっちゃいましたか。>>22さん。
そういうことならほとんどの人は文句ないと思いますよ。ただ、
>>作品をどうこうする権利はない
実際にほとんどの場合そういう事態はないわけで、それなら言わでもの意見だったかも知れませんね。
36. Posted by あ   2008年03月30日 20:29
後日談があるならあるでいいけど、なくてもいろいろ妄想できるから別に構わないな
37. Posted by    2008年03月30日 20:44
ナディア最終話は後日譚も含めて展開が神だった
映画は黒歴史
38. Posted by え   2008年03月30日 20:57
後日談的なものを色々と妄想するのがヲタ的な楽しみ。そして後になって後日談が収まったOVAなどを見つけ、自分の妄想とカブってる点を見つけてニヤリとするのもまた楽しいし、良い意味で妄想を裏切られたらもっと楽しい。
39. Posted by あ   2008年03月30日 21:06
米3
たぶん愛の表現方法が違うんだろ

欧米だと人前で愛してると連呼すれば仲がいいと思われるらしいけど
日本だと逆に薄っぺらい印象を与える
40. Posted by あ   2008年03月30日 21:14
米28
スラムダンク2は台湾のちゃんとした出版社が集英社に無許可で出して、しかもベストセラーになっちゃったんだよな
作者はそれで一気に売れっ子漫画家になった
その作者曰わく「スラムダンクの作者が続編を描かないなら俺が描いたって構わないだろ?」
台湾も所詮は中国の一部なんだなって思ったよ

ちなみに内容は、大人になった流川が教師になってバスケ部を導く
というものらしい
41. Posted by ///   2008年03月30日 21:26
※7
2クール以下のアニメはどんな終わり方をしようが海外ファンは「短すぎる!」って言うからな

最近だとグレンラガンなんかがそうだ
「カミナを復活させればもっと長くできる」「また新しい敵を作って続けたほうがいい」とか言ってる
ほどほどというものを知らないよ
42. Posted by     2008年03月30日 21:31
俺はそれぞれのキャラクターの人生は続いていく、これが終わりではないという演出なんだと思ってるんだけど。
43. Posted by リョウ   2008年03月30日 21:33
※40
それは最低すぎますね。
そんなことが許されるのは同人の範囲まででしょう。出版社がこんな著作権の侵害行為をするというのは解せません。
44. Posted by a   2008年03月30日 21:41
ローマの休日で、その後のアン王女と記者の生活を描いていたら間違いなく駄作。
一人夜の街角に消えていくセツナイ最後だからこその名作。
45. Posted by 名無し   2008年03月30日 21:46
中国なんてそんなもんだろ

クレヨンしんちゃんはもっと酷くて
中国進出しようとした時にはすでに別の会社が商標登録していて立ち往生したって話もある
46. Posted by a   2008年03月30日 22:03
DSのソフトを違法ダウンロードしようとしたらウイルスに感染して
「任天堂の陰謀だ!!」って言って苦情を寄せたこともあったよな。しかも一人二人じゃなく大量に

おっと、それは中国じゃなかったか
47. Posted by    2008年03月30日 22:07
結末をだらだら書かずにスパッと斬ると独特の読了感がありますよね。読んでからしばらくは何も出来なくなります(悲劇エンドだと数時間後に涙が出てきたり)。
物語から自分が取り残され、切ないような悲しいような・・・。でもあの感覚は嫌いじゃないです。
48. Posted by     2008年03月30日 22:17
どういうのが後日談がないアニメなのか
よく、わからない・・・。
打ち切りしたアニメとか、中途半端な終わり方した
作品(な@た@、とか)ではなくて?

キレイに1つの話として完結してるなら
後日談はいらないよ。
49. Posted by    2008年03月30日 22:18
アメリカのドラマのほうがバッツリ感が強いと思うけど。とんでもないところで終わる。

あんまり人気がないと、来シーズンが製作されないこともあるんだろうし、宙ぶらりん度は高いでしょ。
50. Posted by     2008年03月30日 22:21
「余韻」の概念がそもそも違うから。桐野夏生が、アメリカ版だけ小説のラストを変えたのも、向こうの編集者に、余韻を持たせた終わりを「中途半端」としか理解してもらえなかったからだって。
51. Posted by     2008年03月30日 22:22
>>49

いわゆるクリフ・ハンガーだね。あれは続編を作るために引っ張る手法だから、続編が作られなかった場合の「何これ」感は強烈。
52. Posted by     2008年03月30日 22:24
エヴァに後日談は?とかいってる外人がいるけど、あれの後日談をどうかたるんだと?と逆に聞きたくなるよ。
大人の事情終わったものに後日談を求めるならまだしも、完結してるのに自分が見たいという欲望だけで、納得出来ないとか言ってるのはただの子供だろ。
53. Posted by      2008年03月30日 23:05
だいたい※欄に同意
侘び寂びに通じるものを感じるな…

ところで管理人さん、超更新乙です。
54. Posted by     2008年03月30日 23:22
まほろさんでも見てろって事だ
55. Posted by     2008年03月30日 23:28
>アニメの90%はエンディングを迎えた後にほとんどキャラの

外人って根拠のないパーセンテージを平気で出すよな。
おまえは出たアニメ全部見たのかよ!と突っ込みたくなる。
この時点で信用できない。
56. Posted by k   2008年03月30日 23:32
米55
日本だと正確な割合がわかってない時は"ほとんどが"とか"大半が"とか"多くは"とかを使うんだけどな
向こうの人は曖昧な表現を嫌うんじゃないか?
57. Posted by     2008年03月30日 23:35
洋画の場合、邦画より含みを持たせたエンディングが多いと思うんだがなあ。
アニメが邦画的な演出より前衛的な洋画に影響されてる所があるのかもしれない。
本来日本人はきっちりした結末を求めたがる性質だと思う
58. Posted by     2008年03月30日 23:35
米52
ぶっちゃけ新劇場版が、TV版の後日談(前の劇場版)のさらに後日談って感じはするけどなw
3周目として見ると、また違った面で面白い
59. Posted by    2008年03月30日 23:40
これは本気で俺も思う。例えばラピュタ。他にはラピュタやラピュタ、それ以外だとラピュタとかな。
シータとパズーの後日談を探して数年経った後、それを知るには宮崎の気が向くしかないと知ったときのむなしさといったら初体験の時彼女の親が乱入してクローゼットに押し込められ間男扱いされた時と同等以上だったよ。
出来れば結末は描いて欲しいと思うな。「その後は視聴者の方々におまかせ」なんていらん。作った以上は最後まで責任持って欲しいぜ。
60. Posted by あ   2008年03月30日 23:47
ラピュタというかパズーの後日談は
シータを故郷に送った後自分の故郷に戻ってしばらく暮らし、数ヶ月後にシータに会いに行った
とファンブックか何かの雑誌に書いてあっと思う

ちなみにパヤオは基本的に続編とかを作るの嫌いだから期待しないほうがいい
61. Posted by     2008年03月30日 23:49
ま、シータとパズーは一緒になるんだろう。でもそんなのは想像でいいじゃないか。
62. Posted by    2008年03月30日 23:51
ラピュタのEDは良い終わり方だと思うし、それこそ、後日談は個々人が想像の翼を羽ばたかせれば良いものであって、あれの続編みたいなのは蛇足だろう。
63. Posted by 名無し   2008年03月30日 23:54
紅の豚はちゃんと後日談があったよな
ジーナの賭けの結果もそれらしいのがあったし

ラピュタもどこかに後日談が隠されてるかもしれん
64. Posted by 59   2008年03月30日 23:57
分かる分かるんだ。俺ももうおっさんだし、言いたいこともいろいろ分かるさ。(ちなみに20年近く前の話だ)

でもさあ、最後に「その後シータとパズーは仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。」と入れてくれてれば俺はこんなにラピュタ恐怖症(宮崎アニメで一番好きだけど見た後鬱になるので見れない)にはならなかったよ。

ここら辺の感覚を分かってくれる人は滅多におらんと思うけど、分かる奴なら分かるはず。そういう奴らにとっては結論をちゃんと書いてくれないと困るんだ。
65. Posted by     2008年03月30日 23:59
はやおさんはスタッフにこの人大丈夫だろうか?と心配されてるみたいな記事があったがあれは何なんだ?
66. Posted by     2008年03月31日 00:01
「その後どうなった?」を繰り返して人気が低迷していったのがジャンプ黄金期の漫画だと思うんだ。
それに飽きたからスッパリとした結論を出さずに終わる作品が増えたんじゃないか?
67. Posted by あ   2008年03月31日 00:04
ラピュタは典型的なめでたしめでたしじゃね?桃太郎スタイルの

むしろ耳をすませばのほうが後が気になるし
青春時代を思い出し、見終わった後で歳を取った自分を見て憂鬱になる
68. Posted by / / /   2008年03月31日 00:06
八犬伝は八犬士の老後のことまで書かれてるけど
あれはあれでどうかと思う
69. Posted by    2008年03月31日 00:17
*66
耳をすませば→おもひでぽろぽろ


と言ってみるテスト
70. Posted by 名無し   2008年03月31日 00:23
耳をすませばの続編は猫の恩返しだろ常考
まぁ、雫が書いた小説って設定だから続編と読んでいいのかわからんが……
71. Posted by    2008年03月31日 00:28
ラピュタの後日談描けとか言ってる奴はそのキャラが死ぬまで描かれないと気が済まないのか?
72. Posted by     2008年03月31日 00:30
物語中としてクドクドと後日談をやれとは思わないけど、
その後の方向性くらいは示してくれた方がスッキリするなぁ。
>>26のタイタニックみたいな、
EDの背景で描写される程度のが好きだ。
73. Posted by .   2008年03月31日 00:32
後日談を出すとだいたい蛇足だったりする。
一番良いところで視聴者をおいてけぼりにするのが
良いアニメw
74. Posted by 62   2008年03月31日 00:38
> ラピュタ恐怖症(宮崎アニメで一番好きだけど見た後鬱になるので見れない)
> ここら辺の感覚を分かってくれる人は滅多におらんと思うけど
なるほど。私は残念ながら共感は出来ないけれど、ラピュタのあのEDをこう受け止める人も居るんだなと思った。

> 「その後シータとパズーは仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。」と入れてくれてれば...
私は、先に書いたようにラピュタのEDは良い終わり方だと思うし、
別にその後シータとパズーが共に暮らす事がなくても、それで充分ハッピーエンド足り得ると思ってる。
むしろラピュタに関しては、その後2人は共に仲良く暮らしましたとさの方にこそ違和感がある。
あのひと時の冒険で紡がれた"絆"と"思い出"は生涯失われる事は無いだろうし、
それを胸にその後の人生を歩んで行く、って感じかな。
75. Posted by     2008年03月31日 01:50
Japan anime in delicate dance with overseas markets
ttp://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51429982.html

だそうだ。
76. Posted by    2008年03月31日 01:51
リメイク版シャルウィダンスなんか見るとあっちの人の好みがハッキリ解るね
ホラー物で、解決した様に見せておきながら、どんでん返したまま終わってしまって納得いかなかった事が何度もある
77. Posted by     2008年03月31日 02:01
アジアから見ても日本のアニメなんていらねって事か。
78. Posted by          2008年03月31日 02:05
ラピュタは完璧な終わり方だと思うよ
79. Posted by に   2008年03月31日 02:14
>>77
しょせんは倭猿ってことだなww
80. Posted by     2008年03月31日 02:26
後日談なんていらんだろ
81. Posted by    2008年03月31日 02:32
ナウシカはぜひ続きをやってほしい
当然漫画版シナリオで、墓所まできっちり
映画でもTVシリーズでもいいぞ
何話かかろうが全部買うわ
82. Posted by     2008年03月31日 03:37
このブログニコニコで動画にされてるぞ
83. Posted by    2008年03月31日 04:25
個人的にキャラ達が幸せに暮らす後日談があると感動して嬉しくなる方だが
中途半端でモヤモヤした終わりも、妄想したり視聴者が色々な説を語り合えたりして良いと思う
一番嫌なのは後味が悪く見終わって鬱になるエンドだ。トラウマになり一生忘れられなくなるじゃないか…
84. Posted by     2008年03月31日 04:46
フランス映画はえっ?終わり?って感じで脈略も無く唐突に終わるから困る
85. Posted by M   2008年03月31日 05:38
グレンラガンのことか−!
86. Posted by k   2008年03月31日 05:45
ジョージ・ルーカスの処女作っていうTHX 1138が、ちょっと前に深夜に放送されてたのを見たけど、あれの終わりが印象的だった。
最近の一般的な洋画とは一線を画してたよ。
やっとこさ精神抑制剤と地下の管理社会から逃げ出して、地上にひとり出たところを数分流して終了。後日談なんて糞くらえって感じで、独特の余韻があったよ。でもああいうのはアメリカの素人には受けないだろうなというのも、同時にわかる。

「過程」が重要であって、「逃げ出せた」というのはもう既に「結果」であるわけだけど、
「はっきりした結果」を求める人にとっては
「そのあと、地上に生き残ってた人びとと出合って迎え入れられる」とかまで描かないと「結末」っていう感じはしないんだろうね。
87. Posted by Y   2008年03月31日 07:37
ラピュタの終わり方は個人的には完璧な方だと思うけど、まぁそれは人それぞれで。

ラピュタの後日談のイラストをどっかでみたような。。シータの暮らしているところに、パズーが自分で作った飛行機でやってくるってヤツ。
作中の伏線も回収されていて、宮崎監督の頭の仲には最初からこのイメージはあったのかなー、と思った。
88. Posted by あ   2008年03月31日 08:17
米82
マジで?
89. Posted by    2008年03月31日 08:53
米59>ラピュタラピュタラピュタ

ラピュタの後日談なら小説板に載ってるぞ。
何年も探す程レアなものじゃないと思うが、ラピュタ小説板って今手に入らないのだろうか?

内容的には米60や米87の通りで、パズーが自作の飛行機でシータの暮らすゴンゾアの谷(だったかな?)に会いに行くというもの。
ゴンゾアの谷で暮らすシータは、なんかハイジみたいだった。
最終的には遠距離恋愛を匂わせるような印象だったと思う。

ちなみに小説板が本屋で手に入らないなら古本屋を探してみれば良いのでは?


個人的にはグレンラガンの後日談は納得出来なかった。
アンチスパイラルに宇宙の行く末を託されたシモンが何故か世捨て人に・・・。
ちゃんと責任を果たせと。
むしろ螺旋力のないヴィラルの方が頑張っているという謎エンドだった。
90. Posted by     2008年03月31日 09:09
マイユアのようになってしまいますよということですね。わかります。
91. Posted by    2008年03月31日 10:41
※82
発見した。これか
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2821726
92. Posted by     2008年03月31日 11:42
俺はエピローグが嫌いだぁ〜〜
93. Posted by は   2008年03月31日 11:44
ニコニコで見てすぐお茶妖精って分かった!
94. Posted by あ   2008年03月31日 12:24
>>91
私がコメで外人風をマネて
「ラピュタは俺が浮かしてる」って書いたのを
いかにもお茶さんが翻訳してきた外国人のコメみたいにして流れのオチで紹介されてた〜。
まぁ光栄に思いますけれども、バカ呼ばわりされちゃってましたw
95. Posted by    2008年03月31日 13:43
デルトラクエストは最後1クールぐらい、ずっと後日談だったような気がする
96. Posted by y   2008年03月31日 14:34
>キス

向こうにのバカップルの線引きを知りたい。
人前でどこまでいちゃいちゃすればアウトかぜんぜん違うだろうな。
97. Posted by    2008年03月31日 15:00
ニコ厨は本当に節操ないな
人のサイト勝手に動画にして恥はないんだろうか
まぁ、管理人本人が作ったなら別に構わないけど、個人サイトを勝手に転載する行為が習慣化されてなんてほしくない
と、一人のサイト運営者としては思う
98. Posted by      2008年03月31日 15:09
私も後日談は蛇足だと思うな…
余韻を残した方が楽しいよ。
結局現実は想像力には打ち勝てないから。
続編という形で実体化させちゃうと
とたんにつまらなくなるんだよね…
ラピュタの続編なんか出たらほんとガッカリですよ

でもアメリカ人(だよねこの記事?)のほうが
後日談には興味ないと思ってた
ハリウッド映画なんか尻切れトンボばっかだし

※96
仏在住のマンガ家のエッセイでは
「指入れるまでならセーフ」らしいけど…
フランス人全員がそうだとは思えないw
99. Posted by     2008年03月31日 16:24
指って・・・
想像を遥かに超えてたわ・・
100. Posted by     2008年03月31日 17:02
>>98
服の中に手突っ込むぐらいならおkってか…

確か名前呼び合うのは馬鹿っぽく聞こえるんだったか。
101. Posted by     2008年03月31日 18:19
千と千尋のエンディングが全てだろ。向こうの単細胞には理解できないんだね。


102. Posted by     2008年03月31日 19:14
>>89
グレンラガンは作中で何十年も経過した後に語られるのがちと切なかったが俺はアリだと思うよ 
後日談はナディアみたいに数分で語られるのが一番好きだな 
一番微妙なのは”後日談”という名の”続編”
103. Posted by あ   2008年03月31日 19:15
あれはあれ、これはこれってのがわからないんじゃね?
千と千尋の神隠しは不思議な世界に迷い込んで脱出する物語で
千尋と白の恋愛物語はそれとはまた別のお話ってことが


俺の中じゃ紅の豚の終わり方がベストだな
ちゃんとある程度の後日談は語った上で一番大事なことはご想像におまかせしますってのがいい
104. Posted by    2008年03月31日 21:24
劇エヴァ?
105. Posted by 59   2008年04月01日 00:22
まだ書けるかな?

>>いろいろ
良いか悪いかなら良いに決まってんじゃんか。あれほどすがすがしい終わり方は無いよ。
といいつつ鬱になる気持ちは分からんだろうさ。俺でも一種の病気だと思ってんだから。

でも銀魂の作者含め、たまにいるらしいんだ。俺と似た感情を抱く奴がさ。
106. Posted by トンカス   2008年04月01日 01:02
鬱にはならないけど、耳すまのラストには危うさを感じてしょうがない。
イタリア語もまともに話せないのに、果たしてあっちのギルド社会で巧くやっていけるのかねえ。聖司の職人修行。
ラピュタの後日談もあれだよね。
戦争ばかりしている軍事国家の、不景気で閉山になりかけている炭鉱の、教育も技術も無い単なる徒弟。
ぶっちゃけ聖司もパズーも、あまり明るい未来があるようには思えん。

意外と大丈夫そうなのが千尋かな。あれだけの生活力が身に付き、両親から精神的な独立を遂げれば大丈夫だろ。女は強いわ。
107. Posted by     2008年04月01日 02:50
※89
>個人的にはグレンラガンの後日談は納得出来なかった。
>アンチスパイラルに宇宙の行く末を託されたシモンが何故か世捨て人に・・・。
>ちゃんと責任を果たせと。

シモンが引っ張っていったら結局ロージェノムとかアンチスパイラルと変わらんのだし
影で見守ってるあれで良いんじゃないの
108. Posted by ;   2008年04月01日 07:03
>トンカス

ついこないだ、イタリア語もしゃべれないまま靴職人の修行にいって、弟子入り成功した日本人のことをテレビでやってたよ。

パズーもだけど、どっちもけっこう芯が強いし、
技も経験も機転も充分通用すると思うけど。
109. Posted by プズー   2008年04月01日 15:29
>戦争ばかりしている軍事国家の、不景気で閉山になりかけている炭鉱の、教育も技術も無い単なる徒弟。

よくこんな細かいところまで気が回るなあ。
おれは全然気にしなかった。
つうかパズーにしてみたらこんな事気に
されたらおせっかいだわな。108も書いてる
けど、ああいうゴキブリ以上のしぶとい生命力
してて心配する必要ないだろ。どんな状況
でも生き抜いてくと思う。
110. Posted by     2008年04月01日 15:53
>教育も技術も無い単なる徒弟

パズーの夢や部屋を見る限り航空関係の勉強をしてそうだけどな
*89が言うには飛行機自作したらしいし
111. Posted by     2008年04月01日 16:13
*91の動画に違法ダウンロード批判があって吹いたwww
オマエも無断転載だろとwww
112. Posted by    2008年04月01日 19:15
米110

小説板を読んだのがずいぶん昔の事なので、実際に飛行機が完成してシータに会いに行ったのか、それとも完成予定の飛行機があって完成したらシータに会いに行く決意をした所で終わったか忘れてしまった。

一応、米89で説明不足だったので。
113. Posted by トンカス   2008年04月01日 21:10
>>108
>>109
>>110
ああ、確かにネガティブな深読みが過ぎましたかね。
だけど日本の板前とかでもそうですが、職人の修業ははじまってからの方が大変で、親方になったからといって安泰というものでもないですし。
「危うい」というのは撤回しますが、パズーも聖司も決して楽な人生は歩めないとは思う。

そういえばパズーは、ムスカに貰った金貨を捨てようとして捨てられませんでしたね。
このへん「生活」を背負っているキャラとしてのリアルさがありました。
逞しい生活力はあると見て良いかも。
114. Posted by    2008年04月01日 21:42
> そういえばパズーは、ムスカに貰った金貨を捨てようとして捨てられませんでしたね。

これは、お金の大切さを知っているからという生活力の面もあるけど、あそこで金貨を捨ててしまっては、パズーを助ける為にムスカへの協力を申し出たシータの思いを無駄にしてしまうから、というのもあると思う。
115. Posted by    2008年04月01日 22:01
※113
そりゃ若いうちに安泰な奴なほうが少ないだろ。
116. Posted by こーひー   2008年04月02日 00:22
>>113
金貨の件ですが、僕もトンカスさんとは違う見方をしてました。
あそこで怒りにまかせて金貨を捨ててしまったら、パズーにとって「シータは裏切った。だから自分は失望した」という不愉快な出来事を「事実」として認めてしまうことになるからではないかと思いました。だから、「シータは裏切ってない。事実は彼女の言ったとおりで、自分は安全な軍に彼女を引き渡す一時の協力者だったんだ。だから謝礼の金貨は捨てる必要はないんだ」って、無理に思いこもうとした結果の行動のように思えました。自棄っぱちな気持ちもありつつ。
117. Posted by トンカス   2008年04月02日 02:40
>>114
>>116
なるほど。思わず膝を打ちました。
そういう考え方もありますね。
だからこそ「あの娘を売ったのかい?」「ちがう!」とムキになりつつ、だんだん元気が無くなってしまう。
結果としてはそうかも知れないし、シータの自己犠牲に気がついてしまったから。
ただ「シータは裏切った(おっしゃりたいことはわかりますが、誤解を招きかねない表現だと思います)」というより、「(一緒にラピュタを探すという)子供っぽい夢が壊れた失望であるような。
巧く言えないんですが、あのあたりは「あまり性別の意識の無い、夢いっぱいの男の子」から、「守りたい少女のいる少年」に成長する過程を実に巧く描いてると思う。

いや、ラピュタを論じ始めると止まりませんわw
118. Posted by こーひー   2008年04月02日 04:16
>>117
上の投稿は、長文になりすぎないよう、あえてはしょって書いた表現でした。(入力画面では非常識な長文に見えたのに、実際はそうでもなかったですね。^^;)
まさにお察しの通りで、「裏切られた」というのは、気持ち的な面でのことです。


>>いや、ラピュタを論じ始めると止まりませんわ

まさにw
119. Posted by トンカス   2008年04月02日 23:36
>>118
わかります。
どうしも長くなっちゃいますし、短くしようとすると言葉足らずになっちゃいますよね。
120. Posted by 通りすがり   2008年05月21日 02:07
超遅レスですが。
デジモン02のことかー!!!!!

あの後日談は今まで観たアニメの中で最低最悪の後日談だったorz
121. Posted by 柄全身タイツ   2013年05月19日 10:32
」と貫禄十分
122. Posted by 抱き枕アニメ   2013年05月22日 08:45
5月10日(金)23時28分配信
123. Posted by 涼宮ハルヒの癒鬱抱き枕カバー   2013年05月22日 17:40
と「GoogleApps」ユーザーで、条件は少し異な
124. Posted by オークリーサングラス   2013年05月23日 21:00
習し、春夏秋冬と年4回程度、コンサート
125. Posted by ray ban メガネ   2013年05月25日 20:10
10947ray ban メガネ5月10日(金)23時28分配信
126. Posted by オークリー ホルブルック   2013年05月29日 17:53
ジが提供される。 ストレージは、Google+にアッ
127. Posted by ボディータイツ   2013年05月29日 20:32
 バリューセット620円〜680円※バリューセットはマックフライポテト(M)、ドリンク(M)付き<【N
128. Posted by ティンバーランド アウトレット   2013年06月05日 17:43
全地球測位an5月
129. Posted by トリーバーチ トート 新作   2013年06月06日 08:30
と。さらに7月3日に東京?恵比寿LIQUIDROOM、5日には大阪?心斎橋JANUSで
130. Posted by モンクレー   2013年06月07日 13:33
生活協同組合連合会などの関係者13人で構成。この日の理事会では、子
131. Posted by ダウンコート モンクレール   2013年06月11日 10:32
ス。リリー3MLB、
132. Posted by moncler v   2013年08月01日 04:10
したことを発表した。3において
133. Posted by ハイレグ水着   2013年12月10日 08:55
『貫地て暮貫
134. Posted by 医療用ウィッグ   2013年12月27日 03:43
て暮貫黒レゼハ日

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon