2008年08月08日

海外アニメファンが語る「最もリアルな戦いをしたアニメ」

・ナルトやドラゴンボールみたく超越した戦いはあるけど、最もリアルだった戦いって何だろう?カウボーイビバップ、サムライチャンプルー、記憶が正しければるろうに剣心などが思い浮かぶ。
・るろうに剣心はかなり超越してたと思う。シシオの仲間だったサトウ(だったか?駄目だ、名前を全然覚えてない)と剣心の戦いはかなり無茶だった。
・エルフェンリート。ごめん、嘘。
・リアルな戦い?そんなものあるのか?
・↑確かに。滅多にないよね。
・私も知りたいな。美形の男たちが5分以上も戦うのは飽きた。
・↑あんまりアニメ見てないでしょ。ヘルシングはかなりぶっ飛んでるぞ。
・はっはっは。何も思いつかないぞ。
・カウボーイビバップは何度かリアルな戦いがあったね。
・Shoot Fightersはお勧め(ストリートファイターじゃないぞ)。出血や骨折するのがリアルだった。
・↑そんなアニメあったっけ?
・リアルとアニメは共存できない。特に戦いに関しては。
・何にも思いつかないや。
・アニメの中で一番リアルだったのはカウボーイビバップくらいだ。
・カウボーイビバップもどうかと思う。らんま1/2はなかなかリアルだった気がする。


>るろうに剣心
鉄の棒でぶん殴るだけだから大丈夫でござる!

アニメには滅多にありませんね。個人的な感想ですが、漫画でやる喧嘩の半分以上は現実世界だと負けた方が死んでますね。「コンクリの上でやる喧嘩は危ない」「峰打ちでも人は死ぬ」を曲解して「地べたでやればいい」「素手ならOK」と本気で思ってる人がいるのは怖いです。
学校は救命措置を教えるけど人が簡単に死ぬって教えないからなあ。
スペランカー
スペランカー

fairypot at 00:08│Comments(192)

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2008年08月08日 00:09
クレヨンしんちゃんの戦国が圧倒的
2. Posted by お茶妖精   2008年08月08日 00:12
ソースはこちら
http://www.gamespot.com/pages/forums/show_msgs.php?topic_id=26527393&page=0
3. Posted by .   2008年08月08日 00:12
>シシオの仲間だったサトウ

誰?ソージロー?サイトウ?
4. Posted by a   2008年08月08日 00:23
リアルの基準がわからん。
ビバップは完全にSFだった覚えがあるのだが……。
リアリティがあるって意味のリアルと、現実に近いという意味のリアルとではだいぶ違う。
5. Posted by .   2008年08月08日 00:24
カードゲームにおける心理戦とか
6. Posted by あ   2008年08月08日 00:28
るろ剣とらんまのどのあたりがリアルなんだろうか・・・
アジアの武術に変なイメージ持たれてないか?
7. Posted by _   2008年08月08日 00:30
漫画ならホーリーランドあたりが限度?
アニメだと地味な格闘漫画は無いんじゃねぇかな。
ボクシングアニメ位か?
8. Posted by @   2008年08月08日 00:32
海外のアニヲタは戦国大合戦を知らんのか
それとも所謂チャンバラアクションがリアルなサムライだと思っているのか
そこが問題だ
9. Posted by     2008年08月08日 00:33
はじめの一歩  …くらいかなあ
10. Posted by a   2008年08月08日 00:34
ビバップが有りなら攻殻機動隊も有りじゃね?
11. Posted by あ   2008年08月08日 00:38
あるにはあるが海外のオタクが好まないタイプのアニメに多いんだよな
不良アニメとか、本格派スポーツアニメとか、古いアニメとか
12. Posted by あ   2008年08月08日 00:46
シティーハンターとかもダメなんかな?
13. Posted by 陽性   2008年08月08日 00:53
漫画ならヴィンランド・サガ。
いや、トルケルがありえないか。
14. Posted by    2008年08月08日 01:00
最近やってた紅ってアニメの格闘は割とそこそこよかった、
角さえなければ。
15. Posted by .   2008年08月08日 01:07
米8
黒澤の殺陣とそれに強い影響を受けたスターウォーズの殺陣を見比べるといい。
16. Posted by     2008年08月08日 01:15
バトルアニメじゃなきゃいくらでもありそう
17. Posted by      2008年08月08日 01:29
動きがリアルなのか、それとも打撃などの効果がリアルなのかで全然違う。俺は「マスター・キートン」のいくつかの話がリアルと思ったけど、漫画・アニメ的な嘘が沢山隠れてるのかも。
18. Posted by     2008年08月08日 01:32
シグルイの知名度の低さに嫉妬・・・
19. Posted by い   2008年08月08日 01:40
はじめの一歩は思い付くけど
あれもそれなりに誇張はあるしねぇ。
究極をいえば、記憶にも残らないようなエキストラ排除みたいなあっけないシーンが一番現実的かね。

個人的にはヒカルの碁。
実際の棋譜を使ってるし
プロの監修だ。
臨場感があった。

挙がってる例をみると、
ここでいう「戦い」とか「リアル」の基準が
よくわからないけどね。
20. Posted by      2008年08月08日 01:55
大魔法峠の「戦い」はガチ。
とんでもギャグアニメだが、
あの関節技戦だけは
「なんであんなリアルなんだよwww」と
そこが笑いどころ。
21. Posted by     2008年08月08日 01:58
精霊の守り人はリアルかと
22. Posted by     2008年08月08日 02:13
シグルイに触れられてない・・・
23. Posted by コン   2008年08月08日 02:14
バンブレのたまちゃんの抜き片手面はかっこよかった。突きを食らった相手のすっ飛び方やショックの表情も結構リアルだなと思った。
24. Posted by     2008年08月08日 02:28
「今日から俺は」だな(w

まあ、個人的には暗殺で最後を片付けた「ダグラム」を押したいところかな?
科学的な嘘は定理として認めればだけど・・・
25. Posted by    2008年08月08日 02:45
セスタスとか。
26. Posted by     2008年08月08日 02:46
なんだ大魔法峠のことか
27. Posted by    2008年08月08日 02:46
思いつくのはスラムダンク初期の喧嘩くらいかな
28. Posted by a   2008年08月08日 02:49
「はだしのゲン」だな。
29. Posted by 、   2008年08月08日 02:53
CCOよりAOCよりガトチュのが強いよな
30. Posted by PIAT   2008年08月08日 03:21
ロボット系なら、オレはあえて『ガサラキ』を推すぜ。パンチ1発で拳の方がバラバラになる格闘戦とか(笑)。
あと空戦ならダントツで『紅の豚』。
戦艦同士の戦いなら『ラスト・エグザイル』。
ガンアクションなら『ブラック・ラグーン』。

>>23
バンブーブレードは、(原作もそうだけど)剣道パートに抜かりがなかったのが成功の秘訣かと。
31. Posted by ひぐらしとかひぐらしとかひぐらし(ry   2008年08月08日 03:33
超能力で戦う方が作者にとっては楽なんだよな。
安直な少年マンガがよくやる手。

それにリアルにすると描写も地味だし、生々しい打撲跡とか血が出ると問題になる。

NARUTOの真似をしてもせいぜい印を結んで火遁の術とか千年殺しだけど、金属バットで殴るヒーローとか真似されてもな
32. Posted by お   2008年08月08日 03:36
バンブレも「戦い」と呼んでいいなら
六三四の剣の試合とかもけっこうリアルというか、臨場感あったような。アニメはときどきしか見られなかったけど、すくなくとも漫画ではかなり描写が細かくて迫力あった記憶が。
名作だと思うし、外国人が好きそうな日本的精神が見られるアニメだと思うけど、あんまり一般外国人の感想が読めないんだよね。
剣道関連の人が絶賛してたのはちらっと読めたけど。
YAWARAも試合リアルっぽくていいアニメだと思うんだけど、やっぱスポーツアニメはだめなのかねぇ。
こういう武道アニメに対する評価も、一般人やその競技の従事者含めて、どこかでみつけられたら是非訳してほしいです。
33. Posted by       2008年08月08日 04:08
※30
ブラックラグーンはないだろ
刀とかチェーンソーで弾丸弾いちゃってるし
34. Posted by     2008年08月08日 04:10
漫画もありなら
多少ぶっ飛んでる一歩に梧桐正十朗、読んだことないがホーリーランドってストリートファイトの漫画もあるし
バガボンドも割と現実的だ
35. Posted by     2008年08月08日 05:02
ビバップ挙げてるあたり、実写のカンフーアクションとか時代劇の殺陣みたいなのをリアルな戦いと言ってるのかな
冷静に見ればカンフーアクションも殺陣も充分現実離れしてるんだけどね
36. Posted by     2008年08月08日 05:05
日本だとクレしんの名前はすぐ出てくるんだけどな。

スポーツならおお振りなんかは今までの野球アニメと比較して進行にリアリティーを持たせているとは思うけど(三橋の能力に関しては議論があるにせよ)。
37. Posted by トンカス   2008年08月08日 05:09
ほんとシグルイ知名度低いのな。
まああれも漫画的誇張はあるけどさ。


スペランカーワラタw
そりゃ人間の身長くらいの深さの穴に落ちたらケガで行動不能になるよなw
38. Posted by トンカス   2008年08月08日 05:16
個人的に一番押すのは「皇国の守護者」
漫画や映画ではほとんど描かれないことだが、実際の戦闘(銃撃戦、銃剣突撃)では、兵士の多くは失禁するのが普通らしい。


>>美形の男たちが5分以上も戦うのは飽きた。

醜男が尿まみれになって5分以上も戦う話なら「皇国の守護者」がお勧め。
39. Posted by     2008年08月08日 05:30
>34
>バガボンドも割と現実的だ
七十人切りはさすがにやりすぎだ
40. Posted by     2008年08月08日 05:32
>>38
>兵士の多くは失禁するのが普通らしい。
家康もウンコ漏らしてるしな
41. Posted by    2008年08月08日 06:57
シグルイの戦闘なんて誇張しまくりでリアリティねぇよwww
42. Posted by つけめんデリック   2008年08月08日 07:39
Bebopの地味な殴り合いは比較的りあるかも。
43. Posted by あ   2008年08月08日 07:49
元記事を見たとこによるとリアル=実写映画に近いって解釈かね?
らんまやビバップはカンフー映画に近いアクションだし。
44. Posted by     2008年08月08日 08:10
リアルな格闘つったらバキしかないだろjk
45. Posted by a   2008年08月08日 08:36
クレしんの戦国が挙がってないのは仕方ない。
日本の大河ですらあそこまで再現してはいないんだ。
外国人が日本の戦を知らないのも無理はない。
46. Posted by      2008年08月08日 08:53
アニメにリアルとかいらんだろ
47. Posted by     2008年08月08日 08:57
リアルかどうかわからんが、月影蘭は?
48. Posted by     2008年08月08日 09:19
里見八犬伝とかはリアルかな
49. Posted by ようつべ   2008年08月08日 09:42
外国人による忍者解説
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MMM3hVp-1Ag
50. Posted by     2008年08月08日 09:43
史上最強の弟子ケンイチの闇とか師匠とか絡まない戦い
51. Posted by ~   2008年08月08日 10:09
二期観てないけどガンスリはどーだったかな
戦いメインのアニメじゃないけどさ
52. Posted by 犬彦うがや   2008年08月08日 10:11
ヤングガンガンの激流血おぬぬめ
53. Posted by     2008年08月08日 10:16
リアル合戦も見たことない奴がクレしん戦国をリアルとかwww

まあ誰も見たことないだろうから、そんなこといってちゃ何も語れないけどな
54. Posted by    2008年08月08日 10:34
甲殻でバトーが足関とかで足折られてたっけ
クゼか誰かに
バトーが戦う時だけリアルっぽい気がする
ボクサーとやったやつとか

鉄パイプが折れたりするのとかはあれだけど
55. Posted by     2008年08月08日 11:10
>50
いやケンイチも弟子レベルでも十分非リアルになってる。
初期でもホーリーランドの後期より誇張されてるし。
56. Posted by 一歩   2008年08月08日 11:17
一歩だろ
57. Posted by     2008年08月08日 11:26
>>27
すごく同意。
ヤスが殴られたときや宮城が鼻に頭突きされた時とか、
「ウアア」ってうめきながら鼻血出して涙がぶわって出てくるシーンがいいよね。
58. Posted by     2008年08月08日 11:30
とみ新蔵の作品がリアルすぎるよ
柳生連也武芸帖とか
薩南示現流とか

魔界転生までいくとちょっとアレだけど
59. Posted by    2008年08月08日 11:44
ひぐらしは?

まともに観たことないけど
60. Posted by     2008年08月08日 11:57
>>46
「よく漫画とは想像で描いていると思われているがリアリティが云々」
って岸部露伴が言ってた
61. Posted by    2008年08月08日 12:07
ヒカルの碁はリアルな戦いしてたよ
62. Posted by     2008年08月08日 12:20
>サムライチャンプルー、記憶が正しければるろうに剣心などが思い浮かぶ。

まず質問者がすでにおかしい
こいつの中のSAMURAIってどんな物なんだ?
63. Posted by     2008年08月08日 12:59
AKIRAだな
超能力や未来兵器があるのにリアリティを感じさせる
64. Posted by     2008年08月08日 14:08
ビバップを「リアルな戦い」扱いしてる奴って、まさかカンフーが「リアル」だと思ってるんじゃないだろうな?
65. Posted by なにかというと(ry   2008年08月08日 14:14
オネアミスの翼

…とか言ってみる。
66. Posted by PIAT   2008年08月08日 15:26
>>32
『六三四の剣』は間違いなく名作。
硬派な剣道テーマ作品では、コレを超えるものは現在に至るも存在しないものと思われ。
その一方、剣道の公式戦においては、露骨な反則によるものでない限り対戦相手を殺害しても無問題……などと『アストロ球団』の峠球四郎みたいなことを、一時期だが本気で思いこんでしまったオレガイル(汗)。

>>38
そういえば少し前の源文劇画にも、戦闘中に失禁してしまう描写がよくありましたが(『バトルオーバー北海道』とか『レイド・オン・トーキョー』とか)、アレは結構好きでしたね(苦笑)。
最近はあまり失禁しないのが少し残念(笑)。ウサギはもちろん、失禁、脱糞が持ちネタだった○村ですらしてくれないし。
67. Posted by a   2008年08月08日 15:47
トリコは決してリアルじゃないけど失禁はある
68. Posted by    2008年08月08日 15:50
るろ剣のOVAは?
リアルな戦闘シーン(格闘シーン)があるアニメは結構多いと思うけど
I.G系はかなりリアルな動きしてる。
69. Posted by      2008年08月08日 16:17
ガンスミOVAの1話の銃撃戦。地味だが。
70. Posted by ま   2008年08月08日 16:46
4 『カイジ』『アカギ』あたりは、命のせめぎあいという意味でリアルかもしれない
海外では福本作品がどれだけの知名度があるのか分からないが
71. Posted by     2008年08月08日 18:48
大魔法峠は本気で地味にリアルで知らずに見たら吹く
オネアミスの翼もリアルだった
でも外人の小僧が見てもツマランだろあんなケンカは
あとじゃりン子チエの
小鉄とジュニアの決闘はアニメーター流石と言うレベルで動きがよく出来てた
72. Posted by     2008年08月08日 18:51
>>68
あれはよかったね。ほとんど漫画的な描写もなかったし。あとは、上でもあったけど、「精霊の守り人」か。I.G はこだわってるね。それがケレン味のある展開にならない欠点でもあるわけだが。
73. Posted by     2008年08月08日 18:54
あ、OVAなら
ブラックマジックM66の入魂の戦闘シーンで決まりだ!
重量800kgの人型ロボと生身の人間の差が良く描けてる
74. Posted by M   2008年08月08日 19:32
上手に嘘をつけないアニメなんてアニメじゃないやいw

海外のアニメだったと思うけどとことんリアルを追求した作品があった気がする。
どうなったのか知らないけど。
75. Posted by    2008年08月08日 19:43
 漫画だが谷口ジローの飢狼伝かな。
素人だけど、喧嘩の最後はヘッドロックや押さえ込みになって、疲れ果ててぜぇぜぇしてるもんだよねぇ。丹波と梶原が公園でグランドしてるとこなんかはリアルだったような気がする
 
76. Posted by     2008年08月08日 20:07
単に現実味のある戦闘か否かの話だろうけど
事、アニメや漫画などじゃ現実離れチックがデフォな感じだしね。
普通にリアルワールドで体現できる要素だけの
泥臭い戦い物は結構限られてくる。

そういう創作物だからこその、表現や見せ方なんだけど
それら排除すると、余程話が面白くないと地味になりすぎて作品が死ぬのが問題。
77. Posted by あ   2008年08月08日 20:50
アニメで最も難しいのは水の表現
何故なら毎日リアルの水を見ているから誰でも実物と比較できるからだ

それと同じようにリアルな戦闘というのは粗がわかりやすい
ファンタジーな戦闘は粗がわかりにくいし、バレたとしても「創作だから」と回避できる
78. Posted by     2008年08月08日 20:54
懐かしくなって六三四の剣を検索したら
ファンサイトがあって今だに掲示板にもそこそこ書き込みがあって驚いた。外国人らしきカタコト日本語の書き込みも。
最新の書き込みによると8月11日にサンデーが新刊でまた出すとかなんとか。
タイミング的に良かったんで報告までに。
79. Posted by hXXtai うぉーりあーず   2008年08月08日 21:08
ほんじゃまガチオタらしい意見を

ガサラキが先に出てたが同監督の
太陽の牙 ダグラム

リアリティを重視しすぎて物語として破綻してたり
ロボがグライダーで着地に失敗しただけで足が折れたりと
逸話に事欠きません。w
80. Posted by     2008年08月08日 21:42
ここで今放送してるリアルドライブを挙げてみる「
81. Posted by あ   2008年08月08日 22:05
精霊の守り人は確かに戦闘は凄かったけど、
田んぼの中で戦うとかありえねーよーとかあったな。
でも石でぶん殴るのは臨場感あった。
82. Posted by     2008年08月08日 22:11
シグルイ、戦闘は止め絵が多かったような
83. Posted by        2008年08月08日 22:15
エヴァとパトレイバーは人間がやれば
話によってはリアルだと思う。
84. Posted by    2008年08月08日 22:25
リアルかどうかは置いといてその時代の格闘技の流行によって
アニメとか漫画の戦い方は多少変わってくるね
85. Posted by a   2008年08月08日 22:32
そのアニメは見たことはないが
田んぼで戦うことは実際普通にあったらしいぞ
86. Posted by a   2008年08月08日 22:33
>>85は>>81へ
87. Posted by     2008年08月08日 22:50
リアルな戦いがみたいならリアルで見ろよ
88. Posted by     2008年08月08日 22:52
ジャイアンとたまに出る不良中学生の喧嘩は結構リアルだな。
89. Posted by     2008年08月08日 23:01
精霊の守り人については原作の2部作とか
長めの奴を読むといい。
マジ、バルサ容赦ねえ。(追っ手を無力化させるトコとか
ってアニメの話題じゃないな、すまん
90. Posted by     2008年08月08日 23:04
砂ぼうずは射撃音がリアルだった。弾が当たった後に音がやってくるとかも。
「殴ったら拳の方が折れる」はフィクションっぽいけど事実なんだよね。
91. Posted by    2008年08月08日 23:16
>>90
そらそうだw
ボクシングのグローブは、拳を痛めないためにあるんだから。
92. Posted by    2008年08月08日 23:31
柔道部物語・・・アニメ化されてる
93. Posted by    2008年08月08日 23:38
ゴルゴ13に期待
94. Posted by    2008年08月08日 23:41
>>90
学生のとき防具空手(グローブ装着)やってたけど、毎年新入生が誰かしら甲のほね(中手骨)折ってたよ。甲の骨に一番負荷がかかるみたいね。
95. Posted by    2008年08月08日 23:54
ジパングは除外?
96. Posted by     2008年08月09日 00:34
戦争漫画だと入るの多いな。
でもすぐに聞かれるとパッと出てこないもんだわ
97. Posted by    2008年08月09日 01:05
フケトルネード
98. Posted by ・・・   2008年08月09日 01:41
毎回だけど、日本人全員を批判、或はバカにされてると錯覚して剥きになって外人に反論するアホが湧くんだよな

そんなバカバカしいのはジョンとこだけでやってくれよ
99. Posted by     2008年08月09日 02:07
劇場版パトレイバー2
エヴァの戦略自衛隊による虐殺シーン
プラネテスの終盤の戦闘シーン
アニメ版のシグルイ
人狼のデモ隊と警察の衝突シーン
あと他にもあった様な気がするが思い出せない…
100. Posted by あ   2008年08月09日 02:28
アクション映画でさえ現実離れしたものばかりのこの時代に
アニメにリアルを求めるだと……?
101. Posted by お   2008年08月09日 02:37
制作現場の裏側の戦いをリアルにあらわしているシーンといえばヤシガニの部分とかか。
銀たまでラフ画のまま放映とかもリアルな戦いを垣間見られた気がした人が多かったんじゃないだろうか。
102. Posted by 剣道段持ち   2008年08月09日 02:53
コミックだけど修羅の門 修羅の刻 海皇紀
位しか思い浮かばないな。 
何年か前に修羅の刻だけアニメ化されたけど
制作会社がしょぼいの(たぶん半島)か、
原作の良さが全然でてなかった。
まぁアニメは、武道(スポーツ)経験の無い
オタクが作る時点で、終わっちゃうんだが…
103. Posted by     2008年08月09日 05:11
大魔法峠しかありえない。

地味な関節のとりあいとか、マジで吹くw
104. Posted by あ   2008年08月09日 05:38
こうして作品名挙げていくと、リアルな戦いしてるアニメ・漫画はけっこうあるね
個人的には現実で表現しきれない部分を表現するのがアニメや漫画の魅力なんじゃないか?と思うんだが
先人達が培って今日の日本作品を支えてる表現方法だし
何もかもが現実的にリアルな描写になったらそれはそれでつまらないだろ
誰もが絵・文・音の芸術作品に現実を求めてるわけじゃないしな、てか芸術は元々非現実を求めて生まれたんだ
105. Posted by    2008年08月09日 06:43
>劇場版パトレイバー2
エヴァの戦略自衛隊による虐殺シーン
プラネテスの終盤の戦闘シーン
アニメ版のシグルイ
人狼のデモ隊と警察の衝突シーン


見事に外人アニオタの
受け付けなさそうな作品がならんだなw
106. Posted by コン   2008年08月09日 08:22
>102
スポーツや武道経験の無いオタクばかりかなあ。武道始めるきっかけはアニメや漫画です、って人なら多い(自分も)けど、それからアニメへ→とはならないか、やっぱ。
サムライチャンプルーは確かスタッフの中に格闘がわかる人がいて随分参考にしたと監督が言ってた。
107. Posted by     2008年08月09日 08:59
*102
高校の武道系はDQNとオタクしかいないと言っていいほどオタクが多いぞ
特に剣道
108. Posted by     2008年08月09日 10:25
やっぱ人狼かなあ
109. Posted by        2008年08月09日 10:38
間違いなく大魔法峠の3巻だな。
110. Posted by あ   2008年08月09日 10:44
携帯から失礼。戦争の戦闘をリアルに追求したらとてもつまらなくなる。現代以前の戦闘ではまともな撃ち合いなど本当はまったくなく、実際人殺しが始まるのは片方が『威嚇』の段階で敗走した後からだそうだ。
111. Posted by あ   2008年08月09日 10:57
魔女っ子メグちゃんの最終回で、メグがノンに馬乗りになって髪の毛をひっぱってたシーン
112. Posted by     2008年08月09日 11:08
人狼と言えばKILLZONE2が楽しみだ
113. Posted by    2008年08月09日 12:00
松本憲夫あたりにアクションやらせればリアルになるんだろ
114. Posted by w   2008年08月09日 12:32
ピカドン
はだしのゲン
115. Posted by     2008年08月09日 13:24
タイガーマスクの最終話はリアルかどうかは分からないけど痛々しかったな…
116. Posted by     2008年08月09日 13:29
>エヴァの戦略自衛隊による虐殺シーン
最初にネルフ職員の喉を背後から切り裂いて殺す場面は、忍者にしかできないだろ。
だって、すぐ後ろはシャッターだぜ。
117. Posted by     2008年08月09日 14:05
アニメの「リアル」と、「現実的」っては別に扱うべきじゃないかな
前者はその世界観におけるリアリティ、後者は我々の世界(現実)に即しているかどうか
例えば魔法がバンバンでてくるバトルでも魔法の存在が普通なアニメだったらリアルってことでいいんじゃないか?
118. Posted by     2008年08月09日 14:46
>・私も知りたいな。美形の男たちが5分以上も戦うのは飽きた。
外人でも同じ考えの奴がいるとは・・・
もう美形の男が戦ってるのは俺もイヤになってる
俺が見たいのはもっと漢たちの熱い戦いが見たい
美形のお綺麗な戦いじゃなくてもっと泥臭いのがいい
119. Posted by 名無し   2008年08月09日 16:39
あしたのジョーは、どうですか?
120. Posted by     2008年08月09日 17:02
あんまりリアルだと漫画やアニメとしての面白さがなくなるからな、暴力としての描写なら意外と少女漫画が一番恐い、男向けと違って痛みと恐怖を感じる書き方する人いるから
121. Posted by トンカス   2008年08月09日 17:29
>>40
余談ですが三方ヶ原の合戦で家康を恐怖のあまり脱糞に至らしめたのは、山県昌景率いる『赤備え』ですからね。
このへんは機動戦士ガンダム冒頭での連邦軍将兵の「赤い彗星」への恐怖の描写に影響を与えていたり。
兵士は実戦では失禁や脱糞しつつ戦うわけですが、あるいは内臓に届く致命傷を負った場合も生物としての当然の反応で脱糞が起こります。


>>66
そのへんをきっちり描いたのは「皇国の守護者」と小林源文と滝沢聖峰くらいでしょうかw
小林源文は「佐藤大輔」二佐が登場する「オメガ」シリーズが好きでしたね。
122. Posted by トンカス   2008年08月09日 17:38
重すぎるので必ずしも勧められませんが、「最もリアルな戦いをした漫画」なら間違いなく水木しげるの「総員玉砕せよ」ですね。
ほぼ実体験の実話らしいというのがおそろしいところ。

戦闘員としての実戦経験を持つ漫画家というもの自体がそんなにいないわけですが(手塚も宮崎も戦争体験はトラウマとして持っていても、後方の民間の未成年としての経験でしかありません)、水木しげるほど酷烈な実戦経験を経て生き残った兵士というもの自体があまりいませんから。なにせあのニューギニア戦線。
水木しげる以上の実戦経験を持つ漫画家というのは、多分現れないでしょう。

のらくろの田河水泡も兵士としての実戦体験者ですが、参加したのは大正デモクラシー期の朝鮮半島での匪賊討伐戦くらいで気楽なものだったようです。
その辺の気楽さと明るさが作品にも反映されていると思います。
123. Posted by    2008年08月09日 18:11
アメリカのアニヲタ=子供
のリアルの基準がそもそもアレだしね
他所の翻訳サイトでハーレム学園モノか何かをリアルな作風なのにカラフルな髪がおかしいとか痛々しい事言ってたし
124. Posted by 剣道段持ち   2008年08月09日 19:09
>高校の武道系はDQNとオタクしかいないと>言っていいほどオタクが多いぞ
>特に剣道

自分の時代(と言ってもかなり前だが)は、
確かに漫画好き
は多かったが、いわゆるひ弱なオタクはいなかったな・・・
よく週間ジャンプとかコミックとか誰かが買ってきて廻し読みしたり、
先輩が読んだやつをちょっと安く売ってもらったりしてたっけな
剣道経験者といっても、子供の頃からやってた奴と、
中学・高校でデビューの奴とでは、全然違うし(例外も極たまにいるが)
体捌き(足捌き)とかなかなか身に付けられない(理解出来ない)
※自分自身の動きもそうだが、他の格闘技や
漫画など見ても、
「それは違うだろ」とか「こうやればいいのに」とか判るようになる

>俺が見たいのはもっと漢たちの熱い戦いが見たい
そんな君には、修羅の門 修羅の刻 をおススメ
海皇紀から入ってもおK
125. Posted by     2008年08月09日 19:14
>ジパングは除外?

>>95
除外も除外、大除外。

艦艇の描写で嘘とミスが多過ぎるし、なにより主人公の脳内が軍人としてはお花畑過ぎる。
部下より敵の命を尊重する様な軍人は居ません。
126. Posted by あ   2008年08月09日 19:36
>>124
今はひ弱じゃなくともアニメやマンガが好きならばそれだけで"オタク"と呼ばれるのだよ。

確かに中学高校から始めたやつと子供のころからやってるやつは別物だな。
前者は後者には勝てないんだから学校の部活として存在していることに疑問を感じる。
剣友会同士で大会を開けばそれだけでいいじゃないか。
127. Posted by a   2008年08月09日 20:39
リアルな戦いといえば俺はモンスターを挙げるな
あとはFLAGとかどうなんだろう
128. Posted by a   2008年08月09日 21:02
>「それは違うだろ」とか
>判るようになる
俺は野球だけどそういうのあるな
ルーキーズとか反町の野球ドラマとかフォームのおかしいとこが気になって中身が頭に入らなかった
129. Posted by q   2008年08月09日 21:26
※124
剣術や武術やると川原アクションの
アラが見えてきちゃうんだよ・・・
燃えるけどね
130. Posted by     2008年08月09日 21:51
パトレイバーMOVIE2とかどうよ?
戦闘用二足歩行ロボが出てきてる時点で…て言われたらどうしようも無いけどw
131. Posted by 0   2008年08月09日 22:05
やはり、リアルな闘いといえば、タイガーマスクだな。
132. Posted by     2008年08月09日 22:18
アニメンタリーとかどうだろ?
ビズゲーマーとかも美形だけどリアルな気も

後音だけにしたストライクウィッチーズw
133. Posted by グッチの財布、バッグ   2008年08月09日 22:48
クソゲーばっかだな昭和は!!

死んだ方がいい
134. Posted by    2008年08月09日 23:05
なにしろ、「肉体言語にて語るのみ!」だからな。大魔法峠は。年に何回か、じわじわと見たくなる変なアニメだよな。
135. Posted by      2008年08月10日 01:15
シティーハンターとかるろ剣とかは、使ってる武器はともかく能力が超人レベルだから。そういう意味ではリアルと言い難い。

リアルになると一対一で戦っても勝率5割程度なわけだが、主人公が雑魚的相手にひたすら手こずるって漫画的には盛り上がらないと思う。
136. Posted by 剣道段持ち   2008年08月10日 01:27
>剣術や武術やると川原アクションの
>アラが見えてきちゃうんだよ・・・
>燃えるけどね

確かに大技とかはかなりファンタジーかな。
動きとかも初期(第1部)はファンタジーいっぱい。
空手経験者だと「ウソつけ!」ってツッコミどころ満載だと思う。
※今になって思うと、連載初期はファンをたくさん掴まないと
連載打ち切りになっちゃうんで、素人も喜ぶように派手派手だった
あるいは、連載が何年も続くうちにいろいろな武術に触れて、
作者自体が武術にあかるくなったのかも・・・
ファンを掴んだ(連載打ち切りの心配が無くなった)後の
ヴァーリトゥード編や海皇紀はかなりいい感じだと思う。

技とか「リアルか?」と聞かれたら確かに「・・・」ってなとこもあるが、
心理的なところ(含:駆け引き)とか、、大袈裟に避けるんではなく
少しだけずらして自分の攻撃(カウンター)に移るとか、
あと半歩踏み込めてたら決まっていたとかの間合いの感じとか
もしかしたら素人には気付かないとことか結構描写されてる。
※このへんは、第3者(他の登場人物)が上手く解説してたりする
137. Posted by 剣道段持ち   2008年08月10日 01:33
>>動きとかも初期(第1部)はファンタジーいっぱい

自己レス
『双龍脚』はPRIDE武士道で、ルイス・アゼレードが五味にくらわしてたな
※もうちょいでホントに決まるとこだった
 軽く当たってチョットだけ効いてた
138. Posted by あ   2008年08月10日 04:49
>129
あれは作者が武術、剣術を知らないか
意図的に排除してるんだと思う
居合い抜きの頭を抑えれば抜けないとか
居合道ならありえないし
判りやすくするために「術」を捨てて
チャンバラにしたんだろう

>135
至近距離で弾丸かわすからなw
139. Posted by 139   2008年08月10日 09:49
剣道段持ちさん
条件付リアルは結局リアルじゃないんだからしつこく川原作品薦めるのはやめた方がいいと思う。
どれも好きだけどムリにリアルだとか言ってもあんまし意味ない。熱さが一番のウリだと思うし。
心理的にリアルでも技とか身体能力が非リアルだったらイヤって人もいるんだし。
140. Posted by f   2008年08月10日 10:42
条件つけなかったら何もかもがリアルじゃなくなるけどね。
ある程度の非現実的な描写なら納得してしまえて楽しめるというような脳内変換スキルを鍛え上げるほうが早いぜ。ぶつくさ難癖つけるだけで、完璧な作品が現れるのを待ってるだけよりもね。
141. Posted by PIAT   2008年08月10日 11:51
>>122
水木御大の戦争マンガは、リアルの概念を通り越しちゃってる気がします(汗)。そういや御大は、手塚治虫や石ノ森章太郎、藤子不二雄両名よりも年上なんですよね…(汗)。
リアルな戦争体験マンガといえば、手塚治虫の『紙の砦』でしょうか。個人的には『はだしのゲン』よりキツかったんですが。

>>132
『アニメンタリー決断』は、香港攻略戦を映像化した唯一の作品として意義深い(笑)。
まあそれはそれとして、後半対空戦闘ラッパばっかりになっちゃうのが切ない。
今は『ストライク・ウィッチーズ』を観てますが、あのクオリティで『アニメンタリー決断』をリメイクして欲しいとも思う(笑)。
142. Posted by トンカス   2008年08月10日 11:51
リアルな戦闘:ナニワ金融道

「コラ!さっさと念書書かんかい!」
と暴力団やエセ右翼が革靴でヤクザキック攻撃してくるのを、「勘弁して下さい」と涙目になりながら背広の腕で防御する戦闘。
法的、社会的、経済的に屈服しなければ負けではないのです。
143. Posted by トンカス   2008年08月10日 12:08
>>141
>>手塚治虫の『紙の砦』

あれは戦争を抜きにしても、文科系少年(手塚はかなり優秀な理系生徒でしたが)がドキュソ体育会系集団やブルーカラー集団の中に強制的に入れられて、ひどく抑圧されているさまを描いた漫画としても傑作ですな。
上流階級出身の「軟弱な」「オタク」少年にとってはああいうのは耐え難い環境でしょう。
そういうキツさもありました。

少数ですが武道とかやってるオタク系という人種(漏れもどっちかというとそれですが)も当時からいて、「ゴッドファーザーの息子」ではそういう人種への共感が語られています。
明石なんて今生きてたら完璧に萌えオタだよなあ。
144. Posted by     2008年08月10日 12:38
リアルなのはカイジの殴り合い
145. Posted by     2008年08月10日 13:19
結局お決まりの
「リアルとは何か」の定義論争かよ(笑)

まあ定義は必要だよね。
見る人によっちゃあ「スカイガールズ」が「リアル」らしいし(失笑)。
146. Posted by     2008年08月10日 17:33
ないなー。
っつーか戦闘を主眼に置かない方がリアルな戦いを描けるんだよな。
テクノライズなんてなかなかに見えた。
147. Posted by     2008年08月10日 18:00
ガンスリンガーガール
148. Posted by     2008年08月10日 21:06
ストライクウィッチーズ

太ももとパンツの質感のリアルさがたまらん。
149. Posted by    2008年08月10日 22:16
>>145
まぁどこに着目するかだよね
150. Posted by 150   2008年08月10日 22:17
昔アフタで読んだ平田弘史の首代引受人が色々とリアルな感じを醸し出していた
151. Posted by PIAT   2008年08月10日 23:41
>>145
『スカイガールズ』に失笑とはかんしゃく起こる!!111!!1(笑)
スカガに関して言えば、あのテの作品にしては、軍隊の階級意識みたいなのが割と上手く描けてた気がするが(特に、特別な場合以外自分から一切口を出さない艦長とか)。少なくとも、階級に対する意識が某ガン種並だった『図書館戦争』よりマシだった気がする(…)。

そういえば『スカイクロラ』を観てきたけど、確かに面白いし非常にオススメなんだけど、一点だけ。
ポスト・ストール・マニューバに驚くような作品は、『戦闘妖精雪風』で打ち止めにすべきだと思うんだ。
あとトキノかわいいよトキノ。
152. Posted by トンカス   2008年08月11日 00:30
>>151
あの作者は「塩の町」のデビュー段階でダメダメだと思ったんだけど、妙にあちこちの編集に実力を買われてますよね。


個人的には、滝沢聖峰作品の二式複戦で地味に小型爆弾の緩降下爆撃をかけたりするような話が好きです。
1・5流くらいのパイロットが、二線級兵器を用いて地味な戦果を挙げつつしぶとく生き残っていくようなお話が。
153. Posted by 剣道段持ち   2008年08月11日 00:37
>条件付リアルは結局リアルじゃないんだから
>しつこく川原作品薦めるのはやめた方がいいと思う

何ていうか・・・なんちゃってばっかりの中で、武道をある程度
わかる人間が見てもおもしろい(見る価値がある)と思える
数少ない作品なんで、なんちゃってに飽き飽きしてて、
川原作品を読んだ事がない奴にはぜひ読んで欲しいと思っただけ。
乱暴な言い方すれば、わかる奴にはわかるし
分からん奴には
分からんような作品かも・・・
分からん(素人だ)から楽しめないかと言えばそういう訳でなく、
十分楽しめると思う。スパイス(派手な演出)効いてるし
まあ、好みになってくると思うが
それに読んでる内に何かが分かるようになるかも・・・
154. Posted by 剣道段持ち   2008年08月11日 01:42
>居合い抜きの頭を抑えれば抜けないとか
>居合道ならありえないし

あれはあれでアリだと思う。
田宮流(だったっけ?)とか良く分からんが、確か他流派より
柄が長い刀・相手は素手という設定で、その間合いから
飛び込んできても、先に剣を抜いて切れる距離なので抜こうとしたら、
相手の狙いは当身(パンチ・キックなど)ではなく、柄を足で押さえて
抜かせないようにする為の遠間からの飛び込みだったという
想定外の動きをするすごい奴(実力差)というただの演出では。
抜刀術にもいろいろあって、腰を引く(廻す)
ようにして抜くから、
柄を足で抑えるなんて・・・って言いたいのだろうけど、
そんな事言い出したらどんな話でも元も子も・・・

あと現代の話だけど、個人的には抜刀術とか真剣でやってるから
武術の動きが全て分かるとは思わないし、逆に真剣から入ろうと
思う人は形(上辺)だけの場合が多いと思う。
私見だけど、居合道とかは剣道でいうところの形と同じだと思う。
基本動作をゆっくり行って繰り返しやる事で
自然と体が動くようになる。
(中国でいうところの太極拳)
本当の意味(実践)での間合いの感覚(詰め方・はずし方)とか
体(足)捌き(素早く動いても体幹が崩れない)とかは絶対に
身につかないと思う。
逆に、剣道やっているからといって竹刀を持った時と
真剣を持った時の質(動き)の違いを理解していないとだめだと思う。
155. Posted by 剣道段持ち   2008年08月11日 01:44
>至近距離で弾丸かわすからなw
それが、かわせるらしいよ(ボソッ)
超人的な動体視力で弾を見て超人的な身体能力でかわすんで
はなくて、撃とうとする瞬間(弾道)を見極めて
体をずらすらしい。
猟師の達人(打つ瞬間無心になれる人)の場合は無理との事
この辺は昔読んだ植芝なんちゃらさん(塩田剛三のシショー?)
の関連本に乗ってたような記憶が・・・
言っとくけど武術マニアとかじゃないからね

そろそろ、「別の武術版にでも行け!」って言われそうなんで
この辺でやめときます。 いろいろ長文スミソ
156. Posted by 145   2008年08月11日 02:03
>>151
>>152
スカガに関しては、某ホビーショップの店頭で「ビックバイパーが負ける話」をエンドレスで見せられたのが影響してるのかも知れん。すまんね(笑)。あと、某巨大掲示板で「スカガは軍事的にリアルだ」といった奴が居たので。

スカイ・クロラは原作が個人的に駄目だったので敬遠。文体が駄目。

予告で見た限りでは、相変わらず飛行機型のUFOが多数出演しているな。

しかし、スカクロにしても、キノやブギーポップにしてもそうだが、「世界」とキャラクター達との関係が希薄過ぎるな。
なんつーか、世界そのものが馬鹿でかい書き割りみたいだ。物語に初期設定を提供するだけの付属物という感じ。
最近の若いもんにはこういう希薄な世界が「リアル」なのかな?
157. Posted by 剣道段持ち   2008年08月11日 07:49
あっ、忘れてたけど、ジャッキー映画(今のではなく、昔の酔拳とか)
が好きなら『鉄拳チンミ』もおすすめ

あと、違う意味での戦いでいえば、『漂流教室』とか『サバイバル』とか・・・
前者は心の弱い(すぐ他人を攻撃するような)人は見ないように!
変な影響されると困るんで・・・
子供の頃、親戚の家で見て怖かった覚えがある。
後者は「辞書か!」ってくらい分厚い
158. Posted by 158   2008年08月11日 11:55
ありがちだけど攻殻と人狼かな
ガンアクションの描写はやっぱり凄いと思う

※154
なんか、頭が固いというか視野が狭すぎる
もっと経験したほうがいいよ
剣道だけじゃなくてね
159. Posted by PIAT   2008年08月11日 13:34
>>152
あ、ありましたね。滝沢聖峰作品で、二式複戦でインドネシア一帯を転戦する話(たまに隼に乗ったり)。最後は本土防空戦になってましたが。
『塩の街』は自分も読みましたが、考証面にアラが目立ち過ぎて、辛い話でした。最後に作者個人の好みを理由にF-14が出てきますが、その描写がダメダメで、萎えることおびただしい…(好きなら好きでちゃんと調べろよ…ってスタイルは今も大差ないか)。

>>156
ただし、スカガをリアルだと言い張るには、「あのテの作品にしては」の枕詞が必須(笑)。
あと『スカイクロラ』の原作は読んでなかったり。前に『すべてがFになる』を読んで激怒して以来、森作品は全てスルーの方向で。
今回は押井作品が観たかっただけなんだ(笑)。
映画は、後ろにプロペラが付いた飛行機ばっかり出てくるので、少し胃がモヤモヤするかも。前にプロペラを付けた方が、もっと個性的な機体が作れると思うんだけど。

長文スマン
160. Posted by     2008年08月11日 17:10
サトウってw 多分Soujirou Setaの事だな
161. Posted by     2008年08月11日 21:26
>>159
スカイクロラが推進式ばかりなのは「究極に新化したプロペラ機」って前提だからだと思いますよ
技術的制約がなければ戦闘機で牽引式にするメリットはあまりないかと
…でも原作には牽引式も出てた気がします



162. Posted by トンカス   2008年08月12日 14:28
>>159
シリーズ中好きなのは「蒼昊の銛手」ですかね。
ト連送を打ちながら米戦艦艦隊の激烈な対空砲火の中に単機雷撃をかけるラストシーンの止め絵で泣けました。
「……ツーッ」
と通信が切れて、疲れ果てた表情の通信兵が無感動かつ慣れきった口調で「切れました」と報告するんですよね。おそらく何の戦果も無く単に撃墜されたんでしょう。主人公。
大戦末期のリアルですな。


『塩の街』は別に塩である必要もF-14である必要も無いようなw
ビジュアル重視なら、塩より最初から怪獣にしとけと思いましたw
163. Posted by an   2008年08月12日 15:18
>>125
ジパングの主人公は「軍人」じゃないでしょ
164. Posted by なにかというと(ry   2008年08月12日 15:33
「桃太郎海の神兵」

…とか挙げてみる(笑
165. Posted by     2008年08月12日 16:28
自衛官が軍人でなきゃ何なのさ?屁理屈捏ねるなっての。
166. Posted by     2008年08月12日 16:44
>>163
で、そのツッコミは>>125の書き込みの本質にどう関係するんだ?
167. Posted by なにかというと(ry   2008年08月12日 17:24
えー163ではありませんし、
アニメ版も見てないのであれですが、
とりあえず原作についていえば

そもそもが、「ジパング」って
「自衛官と軍人の違い」というのが
そもそも作品の大きな柱というかテーマ
では?

そのジパングの主人公(自衛官)を指して
「こんな軍人いません」とか言うのは、
ちょっと違うのではないかなあ?
168. Posted by PIAT   2008年08月12日 17:57
>>161
散香のデザインは特に震電を意識した訳ではない、というスタッフの話が全てを物語っている気が…。
プッシャータイプの飛行機だと設計に余裕がなくなるらしくて、特に単発機だと、どうがんばっても震電もどきにしかならないようです(…)。
あと推進式のエンジン配置だと冷却に苦労する難点があるので、それが現在に至るも推進式がレシプロ機の主流になり得ない理由だそうで(多発機での実用例は無くもないのですが(B-36とかスターフライヤーとか)、それらも上手くいっていないところを見ると、いろいろ難しいようです)。

>>162
やっとタイトルが思い出せました。『迎撃戦闘隊』と『帝都激撃隊』ですね。
個人的に好きなのは『陸の海鷲』でしょうか。
雷撃戦法の教官として陸軍の重爆隊にやってきた海軍の士官と爆撃機のクルーの話で、特訓の末にせっかくみんなの心がひとつになって、今から雷撃!というところで、火ダルマになって海の中、という無常感がたまりません…。
169. Posted by     2008年08月12日 20:45
>>167
>「自衛官と軍人の違い」

我が意を得たりと言うか。
俺は正にそこがジパングのダメな点だと思う。
本質的には違いのないものを、作者が「違う」と勘違いしてテーマに据えてしまっているのが…。
で、そういう勘違いをダンディズムとかストイシズムのように描いているのが滑稽であり、腹立たしくもあり、極論するならグロテスクですらある。

事あるごとに「自衛官として」と口にする門松は、単なるピエロか狂人にしか見えない。
要するに、お話のコンセプトがそもそもおかしいって事です。
170. Posted by     2008年08月12日 20:57
あと推進式と言うか先尾翼式と言うと「王立宇宙軍」のアレだね。こいつは確かエンジンナセルを背負うような配置にして冷却空気のインテークを確保していた様に記憶している。

そもそも空冷だか液冷だか解らん上に、数万馬力も出る化け物エンジンという設定ですけど。

しかし、先尾翼で震電を意識しない訳がないと思うんだけどなぁ(w
171. Posted by PIAT   2008年08月12日 21:07
>>162
追記

>塩より最初から怪獣にしとけ

おそらくそういうツッコミを受けて書かれたのが『海の底』って作品だと思うんですが、「防衛出動命令じゃないので自衛隊は武器を使えない」、みたいな下りがあって、自分は読むのをやめました(苦笑)。
災害出動で自衛隊が武器を使用したケースなんかいくらでもあるんですが…(海自が爆撃、艦砲射撃、雷撃、何でもあり攻撃で火災タンカーを撃沈したり、北海道での有害鳥獣駆除名目の出動では、空自がトド退治に戦闘機を出撃させて機銃掃射を実施したり、三八豪雪では火炎放射器を使用したり…)、本当にこの人は自国の国防機関について、どこまできちんと調べてるのかと。
しかもそういうやりとりをリアルだと思ってる人がいるという(苦笑)。

以上、長々と書きましたが、有川先生ごめんなさい!>_<
172. Posted by PIAT   2008年08月12日 22:40
>>169
まあ、あの作品は、いろいろ見切り発車で描かれてる作品なので…(汗)。

本当は戦前戦後の日本人のメンタリティの違いを描きたかったらしいのですが、主人公の優柔不断っぷり……というか、持ち前のキャラを発揮しようとすればするほどストーリーが進まなくなる、というジレンマは、非難されてもしかたないかと。
いっそのこと草加に主役を交代して……とも思うけど、それだと「イージス艦」という要素を無視することになっちゃうし、いろいろとままなりませんなぁ。

草加メインの話は本当にワクワクするんだけど…(苦笑)。
173. Posted by PIAT   2008年08月12日 22:41
>>169
まあ、あの作品は、いろいろ見切り発車で描かれてる作品なので…(汗)。

本当は戦前戦後の日本人のメンタリティの違いを描きたかったらしいのですが、主人公の優柔不断っぷり……というか、持ち前のキャラを発揮しようとすればするほどストーリーが進まなくなるというジレンマは、非難されてもしかたないかと。
いっそのこと草加に主役を交代して……とも思うけど、それだと「イージス艦」という要素を無視することになっちゃうし、いろいろとままなりませんなぁ。

草加メインの話は本当にワクワクするんだけど…(苦笑)。
174. Posted by PIAT   2008年08月12日 22:44
あッ、連投申し訳ないorz
175. Posted by トンカス   2008年08月13日 00:29
>>171
麻生幾の「宣戦布告」を怪獣でやりたかったのかなあと解釈しております。
災害出動での武器使用に関するくだりはまさしくおっしゃる通り。
「宣戦布告」で日本政府の対応がグダグダになりがちだったのは「朝鮮半島」絡みだから妙にリアルなんであって(福田政権である以上今も笑えない状況)、怪獣相手なら火災タンカーに準じるものとして遠慮なく武器使用するでしょうな。
176. Posted by トンカス   2008年08月13日 00:38
「ジパング」で一番嫌なのは、主人公?のオソ松が艦の部下や仲間の命よりも自分個人の「信念」を優先するあたりですな。オレは自衛官自衛官と連呼しながら、やってることはつまるところ旧軍の最悪の軍国主義者と同じ。
結果艦内部の閉鎖環境で連合赤軍ばりの陰惨な粛清が発生してるじゃないですか。妙に爽やかに描かれてるけど結果から見たらあれは完全に連合赤軍。昔からの同期の友人も粛清しちゃう。
かわぐちかいじの世代の人にとっては、そういうのが「リアル」なのかなあとため息が出る。
「メデューサ」みたいな最初から極左過激派の話ならまだいいんですけどね。

戦前の歪みというより、戦後の歪みの方が期せずして露出した作品だと思っています。

あと「みらい」ってどんな命名基準だよw
177. Posted by      2008年08月13日 16:00
>草加に主役を交代

それじゃまんま「沈黙の艦隊」では(w

いや、俺自身「ジパング」は沈艦の焼き直しと言うか、リベンジなんて格好いいものではなく「また性懲りもなく始めやがったぜこの全共闘オヤジが」的にしか評価できなくなってるので。
で、初期の勢いがあった時期には許せていたメカニックなどの描写での細かいミスも、そうなると許せなくなってくる…。

それと、「草加・海江田」に対して「角松・深町」はいつもイライラカリカリしてるけど、何でそう腹ばかり立ててるのか理解できない。そもそもそうやって何をするつもりなのかも理解できない。

何のためにキャラとして存在してるのか、もね(w
178. Posted by なにかというと(ry   2008年08月13日 17:16
>何のためにキャラとして存在してるのか、もね(w

「草加・海江田」がアナーキーに物語を
動かすので、抑え役というか、
ぶっちゃけ杓子定規担当では?(笑>「角松・深町」

179. Posted by PIAT   2008年08月13日 21:08
>>176
すると今が、ちょうどあさま山荘に立て篭もっている状況でしょうか(笑)。
山本直樹の『レッド』と併せて読んでみると面白いかも。

>>177
ついでにヤンサン連載だった『バッテリー』も入れといて下さい(笑)。
作者としては、そういうマンネリを打破したいんでしょうなぁ…。
>>178
どちらかというと、草加の方が杓子定規にふさわしい時代ですし。
逆に草加の方が平成にやって来てしまう展開の方が……とか考えてみるも、『発明軍人イッシン』という悪寒が…。
180. Posted by 1   2008年08月14日 13:51
モスピーダ。

主役の婚約者が第一話に戦死。
地上に降りれば軍人狩りに遭遇。
あこがれていた将校は敵に寝返り。

これほどリアルな戦争アニメも珍しい。
181. Posted by トンカス   2008年08月15日 01:48
>>179
学生運動を精神的なバックグラウンドにしてる人たちってのはわからんところがありますね。
かわぐちかいじにせよ押井にせよ。

山本直樹の「僕らはみんな生きている」の戦争の描き方は良かったですねえ。
いかにも延々と内戦やってる発展途上国の匂いがプンプンして。腐敗した政府高官とか、いかにも学生上がりのストイックなゲリラ部隊指揮官とか。
高度成長期末期の日本人サラリーマン(大手メーカーから赴任)の関わり方もとことんリアルだった。
182. Posted by     2008年08月15日 23:16
忍空の戦闘シーンが一番おもろい
183. Posted by PIAT   2008年08月16日 09:35
>>181
山田玲司なんかは、もう目も当てられないレベルになってますが…。
そういえばIKKI連載の『ライドバック』は、開始当初は近未来が舞台の学園紛争もので、非常に興味深かかったのですが、途中から全然違う話になってしまったのが残念でした。

今の今まで忘れてましたが、『タクティカルロア』の海戦描写はよく練ってあって良かったですな。
引っ張る気マンマンのラストでしたが、たぶん第2期はないんだろうな…(苦笑)。
184. Posted by     2008年08月16日 13:57
八十年代前期までのストーリーって、反戦だろうが何だろうが
「自分達の帰属する団体のために立ち上がる」
ってのはある程度共通の方向性の様な気がしますね。
押井氏の影響を受けたであろうゆうきまさみ(あ〜る)や笹本祐一(妖精作戦)が描いた「部活対抗学内紛争」みたいな話はもう出ないかも。
つーか今やると「ハルヒ」になっちまう(w
「烏丸学園ガンスモーキーズ」?何ソレ。

>>183
何でああいう人達って、「団体の一員」って概念に拘るんでしょうか。
中国の反日デモの時に山田がブログ内で吐いた「もうさ、みんなで謝りに行こうよ」
って言葉には正直唾棄したくなりました。
そんなに謝罪したいなら一人で行けばいいのにね。
つーか「絶望」してるのってアンタだけだよ。

タクティカルロア?
そう言えば、昔そういうアニメがありましたね。安土桃山時代でしたっけ(w

「リアルだって認めろ」「萌えアニメじゃない」「海上自衛隊様御協力作品」の筵旗を掲げた一揆衆が弐ちゃんねる軍事板砦に群がり寄ったのも今は昔となりにけり(w

アニメにおける「リアル」なんて、「カッコいい」「面白い」の一部でしかないのにね。
185. Posted by PIAT   2008年08月16日 23:40
>>184
>「部活対抗学内紛争」
それが行き着く所まで行き着いてしまったのが『バトルロワイヤル』なんじゃ…。

>「団体の一員」という概念
そういうのを金科玉条の如く掲げる人間ほど、個人としての規範意識が素晴らしく欠如しているワナ。
自分で率先する気もない大言壮語に誰もついて来ないと愚痴をたれる生き様は、オピニオン・リーダーを自負する人間にとって麻薬の如く快感なんでしょうなぁ。

それはそれとして、自分も同様に、「リアル」とは面白さやカッコ良さに付随するものだと思います。「リアル」を"主"の側にした作品に成功例が存在しないのがその証左かと。
かと言って、現実に存在する事象を扱うのに、誤った認識や知識を植え付けるような描写を行なうのはどうかとも思う訳ですが(ロビン・スペシャルの域にまで達してしまうと、むしろ快感ですが・笑)。
186. Posted by トンカス   2008年08月17日 00:14
>>183
最近の山田玲司はおかしいですね。『絶望に効くクスリ』で妙な違和感を覚えてましたが。
作者がキャラとして全面に出るというのは鬼門らしいですね。自我が変になるのか。

>>184
メタ構造の話をやっても、部活間抗争をやっても、今の時代だとハルヒハルヒと言われそうですな。
187. Posted by winquifes   2013年01月25日 04:11
ソースはこちら http://www.gamespot.com/pages/forums/show_msgs.php?topic_id=26527393&page=0
188. Posted by ダウン モンクレー   2013年07月02日 12:20
どの理由で資料を公開調査したが、同庁は「
189. Posted by モンクレール moncler   2013年10月19日 04:15
erg8月6日(火)21時33分配信 
190. Posted by duvetica取扱店   2013年10月22日 05:39
』シリーズD対戦リーズ
月2登場:50登1日か月
192. Posted by コスプレ衣装   2013年12月28日 04:58
月26日4次予野1日か月

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon